インコの保温アクリルケースのおすすめはアクリル工房のバードケージ

初めての冬を迎える幼鳥や年を重ねた老鳥は特に寒さに弱く環境適応能力が低いため、それぞれに適した保温が必要です。

雛・病鳥・老鳥に必要な加温は28~30℃前後。これだけの高温をキープするのは容易ではありません。

そこでおすすめなのがインコ用のアクリルケース(アクリルバードケージ)です。

インコの保温アクリルケースのおすすめはアクリル工房のバードケージ

インコの保温アクリルケース

アクリルのケージケースがあれば ヒーターで温めた空気を逃がすことなくケース内の保温力を高められるので、インコの保温管理にはひとつ持っておくことをおすすめするアイテムです。

アクリル工房のアクリルバードケージは特に高品質ですし、用途や使い勝手などに合わせていくつものタイプを選ぶことができるので特におすすめです。

インコの保温アクリルケース

インコ用のアクリルケースはピンからキリまでありますが「お値段以上」はありません。

安いものはそれなりの造りと質をしていますが、そんな安物でも 野口英世ではなくて福沢諭吉が2枚くらい飛んでいくのが普通の値段です。

アクリルケースは「何らかの目的があって」購入するものですから 機能重視で選ぶなら高品質のものを買っておいた方が「安物買いの銭失い」にはなりません。

そのため当サイトでは「アクリル工房」一択でおすすめしています。

インコの保温アクリルケース

アクリル工房のアクリルケースは、厚さ5mmのアクリル板を採用しています(天板と底板は8mm 前面パネルのみ透明アクリル板厚3mmというタイプもあります)

国産アクリル板なので透明度は93%以上、透明感の面でも優れているので、インコとのコミュニケーションの妨げにもなりません。

アクリルケースを利用する方の目的は様々ですが、当サイトでは「保温」を第一目的としてアクリルケース利用を推奨しています。

インコ用アクリルケースは保温重視がおすすめ!看護病棟に使うが正解
アクリルケースは防音・保温の効果もありますので、ひとつ持っているといざというときに役立ちます。ですが鳥自身の健康のためにはアクリルケースを使う時間や頻度は…
インコ用アクリルケースに防音効果なし?鳥の保温と安全を確保する話
巷にはアクリルケースのメリットしか書いていないブログが多くて違和感を感じるため、ここではアクリルケースの光と影についてぶっちゃけてみます。

 

アクリルバードケージの失敗しない選び方と注意点!ヒーターは外付けが安全

インコの保温アクリルケース

アクリル工房のアクリルバードケージには 「ワイドタイプ」と「スリムタイプ」があります。

スリムタイプは横幅が広すぎないため、設置場所に困ることがありませんが、サイズ選びの段階でケージがぴったり入る大きさを選んでしまう方が多くいますし、それはヒーターを使用時に難が生じる場合があります。

「スリムタイプ」ではケージ内部に保温電球を設置することになるので、

インコの低温やけど
ヒーターの加減によってはアクリルが溶ける事故
インコがコードを引き入れて噛み切ってショートさせるリスク

これらの危険性が外付けにする場合よりも高まる可能性があると考えられます。

「ヒーター温度や環境で異なる」を履き違えると失敗する

インコの保温アクリルケース

 

Q:ヒーターとアクリルバードケージはどのくらい離せばいい?
A:ペットヒーターとアクリルケージの間に20mm程度余裕があれば問題がないかと思います。 ※お使いのヒーター温度や環境によって異なります。
引用元:アクリル工房

アクリル工房は公式サイトで「ヒーターとアクリルケージの間に20mmあれば問題ない」と言っていますが、これを「文字通り」距離や間隔だけの問題と捉えるのは間違いです。

なぜなら「お使いのヒーター温度や環境により異なる」と言い切っているからです。

この部分を履き違えると失敗します。

耐熱温度と低温やけどのリスクを忘れずに!

インコの保温アクリルケース

 使う電球のワット数選びを慎重にしないとアクリルが変形するなどの事故が起こること
火災や事故が起こっても「自己責任」であること

「※お使いのヒーター温度や環境によって異なります」は この2点を意味していることをまずは把握しておいてください。

アクリルは耐熱温度が低く(60~65℃前後)保温電球のカバー表面は50~60℃くらいになりますから、両者を近づけすぎてはいけません(ちなみに100ワットのガラス球の表面温度は200℃くらいになります)※アクリル板が薄ければ薄いほど事故のリスクが高まることは言うまでもありません。

保温電球カバーの温度50~60℃では 鳥が横からヒーターに寄り添っても厚い羽毛に覆われているため 体をやけどする心配はほとんどありません。しかしカバーの上に鳥が乗れるだけの空間を作れば、カバーの上に乗った鳥が足に低温やけどを負うリスクは高まります。※寒ければインコはカバーの上に高確率で乗ります。低温やけどは治りが遅いだけでなく、ひどい場合は足指の壊死・切断に至ることもあります。

一般的に100ワット電球はアクリルケースと併用しないことが推奨されています。

 

これらの情報をまとめると・・・アクリルケースを使う時には、ヒーターを外付けにすることと 外付けにできるだけの余裕を持ったサイズ選びが必要ということです。

この点さえ押さえておけばアクリルケースを安全に使うことができますので、心配は要りません。

 

アクリルバードケージを安全に使うためには「ワイドタイプ」がおすすめ

インコの保温アクリルケース

「火」は怖いですから、保温器具を使うなら 無頓着でいてはいけません。神経質すぎるくらいがちょうどいい。

アクリルケージケースを利用されるときにはヒーターをケージの外付けにしても余裕を持った、大きめなサイズ選びをおすすめします。

アクリル工房の取扱説明書に従ってヒーターを設置し、サーモスタットは必ず取り付けてください。

サーモスタットと温度計などをケージの外側に取り付ける場合に、それらの本体の厚みなども考慮してください。

アクリル工房のアクリルバードケージの扉は4種類 目的に合わせて選べる

インコの保温アクリルケース

アクリル工房のアクリルバードケージには置き場所のスペースや保温以外に 防音効果や防塵効果を求めるなどの目的に合わせて、扉のタイプを選べます。

アクリルバードケージのおかもち式扉タイプ

インコの保温アクリルケース

鳥用アクリルケースの中で価格が手頃で気密性が高いのが、おかもち式扉のアクリルバードケージです。

扉を上にスライドさせて開閉するため、隙間がほとんどありませんので、保温効果だけではなく防音効果や防塵効果も期待できます。

ただし、扉を勢いよく落とすと破損してしまうため、開閉時は手を添えてゆっくり行う必要があります。

アクリルバードケージの片開き式扉タイプ

インコの保温アクリルケース

マグネット式で簡単に扉を開閉できるのが、片開き式扉のアクリルバードケージです。

左右どちらに開くかを選択できます。

おかもち式扉のように、扉を引き抜くのが面倒な方に人気があります。

扉全体が左右どちらかの手前側に大きく開くので、前面のスペースを気にしない方におすすめです。

アクリルバードケージの両開き式扉タイプ

インコの保温アクリルケース
こちらも片開き式扉と同じく、マグネット式で開閉できるアクリルバードケージです。

片開き式扉と違って真ん中から左右に開く観音開きタイプなので、比較的狭いスペースでも設置が可能です。

アクリルバードケージの両開き扉プレミアムタイプ

インコの保温アクリルケース

プレミアムタイプはステンレス製のつまみが付いた蝶番の扉のアクリルバードケージです。

片扉のみの開閉も可能なので、使い勝手が良いタイプといえるでしょう。

ステンレスはサビに強く、見た目にオシャレなことも魅力的です。

左右の隙間をなくしたため、マグネット式のものよりも高い保温効果と防音効果が期待できます。

インコの保温アクリルケース

また、アクリルケースの両サイドには、直径30mmの空気穴があらかじめ空けられていて、両サイドで空気の通り道となります。

直径30mmはヒーターの電源コードを出し入れしやすいサイズですが、穴のサイズを変更したり穴の数を減らす加工も対応可能です。

別途料金が発生しますが、既存以外の位置に穴を開けてほしい・天板や背面に穴を開けてほしいなどのカスタマイズにも応じてもらえます。

オカメインコケージ「オカメ465」にぴったりのアクリル工房アクリルバードケージもある

インコの保温アクリルケース

アクリル工房のアクリルバードケージには、市販の鳥かごにぴったり適応したサイズもあります(R3・9月現在)

市販の鳥かごといってもメーカーは「HOEI」だけのようです。

オカメインコのケージにHOEIオカメ465を使っている方が多いと思いますが、もちろん465対応のアクリルバードケージもあります。

ただしこれはヒーターをケージの内部につける仕様であって、外付けには対応していませんので注意してください。

ヒーターを外付けにする場合は もう少し大きなワイドタイプを選ぶことになります。

 

アクリル工房 楽天市場店でアクリルケースを見てみる

インコアクリルケース防音

子どもの頃に実家にいたオカメインコとの出会いからすでに40年超。未だ彼らへの愛と興味が尽きず「オカメインコ愛好家」の立ち位置から情報発信するyamaki がこのブログの中の人です。
 
ここには鳥ブログあるあるな「うちの子自慢」や「かわいいでしょ♪アピール」はありません。鳥の飼育本を丸写ししただけの机上の空論解説や、繁殖した雛の販売目的の宣伝PRもありません。鳥と飼い主のQOL向上(健康に楽しく)が目的のコンパニオンバードブログです。
 
フィンチとインコでは飼育に異なる点がありますが 小型~中型インコには共通項が多いことから、オカメインコだけに限らず中型までのインコ・オウム飼育に役立つ内容を更新していきます。