本サイトには広告が含まれます
PR

神奈川の海洋散骨ガイド!おすすめ業者と相模湾散骨クルーズレビュー

この記事では、横須賀~湘南~真鶴エリアの海洋散骨について解説します。

横浜の海洋散骨についてはこちらです

神奈川の海洋散骨ガイド!おすすめ業者と相模湾散骨クルーズレビュー


神奈川県の湘南、横須賀、真鶴エリアは日本でも屈指の美しい自然と豊かな歴史を持つ地域。このエリアでの海洋散骨は、その雄大な景色と深い歴史に触れながら、大切な人を見送る特別な体験を提供します。ここでは、それぞれのエリアごとにおすすめの散骨ポイントと見どころを詳しくご紹介します。

湘南・横須賀・真鶴エリアの海洋散骨の魅力

神奈川県の湘南・横須賀・真鶴エリアは、海洋散骨という新しい形の供養に最適な場所です。それぞれのエリアは美しい自然環境に恵まれ、立派な歴史と豊かな文化に寄り添った独自の魅力を持ち合わせています。

このエリアでの散骨は、参列者にとって特別な癒しと安らぎを提供するとともに、素晴らしい景色と共に故人を偲ぶことができます。さらに、ベストタイミングを知ることで、その景色を最大限に楽しむことができます。

豊かな自然に囲まれた美しいロケーション

湘南・横須賀・真鶴エリアでの海洋散骨は、豊かな自然に囲まれた美しいロケーションが魅力です。

海と山が織りなす風景は、訪れる人々に深い感動を与えます。神奈川県の海岸線に沿って広がる自然の宝庫で、多様な景観と季節ごとに変わる風景を楽しめます。

湘南エリアの魅力

湘南エリアでは、広がる白砂のビーチと背後にそびえる緑豊かな山々が、訪れる人々の心を癒やします。また、透明度の高い海は穏やかで、波の音が静かに響きます。夏には太陽の光が海面に輝き、冬には富士山が雪をかぶり、その雄大な姿を見せてくれます。

横須賀エリアの魅力

横須賀の観音崎沖や猿島沖では、自然の美しさと歴史的な背景が調和しています。

観音崎は豊かな植生と青い海が織りなす景色が魅力で、猿島は自然と歴史が融合した独特の場所です。

真鶴エリアの魅力

真鶴の真鶴岬や三ツ石、小田原もまた、豊かな自然に囲まれた美しいロケーションで、海と山のコントラストが楽しめます。真鶴岬では、特に日の出や夕暮れ時の絶景が印象深いでしょう。

これらの場所では、散骨を行う際に周囲の景色を楽しむことができます。そのため、心の安らぎと癒しを感じることができるでしょう。このような美しい自然環境の中での散骨は、その場の空気や風景が特別な思い出となり、故人を偲ぶ場所として最適です。

湘南・横須賀・真鶴エリアの豊かな自然環境が、海洋散骨をさらに意義深いものにしています。豊かな自然に囲まれた美しいロケーションが、散骨の特別な体験を提供してくれるでしょう。

地元の文化や歴史との調和

神奈川県の湘南・横須賀・真鶴エリアでの海洋散骨は、地元の文化や歴史との深い調和が魅力です。このエリアには、古くから続く伝統や地域ごとの特色が色濃く残っています。海とともに生きてきた歴史を感じながら、故人を自然の一部として送り出すことができます。

湘南エリア 古くから漁業や海運が盛んな地域です。例えば、江ノ島は江戸時代から風光明媚な観光地として知られており、その景観は多くの文学作品や絵画に描かれてきました。また、地域住民の多くは海と深い関わりを持ち、海での生活に根ざした文化が息づいています。このような背景から、海洋散骨は現地住民にも受け入れられやすく、自ずと調和が生まれます。

横須賀エリア 横須賀周辺は幕末から現代に至るまで軍港として知られ、その歴史的背景が色濃いエリアです。猿島や観音崎など、軍事的な重要拠点も多く、風景には歴史の重みが感じられるスポットが点在します。こうした場所での海洋散骨は、古来の日本の歴史と故人の人生を重ね合わせる意味でも特別な価値があります。

真鶴エリア 真鶴周辺は自然と人々の生活が密接に結びついている場所です。例えば、真鶴岬や三ツ石など、神話や民謡に登場するスポットも多く、その風景は昔から地元の人々に親しまれています。海洋散骨を通じて、故人の遺骨がこの豊かな文化的背景の中に溶け込むことは、遺族にとっても心の安らぎとなります。

こうした背景からも分かるように、神奈川の海洋散骨は単に美しい景色を楽しむだけではなく、地元の文化や歴史との深い調和を感じることができます。故人を送り出すにふさわしい場所として、多くの人々に選ばれているのです。これらの地域特有の風景に囲まれながら、故人を偲ぶ瞬間は、まさに「美しくて心温まる」体験となるでしょう。

安らぎと癒しを提供する特別な体験

海洋散骨は「大切な人を自然に還す」という意味で、特別な安らぎと癒しを提供する体験です。その理由は、広大な海という自然の中で全ての存在が一体となる瞬間を感じられるからです。

海洋散骨の場では、都会の喧騒から離れ、静寂と広がりのある海の音と美しさが心を落ち着かせてくれます。また、自然の中に身を置くことで、故人と自然の循環の一部となる感覚も得られます。

例えば、湘南エリアでは富士山をバックに、波音と共に散骨が行われます。この風景と音は、悲しみを抱える人々に深い癒しをもたらします。横須賀の観音崎沖では、広がる海と空の一体感が心を解放し、真鶴岬ではダイナミックな海岸線が特別な安らぎを提供します。

「海は冷たい」「散骨は寂しい」と感じる人もいるかもしれません。しかし、実際には多くの人々が繰り返し訪れるほど、その体験は心を満たすものです。温かい陽射しや静かな波動など、自然の温もりを感じられるからです。

神奈川の海洋散骨は、自然と一体となる特別な体験を通じて、安らぎと癒しを提供します。美しい風景と共に、大切な人を見送ることで、深い心の平安が得られるでしょう。

散骨ポイントの景色を存分に楽しむベストタイミング

散骨ポイントの景色を存分に楽しむためには、時期と時間帯を慎重に選ぶことが重要です。神奈川の湘南・横須賀・真鶴エリアは、四季折々の美しい景色が楽しめます。春から初夏にかけては、爽やかな風と澄んだ空気が心地よく、特におすすめです。

例えば、湘南では朝日の中で輝く富士山が一望できる江ノ島沖が魅力的です。一方、横須賀の観音崎沖では、日の出とともに金色に輝く海面が幻想的です。真鶴の三ツ石では、夕暮れ時のオレンジ色の空が感動的な風景を描きます。

こうした美しい景色を逃さないためにも、天気予報を確認し、晴天の日を選ぶと良いでしょう。さらに、潮の動きが穏やかな時間帯を選ぶことで、散骨の際の安全性も確保できます。

最善の瞬間に散骨を行うことで、大切な人への思い出をより深く心に刻むことができるでしょう。

湘南エリアの美しい散骨ポイントと見どころ

湘南エリアの美しい散骨ポイントには、訪れる人々の心を癒す絶景が広がっています。この地域は、富士山をはじめとする背後の山々や豊かな自然が、散骨の儀式に格別な雰囲気をもたらします。湘南エリアでの海洋散骨は、家族や友人と共に海の美しさを堪能しながら、特別な時間を過ごすことができます。特に、江ノ島や葉山から望む海景色は、その静かな波音と共に、心に残る思い出となることでしょう。

湘南の散骨エリアから見える景色

湘南の散骨エリアから見える景色は絶景そのものです。その理由は、緑豊かな自然と青い海が広がる素晴らしいロケーションだからです。例えば、湘南の海岸線では、四季折々の風景を楽しむことができます。春には桜が咲き誇り、夏には青い空と青い海が広がり、訪れる人々の心を癒します。

また、青く広がる海と穏やかな波、爽やかな風が織り成す景色は、心を癒す効果を持っています。また、遠くに見える富士山や江ノ島のシルエット、海岸線に沿った美しい砂浜など、多様な景観を楽しむことができます。

さらに、湘南エリアは観光地としても有名なので、訪れるついでに散骨をすることも容易です。江ノ島や鎌倉といった歴史ある場所も近く、散骨後にその地を訪れることで、亡くなった方との思い出を振り返ることができます。

湘南エリアでの散骨に対して「風が強い日が多いのでは?」という声もあります。しかし、海洋散骨の業者は天候を考慮して安全な日を選びますので、心配無用です。

このエリアでの散骨は、自然の美しさと歴史的背景を合わせ持つ、特別な場所と言えるでしょう。

江ノ島沖から望む富士山の絶景

江ノ島沖から眺める富士山の絶景は、心に刻まれる美しい瞬間です。この魅力的な景色は、壮大な富士山と静かな海との見事な調和が生み出すものであり、海洋散骨の場としても非常に人気です。まるで自然が敬意を表しているかのような、静かな安らぎを感じることができます。

例えば、晴れた日に江ノ島沖から見る富士山は、くっきりとしたシルエットに裾野が広がり、まるで絵画のように美しいです。朝や夕方の時間帯には、空の色が変わりゆく過程で富士山がオレンジや赤色に染まり、その風景は言葉に尽くせないほどの美しさを持っています。この瞬間、一瞬の美しさが永遠の記憶として心に残ります。

また、季節によって富士山の表情は大きく変わります。春には雪解けが始まり、新たな生命の息吹を感じられます。秋には澄んだ空気と紅葉が、冬には真っ白な雪に覆われた純粋な姿が楽しめます。このような瞬間を共有することで、散骨の儀式に特別な意味と深い感動を与えることができます。

江ノ島沖からの散骨は、自然の偉大さとその中での人間のつながりを感じる貴重な機会でもあります。日常から離れ、自然と向き合うひとときが、深い癒しと安らぎを提供します。

「海洋散骨には冷たいイメージがある」という方もいますが、江ノ島沖からの風景が提供する自然美と静寂は、逆に心を温め、故人を偲ぶための最適な環境を作り出します。

このような絶景の中で散骨することで、故人との思い出や敬意をより深めることができます。江ノ島沖から望む富士山の美しさは、言葉では表しきれない感動を与えてくれます。

葉山沖の穏やかな海景色

葉山沖の穏やかな海景色は、海洋散骨に最適な場所の一つです。その理由は、穏やかな波と静かな環境が心の安らぎを提供してくれるからです。

例えば、葉山沖では四季折々の美しい景色を楽しむことができます。春には桜が咲き誇り、夏には青々とした海が広がります。秋には紅葉が見られ、冬には澄んだ空気の中でクリアな視界が広がります。そのため、どの季節に訪れても異なる魅力を感じることができます。

葉山の穏やかな海は心を落ち着かせ、静謐な雰囲気を提供します。例えば、朝焼けや夕焼け時の葉山沖は特に美しく、太陽の光が海面に反射して幻想的な景色が広がります。この美しい自然の中で、大切な人を安らかに見送ることができるのです。

一部の人は、海洋散骨に適さないと感じるかもしれません。しかし、葉山沖の穏やかな海景色と豊かな自然環境は、そのような懸念を打ち消します。散骨に訪れる人々にとって、リラックスしながら故人を偲ぶことができる理想的な場所となります。

神奈川県葉山町の沖合で行われた、慎太郎さんの散骨式。良純は「ヨットが好きでヨット仲間に見送られての散骨式。親父はこれをどういうつもりで見ているのかなと思いながらやっていて」と述懐。「生前、生きているときはぶわーっとエネルギッシュで、『亡くなったら人間は無だ』と言ってたの。『来世なんかないし、天国も地獄もない。無、そこで終わりだ』と。そういう思いがあった人だった」と父の言葉を反芻した。

そして、「パッと思い当たったのは、葉山の薄曇りの陽気だったんですけど、ついたときにザーッと雨が降ったの」と明かし、「ちょっと古い話なんですけど、石原裕次郎という人は何か事あるごとに雨を降らす人だった。法事だとか大きな手術とか。そのときに『あぁ、おじさん来てたな』という気がして」と裕次郎さんとも重ね合わせる良純。「おじさんが来ていたということは、そこに親父も行っただろうし。だからなんとなく、この回のことは見てたんじゃないのかな」と実感したようで、「あれだけ『死んだら無だ』と言ってて、ずっと最後までわがまま言ってて、とんでもないなと思ってね。もう少し言うこと聞いてくれればよかったのにと思って。でも、無じゃないという気はした」と心情を吐露していた。
引用元:マイナビニュース

横須賀周辺の美しい散骨ポイントと見どころ

横須賀周辺の散骨ポイントは自然の景観と歴史の融合により、心安らぐ特別な場所に映ることでしょう。散骨を通じて、故人との永遠の繋がりを感じることができます。観音崎沖、猿島沖、横須賀基地沖など、それぞれのポイントには独自の見どころがあります。

猿島沖

猿島沖は、横須賀周辺で海洋散骨を行う際の理想的なポイントの一つです。美しい景色と穏やかな海況が特徴で、特別な場所として愛されています。

猿島沖の魅力は、その自然豊かな風景と静かな環境です。ここからは、東京湾の広がりや遠くに見えるランドマークを楽しむことができます。さらには、猿島そのものが持つ歴史やロマンチックな雰囲気も散骨の際の心の癒しになるでしょう。

例えば、この場所からは冬の間だけ富士山を見ることができる晴れた日があり、海に散骨する際にもその雄大な姿が見えることもあります。見えれば散骨の際に特別な思い出を作るための素晴らしい背景となります。

猿島沖での散骨は、静かな海と美しい景色を楽しむだけでなく、この場所が持つ豊かな自然や歴史的な価値に触れることができる貴重な体験です。風光明媚な環境で、亡き人を偲びながら穏やかな時間を過ごせるでしょう。

観音崎灯台沖

観音崎灯台周辺は、季節ごとに異なる魅力が楽しめる場所です。春から夏にかけては、爽やかな風と心地よい陽光が訪れ、海水浴や釣りを楽しむ人々で賑わいます。特に夏には、海の透明度が高まり、澄んだ海水で泳ぐことができます。

秋になると、観音崎灯台沖周辺は涼しくなり、気温の過ごしやすい時期です。この時期は海水浴もまだ楽しめるほか、海の幻想的な景色を楽しむことができます。

真鶴周辺の美しい散骨ポイントと見どころ

真鶴は、その美しい自然景観と穏やかな海で知られるエリアです。ここでは、多くの人々が敬意をこめて海洋散骨を行い、安らぎの場として選ばれています。

散骨ポイントそれぞれに特有の魅力があり、真鶴岬の壮大な眺めや三ツ石の神秘的な雰囲気、小田原の歴史的な背景とが相まって、特別な場を提供しています。

真鶴岬

真鶴岬は神奈川県の中でも特に美しい散骨ポイントの一つです。その魅力はまず、雄大な自然に囲まれたそのロケーションです。

真鶴岬は青々とした海と緑豊かな山々に囲まれており、訪れる人々を魅了します。岬から眺める風景は遠くの水平線まで広がり、心を穏やかにしてくれます。また、四季折々の風景も楽しめるため、年間を通じて訪れる価値があります。

例えば、春には桜が咲き乱れ、夏には深い青の海が広がります。秋には紅葉が美しく、冬には澄んだ空気の中で一層クリアな景色が楽しめます。どの季節に訪れても、自然の美しさを感じることができるのが真鶴岬の魅力です。

真鶴岬のもう一つの魅力は、その静かな環境です。都市の喧騒から離れて静かな時間を過ごすことができるため、散骨の場として最適です。心静かに故人を偲ぶ時間を過ごすことができます。また、岬周辺には散策路や展望スポットも多く、思い出の時間をさらに豊かなものにしてくれます。

真鶴岬は、風光明媚な景色と安らぎのある環境が整った、海洋散骨のための理想的な場所です。ぜひ大切な方との最後の別れをここで行い、心穏やかに送り出してください。

三ツ石

三ツ石は、真鶴エリアを散骨場所として選ぶ際にぜひ訪れたいスポットです。その理由は、三ツ石が持つ独特の景観と風情にあります。自然が織りなす美しい風景と、静かな時間を過ごせるこの場所は、散骨を行うのにぴったりです。

例えば、三ツ石の特徴的な三つの大きな岩が一列に並ぶ姿は、訪れた人々に強い印象を残します。この場所から見る朝日や夕日の景色は、心を洗われるような美しさがあります。また、新緑の季節には、周辺の木々や植物が見事に色彩を添え、海と一体となった壮大な景観を楽しむことができます。

小田原周辺

小田原の海域もまた、海洋散骨にふさわしい美しいポイントの一つです。小田原はその自然豊かな環境や歴史的な背景、そして穏やかな海岸線が特徴です。このエリアでの散骨は、特別で思い出深いセレモニーとなることでしょう。

例えば、小田原沖では箱根山を背景に散骨することができます。雄大な自然と調和し、故人への感謝の気持ちを込めた散骨となるでしょう。また、小田原城を望むことができる場所もあり、歴史的な風景を味わいながらの散骨も可能です。

小田原の海は比較的穏やかであり、波も静かです。そのため、天候が安定している季節を選べば、安全でスムーズな散骨が期待できます。海と陸との距離感も程よく、参加者が安心して見守ることができる環境が整っています。故人への最期の旅路を美しい景色と共に送り出すことができるでしょう。

海洋散骨の基本プラン

海洋散骨のプランは、多くの人の希望や状況に応じて様々な種類が用意されています。大きく分けて、プライベートな雰囲気を重視した貸切乗船散骨、他の家族と一緒に行う合同乗船散骨、そして自分たちが直接参加しなくてもいい代行散骨があります。それぞれのプランには特有の利点があり、ニーズに応じて最適な選択が可能です。

貸切乗船散骨プラン

貸切乗船散骨プランは、個別で船を貸し切り、家族や友人だけで故人を偲ぶことができるプランです。プライベートな空間で、思い出に残るセレモニーを行いたい方に最適です。

このプランの大きなメリットは、自由度が高いことです。例えば、好きな音楽を流したり、特定の場所で散骨を行うことができます。また、自分たちだけの特別な時間を過ごすことで、故人との最後のひとときを深く心に刻むことができます。

例えば、故人が好きだった海沿いの場所を選び、その場所で散骨を行うことができます。これにより、故人への思いをより一層感じることができるでしょう。

一部の人は「貸切乗船は高額になるのでは?」と懸念されるかもしれませんが、家族や友人とのプライベートな時間と故人への特別な思い出を考えると、その価値は十分あると言えます。

貸切乗船散骨プランは、故人を偲びながら意味深いセレモニーを行うために非常におすすめな方法です。プライベートな空間で、自分たちだけの特別な時間を過ごしてください。

合同乗船散骨プラン

合同乗船散骨プランは、複数の家族と一緒に船に乗って海洋散骨を行う形式です。

このプランは貸切の必要がないため、比較的費用が抑えられることが最大の魅力です。また、同じ目的を持つ他の家族と共有することで、心の支えにもなります。

例えば、ある家族が個別に散骨を行うには費用がかかりすぎる場合、合同乗船散骨プランを選ぶことで、無理なく故人を海に送り出すことができます。同時に、合同の儀式に参加する他の家族と意見を交換し、共感を得ることで、感動を分かち合うことができるのです。それが遺族の心のケアにもつながります。

「他の家族と一緒に行うなんて故人への敬意に欠ける」と思われるかもしれませんが、実際には家庭ごとに区分けされたり、散骨ポイントをずらしたり、時間帯を分けて散骨を行うなど、プライバシーを重視した運営がされていますので、心配する必要はありません。

合同乗船散骨プランは、経済的な負担を軽減しつつ、他の家族とも感動を共有できる点で非常におすすめのプランです。

代行散骨プラン

代行散骨プランは、ご家族が現地に立ち会わず、専門業者が代わりに海洋散骨を行うプランです。このプランは、遠方にお住まいの方や忙しい方にとって便利な選択肢です。

代行散骨プランが選ばれる理由はいくつかあります。まず、遠距離による移動の負担を軽減できることです。次に、現地での準備や手配に時間を取られることなく、お別れができることです。代行サービスを利用すれば、プロがすべての手続きを行うため、安心して任せることができます。

スタッフが丁寧に儀式を執り行い、その様子をビデオで撮影し、後日ご家族にお届けするサービスを提供している海洋散骨業者が多くあります。代行散骨でも、生花やお香を使用したり、細かい心遣いを忘れずに進行するなど、高品質なサービスが提供されています。

このプランを利用することへの反論として「自らの手で故人を送り出したい」という意見があるかもしれませんが、それでもプロのスタッフが儀式を心を込めて行うため、敬意をもって故人を送り出すことができます。

代行散骨プランは、どんな状況であっても大切な故人を海に送り出すことができる非常に有効な選択肢です。

 

海洋散骨の申込みの流れと散骨当日の注意点

海洋散骨を検討している方にとって、予約や申込みの流れは非常に重要です。スムーズに進めるためには、各手続きをしっかり把握しておくことが大切です。以下に、具体的なステップと注意点を紹介しますので、参考にしてください。

資料請求

海洋散骨のプランを選ぶ際には、最初に資料請求を行うことが重要です。資料請求は、各業者のサービス内容や料金体系を詳しく知るための第一歩となります。

まず、資料請求を行う理由は、提供されるプランやサービスの違いを理解し、自分に最適な業者を選ぶためです。海洋散骨は感情的にも重要な儀式ですので、しっかりと準備を整えたいものです。

それぞれの業者が特色を持っていますが、資料を通じてその特徴を把握することができます。ここで提供される情報としては、プランの詳細、料金、使用する船舶の情報、散骨の手順など多岐に渡ります。

また、資料請求を行うことで、業者の対応方法や信頼性を判断する材料にもなります。資料が迅速かつ丁寧な対応で送られてくる場合、その業者のサービス品質を偶像化する一つの指標となります。

資料請求は海洋散骨を成功させるための基本的なステップです。各業者のサービス内容を比較し、しっかりと情報を整理してから次のステップに進むことで、最適な選択ができるでしょう。

支払いとキャンセル料の確認

支払いは通常、散骨業者との契約が確定した後、指定された期日までに行われます。多くの業者では、銀行振込やクレジットカードでの支払いが可能です。また、ギリギリの期日にならないよう、余裕を持って手続きを進めることが大切です。

キャンセル料については、各業者のポリシーが異なりますが、一般的には以下のようなケースが多いです

予約日からのキャンセル:数週間前まで無料、それ以降は段階的に料金が発生
直前のキャンセル:全額のキャンセル料が発生することが多い

海洋散骨は天候に左右されやすいサービスであるため、キャンセルの可能性を考慮しておくことが重要です。天候などの理由で延期が必要な場合、業者は柔軟に対応してくれることが多いですが、そのあたりの条件も事前に確認しておくことがマストです。

支払いとキャンセルの条件をよく理解し、余裕を持った手続きを行うことで、当日スムーズに進めることが可能です。

出航場所と集合時間の確認

出航場所と集合時間については、事前にしっかりと確認し、余裕を持って集合しましょう。この準備が当日のスムーズな進行と安心感につながります。

(業者により異なりますが)出航場所が湘南の場合、集合場所は湘南港江の島周辺と指定されることが多いです。具体的には、集合時間の1時間前に到着し、駐車場や交通機関の確保をしておくと良いでしょう。横須賀の場合、集合場所としては横須賀中央駅から徒歩圏内の港が一般的です。真鶴エリアでは真鶴駅周辺の港が集合場所となりますが、これも先に調べておくことが大切です。

遅刻してしまうと、他の参加者や代行業者に対して迷惑をかけてしまいます。天候等の要因での延期の可能性も考慮し、時間には十分な余裕を持って臨みましょう。

遅刻の場合の対応

海洋散骨を行う際には、遅刻を避けることが非常に重要です。船の出航時間は厳格に決められており、一人の遅刻が他の参加者やセレモニー全体に影響を及ぼす可能性があるからです。

例えば、船が出航後に遅刻者が到着した場合、現場に戻って拾い上げることはほとんどのケースで不可能です。また、急な遅刻対応はセレモニーのスケジュール全体を崩す可能性があり、他の参加者に対しても迷惑となります。そのため、遅刻しないように以下の点に注意しましょう。

集合時間の確認 出航場所と集合時間を事前に確認し、余裕を持って現地に到着するように計画を立てましょう。
交通手段の確認 交通機関の遅延や混雑を考慮して、早めに出発することをおすすめします。
緊急連絡先の確認 万が一遅刻しそうな場合には、すぐに業者に連絡を入れて指示を仰ぎましょう。

このように、遅刻の対応策を事前に確認しておくことで、セレモニー当日のトラブルを未然に防ぐことができます。最終的に、遅刻しないための準備と心構えが、海洋散骨がスムーズに進行するための鍵となります。

天候による延期の判断

天候による延期の判断は、海洋散骨を計画する上で重要なポイントです。天候が悪化すると、安全を確保するために散骨プランを延期する必要があることがあります。

例えば、大雨や強風、波が高い日などは、出航が危険な場合があります。こうした悪天候時には、急なスケジュール変更が発生することも。曇りや小雨程度であれば出航できる場合もありますが、船長やスタッフが安全を最優先に判断します。

反対に、予測される天候がそれほど悪くない場合でも、参加者の安全と快適さを考慮し、無理に出航を続行しないことが大切です。予備日を設定しておくと、安心してプランのリスケジュールが行えます。

天候による延期が発生する可能性を予め考慮し、臨機応変な対応ができるよう準備しておくことが欠かせません。

さて、ここまで神奈川の湘南、横須賀、真鶴エリアを中心におすすめの海洋散骨業者やプランについて詳しくご紹介してきました。海洋散骨は、故人を自然に還す新しい形の供養方法として注目されています。各業者が提供するプランや特徴を比較し、お客様のニーズに合った最適な選択肢を見つけることが重要です。海洋散骨を成功させるためのポイントを振り返り、より良い選び方の指針を整理しておきましょう。

【湘南・横須賀・真鶴エリアの海洋散骨】よくある質問と回答

神奈川の海洋散骨に関心を持つ方は、いくつかの疑問をお持ちかもしれません。特に、海洋散骨に適した季節や参加者の人数、手元供養や生前予約についての情報は大切です。このセクションでは、湘南・横須賀・真鶴エリアでの海洋散骨に関するよくある質問と、その回答を詳しくご紹介します。

神奈川の海洋散骨に適した季節は?

神奈川の海洋散骨に適した季節は?
神奈川の海洋散骨に最適な季節は、春と秋です。これらの季節が選ばれる理由は、気候が安定しており、波も比較的穏やかだからです。

例えば、春は桜が咲き誇る季節であり、温暖な気候が心地よいです。特に、湘南エリアから望む富士山が澄んだ青空とともに美しい姿を見せます。一方、秋は紅葉が美しく、季節の変わり目による風景の変化が心に深い感動を与えます。真鶴周辺では、この季節に独特の静寂が漂い、故人を偲ぶには最適です。

これに対して、夏や冬も海洋散骨は可能ですが、いくつかのデメリットがあります。夏は高温多湿であり、台風シーズンと重なるため不安定な天候が懸念されます。逆に、冬は寒さが厳しく、特に海の上で長時間過ごすのは困難です。

神奈川の海洋散骨には、気候が快適で風景も美しい春と秋が最も適しています。静かな海と美しい自然の中で、特別な体験をお届けするには、これらの季節が理想的と言えるでしょう。

 

どのくらいの人数で散骨に参加できますか?

どのくらいの人数で散骨に参加できますか?
海洋散骨に参加できる人数については、主催する業者やプランによって異なるのが一般的です。参加人数は海洋散骨を検討中の方にとって最大の関心事のひとつです。

例えば、湘南や横須賀、真鶴エリアで提供される海洋散骨プランでは、通常は5名から10名程度が参加可能です。これは、大きさや設備によって最適な人数が定められているためです。また、プライベートな雰囲気を維持し、参加者全員がリラックスして過ごせるように配慮されている面もあります。

さらに、特別な希望や法要の際には、10名以上が参加可能な大型のクルーズを手配できる場合もあります。こうしたオプションを選ぶことで、より多くのご家族や友人と共に大切なひとときを共有することができます。

海洋散骨業者に各プランの定員を確認し、必要に応じてカスタマイズできるかどうかを事前に相談するのがおすすめです。

 

手元供養と生前予約のメリット

手元供養と生前予約にはどんなメリットがありますか?
手元供養と生前予約は、多くの方々にとって安心と安寧をもたらす重要な準備と言えます。近年、手元供養や生前予約が選ばれる理由として、個々のライフスタイルや価値観に沿った意志を反映できる点が挙げられます。

手元供養では、故人の遺骨の一部を手元に置くことで、身近に感じられ、心の拠り所となります。生前予約は、自分の最後の願いを前もって決めておくことで、残された家族への負担を軽減しサポートする方法です。

これらのサービスが提供する主な利点は、故人への敬意とご遺族の安心感を同時に確保する点です。

手元供養とは、ご遺骨の一部を自宅に安置し、身近に感じながら供養を行う方法です。これにより、故人とのつながりを感じ続けることができます。一例として、ご遺骨を充填したアクセサリーや小さな専用の容器が挙げられます。これらは、ご自宅の一角に設置されたり、お守りのように身に着けられるため、故人を日々感じることができます。

生前予約は、故人が自分の希望する方法での供養を事前に決定することで、ご遺族の負担を軽減します。散骨したい場所やその方法を決め、前もって専門業者に依頼することで、手続きや準備がスムーズに進みます。その結果、遺族は故人の遺志を尊重しつつ、手配にかかる労力や時間を省けます。

手元供養や生前予約に否定的な意見もあるかもしれませんが、これらの方法が正式な手続きと適切な運用によって、多くの人々の心の平安に寄与していることは事実です。

手元供養と生前予約は、未来を見据えて自身や家族の心の安らぎを提供する方法としてたいへん有効です。これを通じて、より満足のいく形で故人や自分自身の最後の希望を叶えることができます。

神奈川の海洋散骨の感動レポート【体験談】

ここからは、神奈川の海洋散骨を実際に体験した方のエピソードを紹介します。

【葉山の海洋散骨】墓守不在から自然回帰を選んだ祖父の海洋葬【体験談】

30代女性の体験談 私の義祖父の海洋葬をしました。

義祖父母と同居していた伯父夫婦には子供がいません。私たち夫婦が遠方に住んでいたことからお墓の建立と墓守り問題が持ち上がったとき、伯父夫婦と義祖母で話し合って決めました

お墓は建てずに、葬儀が済んで1年経ったら海洋散骨にしよう。

義祖父の葬儀の2021年はコロナ禍で何もかも自粛方向でしたから、義父も主人も香典を送るにとどめて、葬儀自体には参加できませんでした。お寺で密葬のような形で葬儀をしたそうです。

2022年には世間が少しずつ落ち着きを取り戻してきたので、1年忌の時に法要が執り行われ、義父母と私たち夫婦と子ども2人が参列しました。

海洋散骨は天候次第で後日になることがあると聞いていましたが、当日は天気がよく、予定通りに出航できました。乗船したのは義伯父夫婦(70代) 義父(60代) 主人(30代)の4人です。

義母(60代)は乗り物酔いがひどいため乗船せず、私と未就学児の子どもたちの4人は陸で待機していました。

葉山港から出航し、散骨、帰港まで2時間強の海洋葬でした。前日の法要では喪服でしたが、散骨当日はカジュアルなモノトーンの装いでした。

義祖父は曾孫を見ることが出来なかったので、喪主の義伯父から「お嫁さんや子どもたちにも船の見送りをしてもらえてよかった」と言われましたし、主人からはこう言われました。

海洋散骨は、残される心配も残す心配もなくなっていいぞ。

義伯父はお墓の建立と管理について、もしも自分たちが急に亡くなった場合、義父や主人に手間取らせることをとても嫌がっていたそうです。

お墓は残された人たちの自己満足のようなものだろう。去る方は墓に入るよりも、海に流してもらうなり土に還してもらうなりして自然の一部に還る方が、よほど世界とつながっていられると思わないか。

義伯父夫婦はまだ元気ですが 『自分たち2人とも海洋散骨にすると決めている』…と主人が聞いたそうです。私自身も、

もしもお墓のことで子どもたちに心配をかけるなら、自分たちの代で墓じまいをして、お骨は土に還してもらうのがいいだろう。

…と考えていたので、義伯父の潔い意見にとても共感しました。

【葉山の海洋散骨】湘南の海で父の望みを実現した海洋葬【体験談】

40代女性の体験談 父は生前「自分が死んだ時は骨を海に撒いて欲しい」とよく言っていたので、父の海洋散骨をしました。海洋葬当日の10月某日、身内が15人集まり、クルーザーをチャーターして葉山港から出航し、湘南沖で散骨しました。

父は体が大きく骨も丈夫だったため、火葬後に関東風の大きな骨壷にお骨を入れている際「入り切らなかったらどうしよう」との考えが頭を過りました。

そんな大量なお骨でしたから、15人で散骨するには十分な量があり、撒く前に一人ひとりが父に言葉をかけ、最後はギュッと抱きしめて海へと放っていました。

当日は晴天に恵まれ、出航するには最高の日和でした。15人の服装は全員が至ってカジュアルでした。ジーンズやセーターを着て、足元はスニーカー。

風が強く船上は陸よりも寒いので、10月でしたが厚着をしました。ライフジャケットは子供用・大人用をそれぞれ準備していただき、安全の説明もきちんと受けました。

父は大袈裟なことが好きではなかったので、音楽で場を演出することは控えたのですが、散骨ポイントに着いたときには鐘を鳴らしてもらいました。

お骨の袋は数を指定できたので全員が撒けるように調整してもらい、粉骨から一週間後に散骨しました。粉骨作業には私が立ち会ったのですが、粉骨から出航まで同じ業者がしてくださったので、安心してお任せできました。

花をたくさん乗せたバスケットが用意されており、すぐに自然に還るよう花びらだけにしてありました。お骨は自然に優しい水溶性の紙で包んでいたので環境汚染を心配することはないとの説明も受けていました。

お骨を撒いた後に献花・献酒です。お酒は父が大好きだった銘柄を用意して撒きました。

散骨セレモニーでは誰も涙を流すことはなくて、それぞれが父に言葉を掛けながら海へ遺骨を放ちました。

その間にスタッフの方が写真をたくさん撮ってくれましたが、後から見みても全員がなごやかな表情を浮かべ、ほっこりした雰囲気でした。スタッフさんはみなさん大変親切でした。

父が望んでいたことを実現できた達成感と、最後に父を抱きしめることができた嬉しさがジーンと心に残る散骨式でした。

親族一同、和気あいあいとしたいい時間を過ごせました。最後にみんなで集まる時間を作ってくれた父に感謝しています。

【相模湾の海洋散骨】「お墓はいらない」海の散骨に決めた一家の選択【体験談】

40代女性の体験談 よく一緒に遊びに行っていた友人が突然亡くなり、共通の友人から「ご家族の意向で海の散骨が行われる」との連絡が入りました。

彼女のご両親は高齢で、お兄さんは難病で長期入院中。海洋散骨は「お墓を作っても将来的に維持していくことが難しい」ことからの一家の決断だったと聞きました。

葬儀社が提携している散骨サービスでは、海の散骨と山の散骨が選べたそうですが、彼女のお母さまは海の散骨を選びました。

海洋散骨当日は肌寒い日で、4月なのに冬物のコートを着込んで行きました。風雨で船は揺れましたが、立っていられなくなるほどではなく、軽く船酔いしたものの、なんとか最後まできちんとお別れをすることができました。

乗船したのは、故人のお母さまと私たち友人が8人。お父さまは認知症が進んで施設に入所中とのことで参加されませんでした。

私たちは相模湾沖で海洋散骨を行いました。「船は揺れるし、堅苦しくない装いのほうが故人も安らぐ」と有志の代表の事前連絡があり、皆がラフな格好で集まりました。

確かにクルーザーの甲板に出て散骨するときにスカートとパンプスでは踏ん張れませんから、これが正解でした。

私たちのクルーザーは平塚新港を出航し、かなり沖に出てから散骨の儀式が始まりました。散骨が終わったとき、一緒に撒いた色とりどりの花びらがたくさん浮いていました。その周りを船が一周し、皆で手を合わせて別れを告げました。

散骨場所から少しずつ遠ざかって行くと「ああ、これで本当にお別れなんだな」と実感が湧いてきて涙が止まらなくなり、私はずっと甲板に残って、花が見えなくなるまでその方角を眺めていました。去りがたい気持ちでいっぱいだったのです。

参列者がホールで集まってバスに乗って港へ行き、船に乗って沖に出てお別れし、そしてホールに帰ってきて…という一連の流れによって、友人との別れに気持ちの整理がついたように感じました。

海洋散骨の経験はこれが初めてでしたが、自分が死んだとき、家族が海洋散骨で私を見送る選択をしたら「それもいいかな」と思える、すがすがしい体験となりました。

海洋散骨に参加する前は、まだ寒い季節だったこともあって、正直「冷たい海に散骨するの?」と少し心配に思ったり、お墓参りに行けないことを淋しく感じましたが、散骨しながら思ったのは

彼女の魂がここから天に帰っていくのなら、どんな弔い方でも同じなのだな…

墓じまいが増えている今の時代、「お墓を持たない」選択肢は悪くないと思います。将来 誰もお参りにいかなくなったり墓守がいなくなったりでお墓が荒れていくよりは、海洋散骨のほうがずっとサバサバしている気がします。

海洋散骨で心をこめてお見送りをし、海を見るたびに思い出してもらえる方が、故人はうれしいのではないかと思うのです。

特に今回のことは、友人の家庭の事情が大変だったので、「海洋散骨」というお母さまの意向を尊重できてよかったのだと思います。

【横須賀の海洋散骨】猿島の海に祖母を還した合同乗船散骨【体験談】

30代女性の体験談  7月某日、祖母の散骨を海で行いました。神奈川県横須賀市の三笠公園から出発し、横須賀市の猿島沖【東京湾】で散骨しました。

祖母は生粋の横須賀っ子で、生まれてから亡くなるまで、ずっと横須賀で過ごしていました。高齢になってからもすごく元気でしたが、90歳を超えたあたりから徐々に身体は弱りはじめ、介護が必要に。少しずつ人生の残り時間が少なくなっていると悟った祖母は、

私が亡くなったら、大好きな横須賀の海にお骨を撒いてほしい

…と言うようになりました。

まだまだ元気でいてほしいんだから、そんなこと言わないで

何となくその言葉を聞き流していましたが、そんな矢先、祖母は老衰で自宅で眠るように亡くなりました。

お葬式を終えて初七日が終わった頃に、祖母の面倒を見ていた叔母が散骨のことを親族の前で切り出したのです。まだコロナ前だったこともあり、

散骨クルーズを利用して、母を海に還してあげるのも親孝行のひとつなのではないか?

…と提案したところ、親族がこれに賛同。3ヶ月後の7月を待って参加することにしました。

海洋散骨の申し込み時には「悪天候の場合は延期になる」と言われていましたが、当日は素晴らしい晴天に恵まれました。一緒に参加した叔母とも「これはおばあちゃんの想いが通じたんだね」と話していました。

私たちが三笠公園に到着した時には、一緒に乗船する他の2組の家族がすでに到着していました。合計で7人くらいだったと思います。参加者の服装はラフな感じで、私達を含めて平服でした。

参加者全員で船に乗り込み、目的地に到着するといよいよ散骨が始まりました。船の汽笛が響き渡る中、祖母とゆっくりお別れしながら穏やかな海を見て「いい日におばあちゃんを送り出せてよかった」と思いました。

叔母をはじめ他の参加者も目に涙を浮かべながら故人に別れを告げている姿が印象的で、今でもその時の様子が目に焼き付いて離れません。

散骨時にはそれぞれの家族に花びらが入ったかごを渡されました。散骨後にその場所に花びらを撒いて、祖母に「いってらっしゃい」と声を掛けました。

汽笛を鳴らすのも横須賀らしい感じを受けました。海軍の街でもある横須賀は汽笛の音が聞こえるので、やはりシンボル的なものだから散骨にも欠かせないような気がしました。

散骨することが決まった時に私が初めて知ったのは、散骨するお骨の量を自由に決められることでした。海に散骨するというと「全ての遺骨を撒いてしまう」ものだと、私は思い込んでいたのです。

散骨にすればお墓がありませんし、手元に祖母がいなくなってしまうイメージを持っていましたが、手元に残したいければ分骨は可能。

分骨したお骨をお墓にも入れることもできますし、メモリアルコーナーを設けて自宅供養 をすることもできます。

 

散骨する前には粉骨(ふんこつ)することも、今回はじめて知りました。お骨を事前に散骨業者に預けてパウダーにしてもらいました。

自分が海洋散骨を検討していても、親族の中に散骨に対して偏見を持っていて…という人もいるでしょう。

故人の希望だとしても散骨するのは非常識ではないか?お墓に全ての遺骨を入れるべきだ。

…と言う人もいるので、親族の意見をまとめてから業者に相談したほうが良いと思います。申し込み後の事後報告では反対派とますます揉めます。

散骨は世の中にまだあまり浸透していない供養なので、慎重に切り出すのが得策だと思います。

横須賀~湘南~真鶴エリアの海洋散骨おすすめ業者の特徴と比較

神奈川の海洋散骨業者は数多くありますが、それぞれの業者には特徴があります。どの業者を選ぶかによって、提供されるサービスや価格、対応の質などが異なります。

ここでは、横須賀、湘南、真鶴エリアでおすすめの海洋散骨業者について、それぞれの特徴を詳しく見ていきます。それにより、ご自身に最適な業者選びに役立ちます。

海洋散骨業者
神奈川の散骨海域
乗船場
散骨プラン
みんなの海洋散骨
江ノ島沖
葉山沖
片瀬江ノ島
葉山
貸切乗船散骨
代行散骨
合同乗船散骨
シーセレモニー
湘南・江ノ島・葉山
平塚新港
片瀬漁港(江ノ島)
葉山港
佐島マリーナ
三崎港(城ヶ島)
貸切乗船散骨
代行散骨
ペット散骨
メモリアルクルーズ
シーセレモニー
横須賀・浦賀
三笠桟橋(猿島渡船乗船場)
浦賀乗船場
貸切乗船散骨
代行散骨
ペット散骨
メモリアルクルーズ
シーセレモニー
真鶴・湯河原・小田原
真鶴港貸切乗船散骨
代行散骨
ペット散骨
メモリアルクルーズ
やさしい海洋散骨
(by やさしいお葬式)
湘南
平塚新港
江ノ島ヨットハーバー
葉山港
貸切乗船散骨
代行散骨
合同乗船散骨
ペット散骨
やさしい海洋散骨
(by やさしいお葬式)
横須賀
浦賀港
三笠桟橋
貸切乗船散骨
代行散骨
合同乗船散骨
ペット散骨
やさしい海洋散骨
(by やさしいお葬式)
真鶴
真鶴港貸切乗船散骨
代行散骨
合同乗船散骨
ペット散骨
ブルーオーシャンセレモニー
江ノ島
江ノ島ヨットハーバー貸切乗船散骨
メモリアルクルーズ
ブルーオーシャンセレモニー
葉山
葉山港貸切乗船散骨
代行散骨
合同乗船散骨
メモリアルクルーズ
ブルーオーシャンセレモニー
平塚
平塚新港貸切乗船散骨
メモリアルクルーズ
ブルーオーシャンセレモニー
横須賀
三笠桟橋貸切乗船散骨
メモリアルクルーズ
ブルーオーシャンセレモニー
三崎
三崎フィッシャリーナ・
ウォーフうらり
貸切乗船散骨
メモリアルクルーズ
ブルーオーシャンセレモニー
真鶴
真鶴港貸切乗船散骨
メモリアルクルーズ
海洋散骨オーシャンズ
湘南
平塚新港貸切乗船散骨
代行散骨
海洋散骨オーシャンズ
江ノ島
片瀬江ノ島貸切乗船散骨
代行散骨
海洋散骨オーシャンズ
真鶴
真鶴港貸切乗船散骨
代行散骨
散骨想
相模湾
江ノ島
平塚新港
貸切乗船散骨
代行散骨
ペット散骨
メモリアルクルーズ
散骨想
葉山
葉山貸切乗船散骨
代行散骨
ペット散骨
メモリアルクルーズ

海洋散骨オーシャンズ

海洋散骨オーシャンズは、特に家族と共に静かな海葬を望む方に適しています。

この業者は、細やかなサービスと安心のサポート体制が整っており、多様なプランが提供されています。例えば、貸切乗船散骨プランでは、家族だけで船を貸し切り、プライベートな空間で故人を偲ぶことができます。また、忙しくて時間が取れない方のために、代行散骨プランもあります。これにより、故人の希望を尊重しつつも、家族の負担を軽減できます。

海洋散骨オーシャンズで特徴的なのは、海洋散骨を行う際、遺族が日程を指定するのか、それとも業者が決めるのかによって料金が変動することです。このシステム(直葬散骨プラン)を導入した理由は、業者が出航日を調整しやすくするためであり、遺族が業者の都合に合わせることで料金を割安に提供することができます。なお、直葬散骨プランは個別の散骨となるため、他の家族と一緒に乗船することはありません。

海洋散骨オーシャンズ

散骨想

散骨想の海洋散骨は、確かな信頼と高品質なサービスが魅力です。この業者は終活サービス全般の経験が豊富で、丁寧かつ心のこもった対応を心がけています。また、プランの柔軟性と費用対効果が高い点も見逃せません。

散骨想の海洋散骨で特徴的なのは「2隻出しプラン」です。2隻の船を使って故人のお見送りを囲むように行うサービスで、乗船人数が多い家族を対象としています。このサービスはすべての出航地ではなく、平塚新港発または葉山発のプランにおいて実施が可能です。

散骨想では、生活保護の受給を受けている近親者の方および東日本大震災にて被害に遭われた方を対象に、海洋散骨葬(江ノ島)を無料で実施しています。この取り組みは社会貢献活動の一環であり、故人の最後の旅路を敬意を持って送るためのものです。粉骨作業については、別途料金がかかります。

散骨想

ブルーオーシャンセレモニー

ブルーオーシャンセレモニーの最大の特徴は、優れたサービス品質とスタッフの対応力です。熟練したキャプテンとスタッフがあなたと共に船上に乗船し、散骨の儀式を心を込めて進めます。

特筆すべきは、ブルーオーシャンセレモニーの合同乗船散骨プランの就航数の多さです。さらにメモリアルクルーズを利用することで、「故人に会いに行く」という感覚をより身近に感じることができます。

ブルーオーシャンセレモニーは、お客様のご要望に合わせて様々なオプションと充実したサービスをお届けしています。例えば、プロのカメラマンによる写真撮影など、さまざまなオプションを選ぶことができます。これにより、故人への思いを深く伝えることができます。

ブルーオーシャンセレモニー
ブルーオーシャンセレモニーの同グループに、お別れ会・偲ぶ会・社葬のご相談から当日進行までトータルサポートするStory(ストーリー)があります。 Story(ストーリー) のサービスは全国で利用でき、海洋散骨後の会食や精進落とし、また四十九日や年忌法要など、様々な行事にも対応しています。アフターコロナでは一般の方々が故人を偲ぶ会を主催するケースが増えています。

無宗教の方でも選ぶことができる海洋散骨では、その後の供養を行うために年忌法要(仏教式の供養法)をする必要はありません(やりたければやってもOK 供養には「これをしなければならない」等の決まりはなく原則自由)年忌法要をしない場合、親族や友人を集めて「故人を偲ぶ会」を法要の代わりに催す方が多い傾向です。

「やさしいお葬式」の海洋散骨

「やさしいお葬式」の散骨海域は、日本全国に広がるネットワークを通じてサービスを提供しています。そのため、どの地域でも均一な価格で散骨を行うことができます。

「やさしいお葬式」では、葬儀と海洋散骨の手配や手続きを一括でお申し込みいただけます。そのため、精神的に困難な時においても、手続きに関するストレスを最小限に抑えながら、故人を送り出すことができます。

「やさしいお葬式」の海洋散骨【やさしい海洋散骨】


 
「やさしいお葬式」は通常の葬儀社ではなく、葬儀プランの提供会社(葬儀仲介業者)です。きめ細やかなサービスを提供してくれるとの定評があります。そんな 「やさしいお葬式」では葬儀と同時に海洋散骨の手配も承ります。リーズナブルな料金で、全国海域に対応。海洋散骨は、故人への最後の贈り物として、心に残る特別なお別れの形となります。
 
貸切乗船プラン・散骨代行プラン・合同乗船散骨プラン・ペット散骨プランがあります。
 

.

「やさしいお葬式」公式サイトの上部の「海洋散骨」をクリックすると【やさしい海洋散骨】に移動します

やさしいお葬式の海洋散骨
料金(税込)
詳細
代理プラン55000円遺族が一緒に乗船できない、船が苦手で
乗船するのが難しい方におすすめ。
実施後には、散骨証明書が届きます。
当日は出航地からのお見送りが可能です。
合同プラン159,500円数人のグループ(2組以上)のお客様や
ご家族と一緒に合同乗船して
散骨を行うプランです。
一緒の船で海へ出ますが、
散骨するポイントは別々です。
貸切プラン269,500円船を一隻貸切で自身の手で散骨して、
心ゆくまでゆっくり供養できるプラン。
要望に合わせて船上でセレモニーや
会食など自由にカスタマイズできます。
ペット散骨55,000円ペットのお骨は人間のお骨と違い
代々にわたって供養することは
現実的に不可能ですから、
飼い主さんは最終的に納骨か
散骨をする必要があります。
散骨前には粉骨が必要です。
出航場所葉山港・江ノ島ヨットハーバー・平塚新港・真鶴港・浦賀港・三笠桟橋

みんなの海洋散骨の特徴

「みんなの海洋散骨」は全国の海域対応の海洋散骨専門業者です。その手軽さと柔軟な対応力が魅力で、個別対応で遺族の要望に応じたプランを提案してくれるのが特徴です。例えば、日程の調整や特定の場所での散骨を希望する場合も、親身に対応してくれます。また、初心者でも安心して依頼できるよう、事前打ち合わせや説明が丁寧に行われます。

みんなの海洋散骨は土日祝日・海域同一料金が魅力

みんなの海洋散骨は、手頃な価格帯が魅力的です。まず、土日祝日の割増料金がかかりません。また、人気の海域や散骨ポイントにおいて割増料金にしている業者が多い中、全国海域で同一料金ですので、遺族の負担を軽減します。これらの特徴から、多くの遺族から高い評価を得ており、口コミでも好評を集めています。

みんなの海洋散骨の湘南エリアの散骨海域と出航場所

神奈川・湘南エリアは六所神社によって清められた海で、散骨が可能な理想的な場所として、多くの人々に選ばれています。このエリアは自然に包まれ、穏やかな雰囲気が感じられるため、故人を安らかに還らせることができます。

湘南はマリンスポーツが盛んな地域で、地元の人々はこの海を自分の散骨場所として望んでいます。慣れ親しんだ海岸であるため、特別な思い入れもあります。

湘南は神奈川の名所である江の島をはじめとし、天候が良ければ富士山までも見渡せる美しいエリアです。幅広い世代に人気があり、多くの人々が訪れます。

みんなの海洋散骨の葉山エリアの散骨海域と出航場所

葉山エリアは日本でも有名な海辺のリゾート地で、美しいビーチやマリーナなどがあります。このエリアは、三浦半島の西側に位置し、沖合の海域で人気です。多くの旅行者や地元の方々が訪れています。

葉山エリアは、湘南エリアと同様に天気の良い日には富士山を見ることができ、その景色から富士の息吹を感じることができる場所です。神奈川でも非常に人気があります。

【みんなの海洋散骨】全国海域対応!代行散骨ならココがイチオシ!

みんなの海洋散骨料金は粉骨費用込み。土日祝同一料金。プランニング後の追加費用は一切ありません。
 
散骨海域は全国対応。散骨実施都道府県は29。出航場所は43カ所あります。地方の海洋散骨もお問い合わせください。
 
貸切乗船散骨はもちろん、お客様が乗船せず散骨を委託する散骨代行プラン、複数組の乗り合わせでリーズナブルな合同乗船プランも人気です。

みんなの海洋散骨
料金
【土日祝・海域 同一料金】
プランの内容
代行委託散骨プラン44,000円(税込)~ご遺骨の引き取りスタッフ手配(別途料金)
ご遺骨のパウダー化費用(粉骨)
献花・献酒・献水
海洋散骨施行費用
散骨証明書(散骨海域の明記あり)
散骨風景写真
合同乗船散骨プラン132,000円(税込)~ご遺骨の引き取りスタッフ手配(別途料金)
ご遺骨のパウダー化費用(粉骨)
献花・献酒・献水
船舶チャーター料
海洋散骨施行費用
散骨証明書(散骨海域の明記あり)
散骨風景写真
※左記は1組2名様までの料金。
追加乗船は1名様につき11,000円(税込)
最大4名様迄
貸切乗船散骨プラン242,000円(税込)~

参加人数:1~8名様
ご遺骨の引き取りスタッフ手配
(送料無料・引取り費は別途料金)
ご遺骨のパウダー化費用(粉骨)
献花・献酒・献水
船舶チャーター料
海洋散骨施行費用
散骨証明書(散骨海域の明記あり)
メモリアルDVD

海洋散骨シーセレモニー

海洋散骨シーセレモニーは、独自の特徴を持ったサービスを提供しています。とても柔軟性が高く、個別対応が丁寧です。

まず、プランの種類が豊富で、利用者のニーズに対応できる柔軟なオプションが用意されています。また、スタッフの対応が非常に丁寧であることが特徴です。例えば、散骨を希望する利用者の相談に親身に乗り、安心して利用できるようサポートしています。

一部の競合他社が画一的なサービス提供にとどまる中、シーセレモニーは個別のニーズに柔軟に対応することができる点が大きな違いです。シーセレモニーはケータリング事業を得意としているため、オプションで船上会食や精進落とし、メモリアルクルーズの故人を偲ぶ会などもオーダーすることができますので、参加者にとって忘れられないセレモニーが実現します。

シーセレモニーの湘南・江ノ島・葉山エリアの散骨海域と出航場所

湘南の散骨エリアは、美しい江ノ島、落ち着いた葉山、そして秘密の宝物が隠れている城ケ島など、様々なエリアからお選びいただけます。散骨エリアは、どこまでも広がる開放感溢れる海域です。ここでゆっくりと故人とのお別れの時間を過ごすことができます。

平塚新港(JR各線「平塚」)  片瀬漁港(小田急江ノ島線「片瀬江ノ島」)  葉山(京急線「逗子・葉山」)  佐島マリーナ(JR横須賀線「逗子」)  三崎港(京浜急行「三崎口」)

シーセレモニーの横須賀・浦賀エリアの散骨海域と出航場所

横須賀の散骨エリアは、美しい観音崎や猿島の沖合に位置しています。散骨エリアは、広々とした海域が広がり、開放感に満ちています。そのため、ゆっくりと故人とのお別れの時間を過ごすことができます。猿島や第二海堡など、無人島ツアーで有名な観光スポットも多く存在し、賑やかで魅力的なエリアです。

三笠桟橋(京急線「横須賀中央」)  浦賀乗船場(京浜急行本線「浦賀」)

シーセレモニーの真鶴・小田原・湯河原エリアの散骨海域と出航場所

真鶴・小田原・湯河原の散骨エリアは美しい景色が広がっていることで知られており、特に真鶴岬や三ツ石の沖合には観光客が訪れることが多いです。散骨エリアは、透き通った相模湾の水に囲まれており、小田原、初島、熱海といった人気のあるエリアへの近さが魅力です。真鶴港周辺には新鮮な地魚を楽しめるレストランや居酒屋が数多くあり、港町ならではの雰囲気を味わうことができます。

真鶴町では、「真鶴町まちづくり条例」という法律により、古くから変わらない風景が保護されており、多くの文豪や画家がこの地の風景に魅了されました。そのため、現在でもその美しい風景を楽しむことができます。

真鶴港(JR線「真鶴」駅)

海洋散骨 シーセレモニー :貸切乗船散骨とペット散骨はココがイチオシ!

自社所有のクルーザーと桟橋を使用した海洋散骨ですので、相場よりもかなり安く貸切散骨を行えます。
 
「ペット散骨プラン」で故人とペットを一緒に散骨できます。
 
精進落としプランがあるので、故人やペットを偲びながら船上の会食やお別れ会もOK!命日や年忌に散骨ポイントをお参りするメモリアルクルーズもできます。
 

湘南・横須賀・真鶴の海洋散骨
貸切乗船散骨
代行散骨
合同乗船散骨
ペット散骨
メモリアルクルーズ
海洋散骨シーセレモニー
(湘南・江ノ島・葉山エリア)
187,000円~
66,000円~
詳細はこちら
詳細はこちら
海洋散骨シーセレモニー
(横須賀・浦賀エリア)
275,000円~
海洋散骨シーセレモニー
(真鶴・小田原・湯河原エリア)
308,000円~


海洋散骨は、著名人の実施や法整備などを経て知名度が上がってきた。1987年に亡くなった俳優の石原裕次郎さんの葬送を巡っては、兄の慎太郎さんが「海が好きだったので太平洋に戻してやりたい」と発言。しかし、墓地埋葬法違反が懸念され、一度は取りやめられた。その後1991年に法務省が散骨を「違法ではない」との見解を表明し、死者の遺灰を大地や海に返す「自然葬」への社会的関心が高まった。2022年に亡くなった慎太郎さんの遺骨は葉山町沖で散骨された。 引用元:石原慎太郎さんも希望 故人との別れは大海原で和やかに…「海洋散骨」5年で2.5倍【読売新聞】

海洋散骨のメリット
  • 散骨にはあまりお金がかからず経済的。粉骨費用や散骨料金は掛かるものの、お墓を建てる費用の約10分の1程度の出費で済む
  • 墓の管理費はもちろん法事が不要 ※行ってもOK それは遺族の自由
  • 納骨しているお寺や霊園は破産することもあるが、散骨には無関係
  • 墓守り不要。今どき時代錯誤な男子継承の思想と決別できる
  • 海はつながっているので「海全体がお墓」の考え方から海を眺めるたびに故人に想いを馳せられる(いつでもどこでもお墓参り可能)
  • 海洋散骨では命日や年忌法要に、お墓まいり的に散骨地点までメモリアルクルーズに行く人が多い
海洋散骨のデメリット
  • お墓参りができない。お墓のような心の拠り所がない点が寂しく感じる人には散骨はおすすめできない ※遺骨を分骨してもらい、室内にメモリアルコーナーを設けたり、遺骨アクセサリーに入れて身に着ける「手元供養」をすれば心の拠り所ができ、寂しさの解決になることも。
  • 遺骨が残らない。それを残念に感じる人には散骨は不向き
  • いったん撒いてしまった遺骨は回収できない。
  • 海洋汚染を気にする人がいるが、きちんとした業者であれば、粉骨の時に有害な六価クロムを無害化する処理をしてから海洋散骨を行うので自然への悪影響はない。遺骨は最後はリン酸カルシウムとして自然回帰するのみ。問題なし。
海洋散骨を選ぶ理由は?
墓守りがいない
生涯独身・頼れる身寄りがない
離婚したから(実家に戻れない)
嫁ぎ先のお墓に入りたくない
信仰している宗教がない
お寺との付き合いがない
永代供養でも、お寺との付き合いが面倒
お墓が遠方でなかなか墓参りに行けない
お墓に高額なコストをかけたくない
将来無縁仏になるかもしれない不安
大好きな海に還りたい
ペットと一緒に散骨したい
散骨と同時に手元供養も行いたい
希望する時期を選んで散骨したい
自分は乗船せずに散骨したい(代行散骨)
墓じまいしたので散骨したい
故人の希望を叶えたい
心に残るセレモニーをしたい

海洋散骨【海洋葬】神奈川の海洋散骨神奈川・相模湾の海洋散骨【横須賀~湘南~真鶴】