オカメインコの温度とおすすめ温度計の話!飼育や保温温度は?

オーストラリア原産のオカメインコ。

もともと乾燥地帯に住んでいる鳥なので、冬の乾燥には強いのですが、極端すぎる寒さは苦手です(成鳥になれば、かなり寒さには強い鳥種ではあります)

一般的には 夏はオカメインコにとっては どちらかというと過ごしやすい時期です。

しかし昨今の異常気象?猛暑を通り越した酷暑の夏は もちろんとても厳しい時期なので、暑さが猛烈すぎる時や 直射日光、照り返しによる日射病・熱射病には十分な注意が必要です。

冬季は健康な若い成鳥であれば、少しずつ寒さに慣れさせることで、日本の温帯区(北海道以外)であれば 無加温で越冬することはできると言われています。

とはいえ 大切な家族の一員である愛鳥に 春夏秋冬を快適に過ごさせてあげたいです。

インコにとって快適な温度にしてあげるにはどうしたらいいのでしょうか?

オカメインコの温度調節!居住空間は何度くらいがいいの?

オカメインコの温度

一般的にオカメインコの適温は25~30℃といわれていますが、成鳥であれば 15℃程度の温度があれば元気に過ごせます。

つまり人間や植物が その都度必要に応じた調節すれば 「まあまあ快適」と思える程度の温度がオカメインコも快適だということです。

ただし、雛鳥・老鳥・病気の場合は 自分で温度調節をするのが難しいので、25℃以上で管理してあげる必要があります。

さらにインコは呼吸で暖かい空気を取り入れて保温しています。

つまりインコ自身を温めるとかインコに暖をとらせるというよりも インコがいる空間の空気を丸ごと温めてあげることが理想的なのです。

羽を膨らませて縮こまる仕草は寒いときに見られるものです。

もしもそのような仕草が見られたら ひよこ電球やパネルヒーターをセッティングするのもいいですが、すばやく室内の空気の温度をまるごと上げてあげるのが理想的です。

ケージを置いている部屋が広い方は 体調不良時に備えてプラケースや水槽などで看護病棟を用意しておくといいです。

すぐに空気が温まる看護ケースを用意しておけば、電球やヒーターでも短時間で温まるのでいいと思います。

スポンサーリンク


オカメインコ飼育におすすめの温度計は?

オカメインコの温度

部屋の温度が快適でも、ケージの置いてある場所は 寒すぎたり暑すぎたりすることもあります。

エアコンの風が直接当たっていたり、暖房器具に近すぎたりしていませんか?

ケージの近くに温度計・湿度計を置いてチェックしてあげましょう。

温度計のおすすめはこちら↓↓↓

4か所の温度・湿度が同時にわかるすぐれもの。

温度と湿度の上限と下限のアラーム機能もついているのでうっかりを防げます。

オカメインコの冬の温度管理

オカメインコの温度

【冬や梅雨寒の温度管理】ペットヒーター

オカメインコに限らず、小鳥の飼育にはペット用のヒーターは必須です。

幼鳥の頃からよく使われているのはひよこ電球タイプですが、ヒーターは熱くなるので、オカメインコが触れられない場所に設置しましょう。

特に気を付けなければいけないのは ひよこ電球型ヒーターをケージ内に設置する時です。

ヒーターの上に直接鳥が乗ると 低温やけどします(詳しくは後述)

実はうちにも1羽、この低温やけどで片足を失った子がいますので、本当に気を付けてほしいのです。

…と言ってもあまり神経質になる必要はなく、ヒーターの上に空間を作らずに設置しさえすれば大丈夫です。

アクリルバードケージ

ホームセンターなどで温室用のビニールハウスが売られていて、冬場の保温に使っている人もいるかもしれません。

これはぴったりすぎるサイズだとインコが中からつついたり、かじったりするとビニールは有害ですので危険です。

絶対につついたり食べたりしないように、空間に余裕を持たせないといけないですね。

寒いときに閉め切ってしまうのは確かに保温的には有効ですが、空気や熱がこもりすぎるのも鳥が体調を崩す一因です。

締めっぱなしにしないでどこか一方を開けて通期させておくとか、定期的に空気を入れ替えてあげられるのなら、アクリルバードケージはおすすめできます。

アクリルバードケージは愛鳥の体調がすぐれないときに いつも過ごしているケージをまるごとそのまま入れられて 看護ケースとしても使えます。

【オカメインコのアクリルケージ】防音と看護病棟としての使い方の話
アクリルケージは防音・保温の効果もありますので、ひとつ持っているといざというときに役立ちます。ですが鳥自身の健康のためにはアクリルケージを使う時間や頻度は…

冬のオカメインコの低温やけどにご用心!パネル型のヒーターなら安全

オカメインコの温度

こういうタイプのひよこ電球↓は、上に鳥が乗れる空間があるとオカメインコがそこで暖を取ることがありますが、それは非常に危険です。

オカメインコの温度

低温やけどの事故は意外と多く、やけどが重篤な場合は、足指が欠落します。

ですから、ヒーターをケージ内に設置するのは注意が必要で、ヒーター本体をかけるのはケージの網の外側にした方が安全です。

念のためひとつお断りしておきますが、この商品(ペットヒーター)が悪いのではなくて、小鳥が上に乗れる空間を作ることが悪なのです。

ひよこ電球タイプのペットヒーターは空気を汚さずに温めてくれるので、雛鳥や成鳥の加温におすすめのヒーターであることは間違いありません。

雛時代に多くの飼い主さんが利用するこのひよこ電球タイプのヒーターを 鳥かごの周辺に設置するだけのスペースが取れない場合は、パネル型のヒーターを利用するのがいいでしょう。
 
 

さまざまな小鳥用品をこちらから探せます

オカメインコの夏の温度管理

梅雨時の湿度管理も忘れずに!

オカメインコの温度

乾燥地帯出身のオカメインコは 湿度の高いのも苦手です。

梅雨時期などはエアコンのドライ機能を使って、40~60%くらいに湿度調節をしてあげましょう。

夏の暑さ対策で気をつけるべきは留守中

オカメインコの温度

比較的暑さには強いオカメインコですが、最近の夏は異常に気温が上がりますよね。

インコが肩をいからせて羽を広げていたり、くちばしをパクパクと動かしているようなら、暑すぎる証拠です。そんなときは

・風通しを良くする
・エアコンをつかう(ただし、直接風が当たらないようにする)
・水浴び用の水を準備してあげる

・・・などの対策をしましょう。

特に留守にするときは部屋が高温になりすぎないように注意が必要です。

理想は…オカメインコが過保護になりすぎない程度に温度調節するのがベスト!

オカメインコの温度

・適温は25~30℃
・夏場のエアコンは鳥的にはドライがおすすめ
・暑さ対策・湿度管理も忘れずに
・インコの様子をよくみて調節しよう

オカメインコの健康にとって温度調節は大事ですが、いつも適温で季節を感じられないと発情期や換羽期の乱れにつながります。

つまり、かわいいから…良かれと思って…過保護にしすぎるのは、愛鳥の仇になることもあるということです。

オカメインコの様子や健康状態をしっかりと観察しながら、小鳥が四季を感じられる温度調節をしてあげることが本当はベストなのです。