本サイトには広告が含まれます
PR

【海洋散骨トラブル】悪徳業者の見分け方・失敗事例・対処法

散骨は太古から行われており、仏教や神道でも「散骨をよくないこと」としていません。歴代天皇の中にも散骨された方がいます。散骨は、宗教・宗派・無宗教に関わらず、どなたでも自由に利用できる葬送方法です。
海洋散骨は、著名人の実施や法整備などを経て知名度が上がってきた。1987年に亡くなった俳優の石原裕次郎さんの葬送を巡っては、兄の慎太郎さんが「海が好きだったので太平洋に戻してやりたい」と発言。しかし、墓地埋葬法違反が懸念され、一度は取りやめられた。その後1991年に法務省が散骨を「違法ではない」との見解を表明し、死者の遺灰を大地や海に返す「自然葬」への社会的関心が高まった。2022年に亡くなった慎太郎さんの遺骨は葉山町沖で散骨された。 引用元:石原慎太郎さんも希望 故人との別れは大海原で和やかに…「海洋散骨」5年で2.5倍【読売新聞】

海洋散骨のメリット
  • 散骨にはあまりお金がかからず経済的。粉骨費用や散骨料金は掛かるものの、お墓を建てる費用の約10分の1程度の出費で済む
  • 墓の管理費はもちろん法事が不要 ※行ってもOK それは遺族の自由
  • 納骨しているお寺や霊園は破産することもあるが、散骨には無関係
  • 墓守り不要。今どき時代錯誤な男子継承の思想と決別できる
  • 海はつながっているので「海全体がお墓」の考え方から海を眺めるたびに故人に想いを馳せられる(いつでもどこでもお墓参り可能)
  • 海洋散骨では命日や年忌法要に、お墓まいり的に散骨地点までメモリアルクルーズに行く人が多い
海洋散骨のデメリット
  • お墓参りができない。お墓のような心の拠り所がない点が寂しく感じる人には散骨はおすすめできない ※遺骨を分骨してもらい、室内にメモリアルコーナーを設けたり、遺骨アクセサリーに入れて身に着ける「手元供養」をすれば心の拠り所ができ、寂しさの解決になることも。
  • 遺骨が残らない。それを残念に感じる人には散骨は不向き
  • いったん撒いてしまった遺骨は回収できない。
  • 海洋汚染を気にする人がいるが、きちんとした業者であれば、粉骨の時に有害な六価クロムを無害化する処理をしてから海洋散骨を行うので自然への悪影響はない。遺骨は最後はリン酸カルシウムとして自然回帰するのみ。問題なし。

【海洋散骨トラブル】悪徳業者の見分け方・失敗事例・対処法

海洋散骨トラブル

海洋散骨とは、海に遺骨を撒く新しい葬送のスタイルです。

近年、故人のお見送りに海洋散骨が多く選ばれている理由は、 お墓や供養の経済的負担の軽減  墓守り不在問題 などが大きく関与しています。

いずれの問題解決においても、遺族の負担を軽くできるのが「散骨」です。

これまでは遺骨をお墓に納骨するのが一般的でしたが、昨今はその当たり前がなかなか難しくなってきています。

お墓の建立と維持費用・時間・労力、継承者不在の問題は深刻で「初めからお墓を持たない」選択をする人が増え、その流れから自然に還る散骨を選ぶ人が増えています。

海洋散骨トラブル

日本は海に囲まれた島国なので、全ての海は繋がっているとの概念から、

海を見るたびに故人に思いを馳せることができる。年に1回お墓参りするより、この方がずっとよい供養だ。

…とも考えられています。

じめじめしたお墓に入れられているよりも、海に撒いてもらって大自然に還る方がいいよ!と言う方もたくさんいます。ですが、海洋散骨にも思わぬ落とし穴やトラブルが存在します。

ここでは事前に知っておきたい海洋散骨のトラブル事例の回避方法と対処法を紹介します。海洋散骨を検討中の方は参考にしてください。

【海洋散骨トラブル】5大原因は親族・業者・周辺・寺・知識不足

海洋散骨トラブル

散骨は少しずつ広がりを見せてはいるものの、まだあまり一般的ではありませんし、初めて体験する人が多いことや認識不足も多々あり、海洋散骨にまつわるいろいろなトラブルが起こっています。

海洋散骨トラブルの5大原因
遺族・親族間で揉める
海洋散骨業者と揉める
周辺住民と揉める
菩提寺と揉める
 手元供養を知らなくて後悔・失敗した

激安料金だけに惹かれて、良心に欠けた対応をする海洋散骨業者に依頼したために起こるトラブルもあれば、遺族の知識や認識不足から起こるトラブルもあります。

いずれにしても、トラブルも原因がわかれば回避ができることが多いです。事前に問題点を知り、予測しておくことがとても大切です。

【海洋散骨トラブル】遺族・親族間のもめごとと知識不足

海洋散骨トラブル

散骨は太古から行われている葬送スタイルで、宗教も宗派も関係なく行えるのですが、一般に普及してきたのはごく最近のこと。

歴史が浅いために海洋散骨に対する誤解や勘違いも多いことから、イメージだけで反対される方もいます。

遺族・親族間で散骨に対する見解の相違から揉める

海洋散骨トラブル

散骨反対派の遺族からは「遺骨を撒くなんてとんでもないことだ!」「バチあたりな!」「故人が成仏できないよ」「違法なんじゃない?」などさまざまな意見が出ると思います。

特に先祖代々のお墓がある場合、散骨は理解されづらいかもしれません。

ですが、遺族に相談せずに一存で散骨すればもっと揉めますし、中途半端な話し合いも禍根を遺します。

互いに正面から向き合ってしっかりと話し合い、決着してから事を進めましょう。

お墓参りができない問題

海洋散骨トラブル

遺骨をお墓に納骨しないのですから、お墓参りはありません。

故人が眠るお墓を心のよりどころにする方も多いので、祷りを捧げる場所がないことに不安を持つ人もいます。

遺骨を全部散骨してしまった!知識不足の失敗からの後悔

海洋散骨トラブル

散骨では、全ての遺骨を撒いてしまう必要はありません。少し分骨しておき、手元に残して自宅で供養することも可能です。

海洋散骨をはじめて行う方には、分骨して手元供養する方法を教えてあげるといいです。

手元供養に仏壇は要りません。このように 祭壇(メモリアルコーナー)を設けて、毎日手を合わせることができます(ペットも故人も同じです)

海洋散骨トラブル

海洋散骨トラブル

【手元供養】骨壺・ミニ位牌・ステージのおすすめ5選【故人用】
故人の手元供養品 おしゃれでおすすめなミニ骨壺・位牌・ステージ
【ペットの手元供養グッズ】位牌・メモリアルボックス・おりんの口コミ
クリスタルペットメモリアル(位牌) メモリアルボックス(仏壇) 山口久乗のおりんの口コミ。インコのメモリアルグッズも紹介

墓じまいからの海洋散骨も可能!でも散骨に理解がないと大揉めに

海洋散骨トラブル

墓じまいでは親族の許可を得るのが難しくなくても、取り出した遺骨を散骨することには難色を示す親族がいるかもしれません。

散骨の慣習が一般的でない現在は、散骨に抵抗がある方も多いので、しっかりと話し合うことが必要です。

許可を得ずに海洋散骨の生前予約を入れたら家族が大反対した

海洋散骨トラブル

海洋散骨を希望する本人が業者に生前予約を入れても、散骨を実行するのは遺族です。

せっかく生前予約していてもやってもらえなければ意味がないので、きちんと了解をとって契約書を託しておきましょう。

【海洋散骨トラブル】散骨業者が悪質・いいかげんで揉める

海洋散骨トラブル

現状、散骨業は許認可制ではないので誰でも開業できるため、悪徳業者や詐欺業者も存在します。

1人でやっているのに、バーチャルオフィスを使ったり立派なHPを立ち上げて、従業員が多数いるように見せかけている実態のない詐欺業者もありますので、注意が必要です。

激安費用の海洋散骨業者は悪徳を疑った方がいい

海洋散骨トラブル

どんな業界でも市場の低価格競争はなくなることはなく、激安価格で海洋散骨を請け負う業者も中にはいます。とはいえ…

海洋散骨は沖合まで船を出して行うので、それ相応のコストがかかるのは当然。それでもさらにコストを下げられるのは、大切な「何か」を省いているからです。

ひとつのめやすとしては、散骨代行の料金が2万円を切る業者はどこかで何かがおかしい可能性が高いと考えられます。そういう業者は避けた方がいいでしょう。

散骨代行は特に注意!悪質でテキトーな業者がいる

海洋散骨トラブル

遺族が乗船しないで遺骨を委託する散骨代行では、大切な遺骨がどんな扱いをされているかわかりません。

過去の事例で、桟橋から遺骨を捨てて、合成の散骨風景写真や偽造の散骨証明書を渡していた業者がいました。

散骨ではないですが、お客さんから処分を依頼された骨壺を、ネットで転売していた業者もいました。

たった一度の海洋散骨セレモニー、業者選びに失敗すると悲劇です。海洋散骨ガイドラインを徹底遵守している海洋散骨業者を選ぶようにしましょう。

生前予約した海洋散骨業者が倒産することもある

海洋散骨トラブル

終活の一環で海洋散骨の生前予約プランに申し込みをする人もいます。

ところが、いざその時を迎えてみたら海洋散骨業者が倒産していた…も絶対にありえないことではありません。

まっとうな業者なら他社に業務の引き継ぎをするか返金対応があるはずですが、倒産してそのままトンズラする悪徳業者もいます。

生前契約の申し込みに法的効力はありませんので、公正証書遺言に遺すなどの対策をしておく必要がありますが、きちんとした業者なら、生前契約時に遺族を同席させたり、公正証書遺言やエンディングノートの作成と遺族への委託を促します。

こういった対応や配慮の有無も、悪徳業者を見極めるポイントになります。

海洋散骨後に追加費用を請求されるのはおかしい!

海洋散骨トラブル

まっとうな散骨業者であれば、一度プランニング(見積もり)した費用に、何の断りもなく追加費用が発生することはありません。

しかし悪質な業者だと、なんだかんだと理由をつけて費用を追加請求されることがあります。

予定日の順延に融通が利きづらかったり予定を強行するのはおかしい!

海洋散骨トラブル

海洋散骨は天候や波の状態によって順延になることは普通にあります。

欠航は業者の責任ではありませんが、あまりに融通が利かなかったり、お客さんの都合を聞かずに無理やり予定をねじ込んできたり、勝手にプランを変えようとする業者もいます。

順延を避けたくて、荒天なのに無理やり出航した業者も過去にいたそうですが(船酔い者が続出して大変なことになったらしい)そもそも論として…

お客様の安全を第一に考えない業者はまちがいなく悪徳です。

誤って関わってしまっても、おかしいなと気づいたら、逃げるが勝ちかもしれません。

そうならないためにも、料金の安さだけにとらわれずに、初めから信頼のおける海洋散骨業者を選ぶことが重要です。

【海洋散骨トラブル】法律違反で周辺住民と揉める

海洋散骨トラブル

個人が勝手に観光地や海岸線、海水浴場などで散骨していたことがバレれば、風評被害等で民事訴訟を起こされる可能性があります。

まっとうな海洋散骨業者は自治体の条例や散骨ガイドラインに従って適切に散骨を行うため、周辺住民と法律違反で揉めることは全くありません。

【海洋散骨トラブル】菩提寺と揉める

海洋散骨トラブル

墓じまいした後に遺骨を海洋散骨することに難色を示す菩提寺や僧侶もいて、高額な離檀料を請求されることもあります。

相談や話し合いの場を持ってみても解決できない場合は、墓じまい業者を間に入れる方がうまくいきます。

ミキワの墓じまい【北海道から沖縄まで全国対応】

お墓を守る人がいない、お墓のある場所が遠くてなかなか行けないなどの理由で墓じまいを考える人が増え、テレビや新聞でも取り上げられるようになりました。
 
ミキワの墓じまいサービスは お墓の解体・処分から行政手続き代行まで、わかりやすい価格でワンセットにしました。
墓じまいに必要な閉眼供養(魂抜き)の僧侶手配から海洋散骨や永代供養(合祀墓)の手配もお任せください。ご相談・お見積りは全て無料です。
 

海洋散骨トラブルで失敗しない7つのポイントまとめ

海洋散骨トラブル

海洋散骨も墓じまいも、家族や親族としっかり話し合って了解を得ておく
すべての遺骨を全部海に撒かずに、一部を分骨して手元供養する
 業者を安さで選ばない。激安費用の海洋散骨業者に大切な遺骨を預けてはダメ
海洋散骨費用の内訳を明確に提示し、追加費用が一切発生しない業者を選ぶ
海洋散骨のセレモニーの流れを事前に調べて把握しておくこと
海洋散骨のルールとマナーを守ること
自分で海洋散骨するのはリスキー。散骨業者に任せるのが安全・安心