本サイトには広告が含まれます
PR

【横須賀の散骨】猿島の海に祖母を還した神奈川の合同乗船散骨体験談

海洋散骨は、著名人の実施や法整備などを経て知名度が上がってきた。1987年に亡くなった俳優の石原裕次郎さんの葬送を巡っては、兄の慎太郎さんが「海が好きだったので太平洋に戻してやりたい」と発言。しかし、墓地埋葬法違反が懸念され、一度は取りやめられた。その後1991年に法務省が散骨を「違法ではない」との見解を表明し、死者の遺灰を大地や海に返す「自然葬」への社会的関心が高まった。2022年に亡くなった慎太郎さんの遺骨は葉山町沖で散骨された。 引用元:石原慎太郎さんも希望 故人との別れは大海原で和やかに…「海洋散骨」5年で2.5倍【読売新聞】

海洋散骨のメリット
  • 散骨にはあまりお金がかからず経済的。粉骨費用や散骨料金は掛かるものの、お墓を建てる費用の約10分の1程度の出費で済む
  • 墓の管理費はもちろん法事が不要 ※行ってもOK それは遺族の自由
  • 納骨しているお寺や霊園は破産することもあるが、散骨には無関係
  • 墓守り不要。今どき時代錯誤な男子継承の思想と決別できる
  • 海はつながっているので「海全体がお墓」の考え方から海を眺めるたびに故人に想いを馳せられる(いつでもどこでもお墓参り可能)
  • 海洋散骨では命日や年忌法要に、お墓まいり的に散骨地点までメモリアルクルーズに行く人が多い
海洋散骨のデメリット
  • お墓参りができない。お墓のような心の拠り所がない点が寂しく感じる人には散骨はおすすめできない ※遺骨を分骨してもらい、室内にメモリアルコーナーを設けたり、遺骨アクセサリーに入れて身に着ける「手元供養」をすれば心の拠り所ができ、寂しさの解決になることも。
  • 遺骨が残らない。それを残念に感じる人には散骨は不向き
  • いったん撒いてしまった遺骨は回収できない。
  • 海洋汚染を気にする人がいるが、きちんとした業者であれば、粉骨の時に有害な六価クロムを無害化する処理をしてから海洋散骨を行うので自然への悪影響はない。遺骨は最後はリン酸カルシウムとして自然回帰するのみ。問題なし。
海洋散骨を選ぶ理由は?
墓守りがいない
生涯独身・頼れる身寄りがない
離婚したから(実家に戻れない)
嫁ぎ先のお墓に入りたくない
信仰している宗教がない
お寺との付き合いがない
永代供養でも、お寺との付き合いが面倒
お墓が遠方でなかなか墓参りに行けない
お墓に高額なコストをかけたくない
将来無縁仏になるかもしれない不安
大好きな海に還りたい
ペットと一緒に散骨したい
散骨と同時に手元供養も行いたい
希望する時期を選んで散骨したい
自分は乗船せずに散骨したい(代行散骨)
墓じまいしたので散骨したい
故人の希望を叶えたい
心に残るセレモニーをしたい

【横須賀の散骨】猿島の海に祖母を還した神奈川の合同乗船散骨体験談

30代女性  2019年7月に祖母の散骨を海で行いました。神奈川県横須賀市の三笠公園から出発し、横須賀市の猿島沖【東京湾】で散骨しました。

祖母は生粋の横須賀っ子で、生まれてから亡くなるまで、ずっと横須賀で過ごしていました。高齢になってからもすごく元気でしたが、90歳を超えたあたりから徐々に身体は弱りはじめ、介護が必要に。少しずつ人生の残り時間が少なくなっていると悟った祖母は、

私が亡くなったら、大好きな横須賀の海にお骨を撒いてほしい

…と言うようになりました。

まだまだ元気でいてほしいんだから、そんなこと言わないで

何となくその言葉を聞き流していましたが、そんな矢先、祖母は老衰で自宅で眠るように亡くなりました。

お葬式を終えて初七日が終わった頃に、祖母の面倒を見ていた叔母が散骨のことを親族の前で切り出したのです。まだコロナ前だったこともあり、

クルーズを利用して、母を海に還してあげるのも親孝行のひとつなのではないか?

…と提案。親族がこれに賛同したため、横須賀の海に散骨が出来る業者を調べて散骨クルーズを見つけました。

祖母が亡くなってすぐの時期には合同クルーズがなかったので、3ヶ月後の7月を待って参加することにしました。

海洋散骨の申し込み時には「悪天候の場合は延期になる」と言われていましたが、当日は素晴らしい晴天に恵まれました。一緒に参加した叔母とも「これはおばあちゃんの想いが通じたんだね」と話していました。

私たちが三笠公園に到着した時には、一緒に乗船する他の2組の家族がすでに到着していました。合計で7人くらいだったと思います。参加者の服装はラフな感じで、私達を含めて普段着でした。

参加者全員で船に乗り込み、目的地に到着するといよいよ散骨が始まりました。船の汽笛が響き渡る中、祖母とゆっくりお別れしながら穏やかな海を見て「いい日におばあちゃんを送り出せてよかった」と思いました。

叔母をはじめ他の参加者も目に涙を浮かべながら故人に別れを告げている姿が印象的で、今でもその時の様子が目に焼き付いて離れません。

散骨時にはそれぞれの家族に花びらが入ったかごを渡されました。散骨後にその場所に花びらを撒いて、祖母に「いってらっしゃい」と声を掛けました。

汽笛を鳴らすのも横須賀らしい感じを受けました。海軍の街でもある横須賀は汽笛の音が聞こえるので、やはりシンボル的なものだから散骨にも欠かせないような気がしました。

散骨することが決まった時に私が初めて知ったのは、散骨するお骨の量を自由に決められることでした。海に散骨するというと「全ての遺骨を撒いてしまう」ものだと、私は思い込んでいたのです。

散骨にすればお墓がありませんし、手元に祖母がいなくなってしまうイメージを持っていましたが、手元に残したいければ分骨は可能。

分骨したお骨をお墓にも入れることもできますし、メモリアルコーナーを設けて自宅供養 をすることもできます。

 

散骨する前には粉骨(ふんこつ)することも、今回はじめて知りました。お骨を事前に散骨業者に預けてパウダーにしてもらいました。

親族の中には散骨に対して偏見を持っていて

故人の希望だとしても散骨するのは非常識ではないか?お墓に全ての遺骨を入れるべきだ。

…と言う人もいるので、親族の意見をまとめてから業者に相談したほうが良いと思います。申し込み後の事後報告では反対派とますます揉めます。

散骨は世の中にまだあまり浸透していない供養なので、慎重に切り出すのが得策だと思います。

【みんなの海洋散骨】神奈川エリアでの海洋散骨(貸切乗船・代行)

湘南エリアは天気が良ければ富士山をも望むことができ、幅広い世代に人気のある海域です。

神奈川エリアでの海洋散骨(乗船・代行)

湘南エリア  葉山エリア  横浜エリア

【みんなの海洋散骨】全国海域に対応した人気の優良海洋散骨業者

みんなの海洋散骨料金は粉骨費用込み。土日祝同一料金。プランニング後の追加費用は一切ありません。
 
散骨海域は全国対応。散骨実施都道府県は29。出航場所は43カ所あります。地方の海洋散骨もお問い合わせください。
 
貸切乗船散骨はもちろん、お客様が乗船せず散骨を委託する散骨代行プラン、複数組の乗り合わせでリーズナブルな合同乗船プランも人気です。
 

【シーセレモニー】神奈川エリアでの海洋散骨(貸切乗船)

横浜エリアの海洋散骨

湘南・江ノ島・葉山エリアの海洋散骨

横須賀・浦賀エリアの海洋散骨

真鶴・小田原・湯河原エリアの海洋散骨

海洋散骨 シーセレモニー :貸切乗船散骨とペット散骨はココがイチオシ!

自社所有のクルーザーと桟橋を使用した海洋散骨ですので、相場よりもかなり安く貸切散骨を行えます。
 
「ペット散骨プラン」で故人とペットを一緒に散骨できます。
 
精進落としプランがあるので、故人やペットを偲びながら船上の会食やお別れ会もOK!命日や年忌に散骨ポイントをお参りするメモリアルクルーズもできます。