本サイトには広告が含まれます
PR

【のうこつぼの評判】永代供養・低価格・お墓のサブスク・ペットOK

【のうこつぼの評判】永代供養・低価格・お墓のサブスク・ペットOK

のうこつぼの評判

のうこつぼは、納骨堂とお墓が融合した新しいスタイル…「マンション」のような集合型のお墓で、一室に4~5名の受け入れが可能です。

納骨堂は屋内に納骨しますが、のうこつぼは屋外で管理されています。

そんなのうこつぼ、低価格のお墓にあるあるな欠点にさまざまな配慮されている点で優れた供養方法です。

樹木葬・永代供養墓・合祀墓のデメリット
まったく知らない赤の他人と同じスペースに納骨される
一定期間を過ぎると他人の遺骨と混ぜられて埋葬される(合祀)

低価格のお墓ではこういったことに 目をつぶらざるを得ない場合があります。そこに抵抗感・忌避感を覚える方も結構いると思いますが、のうこつぼならその心配はありません。

逆に合祀を望む場合は「弔い上げ」をしてもらえます。

弔い上げを希望されると、納骨室から合祀墓にご遺骨を移し、他の方のご遺骨と合わせて埋葬することができます。合祀すると、個別にお参りは出来ませんが、中央の合祀墓に手を合わせてお参りしていただくことが可能です。寺院での管理やご供養は永代にわたって続いていきますので安心してご利用いただけます。
引用元:のうこつぼ

のうこつぼでは一般的なお墓のような大掛かりな墓じまいがないので、お墓の引越しも簡単にできます。

墓じまいにはおおむね100万円前後~のコストが不要ですから、

令和の墓じまい
墓じまいの流れSTEP1家族や親族間での話し合い墓じまいの同意を得るSTEP2お墓の現状確認墓の面積・大きさを確認。お墓に何柱入っているか。土葬の遺体がないかも確認 ※お骨の状態によっては再火葬が必要STEP3墓じまいの申し入れ墓地管理者に墓じまいの相談・申し入れSTEP4改葬許可の書類取得改葬先から「受入証明書」または「永代供養許可書」墓じまいする墓地から「埋葬(納骨)証明書」STEP5「改葬許可書」の取得墓じまいする墓地の市区町村に書類を提出し「改葬許可書」を発行してもらう。※公営霊園は墓所の返還手続きもするSTEP6お骨の取り出し・墓の撤去魂抜き(閉眼供養)・カロートから遺骨の取り出し・お墓の解体と撤去・必要に応じて原状復帰工事等STEP7遺骨のメンテナンス遺骨の洗浄・乾燥 ⇒「散骨」する場合は粉骨作業も

墓じまいが要らないだけでも、ずいぶん楽な気持ちになれるのではないでしょうか。

転勤族や引っ越しする方は、簡単に次の住まいにお骨を持っていけます。

「お墓のサブスク」サービスもありますから、経済的な諸事情から手元供養を選んでいる方、納骨できずに困っている方にも、低価格で使用できるのうこつぼはおすすめです。

のうこつぼのメリット【コスト面】
お墓としてはリーズナブル…標準価格は一室 498,000円~(墓石・墓地使用料・家名刻印料含む)通常お墓の1/3程度のコストで済む
墓石代が不要…一般的には墓石や刻印は石材屋、使用料はお寺と、それぞれに別途支払う必要がありますが、のうこつぼはコミコミです。
お墓のサブスクサービスがある(月額3,980円)
のうこつぼのメリット【維持・管理】
最短1日で納骨完了
墓じまいが不要。引っ越すときは、のうこつぼも引っ越し可能。
三十三回忌まで待たなくても、早めに弔い上げができる
墓掃除が不要
手元供養や仏壇の代わりに利用できる
お住いの近くのお寺にある(都市部の寺院が多くアクセスに困らない)
のうこつぼのメリット【安心感】
宗教・宗派・国籍を問わない
ペット専用墓がある寺院もある
先祖代々の墓に入りたくない方や夫婦別の墓を望んでいる
ハワイで眠ることを望んでいる(ホノルルの日本人墓地)
両親の遺骨を兄弟などで分骨できる(それぞれが近場でお墓参りできる)
永代供養付き…墓守り不要。寺院なので日々読経が行われる。お寺が主体となって合同慰霊祭を執り行うことがある
個別に納骨される。見ず知らずの他人と一緒にならない(希望すれば合祀も可能)

【のうこつぼ】お墓のサブスクを使えば引っ越し先でもいつでも出入り可能

のうこつぼの評判

のうこつぼには、サブスク(サブスクリプション:一定期間、定額で受けられるサービス)があります。

お名前プレート(3万円)開閉立ち合い費が別途かかりますが、新居の引っ越し先でのうこつぼも引っ越しさせることができます。転居先での墓石代金は不要です。

転勤族でどこにお墓を設けたらいいか悩んでいる方や、いつも近くに遺骨を置いておきたい方には、手軽に引っ越しできるのうこつぼはおすすめできます。

のうこつぼの評判

のうこつぼのサブスクは月額3,980円(税込)いつでも入ったり出たりが自由です。

2023年11月現在、のうこつぼは全国228ヶ所に設置されており、今後もさらに拡大予定ですので、実家やゆかりのある土地、引っ越し先など、希望のエリアで納骨できます。

お墓のサブスクはこんな方におすすめ
供養に関する初期費用を抑えたい
転勤族。引っ越す機会が多い方
必要な期間だけ納骨しておきたい
住まいからアクセスのよい寺院を選びたい
お墓の管理をお任せしたい(墓掃除が不要)

【のうこつぼ】ペットと一緒もOK!先に逝ってしまってもいつでも会いに行ける

のうこつぼの評判

一般常識からすると、現状では飼い主とペットが一緒のお墓に入るのは難しいです。

ペットと飼い主がいっしょのお墓に入ることは法律上は問題ありません。しかし仏教思想の観点からすると、人と動物が同じお墓に入るのはNGとされています。

ですが、のうこつぼと提携する寺院の中には ペットと一緒 ←マークがついた寺院がたくさんあります。

最近は「ペットも大切な家族の一員」の考えが世間に浸透しているため「ペットと一緒」OKとしている寺院や墓地が増えてきていますが、実際に探すのはなかなか大変ですので、ペットと一緒に眠りたい方には選択肢のひとつとしておすすめです。

【ペットと一緒ののうこつぼ】の寺院はこちら で紹介しています。

【のうこつぼ】評判と口コミ

のうこつぼの評判

父の余命宣告を受けたことをきっかけに、お墓購入を決意しました。購入する前に感じていた不安は、主に金銭面(総額+年間維持費等)でした。また、自宅からの距離が近くであることはもちろん、お墓の継承についても外せない問題でした。それは(子供が生きている間/供養する者がいる間)合祀するのに少し(抵抗/罪悪感)があり、あの世でも3人一緒にいたいという気持ちが強かったからです。①一区画に4霊位まで納骨可能だということ ②自宅に近い所にあるということ ③お寺と連携しているということ …これらのことに魅力を感じ、購入しました。「のうこつぼ」は、金銭面に不安があるがしっかり供養したい方、継承者問題に不安がある方、先祖代々よりも家族単位で十分な方にお勧めしたいです。

「のうこつぼ」購入のきっかけは永代供養付きのお墓が良いと思ったからです。夫は三男、子どもは女子2人、墓守は押し付けたくない思いが強かったので、はじめは樹木葬や家族墓も視野に入れて検討していました。私が最初に選んだお墓は坂の上にあり、バスを乗り継いで更に歩く必要があった為、高齢になると負担になりそうでした。「のうこつぼ」をみて最初に感じた印象は「お墓のマンション、団地!普通のお墓よりスッキリした造りだし、夫も寂しくないのでは!?」また、検討するにあたって重視していた①近所であること(徒歩5~6分の近さ)②費用が予算内であること③一部屋に4霊入れること…などの点で納得ができました。「のうこつぼ」は核家族化、少子化、後継ぎが望めない人たちに需要があると感じます。一般のお墓で新しいお墓作りをしようと思うと300~500万円位と高額なので、「のうこつぼ」は既に形あるお墓として親しみやすさもありオススメです。

夫婦では入れる安いお墓を探していたところ、のうこつぼを知りました。都内でお墓を探すとなると安く見積もっても100万円以上を想定していましたが、のうこつぼは約50万円と想定の半分で安かったことが決め手の一つです。両親と私たち夫婦二人で一つの部屋に眠ることが出来ると聞いて安心しました。これで両親にも子供たちにも迷惑を掛けることなく安心して過ごすことが出来ます。徒歩10分、妻と歩いて気軽にお墓参りに行けることが嬉しいです。

母が亡くなり、49日法要と納骨を一緒にしたくお墓を探し「のうこつぼ」を知り家族で見学に行って話を聞きました。サブスクと永代供養付きなので、子供に負担をかけたくないのと、なにかあったときにお骨を移動できる点がよかったです。

先祖のお墓はありますが、遠方で頻繁に行くことが出来ないので分骨を考え、友達も気軽に足を運べる場所、故人が好きだった場所にお墓が欲しいと思い、資料を問い合わせました。昔は家とお寺のつながりが重要でしたが、今は「家」ではなく「個人」に重きが置かれるようになり、昔ながらの決まり事に多くお金を払う時代ではなくなってきたと思います。私のようにある日突然事故によって、まだまだ若く先があるはずだった息子を亡くした者にとってはすべてを受け入れることができません。せめてお墓は、故人や遺族の思いを込めたものにという気持ちは一緒なのではないかと思います。大切な人と亡くなった後もずっと繋がっていたいと願う人達にとって「のうこつぼ」はとてもいい提案だと思います。

引用元:のうこつぼ

のうこつぼ


のうこつぼは、納骨堂とお墓が融合した「マンション」のような集合型のお墓です。標準価格は一室 498,000円~
永代供養付き…墓守り不要。墓掃除不要。お寺が主体となって合同慰霊祭を執り行うことがあります。
のうこつぼでは「墓じまい」が不要。お墓の引越しも簡単。転勤族や引っ越しする方は、簡単に次の住まいにお骨を持っていけます。
お墓のサブスクサービスがあります(月額3,980円)
ペットと一緒・ペット専用ののうこつぼがあります。

【ペットと一緒】【ペット専用】のお墓さがし【お墓のサブスクあり】

ペットと飼い主がいっしょのお墓に入ることは法律上は問題ありません。しかし仏教思想の観点からすると、人と動物が同じお墓に入ることに難色を示したり お断りの寺院が多いです。NG行為がバレれば規約違反でお墓の撤去や永代供養を断られるケースがあります。

しかし最近は「ペットも大切な家族の一員」の考えが世間に浸透しているため「ペットと一緒」OKとしている寺院や墓地が増えてきています。増えてきたとはいっても実際に探すのはなかなか大変。最近人気の樹木葬霊園(自然葬)は当選倍率が高かったり 人気の霊園は高額だったりとハードルが高いのが現実です。そこでペットと一緒のお墓で眠りたい方に、低価格で永代供養付きの【のうこつぼ】がおすすめです。

のうこつぼには【お墓のサブスク】があります。転勤族でどこにお墓を設けたらいいか悩んでいる方や、いつも近くに遺骨を置いておきたい方には、手軽に引っ越しできるのうこつぼはおすすめできます。のうこつぼのサブスクは月額3,980円(税込)いつでも入ったり出たりが自由で、墓じまいも要りません。

【のうこつぼ】近くのお寺で永代供養【お墓のサブスクあり】

のうこつぼは、納骨堂とお墓が融合したマンションのような集合型のお墓で、一室に4~5名の受け入れが可能です。のうこつぼでは一般的なお墓のような大掛かりな墓じまいがないので お墓の引越しも簡単にできます。つまり転勤族やお引越しされる方転居先に簡単にお骨を持っていけますし、転居先周辺でのうこつぼの寺院を見つけられます。

のうこつぼにはお墓のサブスク サービスもあります。経済的な諸事情から自宅供養を選んでいる方、納骨できずに困っている方にも、低価格で利用できるのうこつぼはおすすめです。ペットの納骨もOK な寺院もたくさんあります。

預骨堂(よこつどう)

預骨堂ではご住職がご遺骨をお預かりし、毎日ご供養しながら大切に個別保管させていただきます。

お墓を建てるまでの一時的な利用でも、永代供養までの利用でも様々なニーズに対応。
海洋散骨、手元供養、宇宙葬で分骨された遺骨も供養OK
個別保管期間終了後 永代供養を選択された場合、一柱ずつ麻袋へ納め丁寧に埋葬いたします。
宗旨宗派を一切問わず全国どなたでもご利用いただけます。
郵送(ゆうパック)にて 北海道から沖縄まで、日本全国どこからでも承ります。

預骨堂をおすすめできる人
墓じまいを検討している方
おひとりさま
墓にお金をかけたくない方
すぐに合祀されるのに抵抗がある方
手元供養として残す方

ペット葬儀と供養お墓のサブスク【のうこつぼ】