当サイトにはアフィリエイト広告が含まれます
PR

海洋散骨のデメリットなし!散骨代行でゼロ葬を望む願いに近づいた

海洋散骨のデメリットなし!散骨代行でゼロ葬を望む願いに近づいた

海洋葬のデメリット

40代女性の寄稿 父の生前からの希望が「ゼロ葬」か「海洋散骨」でした。

そこで家族全員一致で故人の意思を尊重する海洋葬を行うことを決めました。

父は父子家庭で育ち、宗教にはまった父親(祖父)にかまわれず苦労してきた人なので、ずっと無宗教を貫いてきたこともあり

お墓も仏壇もいらない!絶対にそんなところに埋葬しないでくれ。

…といつも言っていました。

母は「お墓に入るのが当たり前でしょ」と思っていたそうですが、50年も連れ添った父からずっとそう言われ続けていたので、とりあえず父の希望を通すことで納得したようです。

ゼロ葬を望んでいた父親「火葬だけしてくれればいい」

海洋葬のデメリット

父は家族にも生前から

俺が死んでもお墓は買わない!骨壷すらいらない!葬儀もせず、火葬だけにするように。

…と何度も言っていました。いわゆる「ゼロ葬」です。

父はゼロ葬を望んでいたものの、ゼロ葬では故人の遺骨を持ち帰ることをしません。火葬後に遺骨を受け取らないで処分するのが 本来の「ゼロ葬」です。

しかし、遺骨がなければ海洋散骨はできませんから、できる限り父の希望に添えるように、 ここは臨機応変に立ち回る必要がありました。

海洋葬のデメリット

まず私たちは父の望んだゼロ葬に近づけるために、お葬式はできるだけ簡素にすることに決めました。

そして火葬前に棺に各々入れたいものを持ち寄って、話しかける程度にとどめた最期のお別れをしました。

 

海洋葬のデメリット

海洋散骨することは火葬場も了解していたので、お骨が残らないように灰(粉骨)になるまで燃やしてもらい、お骨上げはしませんでした。

私たちが選んだ海洋散骨業者は、その火葬場から紹介された提携業者だったので、散骨する粉骨については、スムーズに事が運びました。

しかし形式上、火葬場では粉骨を骨壷に入れなければならなかったため、一般的な骨壺は用意する必要がありました。

海洋散骨業者には散骨の日時や場所が確定するまで このお骨を預かってもらうことになりました。




海洋散骨で粉骨を全部まかない!一部を分骨して手元供養にした

海洋葬のデメリット

「海洋散骨」は粉にしたお骨をすべて海にまかなければいけないわけではありません。

希望する家族には粉骨を小さな入れ物に入れて、取り分けることができる…とのことでした。

お骨をどうしたいかは家族それぞれが選択するのですが、結局全員がお骨を分骨して、持参したミニ骨壺 に詰めて持ち帰りました。

 

海洋葬のデメリット

 

私は海に散骨するのには賛成ですが、こういうスタイルの手元供養 もとてもいいと思っていたので、粉骨(灰)を分けてもらって、自宅で手元供養をしています。

妹は遺骨ペンダントに入れて身に着けています。

遺骨アクセサリー!私のおすすめ手元供養おしゃれジュエリーはこれ!
手元供養をおしゃれに演出する遺骨アクセサリーのおすすめ5タイプ

海洋散骨代行サービスで船には乗らずに浜辺から見守る

海洋葬のデメリット

海洋散骨のやり方にもいろいろな方法があります。

 一組が船を一艘チャーターして出航する「貸切海洋散骨」
数組の家族が乗り合わせて行う「合同乗船散骨」
海洋散骨を業者に代行してもらう「代行委託散骨」

私たちの海洋散骨は、業者に散骨を代行してもらう「代行委託散骨」を行いました。

散骨の様子を浜辺から見送り、見守るという形です。

海洋葬のデメリット

船が3回その場で旋回した時にお骨を海に撒いていますから。

…と聞いていたので、散骨されたタイミングは、見ていてすぐにわかりました。

海洋散骨までの費用は20万円くらいでした(2019年)

戒名をつけてもらう高額な費用をはじめとして、寺社やさまざまな葬祭用品に充てる出費がかなり抑えられたので、たいへん助かりました。

何より、故人の希望した場所を指定して散骨できたので、とても満足しています。



海洋葬のデメリットとは?墓参りや法事はそれぞれの考え方次第

海洋葬のデメリット

海洋葬ですから、家族には今後の墓参りや法事は特にありません。

それをどう受け取るかは人それぞれ異なりますが、私はこれをデメリットだと考えていません。

分骨を手元供養にしているため、日常的に手を合わせることができているからです。

海洋葬のデメリット

 

海洋葬のデメリット

自分がお参りしたい気分になったらその浜辺に行けば

あの場所に父が眠っているのだな…。

…と父を身近に感じることができるので、このことでも心がやすまる思いがしますから、それでよいのだと解釈しています。

父の望みにできる限り近づけたゼロ葬に近い海洋葬…きっと父は満足してくれたことと思っています。

海洋葬では一周忌・三回忌・七回忌などの節目に、故人の眠る海にを巡る「法要クルーズ」に参加する人もいます。海洋散骨サービス業者が発行する「散骨証明書」には散骨をした海域の緯度・経度が記されているので、散骨ポイントは明確にわかるようになっているのです。※証明書は業者により対応が異なりますので、問い合わせが必要です。

海洋葬(海洋散骨)のメリット・デメリット

海洋葬のデメリット

海洋葬のメリット
  • 「海」という「自然」に還りたい故人の意思を尊重できる
  • 墓石建立と比べて、費用負担が少ない
  • ペットと一緒に散骨できる
海洋葬のデメリット
  • 海洋散骨は天候に左右される
  • 追悼式や法要がやりづらい
  • 散骨できる海域が限定される(撒けるのは沖合いのみ)
海洋散骨 シーセレモニー :貸切散骨プランとペット散骨はココがイチオシ!

自社所有のクルーザーと桟橋を使用した海洋散骨ですので、相場よりもかなり安く貸切散骨を行えます。
 
「ペット散骨プラン」で故人とペットを一緒に散骨できます。
 
精進落としプランがあるので、故人やペットを偲びながら船上の会食やお別れ会もOK!命日や年忌に散骨ポイントをお参りするメモリアルクルーズもできます。
 

【みんなの海洋散骨】散骨代行サービスならココがイチオシ!

みんなの海洋散骨料金は粉骨費用込み。土日祝同一料金。プランニング後の追加費用は一切ありません。
 
散骨海域は全国対応。散骨実施都道府県は29。出航場所は43カ所あります。
 
お客様が乗船せずに散骨を委託する散骨代行プランが人気です。