本サイトには広告が含まれます
PR

散骨の時期とタイミングは?乗船散骨のベストシーズンと季節別の注意

散骨の時期とタイミングは?乗船散骨のベストシーズンと季節別の注意

お墓へ納骨する場合は、四十九日まで自宅に遺骨を安置して、法要と同時にお墓に入れるのが一般的です。しかしこれも決まり事ではなく、しばらく手元供養したい場合は、もう少し自宅に置いておくことも可能です。

散骨の場合も全く同じで、やらなければいけない時期などの制約は一切ありません。

海洋散骨は無宗教でも行える葬送スタイルですから、時期もタイミングも自由です。

故人の命日や誕生日、年忌、家族の記念日などのこだわりがない方は、自分自身に散骨する決意が固まったときでOK 散骨が故人の遺志によるものなら、それに従う時期やタイミングで散骨するのがベストです。

散骨する場合にすべての遺骨を海に撒いてしまわず、少し分骨して手元に置き、自宅で手を合わせる拠り所 を作りましょう。

「これならお墓がなくても寂しくない」と言う人もたくさんいます。

ここでは乗船散骨を検討している方に向けて、シーズン別の海洋散骨の注意点を紹介します。

前提として「散骨の時期とタイミングは自由に決めていい」家族の心情次第

散骨の時期もタイミングも自由とはいえ、貸切乗船(チャーター)散骨を希望していて家族以外に参加してもらいたい親しい人がいる場合は、参加者の希望に沿うように考える必要があります。

やはり土日祝日に予約を入れる人が圧倒的に多いので、そういった場合は早めに手続する方がいいです。

連休になる時期を選ぶとか、わかりやすく四十九日とか、命日、誕生日、家族の記念日、年忌の節目などを選んで周囲に連絡するのもいいでしょう。

今はまだ遺骨を手放す気持ちになれないならそのままでもいいし、5年後でも10年後に散骨してもいいのです。

散骨するのもしないのも、手元にずっと置いておくのも、家族の心情次第。自由でいいのです。

故人の命日や誕生日に散骨したい場合、冬季や台風シーズンに当たる場合もあるでしょう。

海洋散骨は天候や波の状況に左右されるため、予定通りに行えないことがあることを考えておく必要があります。

乗船散骨のベストシーズンは春と晩秋

春、気温が温かく波が穏やかなことが多いのは4~5月なので、このあたりが海洋散骨の時期としては最適です。ただし

春、気温が20℃前後あっても、沖縄以外の海は海面を渡ってくる風が冷たいので、防寒対策は一応必要です

散骨の日が行楽シーズンと重なると海上の混雑があることも念頭に置いておいてください。

秋の海洋散骨は晩秋の方が、秋雨前線や台風の影響が少ないのでおすすめです

夏から秋に乗船散骨する時の失敗しないポイント

お盆には故人や供養のことを深く考える人が増えるので、海洋散骨を決意する人も増えますが、夏場は台風の影響を受けやすい時期です。

近年はゲリラ豪雨も多発していることから、荒天での順延(欠航)の可能性を視野に入れておくことも大切です。

台風直撃当日の余波から前後1週間は海が荒れることがよくありますので、思惑通りに行かないこともあります。

遠方の旅先で出航日時の変更を余儀なくされた場合、順延にキャンセル料が発生することはありませんが、宿泊費用は補填されませんので、その点にも注意が必要です。

また、初夏から夏にかけての日中の海洋散骨は海面の照り返しがきつく、かなり暑く感じます。

熱中症に注意しつつ、気温が高くなる前の早朝(午前8時より前)に散骨するのがおすすめです

海洋散骨業者によっては散骨を早朝に行うこともできますし、夕刻に沈む夕日を見ながらの海洋散骨も可能です。各社に問い合わせてみてください。

1年でいちばん海が美しい冬の散骨で失敗しないポイント

寒さが厳しい真冬…12月から2月くらいまでは、海洋散骨は避けた方がいい…とよく言われています。

しかし1年でいちばん海が美しいのは冬ですし、思い入れのある日が冬季ならば、寒い季節だけど乗船散骨したいと思う方もいるでしょう。

真冬でも海洋散骨をしたい方は、小型クルーザーではなく、船室がある中型か大型クルーザーをチャーターすれば問題ありません。

中型以上のサイズのクルーザーなら船室サロンルームがあるので暖房が効いていますし、水洗トイレや喫煙場所も完備されていることが多いです。

大きな船の方が揺れが少ないこともあるので、高齢者が多い場合には特におすすめですし、船室があるクルーザーなら、多少の雨で欠航することが少ないのもメリットです

大半の海洋散骨業者は小型クルーザー(定員10名程度)しか選択肢がない場合がほとんどですが、シーセレモニーなら中型・大型クルーザーに対応しています。

しかも船舶が自社所有なので、貸切乗船でも費用が相場よりだいぶ安くすみます。

真冬の海洋散骨を希望している方はご検討ください。

海洋散骨 シーセレモニー :貸切乗船散骨とペット散骨はココがイチオシ!

自社所有のクルーザーと桟橋を使用した海洋散骨ですので、相場よりもかなり安く貸切散骨を行えます。
 
「ペット散骨プラン」で故人とペットを一緒に散骨できます。
 
精進落としプランがあるので、故人やペットを偲びながら船上の会食やお別れ会もOK!命日や年忌に散骨ポイントをお参りするメモリアルクルーズもできます。
 


海洋散骨は、著名人の実施や法整備などを経て知名度が上がってきた。1987年に亡くなった俳優の石原裕次郎さんの葬送を巡っては、兄の慎太郎さんが「海が好きだったので太平洋に戻してやりたい」と発言。しかし、墓地埋葬法違反が懸念され、一度は取りやめられた。その後1991年に法務省が散骨を「違法ではない」との見解を表明し、死者の遺灰を大地や海に返す「自然葬」への社会的関心が高まった。2022年に亡くなった慎太郎さんの遺骨は葉山町沖で散骨された。 引用元:石原慎太郎さんも希望 故人との別れは大海原で和やかに…「海洋散骨」5年で2.5倍【読売新聞】

海洋散骨のメリット
  • 散骨にはあまりお金がかからず経済的。粉骨費用や散骨料金は掛かるものの、お墓を建てる費用の約10分の1程度の出費で済む
  • 墓の管理費はもちろん法事が不要 ※行ってもOK それは遺族の自由
  • 納骨しているお寺や霊園は破産することもあるが、散骨には無関係
  • 墓守り不要。今どき時代錯誤な男子継承の思想と決別できる
  • 海はつながっているので「海全体がお墓」の考え方から海を眺めるたびに故人に想いを馳せられる(いつでもどこでもお墓参り可能)
  • 海洋散骨では命日や年忌法要に、お墓まいり的に散骨地点までメモリアルクルーズに行く人が多い
海洋散骨のデメリット
  • お墓参りができない。お墓のような心の拠り所がない点が寂しく感じる人には散骨はおすすめできない ※遺骨を分骨してもらい、室内にメモリアルコーナーを設けたり、遺骨アクセサリーに入れて身に着ける「手元供養」をすれば心の拠り所ができ、寂しさの解決になることも。
  • 遺骨が残らない。それを残念に感じる人には散骨は不向き
  • いったん撒いてしまった遺骨は回収できない。
  • 海洋汚染を気にする人がいるが、きちんとした業者であれば、粉骨の時に有害な六価クロムを無害化する処理をしてから海洋散骨を行うので自然への悪影響はない。遺骨は最後はリン酸カルシウムとして自然回帰するのみ。問題なし。
海洋散骨を選ぶ理由は?
墓守りがいない
生涯独身・頼れる身寄りがない
離婚したから(実家に戻れない)
嫁ぎ先のお墓に入りたくない
信仰している宗教がない
お寺との付き合いがない
永代供養でも、お寺との付き合いが面倒
お墓が遠方でなかなか墓参りに行けない
お墓に高額なコストをかけたくない
将来無縁仏になるかもしれない不安
大好きな海に還りたい
ペットと一緒に散骨したい
散骨と同時に手元供養も行いたい
希望する時期を選んで散骨したい
自分は乗船せずに散骨したい(代行散骨)
墓じまいしたので散骨したい
故人の希望を叶えたい
心に残るセレモニーをしたい

海洋散骨【海洋葬】