オカメインコの平均寿命は18年!25年はザラ!最長記録は32歳!

オカメインコの魅力のひとつは、家族の一員として長く楽しい時間を共有できることです。

大きな病気や事故に見舞われずに適切なお世話をしてあげることができれば オカメインコは普通に15~20年以上共に暮らせるパートナーなので、犬・猫よりも長生きする子がたくさんいます。

御年25歳とか決して珍しくありませんし、30歳越えという強者も結構いますよ。

オカメインコの平均寿命は18年!25年はザラ!最長記録は32歳!

オカメインコの平均寿命

オーストラリア原産のオカメインコが飼い鳥としてヨーロッパにお目見えしたのは180年も前のこと。

陽気な性格と穏やかな気質はたちまち人々を魅了して、セキセイインコと同様に 世界中の愛鳥家から愛される存在になりました。

一般的に「オカメインコを雛から育てるのは難しい」などと言われていますが、それは半分は正しいけれど半分はちょっと違っています。

健康な成鳥まで育ったオカメインコは意外と病気が少なくて元気に長生きする頑健な個体が多いのです。

20年とか25年生きる子もザラにいますが、オウムの一種であることを考えると オカメインコの寿命が長いことは納得できると思います。

性格が寛容で他の種の鳥たちとも一緒に暮らせるのはオカメインコとセキセイインコくらいだ。

…という飼鳥家もいるくらい(※)オカメインコは協調性が高くて飼いやすい鳥なのです。

※他のインコ・オウム類はたとえ気質が優しい鳥種でも、新入りを攻撃することがよくあるので  こんなふうに言われているようです。




オカメインコの寿命の平均は18年前後!犬や猫より長いことも多い

オカメインコの平均寿命

 

オカメインコの平均寿命は色々な説がありますが、私が個人的に調べたところでは18年と紹介している書籍が多かったです。

自分や知り合い、オカメインコの雛をお分けしたオカメ繋がりの「オカメの親戚」のお宅の子たちも20年くらいは普通に長生きしている子が多いので、18年というのはかなり正しいデータのような気がします。

オカメインコは雛を育てるのが少し難しいので、1歳にならない幼雛・中雛あたりの落鳥率が高いんですね。

それで巷では「オカメインコは弱い」という認識があるのですが、無事にたくましく大人まで育った子たちはとても丈夫であまり病気をしない個体が多いです。

皆さんが思っているほど、オカメインコは弱い鳥ではないんですよ。

しっかり栄養を取らせて、適度な運動と日光浴をさせ、家族の一員としてかわいがられてメンタル面も安定しているオカメインコは 本当に丈夫に育って長生きして大往生する子が多いです。

「ルチノーや色変わりは弱い」神話もまことしやかにささやかれて(?)いますが、私の知る範囲では ルチノーは結構ご長寿さんが多いですよ。

 




オカメインコの寿命最長ギネス記録は32歳!1983年生まれのアメリカ育ちオカメ

オカメインコの平均寿命

オカメインコの最高齢のギネス記録は32歳で、名前はサンシャイン。1983年にコロラドでお迎えされたそうです。

飼い主はアメリカ人で、ニューメキシコ州に住んでいる方です。

ギネス記録は新たに申請されて審査を通過すれば 記録が更新されますから、もしかしたらサンシャイン以上のご長寿オカメがはいるかもしれませんが、現時点(2017年3月)で確認できるギネス記録は32歳ということです。

日本にだって、すごいご長寿オカメがたくさんいます。

個人的にはこの子たちがギネス記録なのでは?と思うオカメさんたちはこちら。

オカメインコの寿命が25年は決して珍しいことではない!

オカメインコの平均寿命

38歳ってすごいですね。

2つ目の動画のタロウちゃんは、2016年2月にお星さまになってしまったそうですが、38歳の大往生はあっぱれ!だと思います。

これらのご長寿オカメ、どちらもノーマルグレイの男の子。やっぱり原種が最強!なんですね。

オカメインコは 飼い主が正しい知識を持ってお世話をしていけば 長生きしてくれます。

名前から勘違いしている人も多いですが オカメインコは「インコ」ではなく「オウム」ですから、寿命がトップクラスのペットであることは間違いありません。




オカメインコの寿命は飼い方次第!オーストラリアの風土を意識することも必要

オカメインコの平均寿命

オカメインコの故郷はオーストラリア。

しかも厳しい環境である内陸の乾燥地帯で、気温が普通に50度を超えるような砂漠です。

乾燥する季節になると(冬・6~9月頃) 水を求めてオカメの群れがシドニーなどの沿岸部でも見られるとか。

トウモロコシや麦畑を群れで食い荒らすことがあるので、現地では害鳥扱いされることもあるそうですが。

砂漠やステップ気候が分布している地域なので水が少ないですし、昼間は35度以上の灼熱だったり、夜は放射冷却が起これば季節によっては5度くらいまで気温が下がるような、かなり過酷な環境下。

そういう地で 野生のオカメインコたちは群れで暮らしています。

ですから オカメインコという鳥は本来、寒さにも暑さにも強い、頑強な鳥種なのです。

ペットとして暮らせば 飼い主さんの愛情と配慮の元で 冬でもヒーター全開のポカポカ陽気の中で過ごすことになる仔が多いかもしれませんが、

温帯に属する日本(北海道以外)なら オカメインコの健康な成鳥に 季節の移り変わりをきちんと感じさせる管理をしてあげたほうが 丈夫で健康に長生きする。

…ということを、オカメ飼いさんには知っておいてほしいと思います。

※もちろん、雛・病鳥・老鳥・体力が落ちている鳥はこの限りではありません。




オウムだよ!オカメインコの寿命はペット的には最長老レベル

オカメインコの平均寿命

オウム目オウム科 オカメインコ属オカメインコ

オカメインコは「インコ」ではなく、オウムの一種です。

冠羽を持つことと骨格の構造から、インコ科でなくオウム化に分類されています。

英名:cockatiel(コッカティル)

和名:オカメインコ(片福面鸚哥)




オカメインコのルチノーやアルビノやパイドの寿命は長くないの?

オカメインコの平均寿命

オカメインコには「ルチノー」や「シナモン」「パイド」などのいくつかの色変わりがありますが、これらはあくまでも「品種」であって、「オカメインコ」は品種ではありません。

オカメインコは生物学的には1種しかなくて、体長は30~35センチ、体重は80~120グラムほどの「オウム」です。

今、セキセイインコを飼っているけど、オカメインコも飼いたいな…という人は多いと思いますが、セキセイと比べると、大きさはこのくらいの差ですよ。

オカメインコの平均寿命

オカメ女子と男子を比べると体格や体型にだいぶ違いを感じます。

女子のほうが体が大きくてどっしり感がありますね。

男子はマッチョな体形をしていても、女子よりもすらりとした印象があります。

オカメインコの平均寿命

オカメインコには全身真っ白なアルビノ(ホワイトフェイスルチノーやスノーホワイトなど)やそれほど珍しくはないですが「パイド」などの品種がいます。

品種ごとの平均寿命データはないのではっきりしたことは言えませんが、やはり18年くらいが平均だろうと思われます。

確かに品種を固定したばかりの色変わり種は虚弱傾向はありますが、最近生まれたばかりの色変わりはいません。

色変わりが登場し始めたのは、パイドが1940年代、ルチノーが1950年代、パールが初めて発見されたのは1967年…固定されてからずいぶん経っていますから、よほど稀少な品種でない限り、色変わりが弱いとは言い切れないでしょう。

原種でも色変わりでも、うまれつき虚弱であれば長生きが難しいかもしれませんが、健常な雛でしっかりと育てられた個体なら20年くらいの寿命は普通にまっとうできると思います。

うちにも真っ白なオカメインコ(ホワイトフェイスルチノー)がたくさんいますが、弱いなと思う子はいませんね。ごく普通に、原種(ノーマル)と肩を並べて暮らしてますよ。

オカメインコの平均寿命

ノーマルの子だって生まれつき弱い子もいますから、色変わりが特に弱いとは決めつけられませんし、どんな子に出会うか、どんな育て方をするかで、寿命の長さは大きく変わってくると思います。

だから私は個人的には色変わり種の寿命を心配する必要はないと考えます。

雛から育てるのであれば体がコロコロしていて 瞳がキラキラしている子を選べば、雛選びはほぼ失敗しませんよ。

オカメインコの寿命に関してはルチノーも然り。

ルチノーはひよこみたいにかわいいけど、ご長寿のおじいちゃん・おばあちゃんオカメがいっぱいいます。

オカメインコルチノーのおハゲにまつわる黒歴史なトリビアエピソード
おハゲも個性のひとつと思ってほしい!だってオカメインコルチノーのおハゲは病気ではないから!…と心の中でオカメインコへの愛を叫ぶオカメインコ愛好家の「おハゲ」にまつわるトリビアを紹介。

オカメインコの寿命は人間の年齢に換算すると?オカメインコの人間年齢早見表!

オカメインコの平均寿命

前述しましたが、オカメインコは「インコ」ではないので「中型インコ」というのは正確ではありません。

オカメインコは「オウム」です。

「オウム」と聞いただけでオカメインコの寿命が長い!というイメージが鮮明になるのではないでしょうか。

オカメインコは最小サイズのオウムですが、中型~大型のインコ・オウムは50年以上生きるのがザラです。

コンゴウインコなどの超大型種になると100年近く生きるものもいるくらいです。

もちろんこれだけのご長寿は「飼育下」ならではのことであって、厳しい野生下では25年生きることは少ないと言われています。

とにかくインコ・オウムの仲間は長生きさんです!その分飼い主さんも元気に長生きしなければいけませんね。

オカメインコの平均寿命

オカメインコの寿命は20年くらいは普通だということが分かったところで、人間の年齢に換算するとどのくらいなのか?

実際問題としてオカメインコの年齢換算ははっきりしていませんが、人間は鳥の大きさや寿命から換算して「人間の年齢だと○○歳くらいに相当するだろう」という見方をします。

オカメインコくらいのサイズのインコ・オウムの場合、中型インコ・オウムに相当するわけですが、そこから換算してみると オカメインコの20歳はおそらく人間の90~100歳に相当すると思います。

中型インコ・オウムといっても種によってだいぶ異なりますから、これは一つのめやすです。

オカメインコの人間年齢早見表
  • オカメ誕生~3か月⇒新生児~未就学児
  • オカメ3か月~半年⇒人間の小学生
  • オカメ1歳⇒人間の18~20歳
  • オカメ2~3歳⇒人間の25歳前後
  • オカメ4~5歳⇒人間の30歳前後
  • オカメ6~9歳⇒人間の35~45歳前後
  • オカメ10歳⇒人間の50歳前後
  • オカメ12~13歳⇒人間の60歳前後
  • オカメ14~15歳⇒人間の70~75歳前後
  • オカメ16~18歳⇒人間の80~85歳前後
僕が飼い主を超えるのはいつかな?
オカメインコの平均寿命

大体生後1年くらいで人間の18~20歳程度。

オカメインコのメスは早い子で8~10か月で初産卵しますから、生殖年齢的にも数字的にまんざら外れていないと考えられます。

産卵といえば、オカメインコは10歳くらいでも卵を産む子がいたりするんですが、それって人間の50歳前後くらいに相当すると思われます。

オカメインコは10歳くらいからシニア(老鳥期)と言われていますが、卵産むほど元気で若い(?)なら「シニアなんて言うな!」と怒られそうですが。まあ、人間だって50代じゃシニアじゃないですしね。

こういう風に年齢を見ていくと、個体差も大きいし、一概に「人間の○○歳」と当てはめるのはなかなか難しいものがあるでしょう。

年齢は年月だけで決められるものでもないですし、愛鳥・飼い主ともども、健康で元気いっぱい過ごしていけるように頑張りましょう!