本サイトには広告が含まれます
PR

【山口県の海洋散骨】響灘沖で自然に還った故人らしい海洋葬体験談

【山口県の海洋散骨】響灘沖で自然に還った故人らしい海洋葬体験談

20代女性 2022年3月に私は友人の祖母の海洋散骨に参加しました。山口県下関港から出港し、響灘沖で故人にお別れを告げました。

高校生の頃の私はその友人の家に居候していた時期があり、友人の祖母にはとてもお世話になりました。自分の本当の孫のようにやさしく接して下さった人でした。

おばあちゃんが亡くなった時に「ゆくゆくは散骨する」と聞いており、散骨の予約が決まったときに友人から海洋散骨の参加を打診され、二つ返事で了承しました。

当日は快晴、響灘の海がとても美しかったのを覚えています。

貸切乗船散骨プランで海洋散骨をしたのは、身内と私の10人。他人の私が同行する不思議な顔ぶれだったのにも関わらず、皆さん快く迎えてくれました。おばあちゃんとの最後のお別れをみなさんに同行できてよかったです。

一般的なお墓の納骨とは違って、さわやかな海に出て故人に別れを告げる散骨の儀に、私はすがすがしさと美しさを感じました。最近は海への散骨が増えてきている理由を納得できた気がします。

寒々しく高額なお墓に入るより、大海原に還るほうがずっと魅力的だと思ったのは「散骨の費用が思いのほか低料金だった」と友人から聞いたからです。

海洋散骨は決して豪華なイベントではないですが、リーズナブル かつ さわやかに大自然の中に故人を送り出すのは、とてもいいサービスだと思いました。

今でもいちばんに思い出すのは、おばあちゃんが畑で土いじりをするのが日課だったこと。そんなおばあちゃんだから自然に還してあげるのがいちばんいい!と家族の方が考えたとのことで、海洋散骨を決めたそうです。

海洋散骨では海がお墓なので、お墓を購入したり管理する必要もありません。また、散骨を禁止する法律はないですが、散骨エリアを決める際には注意が必要だそうで、業者選びに迷う方が多いとも聞きました。

私が参加した散骨業者はとても丁寧なセレモニーを行ってくれる印象でしたが、巷には良い業者ばかりとは限りません。散骨を経験している人は少数派ですから、プロのアドバイスをしっかりもらえるかどうかを確認することが大切だと感じました。

私自身も「最後は海の散骨をしたい」と感じるほど、おばあちゃんの海洋葬は印象深いイベントでした。これからは海を眺めるたびに、大好きだったおばあちゃんと心の中で再会できます。

【みんなの海洋散骨】山口県の乗船散骨プラン

【みんなの海洋散骨】全国海域対応!代行散骨ならココがイチオシ!

みんなの海洋散骨料金は粉骨費用込み。土日祝同一料金。プランニング後の追加費用は一切ありません。
 
散骨海域は全国対応。散骨実施都道府県は29。出航場所は43カ所あります。地方の海洋散骨もお問い合わせください。
 
貸切乗船散骨はもちろん、お客様が乗船せず散骨を委託する散骨代行プラン、複数組の乗り合わせでリーズナブルな合同乗船プランも人気です。


海洋散骨は、著名人の実施や法整備などを経て知名度が上がってきた。1987年に亡くなった俳優の石原裕次郎さんの葬送を巡っては、兄の慎太郎さんが「海が好きだったので太平洋に戻してやりたい」と発言。しかし、墓地埋葬法違反が懸念され、一度は取りやめられた。その後1991年に法務省が散骨を「違法ではない」との見解を表明し、死者の遺灰を大地や海に返す「自然葬」への社会的関心が高まった。2022年に亡くなった慎太郎さんの遺骨は葉山町沖で散骨された。 引用元:石原慎太郎さんも希望 故人との別れは大海原で和やかに…「海洋散骨」5年で2.5倍【読売新聞】

海洋散骨のメリット
  • 散骨にはあまりお金がかからず経済的。粉骨費用や散骨料金は掛かるものの、お墓を建てる費用の約10分の1程度の出費で済む
  • 墓の管理費はもちろん法事が不要 ※行ってもOK それは遺族の自由
  • 納骨しているお寺や霊園は破産することもあるが、散骨には無関係
  • 墓守り不要。今どき時代錯誤な男子継承の思想と決別できる
  • 海はつながっているので「海全体がお墓」の考え方から海を眺めるたびに故人に想いを馳せられる(いつでもどこでもお墓参り可能)
  • 海洋散骨では命日や年忌法要に、お墓まいり的に散骨地点までメモリアルクルーズに行く人が多い
海洋散骨のデメリット
  • お墓参りができない。お墓のような心の拠り所がない点が寂しく感じる人には散骨はおすすめできない ※遺骨を分骨してもらい、室内にメモリアルコーナーを設けたり、遺骨アクセサリーに入れて身に着ける「手元供養」をすれば心の拠り所ができ、寂しさの解決になることも。
  • 遺骨が残らない。それを残念に感じる人には散骨は不向き
  • いったん撒いてしまった遺骨は回収できない。
  • 海洋汚染を気にする人がいるが、きちんとした業者であれば、粉骨の時に有害な六価クロムを無害化する処理をしてから海洋散骨を行うので自然への悪影響はない。遺骨は最後はリン酸カルシウムとして自然回帰するのみ。問題なし。
海洋散骨を選ぶ理由は?
墓守りがいない
生涯独身・頼れる身寄りがない
離婚したから(実家に戻れない)
嫁ぎ先のお墓に入りたくない
信仰している宗教がない
お寺との付き合いがない
永代供養でも、お寺との付き合いが面倒
お墓が遠方でなかなか墓参りに行けない
お墓に高額なコストをかけたくない
将来無縁仏になるかもしれない不安
大好きな海に還りたい
ペットと一緒に散骨したい
散骨と同時に手元供養も行いたい
希望する時期を選んで散骨したい
自分は乗船せずに散骨したい(代行散骨)
墓じまいしたので散骨したい
故人の希望を叶えたい
心に残るセレモニーをしたい

海洋散骨【海洋葬】