本サイトには広告が含まれます
PR

沖縄の海洋散骨ガイド!おすすめ業者と那覇市~西表島散骨のレビュー

沖縄の海洋散骨ガイド!おすすめ業者と那覇市~西表島散骨のレビュー

沖縄の海は、その美しい青さと透明度で知られています。そんな美しい海で、故人をお送りする「海洋散骨」は、特別な魅力を持つ儀式です。

この記事では、沖縄での海洋散骨の魅力や、安心して依頼できるおすすめ業者5社を詳しくご紹介します。また、費用相場や手続きのポイント、気になる質問への回答も取り上げていますので、初めての方でも安心してご検討いただけます。

沖縄で行う海洋散骨の魅力とは?

沖縄での海洋散骨は、美しい自然に囲まれた最高の場所で故人を送ることができるため、近年注目を集めています。

エメラルドグリーンの海と青い空が広がる沖縄の海は、多くの人々にとって特別な場所です。大切な方を心地よい自然の中で見送ることができるという点が、沖縄で行う海洋散骨の大きな魅力の一つです。

沖縄の美しい海で故人を送る理由

そんな沖縄の美しい海で故人を送る理由は、多くの人々が美しい自然環境の中で最期の別れを迎えたいと願うからです。そのため、沖縄の海洋散骨が選ばれることが多いのです。以下に、その具体的な理由を挙げてみます。

海の透明度の高さ エメラルドグリーンの海と白い砂浜は、故人を送り出すのにふさわしい非常に美しい場所です。自然との一体感を強く感じることができます。

温暖な気候 年間を通じて屋外活動がしやすいです。これにより、天候の制約を受けにくく、多くの人が集まりやすい環境が整えられます。

例えば、沖縄の恩納村や石垣島などは観光地としても有名で、故人の思い出を共有することができます。家族や友人も故人との思い出の地を訪れることができるため、多くの人々にとって魅力的な選択肢となります。

沖縄の美しい海での旅立ちは、故人にとっても家族にとっても忘れがたい形となります。そのため、沖縄の海洋散骨は理想的な選択肢として多くの方に支持されています。

海洋散骨のメリットとデメリット

海洋散骨には、その魅力と同時にいくつかのメリットとデメリットを考慮する必要があります。結論から言うと、海洋散骨は故人を自然と一体化させるという哲学的な価値を持ちつつ、実際の手続きや感情的な準備が必要です。

海洋散骨のメリット 環境に優しい方法で故人を見送ることができ、リピート訪問の必要がないため管理の手間が省ける点が挙げられます。例えば、自然への負担が少ない分、心の中で常に故人を思い続けることができます。

海洋散骨のデメリット 沖縄という特定の地域で行うには更なる準備が求められることです。例えば、天候に左右されるため、計画通りに進行しない場合もあります。

しかしながら、こうしたデメリットはしっかりとした事前のリサーチと準備をすれば、ほとんど問題は解消されます。最終的には、心のこもった見送り方として多くの人が選択できる方法になるでしょう。

 

沖縄での海洋散骨プランと費用について

沖縄での海洋散骨にはさまざまなプランが用意されており、それぞれに異なる特徴と費用があります。ここでは、合同乗船散骨プラン、代理散骨プラン、チャーター散骨プランの三つの代表的なプランについて、その費用相場と特徴を詳しくご紹介します。

これらのプランを検討することで、故人をどのように送るかの選択肢が広がります。ここでは、それぞれのプランの概要と費用の目安について確認してみましょう。

チャーター散骨プランの費用相場

チャーター散骨プランの費用は、他のプランに比べて高めです。費用相場としては10数万円~300,000円以上ですが、その価値を感じるご遺族も多くいます。

チャーター散骨には、特定の場所や時間帯を自由に選べることが大きな魅力です。また、家族や友人だけでプライベートな空間を共有できるため、心落ち着けて故人を偲ぶことができます。

費用が高いと感じるかもしれませんが、家族だけの特別な時間を過ごせることを考えると、納得のいく価格と言えるでしょう。多くの方が、このプランを選ぶ理由には、心からの満足感が得られるからです。

チャーター散骨プランは費用がかさむ傾向にありますが、その分、特別な価値を感じることができるオプションと言えるでしょう。

合同乗船散骨プランの費用相場

合同乗船散骨プランは、複数の家族が共に船に乗り、同じ海域で散骨を行う形式です。個別のチャーター便を利用するよりも費用が抑えられます。そのため、少人数で散骨を希望する場合や、費用を抑えたい方にとって理想的です。合同乗船散骨プランの費用は特定のサービスやオプションの選択によって異なります。

代理散骨プランの費用相場

代理散骨プランは、直接現地に出向くことが難しい方や、忙しい日程の中で故人を見送る方法を探す方にとって、非常に便利な選択肢です。

代理散骨プランの費用相場は、業者やサービス内容によって多少異なりますが、一般的には30,000円から70,000円程度です。この範囲内で、一部の業者は付加価値を提供するためにオプションサービスも用意しています。

例えば、写真やビデオ撮影による報告書の作成、散骨後の供養のためのお守りの送付などが含まれている場合、費用は上昇する傾向にあります。また、散骨場所や散骨に使用される船の種類によっても費用が変動します。

例えば、散骨場所が観光地としても有名な青い海であれば、美しい風景を背景にした写真や動画を残すことができます。これにより、後に残されたご家族や友人が、その場にいなかったとしても、故人を偲ぶ時間を持つことができます。

代理散骨に対する反論として、「直接現地でお見送りできる方が心がこもっている」という意見もあります。しかし、生活の忙しさや物理的な距離を考慮すると、代理散骨の存在は現代のニーズに応えた選択肢として重要視されています。沖縄の美しい海を背景に、プロの手で丁寧に散骨されることが、故人に対する最善の供養となることも多いです。

代理散骨プランは費用面でも手続き面でも非常に手軽です。ご家族の都合や希望に応じて、最適な選択肢を見つけやすいメリットがあります。

代理散骨プランを利用することで、美しい沖縄の海に故人を送り出すという意味深い儀式を、手軽かつ厳かな方法で行うことが可能です。

代理散骨の場合、多くの人が懸念する点は、本当に故人が丁寧に葬られるかどうかです。この点については、信頼性の高い業者を選ぶことで問題解決が図れます。オンラインでの業者の評価や口コミを確認することで、信頼性を確かめることができます。  代理散骨は定評があるみんなの海洋散骨がおすすめ

 

海洋散骨を円滑に行うための手続きとマナー

海洋散骨を円滑に行うためには、事前に必要な手続きやマナーをしっかりと理解しておくことが重要です。特に沖縄という美しい地域での海洋散骨では、地域特有のルールや風習を尊重することで、故人にふさわしいお別れをすることができます。

ここでは散骨前に必要な手続きや沖縄での海洋散骨マナー、注意点について詳しく解説します。

海洋散骨前に必要な手続きと許可

海洋散骨を行う前には、いくつかの重要な手続きと許可が必要です。

まず、散骨を正式に予定するためには、故人の意志を確認する必要があります。多くのケースで、故人が生前に海洋散骨を希望していたことを家族に伝えていることが一般的です。

例えば、故人の希望が文書で残されている場合、それを根拠に散骨の準備を進めます。次に、家族や親戚など、故人に近しい人々の了承を得ることが重要です。意見の対立がある場合は、時間をかけて慎重に調整することが必要です。

また、海洋散骨は公的な手続きや許可が不要であることが多いですが、地元の自治体や船会社によっては特定の規則や指導がある場合もあります。そのため、事前に関連する機関や業者に問い合わせて、必要な書類や手続きを確認してください。

沖縄の海洋散骨マナーと注意点

沖縄の美しい海で行う海洋散骨は、感動的な儀式となりますが、マナーや注意点に十分気をつけることが重要です。

環境保護 沖縄での海洋散骨では、環境保護を最優先に考える必要があります。故人の魂を清らかに送り出すためにも、ルールを守りましょう。

例えば、撒く遺灰は細かく砕いてから撒くことが求められます。これは、環境保全と他の海洋利用者への配慮からきています。また、花びらや献花も自然に戻るものに限定し、プラスチックや人工素材など、海洋に悪影響を及ぼすものは避けましょう。

当日の服装 海洋散骨の際の服装も重要です。一般的には喪服以外を指定する業者が多く、滑りにくい靴と動きやすい装いを勧められる場合が多いです。服装はカジュアルでありながらも、故人に敬意を示すものを選びましょう。夏場でも薄手の服装は避け、防寒対策が必要です。足元も滑りにくい靴を指定することが望ましいです。

入念な準備と確認 例えば、散骨前には天候の確認が欠かせません。悪天候の場合、予定を延期することもあります。また、船上でのマナーとして、騒がず静かに過ごすことが求められます。船員の指示に従い、秩序を守った行動を心がけましょう。

以上のマナーと注意点を守ることにより、故人を尊重し、美しい海を次世代に残すことができます。

沖縄の海洋散骨のよくある質問と回答

沖縄の海洋散骨について興味を持っている方々にとって、初めての経験には多くの疑問があります。以下では、沖縄での海洋散骨でよく寄せられる質問とその回答を紹介します。これらの情報が、安心してこの特別なセレモニーを計画するための助けとなれば幸いです。

沖縄の海洋散骨はどんな服装で参加したらいい?薄着でも大丈夫ですか?

沖縄の海洋散骨はどんな服装で参加したらいいですか?
沖縄の海洋散骨に参加する際の服装に関して、多くの方が疑問を持つポイントです。結論から言いますと、カジュアルで快適な服装がおすすめです。

その理由として、海上での散骨は天候や波の状態によって変動するため、柔軟な衣装選びが求められます。また、セレモニー自体は厳粛である一方で、形式張ったフォーマルな服装よりも快適さが重要です。

例えば、軽いジャケットやウィンドブレーカーがおすすめです。沖縄の気候はほとんどが温暖で、特に夏場は非常に暑いです。そのため、薄着でも問題ありませんが、日差しが強いため帽子やサングラスなどの日除け対策も重要です。

また、船上が波で揺れたり、散骨の際に海水がかかることも考えられます。そこで、動きやすく風を通しやすい服装が便利です。薄手のウインドブレーカーは、風よけになるだけでなく、ほかの服を汚れから守ってくれます。

一部の人々は、カジュアルすぎる服装が適切でないと感じるかもしれませんが、実際には動きやすさや快適さが求められます。複雑なセレモニーが行われるわけではなく、故人と最後のお別れをするシンプルで心安らぐ時間ですので、リラックスした格好が尊重されます。

総じて、沖縄の海洋散骨に参加する際の服装は、通気性と動きやすさを重視した軽装が基本ですが、気温の変化や船上での万が一の状況に備えて、簡単に羽織ることができる上着も必ず持っていくと良いでしょう。

 

風雨などの悪天候の場合、散骨はどうなりますか?

悪天候の場合、散骨はどうなりますか?
風雨などの悪天候の場合、海洋散骨の実施は延期される場合があります。

悪天候が予想される場合、海洋散骨業者は事前に天気予報をチェックし、当初の予定が安全に実施できるかを判断します。その結果、強風や波浪、嵐などの危険があると判断された場合、散骨を延期することが決定されます。

例えば、台風の接近が予報されている場合や、海が荒れている日などが該当します。このような場合は、参列者の安全を最優先し、無理に船を出すことは避けられます。

また、散骨予定日の朝に急激な天候の変化が発生した場合も、同様に散骨を中止または延期することがあります。多くの業者では、このような事態に備えて代替日を設けており、参列者に対しては迅速に対応が行われます。

旅行や特別な手配を再計画するのは面倒に思えるかもしれませんが、何よりも安全と儀式の質を重要視するためです。悪天候下での散骨は、故人への敬意を守りつつ、全員が満足できる経験にするためにも避けるべきです。

そのため、悪天候が予想される場合は、業者と事前にしっかりとコミュニケーションを取り、代替日程やプランについて相談することが大切です。

 

オンラインでの代理立会いは可能ですか?

オンラインでの代理立会いは可能ですか?
オンラインでの代理立会いは可能です。現代の技術の進歩により、家族や友人が現地に行かずに故人を送ることができます。多くの海洋散骨業者がこのサービスを提供しています。これにより、遠方に住む親族や仕事の都合で現地に行けない方にも安心です。

例えば、インターネットを介してリアルタイムで散骨の様子をライブ配信するサービスが一般的です。この方法を使えば、自宅やオフィスから散骨の儀式を見守ることができます。また、オンラインでの参加だけでなく、ビデオ通話でのリアルタイムコミュニケーションも可能な場合があります。

散骨業者は、事前にカメラの設置やインターネット接続の確認を行いますので、通信トラブルも少ないです。このため、安心してオンラインでの立会いを依頼することができます。

オンライン参加は一部の方には直接足を運べるという体験に劣るかもしれませんが、多くの利用者がその便利さと柔軟性に満足しています。

 

沖縄の美しい海(ちゅらうみ)の海洋散骨の感動レポート【体験談】

ここからは沖縄で海洋散骨を行った方の体験談をご紹介します。

【沖縄の海洋散骨】【那覇市】体験クルーズを経て散骨を行った母の海洋葬【体験談】

40代女性の体験談 2022年5月に、母の海洋葬をしました。貸切乗船散骨で沖縄県 泊港から出航しました。

海洋散骨は母の生前の希望だったので、遺族間の話し合いですぐに決まりました。

私たちは東京都内在住ですが、散骨ポイントは絶対に沖縄を選びたかったのです。その3つの理由がありました。

旅行したことがある沖縄の海を母が好きだった…海洋散骨体験クルーズにも参加していた。
母の誕生日に海洋散骨したかったので、晴天の確率が高い方がよかった。
 都内よりきれいな海で散骨したかった。

沖縄でも散骨ポイントにいくつかの候補地があったのですが、参加してくれる人の労力や体力、ホテルからの移動を考えて、那覇付近から行ける場所に決めました。

当日の天候は晴天に恵まれました。前日まではあまり良くなさそうな天気予報だったので、幸運だったと思います。

当日の服装は、普段着でOKでした。利用した会社の規定で喪服は避けるように言われていたのです。

初夏の沖縄なので軽装でちょうどよかったですが、海上では羽織るものがあった方がいいので、薄手の長袖の上着(パーカー)を持って行ったのは正解でした。

足元はさすがにサンダルは避けて滑りづらい靴底のスニーカー。サングラスと帽子を携帯し、下はパンツスタイル。荷物はリュックや小ぶりのバッグを皆さん持っていきました。

参加者の顔ぶれは子どもはおらず、全員成人で、高齢者含む親族のみでした。

高齢者で杖を使っている人はいましたが、座る場所が十分あり、船が大きく揺れることもなかったので、船上でもさほど心配はなかったです。杖をついて歩くのは船に乗るときと降りるときくらいでした。

海洋葬(海洋散骨)は今後ますます増える葬送のスタイルだと思います。

海洋葬を気分よく、すてきな最期のお別れをするためには、遺された家族でしっかり話合いをすることが必要でしょう。

自分のその日のために終活をしている方や、散骨することに迷いがある人は、海洋散骨体験クルーズに参加することをおすすめします。

私たちも母の生前、海洋散骨体験クルーズに参加したことがあるのですが、いっしょに参加したご家族の中には、こう言っている人がいました。

将来の海洋散骨のための下見なんです。

やはり体験すると海洋散骨についての疑問もなくなりますし、どういうものかがわかれば、反対する遺族も少なくなるかもしれませんね。

海洋葬では一周忌・三回忌・七回忌などの節目に、故人の眠る海にを巡る「法要クルーズ」に参加する人もいます。海洋散骨サービス業者が発行する「散骨証明書」には散骨をした海域の緯度・経度が記されているので、散骨ポイントは明確にわかるようになっています。

【沖縄の海洋散骨】【名護湾】故人の意思を尊重し名護湾に回帰した叔父の海洋葬【体験談】

40代男性 故人は子どもがいない叔父で、私のことを実の子のように可愛がってくれた人です。

叔父が海洋散骨を希望したのは、亡くなる数年前にインド旅行に行ったのがきっかけでした。

インドは川沿いでご遺体に火入れを行いながら、みんなでその光景を見送ります。生々しい死に直面しますが、お墓や家系のしがらみがなく、火入れが済むとそのまま川へ散骨します。

その様子を叔父から「歩いている他人も一緒になって見送る姿勢に衝撃を受けた」と聞きましたが、そのときに「私も亡くなったら散骨にしてほしい」と頼まれました。

はじめのはうち「冗談かな?」と思って聞いていましたが、コロナの流行に伴ってインドでの話が現実味を帯び始めました。叔父がガンになり余命を宣告されたとき、散骨の希望を表明したのです。

他の親類は散骨に大反対して大変でしたが、人が集まれない流れから、本人の意思を尊重することに決まりました。

2022年3月某日、チャーターした船に乗り込んだのは、コロナ禍の影響から私を含めた4名。散骨海域は沖縄の名護湾。当日はとても天気が良く、ほどよい温かさで絶好の海洋散骨日和でした。

はじめは「少し寂しい葬儀かな?」と思っていましたが、そんなことはなかったです。時節柄、大々的な葬儀ができる状況ではなかったですし、本人の希望通りなので、とても有意義な時間を過ごせたと思います。

また、沖に出て散骨するまでの間に、たっぷりと思い出に浸る時間があったのも良かったです。

粉末化した遺骨が沈みながら波間にふわりと広がっていく様子を見ながら、献花・献酒とともに祷りを捧げているうちに、自分の中で気持ちの整理がつき、心が穏やかになっていくのが感じられました。

日本人は散骨の文化が少なく、日常で骨を見る機会がありません。そのため散骨は鮮烈に記憶に残りますし、骨に触れることによって故人との一体感を感じられた…そんな思いがしました。

海を見るたびにお墓参りしている気持ちになるので、いつでも心の中で叔父に会えますし、見守ってもらっている安心感さえ感じられます。

海洋散骨は、自然と一体化することで、繋がっている人類の起源に回帰できる気持ちになります。

それに、一度海洋散骨を体験すると、お墓参りへの考え方や習慣がガラリと変わります。

海を見るだけで故人をいつでも思い出せ、身近に感じられる点が良いところですし、自分が亡くなった時に散骨してもらえば海で再会できる気分になるので、死が怖くなくなります。

費用面も安いし、変なしがらみがないのも、海洋散骨のメリットです。夫や妻と一緒のお墓に入りたくない人や、お墓問題のトラブルを抱えている人は、海洋散骨が向いていると思います。

どうしようか?と迷っている方がいたら、自分なら間違いなく散骨をオススメします。

沖縄エリアの海洋散骨おすすめ業者の特徴と比較

沖縄で海洋散骨を検討する際、重要なのが信頼できる業者の選定です。沖縄には多くの海洋散骨サービスを提供する業者がありますが、それぞれの特徴やサービス内容を理解することが大切です。

次に紹介する業者は、沖縄の美しい海で故人を丁寧に送るためのおすすめの選択肢です。それぞれの特徴とサービス内容について詳しく見ていきましょう。

海洋散骨業者
散骨海域
乗船場
散骨プラン
みんなの海洋散骨
沖縄海域
三重城港
那覇市港町1丁目
貸切乗船散骨
代行散骨
合同乗船散骨
シーセレモニー
沖縄海域
貸切乗船散骨
代行散骨
メモリアルクルーズ
ペット散骨
シーセレモニー
石垣島沖
貸切乗船散骨
代行散骨
メモリアルクルーズ
ペット散骨
やさしい海洋散骨
(by やさしいお葬式)
沖縄海域
三重城港貸切乗船散骨
代行散骨
合同乗船散骨
ペット散骨
やさしい海洋散骨
(by やさしいお葬式)
久高島沖
与那原マリーナ貸切乗船散骨
代行散骨
合同乗船散骨
ペット散骨
やさしい海洋散骨
(by やさしいお葬式)
沖縄海域
真栄田漁港貸切乗船散骨
代行散骨
合同乗船散骨
ペット散骨
やさしい海洋散骨
(by やさしいお葬式)
沖縄海域
那覇港貸切乗船散骨
代行散骨
合同乗船散骨
ペット散骨
やさしい海洋散骨
(by やさしいお葬式)
バラス島沖
西表島貸切乗船散骨
代行散骨
合同乗船散骨
ペット散骨
やさしい海洋散骨
(by やさしいお葬式)
伊江島
伊江港貸切乗船散骨
代行散骨
合同乗船散骨
ペット散骨
やさしい海洋散骨
(by やさしいお葬式)
竹富島沖
石垣島貸切乗船散骨
代行散骨
合同乗船散骨
ペット散骨
やさしい海洋散骨
(by やさしいお葬式)
沖縄海域
泊漁港貸切乗船散骨
代行散骨
合同乗船散骨
ペット散骨
ブルーオーシャンセレモニー
那覇
那覇・泊港(泊ふ頭)貸切乗船散骨
合同乗船散骨
メモリアルクルーズ
ブルーオーシャンセレモニー
真栄田
真栄田漁港貸切乗船散骨
メモリアルクルーズ
ブルーオーシャンセレモニー
伊江島
伊江港貸切乗船散骨
メモリアルクルーズ
ブルーオーシャンセレモニー
宮古島
荷川取漁港貸切乗船散骨
合同乗船散骨
メモリアルクルーズ
沖縄海洋散骨サービスセンター
恩納村沖
(西海岸)
真栄田漁港貸切乗船散骨
沖縄海洋散骨サービスセンター
久高島沖
(東海岸)
馬天港
海野漁港せり市場前
貸切乗船散骨
沖縄海洋散骨サービスセンター
古宇利島沖
(西海岸)
今帰仁漁業協同組合貸切乗船散骨
沖縄海洋散骨サービスセンター代行散骨
ペット散骨
メモリアルクルーズ
海洋散骨OKINAWA
沖縄県
北部地域
貸切乗船散骨
代行散骨
ペット散骨

沖縄海洋散骨サービスセンター

沖縄海洋散骨サービスセンターは、その専門性と信頼性が高く評価されています。料金設定が明確であり、プランも豊富です。

例えば、合同乗船散骨プランでは、他の家族と共に故人を海に送り出すことができます。また、プライベートなチャーター散骨プランも可能で、ご家族だけで静かに追悼できる環境が整っています。

さらに、経験豊富なスタッフが丁寧にサポートしてくれるため、初めての方でも安心して利用できます。散骨時のマナーや手続きの手順など、細かなアドバイスも受けられます。

沖縄海洋散骨サービスセンター

海洋散骨OKINAWA

海洋散骨OKINAWAはその名の通り、沖縄の美しい海でご遺族が故人を送ることができる特別なサービスを提供しています。海洋散骨の魅力は、多くの方々に自然の中での癒しと故人への別れの場を提供することにあります。それを沖縄という素晴らしい環境で行える点は大きな魅力です。

海洋散骨は一般的な葬儀とは異なるため、不安に感じる方も多いかもしれません。しかし、海洋散骨OKINAWAでは経験豊富なスタッフが全行程をサポートしており、安心して任せることができます。例えば、初めての方でも安心して利用できるように、事前の相談や現地での案内、必要な手続きのサポートも行っています。

顧客満足度が高く、口コミでも多くの高評価を得ています。利用者によると、スタッフの細やかな気配りや、サービスの質が非常に満足できるものであるとのことです。「スタッフの対応が丁寧でよかった」「手続きがスムーズで散骨当日も安心して過ごせた」などの声が寄せられています。

また、他の業者に比べてもリーズナブルな料金設定が魅力の一つです。料金体系が明確で安心です。

海洋散骨OKINAWA

ブルーオーシャンセレモニー

ブルーオーシャンセレモニーは、長年の経験と専門知識を持つスタッフが集まり、海洋散骨のプロとしての高い評価を得ています。船舶免許やダイビングインストラクター免許を持つ海のスペシャリストや、散骨コーディネーターなど、海洋散骨に携わる専門スタッフが充実しています。

ブルーオーシャンセレモニーで特筆すべき点は、豊富な合同乗船プラン(散骨とメモリアルクルーズ)の就航数を誇ること。多くの散骨業者が「メモリアルクルーズ」を提供していますが、ブルーオーシャンセレモニーは他にはない「合同メモリアルクルーズ」も行っており、「故人に会いに行く」という感覚をより身近に感じられます。

お客様のご希望を最大限に叶えるため、ブルーオーシャンセレモニーでは幅広いオプションと充実したサービスをご提供しています。海洋散骨後の万全なアフターフォローを望まれる方々にとって、最適な選択肢となるでしょう。

ブルーオーシャンセレモニー【沖縄】
ブルーオーシャンセレモニーの同グループに、お別れ会・偲ぶ会・社葬のご相談から当日進行までトータルサポートするStory(ストーリー)があります。

Story(ストーリー) のサービスは全国で利用でき、海洋散骨後の会食や精進落とし、また四十九日や年忌法要など、様々な行事にも対応しています。アフターコロナでは一般の方々が故人を偲ぶ会を主催するケースが増えています。

無宗教の方でも選ぶことができる海洋散骨では、その後の供養を行うために年忌法要(仏教式の供養法)をする必要はありません(やりたければやってもOK 供養には「これをしなければならない」等の決まりはなく原則自由)年忌法要をしない場合、親族や友人を集めて「故人を偲ぶ会」を法要の代わりに催す方が多い傾向です。

「やさしいお葬式」の海洋散骨

「やさしいお葬式」の散骨海域は全国対応のネットワークを持っているため、どの地域でも同じ価格でサービスを受けられるのが魅力です。

「やさしいお葬式」なら葬儀と海洋散骨の手配や手続きを一度に完了させることができ、大変な時に余計なストレスを感じることなく、故人を送り出すことができます。

沖縄本島(那覇市)はもちろん、石垣島や西表島で海洋散骨したい方には「やさしいお葬式」にお問い合わせください。

バラス島沖(西表島) 貸切プラン
主人のたっての願いで沖縄で散骨を行いました。沖縄と自然を愛した主人で、ずっと沖縄の海に散骨されることを望んでいました。結局、ご先祖のお墓もあるということで分骨という形をとることになりました。沖縄では子供たちと一緒に散骨をすることができました。コロナの為、予定よりも遅れての散骨となりましたが、無事に終わらせることができて良かったです。お墓への納骨は済ませた後なので、悲しいというよりは主人の願いを叶えることができた爽快感の方が大きかったです。

やさしいお葬式の海洋散骨
料金(税込)
詳細
代理プラン55000円遺族が一緒に乗船できない、船が苦手で
乗船するのが難しい方におすすめ。
実施後には、散骨証明書が届きます。
当日は出航地からのお見送りが可能です。
合同プラン159,500円数人のグループ(2組以上)のお客様や
ご家族と一緒に合同乗船して
散骨を行うプランです。
一緒の船で海へ出ますが、
散骨するポイントは別々です。
貸切プラン269,500円船を一隻貸切で自身の手で散骨して、
心ゆくまでゆっくり供養できるプラン。
要望に合わせて船上でセレモニーや
会食など自由にカスタマイズできます。
ペット散骨55,000円ペットのお骨は人間のお骨と違い
代々にわたって供養することは
現実的に不可能ですから、
飼い主さんは最終的に納骨か
散骨をする必要があります。
散骨前には粉骨が必要です。
散骨エリアと
出航場所
沖縄海域で散骨三重城港(みえぐすくこう)
真栄田漁港
那覇港
伊江港
泊漁港
久高島(くだかじま)の沖合で散骨与那原マリーナ
バラス島沖で散骨西表島
竹富島の沖合で散骨石垣島
「やさしいお葬式」の海洋散骨【やさしい海洋散骨】


 
「やさしいお葬式」は通常の葬儀社ではなく、葬儀プランの提供会社(葬儀仲介業者)です。きめ細やかなサービスを提供してくれるとの定評があります。そんな 「やさしいお葬式」では葬儀と同時に海洋散骨の手配も承ります。リーズナブルな料金で、全国海域に対応。海洋散骨は、故人への最後の贈り物として、心に残る特別なお別れの形となります。
 
貸切乗船プラン・散骨代行プラン・合同乗船散骨プラン・ペット散骨プランがあります。
 

.

「やさしいお葬式」公式サイトの上部の「海洋散骨」をクリックすると【やさしい海洋散骨】に移動します

海洋散骨シーセレモニー

海洋散骨シーセレモニーは、独自のサービスと長い経験に基づく安心感から、多くの利用者に選ばれています。沖縄の美しい海で故人を送り出すことができる点と、それをサポートするスタッフの経験豊富な対応が主な理由です。

シーセレモニーでは、参加者の希望に応じたオーダーメイドのプランも提供していますので、個々のニーズに応じたカスタマイズが可能です。

例えば、シーセレモニーは通常の海洋散骨のほか、故人の思い出を深めるためのオプションサービスも充実しています。家族や親しい友人が参加する散骨セレモニーでの音楽演奏や、想い出のビデオメッセージの上映やスライドショーなど、感動的な演出が可能です。

また、最新の技術を活用したオンラインサポートも特徴の一つです。例えば、散骨に参加できない家族や友人のために、ライブ配信サービスを提供しており、遠方でもセレモニーに立ち会える工夫がされています。このようなサービスのおかげで、どこにいても故人を見送ることができます。

沖縄では、那覇市の沖合や石垣島の沖合から散骨エリアが選べます。散骨エリアは開放感が広がる海域で、故人とのお別れの時間をゆっくりと過ごすことができます。

海洋散骨 シーセレモニー :貸切乗船散骨とペット散骨はココがイチオシ!

自社所有のクルーザーと桟橋を使用した海洋散骨ですので、相場よりもかなり安く貸切散骨を行えます。
 
「ペット散骨プラン」で故人とペットを一緒に散骨できます。
 
精進落としプランがあるので、故人やペットを偲びながら船上の会食やお別れ会もOK!命日や年忌に散骨ポイントをお参りするメモリアルクルーズもできます。
 

海洋散骨 シーセレモニー
料金(税込)
プランの内容
ファミリー散骨プラン
(貸切乗船)
330,000円船舶チャーター
散骨セレモニー
献花・献酒
ドリンクサービス
写真サービス
散骨証明書
桟橋使用
代理散骨プラン77,000円散骨セレモニー
献花・献酒
粉骨
写真サービス
散骨証明書

みんなの海洋散骨

「みんなの海洋散骨」は、沖縄で海洋散骨を提供している業者の一つであり、その特徴は他の業者とも一線を画しています。

まず、最も特徴的な点は、価格設定の明瞭さです。みんなの海洋散骨では、追加料金の心配がなく、全ての費用がパッケージに含まれています。これにより、お客様の負担が軽減され、安心して利用できるサービスとなっています。

さらに、みんなの海洋散骨では、環境への配慮が徹底されています。使用する材料は全て環境に優しいもので、海洋生態系への影響を最小限に抑えるように努めています。これにより、故人を自然の中で静かに送り出すことができます。

みんなの海洋散骨は顧客満足度が高く、多くの利用者から高評価を得ています。信頼できる業者としての評価は口コミやレビューにも反映されています。みんなの海洋散骨は、明確な価格設定と環境への配慮が特徴の業者として沖縄での海洋散骨を検討する際に、優れた選択肢となるでしょう。

沖縄の美ら海は、透明度の高い海で、晴れた日にはまるで宙に浮いているかのような美しい景色が広がります。また日本最大級のサンゴ礁があり、そこには多種多様な熱帯魚が生息しています。その賑やかな群れが作り出す色鮮やかな景色は、まるで光り輝く宝石のようです。この景色は、世界中から多くの人々を魅了し続けています。

【みんなの海洋散骨】全国海域対応!代行散骨ならココがイチオシ!

みんなの海洋散骨料金は粉骨費用込み。土日祝同一料金。プランニング後の追加費用は一切ありません。
 
散骨海域は全国対応。散骨実施都道府県は29。出航場所は43カ所あります。地方の海洋散骨もお問い合わせください。
 
貸切乗船散骨はもちろん、お客様が乗船せず散骨を委託する散骨代行プラン、複数組の乗り合わせでリーズナブルな合同乗船プランも人気です。

みんなの海洋散骨
料金
【土日祝・海域 同一料金】
プランの内容
代行委託散骨プラン44,000円(税込)~ご遺骨の引き取りスタッフ手配(別途料金)
ご遺骨のパウダー化費用(粉骨)
献花・献酒・献水
海洋散骨施行費用
散骨証明書(散骨海域の明記あり)
散骨風景写真
合同乗船散骨プラン132,000円(税込)~ご遺骨の引き取りスタッフ手配(別途料金)
ご遺骨のパウダー化費用(粉骨)
献花・献酒・献水
船舶チャーター料
海洋散骨施行費用
散骨証明書(散骨海域の明記あり)
散骨風景写真
※左記は1組2名様までの料金。
追加乗船は1名様につき11,000円(税込)
最大4名様迄
貸切乗船散骨プラン242,000円(税込)~

参加人数:1~8名様
ご遺骨の引き取りスタッフ手配
(送料無料・引取り費は別途料金)
ご遺骨のパウダー化費用(粉骨)
献花・献酒・献水
船舶チャーター料
海洋散骨施行費用
散骨証明書(散骨海域の明記あり)
メモリアルDVD

 


海洋散骨は、著名人の実施や法整備などを経て知名度が上がってきた。1987年に亡くなった俳優の石原裕次郎さんの葬送を巡っては、兄の慎太郎さんが「海が好きだったので太平洋に戻してやりたい」と発言。しかし、墓地埋葬法違反が懸念され、一度は取りやめられた。その後1991年に法務省が散骨を「違法ではない」との見解を表明し、死者の遺灰を大地や海に返す「自然葬」への社会的関心が高まった。2022年に亡くなった慎太郎さんの遺骨は葉山町沖で散骨された。 引用元:石原慎太郎さんも希望 故人との別れは大海原で和やかに…「海洋散骨」5年で2.5倍【読売新聞】

海洋散骨のメリット
  • 散骨にはあまりお金がかからず経済的。粉骨費用や散骨料金は掛かるものの、お墓を建てる費用の約10分の1程度の出費で済む
  • 墓の管理費はもちろん法事が不要 ※行ってもOK それは遺族の自由
  • 納骨しているお寺や霊園は破産することもあるが、散骨には無関係
  • 墓守り不要。今どき時代錯誤な男子継承の思想と決別できる
  • 海はつながっているので「海全体がお墓」の考え方から海を眺めるたびに故人に想いを馳せられる(いつでもどこでもお墓参り可能)
  • 海洋散骨では命日や年忌法要に、お墓まいり的に散骨地点までメモリアルクルーズに行く人が多い
海洋散骨のデメリット
  • お墓参りができない。お墓のような心の拠り所がない点が寂しく感じる人には散骨はおすすめできない ※遺骨を分骨してもらい、室内にメモリアルコーナーを設けたり、遺骨アクセサリーに入れて身に着ける「手元供養」をすれば心の拠り所ができ、寂しさの解決になることも。
  • 遺骨が残らない。それを残念に感じる人には散骨は不向き
  • いったん撒いてしまった遺骨は回収できない。
  • 海洋汚染を気にする人がいるが、きちんとした業者であれば、粉骨の時に有害な六価クロムを無害化する処理をしてから海洋散骨を行うので自然への悪影響はない。遺骨は最後はリン酸カルシウムとして自然回帰するのみ。問題なし。
海洋散骨を選ぶ理由は?
墓守りがいない
生涯独身・頼れる身寄りがない
離婚したから(実家に戻れない)
嫁ぎ先のお墓に入りたくない
信仰している宗教がない
お寺との付き合いがない
永代供養でも、お寺との付き合いが面倒
お墓が遠方でなかなか墓参りに行けない
お墓に高額なコストをかけたくない
将来無縁仏になるかもしれない不安
大好きな海に還りたい
ペットと一緒に散骨したい
散骨と同時に手元供養も行いたい
希望する時期を選んで散骨したい
自分は乗船せずに散骨したい(代行散骨)
墓じまいしたので散骨したい
故人の希望を叶えたい
心に残るセレモニーをしたい

海洋散骨【海洋葬】沖縄の海洋散骨