本サイトには広告が含まれます
PR

【神戸の海洋散骨】海と釣りを愛した祖父の海洋葬体験談

海洋散骨は、著名人の実施や法整備などを経て知名度が上がってきた。1987年に亡くなった俳優の石原裕次郎さんの葬送を巡っては、兄の慎太郎さんが「海が好きだったので太平洋に戻してやりたい」と発言。しかし、墓地埋葬法違反が懸念され、一度は取りやめられた。その後1991年に法務省が散骨を「違法ではない」との見解を表明し、死者の遺灰を大地や海に返す「自然葬」への社会的関心が高まった。2022年に亡くなった慎太郎さんの遺骨は葉山町沖で散骨された。 引用元:石原慎太郎さんも希望 故人との別れは大海原で和やかに…「海洋散骨」5年で2.5倍【読売新聞】

海洋散骨のメリット
  • 散骨にはあまりお金がかからず経済的。粉骨費用や散骨料金は掛かるものの、お墓を建てる費用の約10分の1程度の出費で済む
  • 墓の管理費はもちろん法事が不要 ※行ってもOK それは遺族の自由
  • 納骨しているお寺や霊園は破産することもあるが、散骨には無関係
  • 墓守り不要。今どき時代錯誤な男子継承の思想と決別できる
  • 海はつながっているので「海全体がお墓」の考え方から海を眺めるたびに故人に想いを馳せられる(いつでもどこでもお墓参り可能)
  • 海洋散骨では命日や年忌法要に、お墓まいり的に散骨地点までメモリアルクルーズに行く人が多い
海洋散骨のデメリット
  • お墓参りができない。お墓のような心の拠り所がない点が寂しく感じる人には散骨はおすすめできない ※遺骨を分骨してもらい、室内にメモリアルコーナーを設けたり、遺骨アクセサリーに入れて身に着ける「手元供養」をすれば心の拠り所ができ、寂しさの解決になることも。
  • 遺骨が残らない。それを残念に感じる人には散骨は不向き
  • いったん撒いてしまった遺骨は回収できない。
  • 海洋汚染を気にする人がいるが、きちんとした業者であれば、粉骨の時に有害な六価クロムを無害化する処理をしてから海洋散骨を行うので自然への悪影響はない。遺骨は最後はリン酸カルシウムとして自然回帰するのみ。問題なし。
海洋散骨を選ぶ理由は?
墓守りがいない
生涯独身・頼れる身寄りがない
離婚したから(実家に戻れない)
嫁ぎ先のお墓に入りたくない
信仰している宗教がない
お寺との付き合いがない
永代供養でも、お寺との付き合いが面倒
お墓が遠方でなかなか墓参りに行けない
お墓に高額なコストをかけたくない
将来無縁仏になるかもしれない不安
大好きな海に還りたい
ペットと一緒に散骨したい
散骨と同時に手元供養も行いたい
希望する時期を選んで散骨したい
自分は乗船せずに散骨したい(代行散骨)
墓じまいしたので散骨したい
故人の希望を叶えたい
心に残るセレモニーをしたい

【神戸の海洋散骨】海と釣りを愛した祖父の海洋葬体験談

20代女性の寄稿 2021年5月に、私たちは祖父の海洋葬をしました。貸切乗船散骨で、兵庫県の神戸旧居留地海岸から出航しました。

祖父は元々伊豆大島出身で小さい頃は海で遊ぶのが好きだったそうですし、仕事を辞めて引退したあとも月に一度は必ず行くほど海釣りが好きでした。

代々のお墓があることや、当時は海洋葬自体がマイナーなやり方であることに多少の不安がありましたが、祖父母が住む家から海が見えていて、祖母が

この海を見ると、いつでもおじいちゃんに会うことができるから。

…と言ったことが海洋散骨に決めた理由です。

また、色々調べてみた結果、散骨して良い区域が決められていて一定の法整備が整っているのがわかったことや、経験者の話をネットで見て安心できると感じたことも、海洋葬を選んだ決め手となりました。

当日の天候は晴れ。親族のみの乗船で当日の最年少は私。高齢者は祖母のみで、あとは30代から50代の顔ぶれでした。

服装は喪服ではなく軽装で、靴は滑ると危ないためスニーカーにしました。

散骨ポイントまでは1時間半くらいかかったと思いますが、散骨するまでは特にセレモニーなどはなく、親族同士で祖父の昔話や「海に行けて良かったね」と話しながら過ごしていました。

散骨ポイントに着き、粉骨したお骨をスタッフから受け取り、喪主から順番に少しづつ海に撒いていきました。

最後に残ったお骨をもう一度喪主が海に撒いて散骨が終了。その後に花びらとお酒をまきました。

お骨が海に漂って行く様子をみている時、先ほどまで和やかだった顔ぶれが一転、涙を流して見送る人が数人いました。

その後散骨ポイントをゆっくりと船で周回した後、港に戻りました。

私の祖父は生前「海洋葬に興味がある」と言っていました。

お墓参りという形では祖父に会うことはできませんが、お墓に閉じ込めておくより大海原をただよう方が祖父らしいですし、この選択をした祖母や親族は正解だと思います。

海を見ると故人をいつも思い出すことが、海洋散骨の一番のメリットです。

お墓に行った時にしか会えないのはどこかもの悲しく感じますが、「故人が海で眠っている」と思い出す方が、残された人たちも明るい気持ちになれると私は思うのです。

海洋葬では一周忌・三回忌・七回忌などの節目に、故人の眠る海にを巡る「法要クルーズ」に参加する人もいます。海洋散骨サービス業者が発行する「散骨証明書」には散骨をした海域の緯度・経度が記されているので、散骨ポイントは明確にわかるようになっています。

【みんなの海洋散骨】兵庫エリアでの海洋散骨

瀬戸内海の東端に位置する大阪湾は、古くから国際的な港として栄えてきました。賑やかな大阪市内から離れた沖では、ビーチなども点在する美しい風景を見ることができます。

兵庫エリアでの海洋散骨

【みんなの海洋散骨】全国海域に対応した人気の優良海洋散骨業者

みんなの海洋散骨料金は粉骨費用込み。土日祝同一料金。プランニング後の追加費用は一切ありません。
 
散骨海域は全国対応。散骨実施都道府県は29。出航場所は43カ所あります。地方の海洋散骨もお問い合わせください。
 
貸切乗船散骨はもちろん、お客様が乗船せず散骨を委託する散骨代行プラン、複数組の乗り合わせでリーズナブルな合同乗船プランも人気です。
 

【シーセレモニー】大阪エリアでの海洋散骨

大阪の散骨エリアはUSJと関西国際空港の沖合です。散骨エリアは非常に開放感があるひらけた海域になりますので、ゆっくりと故人様とのお別れの時間を過ごせます。

大阪エリアの海洋散骨

海洋散骨 シーセレモニー :貸切乗船散骨とペット散骨はココがイチオシ!

自社所有のクルーザーと桟橋を使用した海洋散骨ですので、相場よりもかなり安く貸切散骨を行えます。
 
「ペット散骨プラン」で故人とペットを一緒に散骨できます。
 
精進落としプランがあるので、故人やペットを偲びながら船上の会食やお別れ会もOK!命日や年忌に散骨ポイントをお参りするメモリアルクルーズもできます。