オカメインコルチノーの寿命は?ルチノーが「弱い」と思われてる理由

オカメインコは弱いから育てるのが大変らしい。ルチノーは特に弱いって聞いたことあるけど?

…と思っている方は結構いると思います。

オカメインコは丈夫で 大きな病気もあまりせずに20年くらいはザラに生きる鳥であり、ルチノーの寿命も同等です。

しかし巷ではルチノーは特別弱いと思われているフシがあって、そんなイメージと現実とのギャップは意外と大きいもの。

オカメインコルチノーが記録に残されたのが1950年代末のことなので 種がすでに固定されている現代では「ルチノーが虚弱」なんてナンセンス!「今は昔」ですよ。

とはいえ、日本では絶大な人気を誇るルチノー種はおそらく国内での繁殖数も流通も多いはずで、そうなると様々な要因から寿命をまっとうできなかったり、人災で落鳥させる数が多いことも否めません。

そこから「オカメインコルチノーは弱い」神話が浮上しているのだと思いますが、声を大にして言いたい!

一様に 「オカメインコルチノーは弱い・虚弱だ」…と決めつけるのは間違いである!

今回はそんなお話です。

オカメインコルチノーの寿命は?ルチノーが「弱い」と思われてる理由

まずはご長寿オカメインコの2本の動画を紹介します。

オカメインコの寿命の原種(ノーマル)最強説は事実!でもルチノーだって負けてない

これらのスーパーご長寿オカメさんはどちらもノーマルでした。

やはり…というべきか、こういう言い方はちょっとアレだとは思うんですけれど・・・どんな種でも原種(ノーマル)が強いというのは真実ですよね。

寿命は生まれ育った環境や食生活や、もともと生まれ持った体質などにもよるので一概には言い切れませんが、それでもやはり原種は最強でしょう。

オカメインコルチノーも平均寿命は同等の18年前後

オカメインコルチノーの寿命

オカメインコの平均寿命は18~20歳と言われますが、ルチノーもほぼこの通りだ…と個人的には思うのは、うちの子も知り合いのうちのルチノーも ほぼ平均寿命を全うしているからです。

原種に近いノーマルグレーたちが頑張って30年とか長生きしても、ルチノーやその他の色変わり品種のオカメインコの寿命が極端に短いのであれば、平均寿命が18年とかになるはずがないです。

それにルチノーだけが特別弱いということはないです。

実際、うちには強健でほとんど病気をしないシニアルチノーがたくさんいますし、物事に余り動じずにオカメパニックもほぼ起こさないメンタルが強いルチノーもたくさんいます。

だから「ルチノーが特別弱い」という認識は 私の中にはゼロです。

というか、ルチノーだから弱い…なんてことはありません。

オカメインコルチノーの寿命

最近のオカメインコルチノーは 東南アジアから大量輸入されていた時代とは比べ物にならないほど元気で体質が強くなっています。

もちろん無謀な繁殖を繰り返してるブリーダーが世に送り出してるオカメインコは この限りではないでしょう。

無茶な繁殖で生まれた大量繁殖個体でなければ、オカメインコという鳥は基本的に強健なのです。

しかもオカメインコはオカメ「インコ」と名付けられていますけど、オウムの仲間です。

平均寿命が20年前後って短いですか?猫や小型~中型犬ならともかく、大型犬種などは20年なんて絶対無理じゃないですか。

そう考えると、ペットとしてトップレベルのご長寿のオカメインコが「弱い」はずがないのですよ。




オカメインコの寿命はブリーダーのモラルに大きく左右される【言うまでもない】

オカメインコルチノーの寿命

オカメインコルチノーが「弱い」と言われてしまうことに対してはいろいろな原因や理由があるものの、

雛が不健康で落鳥してしまうのは そもそも業者(ブリーダー)のモラルと個体管理によるところが大きい。

…もまた事実です。

交配がインブリード(近親)
高齢な親鳥を繁殖させている(オカメインコは10歳すぎでも産卵する子がいます)
若すぎる親鳥で繁殖させている(オカメインコは早い子で8カ月前後で産卵します)
親鳥が繁殖適齢期であっても 毎シーズン立て続けに繁殖を繰り返している

これでは健康で元気な雛が生まれるはずがないことは誰の目から見てもわかりますよね。虚弱な雛が生まれるのは必然です。

オカメインコルチノーの寿命

特にオカメインコルチノーは大人気品種ですから、悪質なブリーダー(業者)にとっては「ドル箱」でしょう。

言い方が悪いですが「弱かろうが病気であろうが、生きているうちに売ってしまえば後腐れなし」…などと思ってる業者は少なくないはず。

商売ですから、採算を取るためには当然といえば当然ですが…関わってはアカンやつですよね。

ペットショップでは「週齢にして2週間強かな?」という感じの小さなヒナがガラス水槽の中でうずくまっている姿をよく見かけます。

最近は入荷したての生体を「すぐに」販売することはできなくなっていますが、その様子を傍から見ていて

業者ってこんな小さなヒナを出荷しちゃうんだな… 大丈夫なのかな?

…と老婆心ながら心配してしまうこともよくあります。

 

オカメインコルチノーの寿命

だいぶ前の話ですが、うちの子たちのペアリングのために オカメインコの雛をある業者から譲ってもらったことがあります。

そのときにお迎えしたのがルチノーも含めた6羽だったのですが、私はそのうちの5羽を 若干4歳~5歳の若さで亡くす経験をしています。死因は原因不明の突然死です。

一度に6羽雛をお迎えしたので年齢はほぼ同じですから、4歳・5歳の若い鳥を立て続けに5羽亡くしたのです。

お迎えした時に小鳥の病院で健康診断を受けてヘキサミタが見つかって投薬治療で駆除したことはあるのですが、それ以外には病気らしい病気は見つからず。

それまで体調を崩したことがない元気な子たちだったので、私はかなりショックを受けました。

その業者からお迎えして今も存命なのは 1羽(ノーマル)だけ。その時に思ったのは

○○さん(業者)は親鳥に無理させて立て続けにバンバン繁殖させていたのでは?同じ禽舎から迎えた子だけが 同年齢・同時期に立て続けに若死にするなんて考えられないし。そんなの普通 ありえないでしょ!
オカメインコルチノーの寿命
我が家で繁殖したオカメインコたちを思い浮かべてみると。
1歳を超えた成鳥で10歳の誕生日を迎えられなかった子は片手で数えるくらい。
1羽は重篤な肝疾患、2羽は心不全、1羽は事故死(外傷があったので オカメパニックで激突して落下し、打ちどころが悪かったと思われる)で亡くなっています。
だから4歳や5歳の若さでオカメインコが突然死するなんて、自分の中では想像もつかないレベルの出来事だったのです。
同時期にバタバタ続けて亡くなるってどういうこと?つまりひと言で言えば「虚弱」だったのか?もしそうなら親鳥に無理させて「産めやふやせや」で繁殖した結果なのでは?この状況下では、そう考えざるを得ない心境なんだけど!

何というか…

鳥の体の中に時限爆弾を仕掛けられて 多少は前後しているもののほとんど同時期に爆発したような… いや~なイメージが自分の中で沸いてきたんですよ、この時。

真実はわからないので勝手な思い込みにすぎない話なんですが、この時には重苦しい気持ちをさんざん味わったことを今でも苦々しく思い出します。

ですが、それはオカメインコルチノーが弱いこととイコールではないです。

ただ・・・

悪徳業者が無謀な繁殖を繰り返した結果に生まれてきた虚弱なオカメインコルチノーをお迎えしたのであれば、短命だったり 本来の寿命を全うできなかったことに対しては「運が悪かった」としか言いようがない。

元来オカメインコは強健でご長寿の鳥に間違いないのです。

では「オカメインコは弱い」と言われてしまう本当の理由とは一体何なのか?




「オカメインコは弱い」と思われる本当の理由は雛育ての難しさと雛の落鳥率の高さ

オカメインコルチノーの寿命

「オカメインコは弱い」と思われている理由は セキセイインコや文鳥などの小型鳥に比べると、雛鳥時代(1年未満)の落鳥率が高いことからきています。

つまり雛育てが難しいのであって、オカメインコという鳥種自体の体質が弱いわけではありません。

どんなに努力しても 落鳥する個体は一定数いますが、オカメインコの場合は「飼い主の育て方の不備」から死なせてしまうケースがとても多いです。

 オカメインコは 雛が成鳥になるまでの管理に 特に気を遣わなければいけない鳥種であること。

 オカメインコは気質が繊細で 他の鳥と比べるとパニックが頻発するため 事故やケガをする確率が高い。

落鳥率の高さの原因はこのあたりから来ています。

東日本大震災の時にオカメパニックから負傷して小鳥の病院を受診した患者には オカメインコが群を抜いていた!という話がありますし、オカメインコは1歳未満の落鳥率がダントツに高いデータもあります。

これはあくまで個人的な見解ですが、雛が亡くなる原因の半分以上は 育て方の不備によるものだと感じます。

オカメインコの雛の死因は食滞による餓死がかなり多いからです。

オカメインコの雛の適切なお世話や管理ができれば雛の落鳥率は大幅に激減するでしょうし、それに伴ってオカメインコの平均寿命はさらに上がるはずです。

オカメインコルチノーの寿命

最近は小鳥の専門医だけでなく、小鳥も診察できるエキゾチックアニマル系の動物病院が増えましたし、餌の質も医療技術もどんどん上がっています。

飼い主が正しい知識と認識を持ちさえすれば、うちの子をご長寿の幸せオカメインコにしてあげられるいい時代である…と言えるのです。

そして結論!

オカメインコルチノーは弱い…は正しくない!ルチノーが特に弱いと決めつける決定的な理由もない。

オカメインコルチノーも20年くらいザラに生きますから、正しい飼育知識を得て、愛鳥を健康に育ててあげてください。

ルチノーは特に性格が繊細だと言われますが、これにも個体差があります。

何かあっても冠羽を立てる程度で、動じることなくオカメパニックもほとんど起こさないはがねメンタルのルチノーもいますから(うちには2羽います)

とはいえ、オカメインコなので、多少のビビりには目をつぶってください^^

そしてブリーダー選びは慎重に!

ペットショップから雛をお迎えする場合は 体がコロコロ・目がキラキラしている子を選ぶと失敗が少ないですよ。