本サイトには広告が含まれます
PR

【北海道の海洋散骨】小樽の海に還った祖母の代行散骨 海洋葬

【北海道の海洋散骨】小樽の海に還った祖母の代行散骨 海洋葬

30代女性 私の祖母が亡くなった際に、元々本人の希望でもあるため、生まれ育った海の街 北海道小樽で海洋散骨しました。

その日集まった私と両親・親族には船が苦手な人が多かったので、海洋散骨業者に代行散骨をお願いしたところ、祖母の自宅までお骨を迎えに業者の方が来てくれました。

今の時代は墓守の承継や経済的事情から、先祖代々のお墓があっても安泰に管理・存続させていけるかどうかが難しい場合が多いです。

そういう事情を考えて親戚で話し合いがもたれたとき、親族は全員が海洋散骨に賛成してくれたので、祖母の願いをスムーズに叶えることができました。さらに私たちには

祖父の故郷の見知らぬ土地のお墓に入るより、生まれ育った小樽の海に散骨してもらうことを望んでいた祖母の最期の願いを叶えてあげたい

…との考えもありました。

2021年7月某日、北海道の夏の海はとてもきれいで青空が印象的な日でした。からりと晴れ、祖母も気持ちよく、小樽沖の海に還れたのではないかと思います。

「お葬式もお墓もかなりお金がかかる」と言われるイメージから、海洋散骨もかなり費用がかかるのかと思っていましたが、意外とリーズナブルに行うことができました。

私たちの海洋散骨は「代行」で身内が乗船しなかったことから、乗船散骨プランよりはるかに低価格で済みましたし、最後に骨壺の処理までお願いできました。

海洋散骨費用は44,000円、船代が散骨代行なら+11,000円、お花を用意したい場合は+11,000円です(税込)代行散骨ではなく乗船散骨なら船代が一人当たり+11,000円で5名まで乗れるとのことでした。

散骨を委託できたり、自宅までお骨を迎えに来てくれたり、好きな海域に散骨してもらえるなど、なかなか充実した選択肢が多いプランを提供してもらい、親族一同 満足のいく海洋散骨を行えました。

私の祖母のように海が好きな人、海にゆかりのある場所で育った人なら「土に還る」より「海に還る」ほうがずっと心がやすまるのではないでしょうか。

散骨というと「お骨が残らない」ことから雑なイメージを持たれている方も少なからずいると思いますが、私はまったくそんな風には思いませんでした。

先祖代々のお墓に入るのが当たり前…そんな考え方に縛られず、私の祖母のようにふるさとやお気に入りの土地の海に還す散骨は、今の時代には歓迎される葬送方法だと思います。

祖母の海洋散骨を体験した私は、お墓に納骨するよりも海洋散骨のほうが清々しい気持ちになれると感じています。

業者によっては海洋散骨体験クルーズを実施していますので、散骨を検討している方は参加してみるといいかもしれません。

※この体験談 の散骨業者は【みんなの海洋散骨】ではありません。

【みんなの海洋散骨】北海道の出航場所と散骨エリア

【みんなの海洋散骨】の北海道の海洋散骨は、乗船散骨プランと代行散骨プランがあります。

出航場所は小樽と函館の2か所です。

【みんなの海洋散骨】代行散骨プランは業界イチオシ対応!

代行委託散骨は、さまざまな理由から船に乗船できない・船が苦手な方に代わり、スタッフが故人の旅立ちをお手伝いするプランです。

みんなの海洋散骨の代行委託プランはエリアによって受付できない場合がありますが、北海道は代行散骨ができます。

みんなの海洋散骨の代行委託プランでは、散骨証明書とともに当日の散骨の様子の写真が送られてくるので、セレモニーの様子を知ることができます。

「みんなの海洋散骨」は2012年設立、海洋散骨業者としては古参の部類ですので、海洋散骨の実績が豊富で(2023年時点で1500人以上) ご遺骨と海洋散骨に精通しているスタッフが揃っていることが、この業界屈指の強みでもあります。

実は海洋散骨業者の散骨サービスの質はまちまち。

たとえば、代行委託散骨をした場合、複数人の遺骨をひとまとめにして散骨する業者が多く見うけられます。遺族がこれを知ったら…少しがっかりする方もいると思うのです。

「みんなの海洋散骨」では、故人の遺骨をお一人ずつ、丁寧に真心こめて散骨することが基本です。また数組のグループが乗り合わせる合同乗船プランでも 散骨ポイントがかぶらないように、徹底配慮しています。

GPSで同一の散骨海域を避けるように、各組がそれぞれのポイントで散骨していただく方式です。

1組1組のお客様に心をこめたサービスを提供するからこそ「みんなの海洋散骨」は口コミも評判も高いのです。

【みんなの海洋散骨】全国海域対応!代行散骨ならココがイチオシ!

みんなの海洋散骨料金は粉骨費用込み。土日祝同一料金。プランニング後の追加費用は一切ありません。
 
散骨海域は全国対応。散骨実施都道府県は29。出航場所は43カ所あります。地方の海洋散骨もお問い合わせください。
 
貸切乗船散骨はもちろん、お客様が乗船せず散骨を委託する散骨代行プラン、複数組の乗り合わせでリーズナブルな合同乗船プランも人気です。


海洋散骨は、著名人の実施や法整備などを経て知名度が上がってきた。1987年に亡くなった俳優の石原裕次郎さんの葬送を巡っては、兄の慎太郎さんが「海が好きだったので太平洋に戻してやりたい」と発言。しかし、墓地埋葬法違反が懸念され、一度は取りやめられた。その後1991年に法務省が散骨を「違法ではない」との見解を表明し、死者の遺灰を大地や海に返す「自然葬」への社会的関心が高まった。2022年に亡くなった慎太郎さんの遺骨は葉山町沖で散骨された。 引用元:石原慎太郎さんも希望 故人との別れは大海原で和やかに…「海洋散骨」5年で2.5倍【読売新聞】

海洋散骨のメリット
  • 散骨にはあまりお金がかからず経済的。粉骨費用や散骨料金は掛かるものの、お墓を建てる費用の約10分の1程度の出費で済む
  • 墓の管理費はもちろん法事が不要 ※行ってもOK それは遺族の自由
  • 納骨しているお寺や霊園は破産することもあるが、散骨には無関係
  • 墓守り不要。今どき時代錯誤な男子継承の思想と決別できる
  • 海はつながっているので「海全体がお墓」の考え方から海を眺めるたびに故人に想いを馳せられる(いつでもどこでもお墓参り可能)
  • 海洋散骨では命日や年忌法要に、お墓まいり的に散骨地点までメモリアルクルーズに行く人が多い
海洋散骨のデメリット
  • お墓参りができない。お墓のような心の拠り所がない点が寂しく感じる人には散骨はおすすめできない ※遺骨を分骨してもらい、室内にメモリアルコーナーを設けたり、遺骨アクセサリーに入れて身に着ける「手元供養」をすれば心の拠り所ができ、寂しさの解決になることも。
  • 遺骨が残らない。それを残念に感じる人には散骨は不向き
  • いったん撒いてしまった遺骨は回収できない。
  • 海洋汚染を気にする人がいるが、きちんとした業者であれば、粉骨の時に有害な六価クロムを無害化する処理をしてから海洋散骨を行うので自然への悪影響はない。遺骨は最後はリン酸カルシウムとして自然回帰するのみ。問題なし。
海洋散骨を選ぶ理由は?
墓守りがいない
生涯独身・頼れる身寄りがない
離婚したから(実家に戻れない)
嫁ぎ先のお墓に入りたくない
信仰している宗教がない
お寺との付き合いがない
永代供養でも、お寺との付き合いが面倒
お墓が遠方でなかなか墓参りに行けない
お墓に高額なコストをかけたくない
将来無縁仏になるかもしれない不安
大好きな海に還りたい
ペットと一緒に散骨したい
散骨と同時に手元供養も行いたい
希望する時期を選んで散骨したい
自分は乗船せずに散骨したい(代行散骨)
墓じまいしたので散骨したい
故人の希望を叶えたい
心に残るセレモニーをしたい

海洋散骨【海洋葬】