本サイトには広告が含まれます
PR

インコの保護にも必須「おいで」のしつけトレーニングを教えておこう

コの保護にも必須「おいで」のしつけトレーニングを教えておこう

インコの保護

インコのしつけを始めるのは中雛くらいから。中雛は巣立ち準備期から生後半年くらいまでの幼鳥をさします。

たとえばオカメインコの場合は一人餌になるのが遅い子が多く、個体差はありますが「巣立ち準備期」は挿し餌が切れる前後の頃です。

飛び立つための羽ばたきの練習が始まったり、周囲の環境になじんできて活動的になる頃でもあり、それはまさに鳥の「社会勉強」が始まる時期です。

自然界では 鳥の雛は外敵から身を守る本能が備わっているので しばらくは巣の中でじっとしていて なかなか表に出てこない時期があります。

次第に巣から出てこようとしたり、羽を広げて羽ばたいてみたり…を繰り返す頃から 親鳥から自立して生活するための知識を身につけるために どんどん好奇心旺盛になっていきます。

この時期がインコ全般のしつけの最適期です。

雛の好奇心がむくむく湧きあがる時期になると 仲間と一緒に暮らすルールを覚えるために いっしょに遊んだりケンカをしたりと どんどんやんちゃになってきます。

そしてその中から、鳥自身が生き抜いていくための様々なルールを学んでいきます。

インコの保護

やんちゃ期のインコは持ち前の好奇心から家電のコードなどを咬んだりすることもあります。

それを人が正していくには あくまでやんわりと、鳥を怖がらせないようにする必要があります。

鳥同士でルールを学ぶのはむずかしくないですが、人が鳥にルールを教えてあげるのはなかなか大変なことです。

言葉が通じないし、インコも種によっては気性がまちまちなので「これが絶対!」というラインもない。

叱り方・たしなめ方を考えながら、ぴしゃり!と叱らずに、相手の性格に合わせながら、やんわり・じわじわと歩み寄っていく必要があります。

広告

インコの最初のしつけに「おいで」トレーニングがおすすめ

インコの保護

中雛のうちはケージは単なる住まいでしかありませんが、これが成鳥になると状況は一変します。

インコたちにとって ケージは「自分たちだけの聖域」「唯一無二のテリトリー」

成鳥になって縄張り意識が強くなると、オスでもメスでも、特に発情期には 飼い主がケージに近づくだけでも 威嚇してくることがあります。

それを防ぐため…というか、なんとなく効果があるような気がするので、うちではケージの出入りの時に決めた合図を、幼鳥時代に教えます。

名前を呼んで指を差し出すとか、言葉や擬音「ピー」でも何でもいいので、なにかひとつ合図を決めて、ケージから出すときにはその合図を発しながら指に止まらせることを繰り返していきます。

これを繰り返すと「合図があればケージから出られる」を悟るので、反射的に指に止まるようになります。

「おいで」トレーニングの変形バージョンですね。

インコの保護

おいでトレーニングはケージの出し入れ時だけでなく、放鳥した時にも少量のごほうび(おやつ)を使って教えることができます。

ごほうびのあげすぎは健康によくないですが、しつけを入れるには、おやつがいちばん効果がありますね。

インコが行ってほしくない場所に行った時の呼び戻しも、おいでトレーニングが入っていればスムーズですし、ロスト時にインコを保護する時にも絶対役立ちます。

また、家族でインコを飼っている場合は、みんなで交代でおいでトレーニングをすると「オンリーワン」(誰か特定の人にだけなつく)を予防できるので一石二鳥です。

万一ロストした場合、外に逃げたインコは精神的にパニックなので、ベタなれの子でも捕まえるのは至難の業ですが、「オイデ」に呼応する習慣がついていれば、鳥を捕獲しやすくなる可能性が高まります。

芸は身を助く…ではないですが、ぜひ幼鳥のうちに「おいで」をマスターしておきましょう。

広告