オカメインコにトイレのしつけはできる!?用を足せる鳥もいるけど…

オカメインコにトイレのしつけはできる!?用を足せる鳥もいるけど…

オカメインコ トイレ

鳥類は哺乳類と違い、おしっことフンをいっしょに排泄します。

鳥のフンにはちょっと白いものがついてますが、この白いのが鳥のおしっこに当たります。

鳥の排泄は一穴です(総排泄腔)

おしっことフンを出すところがいっしょで、しかも彼らは膀胱を持ってません。

鳥のおしっこの白いのは尿酸であり、卵で生まれてくる動物は、尿酸という形でおしっこをしています。

鳥のうんちチェックは重要!水分が多くても下痢ではないことも多い

オカメインコ トイレ

フィンチ(ジュウシマツや文鳥など)のフンは「の」の字の一本グ●系ですけど インコはまきまきウ●コ系です。

色は食べてるものによって違いがあります。

シードを食べてる子のフンは濃い緑色っぽいですが、ペレットを食べてる子はペレットの色に近い感じです。

でも、どちらでも時間が経つと黒っぽくなってくることは同じです。

一般的には フンに形があれば正常であり、形がないのが下痢と考えます。

飼い主さんの中には、うちの子が水っぽいフンをしたのを見て「下痢してる!」と思い込んでしまう方が多いです。

しかし実は見た目については この限りではなく、たまにフンに形があっても水っぽい(水分が多め)ということもあります。

これは単なる多尿であって下痢ではありません。

水分過多は異常ではないですが、もしその状態があまりにも長く続くようであれば 病院を受診しましょう。

水分が多い尿が出る場合は、異物を飲み込んでいるとか、そのう炎、卵詰まり、腹水、胃腸炎などの可能性があるからです。

オカメインコ トイレ

また肥満でも、水分が多い分をするようになります。

これは水をたくさん飲むようになるためです。

人間だけでなく、鳥も排泄は健康のバロメーターです。

下痢は肛門の周囲の羽毛が汚れたりしますから、モフちり周辺も常にチェックしておきましょう。

鳥の糞尿に異常があるときに考えられるのは 大体以下の通りです。

■大きなフンをする・・・卵管炎
■おしっこが黄色い・・・オウム病、肝炎
■フンがお尻から垂れ下がってる・・・ジアルジア
■下痢が黒い・・・消化管内真菌症
■血便・・・消化管内異物、胃腸炎、中毒
■水分の多いフンをする・・・消化管内異物、そのう炎、卵詰まり、腹水、胃腸炎、肥満
■多尿・・・痛風、ヘキサミタ、中毒、肝炎
■食べた餌をそのまま排泄・・・消化管内異物、消化管内真菌症




鳥は同じ場所でトイレできない動物の代表格!と心得るべし

オカメインコ トイレ

そもそも鳥は1か所で排泄する習慣を持ちません。

つまり同じ場所でトイレできない動物の代表格が鳥類だということ。

発情や繁殖期などの諸事情による溜めフンは普通にあることですが、鳥類は基本的には「いつでもどこでもいたします派」で、所かまわず・遠慮はないです。

でも、インコやオウムは、トレーニング次第である程度トイレを覚えさせることも可能だと言われています。

それだけ知能が高いということです。

あ、ちなみにオカメインコは「インコ」ではなく「オウム」ですよ。

名前は「インコ」ですが、インコ科ではなくオウム科。

オウムと呼ぶには小さい感じがしますけれど オカメインコはれっきとしたオウム。

最小のオウムがオカメインコです。

なので、トイレトレーニングも やってやれないわけはないでしょうね。

ご褒美を与えつつ、ゴミ箱の上など トイレしてほしい場所で排泄を促すと オカメなら賢いので 飼い主の思惑通りにトイレをやってのける子もいるにはいます。

ただ、鳥の習性上、100%の成功はあり得ないと思います。

それにこういうことは強制してはダメですよね、人の都合で。

ほめられたら鳥は喜ぶかもしれませんが、強制するようになるとかなりのストレスになります。

オカメインコ トイレ

鳥がどこでも致すのは、生物学的に必要なことなのですから、飼い主さんはあまり神経質にならない方がよいと考えます。

一時的にトイレが上手くできたとしても、はっきり言ってしまえば それは人間のエゴとか自己満足みたいなもの。

飼い主の単なる自己満に付き合わされてる鳥は かわいそうです。

鳥類は空を飛ぶために、常時排泄して体を軽くしています。

いくら頑張ってトイレトレーニングをしつけたとしても 生理的にも完璧なものになり得るはずはないでしょう。

トイレのしつけについても、ネット上で見かけるような実際にやっている人は「トレーニング」というよりも「芸」としてやってるんでしょうが、歌やおしゃべりと同じで 無理強いはいけません。

オカメインコにおしゃべりや口笛を真似して歌うのを覚えさせるコツ
オカメインコがおしゃべりしない・歌わないことがその鳥の個性であることもあります。とはいっても、オカメインコが自ら喜んでおしゃべりしたり歌うように飼い主の方が意識的に鳥を誘導していくことは可能です。

また、こういうのをしつけるときというのは、やはり何らかのごほうびをあげながら覚えさせることが多いですよね。

あまりおやつをやりすぎると鳥の健康を害します。

それでは本末転倒。ほどほどにしたほうがいいですよ。




トイレに立って用を足す賢いヨウムの話

・・・といいつつも、こんな動画を見つけてきまして。

これ、はじめは飼い主さんがヨウムちゃんをトイレに連れて行って 用を足させていたらしいんですね。

そうしたらこのヨウムちゃんは「ここでするんだ!」と覚えてくれて 自分でトイレに行ってくれるようになったということです。

この後にご褒美のクラッカーをもらったようですけれども、条件反射をうまく利用してしつけた例です。

この子は雛の頃から、こんなトイレトレーニングを受けてたそうなんですよ。

知能が超高いヨウムに ヒナの時からトレーニングをさせるって、かなりの筋金入りではないですか。

簡単にマネできることではないですね。

おやつなどのごほうびは控えめにして、条件反射のみでしつけることができるのならば それは「芸」ではなく「しつけ」として理想的だと思いますし、ヨウムのような知能が高い鳥なら、このくらいのことはお手のものなのかもしれません。

オカメインコ トイレ

以前にテレビの志村動物園で、動物の知能の高さランキングで ヨウムは6位っていうのを見ました。

ちなみにカラスは4位、犬は7位で、「鳥は犬より賢いんだ」って本当にびっくりしました。

でもこういうこと(トイレのしつけ)は誰にでも真似できることではないと思うので 無理強いはしないでほしいです。

特にガラスのハートのオカメインコには・・・やりすぎるとそれまでの信頼関係が確実に崩れます。

もしオカメインコにも同じことをさせようと思うなら、飼い主さんと愛鳥で共有する一種のゲームだと思って、楽しみながらやってください。

楽しい遊びならOK 鳥と一緒に「コミュニケーション」としてのゲームを楽しみましょう。

だけど

室内放鳥中に部屋にフンをされるのが嫌だから、トイレのしつけをしたい!

その気持ちはわかりますが・・・

そういう一方的な人間側の都合だけでトイレをしつけたいと考えるなら それはやめといたほうがいいですよ!

…と思います。

まあ それ以前に 鳥にトイレトレーニングを絶対に入れたい!と考える人は、少なくとも ペットに鳥を選ばない方がいいです。

ペットの種類選びから考え直した方がいいでしょう。