本サイトには広告が含まれます
PR

インコ用ケージHOEI465 オカメ・パラキート・インコの比較

インコ用ケージHOEI465 オカメ・パラキート・インコの比較

インコケージHOEI465

オカメインコは体長は30~35cm、翼開長(つばさを広げたときの長さ)は40cm以上。

翼開長を考えたら35サイズのケージでは狭すぎますので HOEI465以上のサイズを選ぶべきです。

オカメインコのケージは広ければ広いほどいい…と言われるのはオカメパニックも関係しています。

インコケージHOEI465

オカメインコケージで代表的なのは465オカメ。

サイズは幅465 ・奥行き465 ・高さ580mmです。

465以上のサイズなら、体長が30センチ以上あるオカメインコでも内部でクルッとターンもしやすいです。

ケージ全体の大きさも大事ですが、出入口の大きさにも注目してください。

大きなサイズのケージでも出入口が小さいものがあります。

中には自分の尾羽の長さを理解しておらず網に引っかけてパニックになる子もいますので、オカメインコのケージ選びでは出入口のサイズを考慮することも重要です。




オカメインコケージのおすすめ:HOEI465オカメとHOEI465インコの違い

HOEIには「465インコ」というケージがあります。

両者のサイズはほぼ同等なのでこれでオカメインコを飼うのは問題ありませんが、別に「465オカメ」があることには意味があります。

ケージの高さが違う

同じ465なのに何が違うのか?若干高さが違います。

465オカメ:幅465 ・奥行き465 ・高さ580mm
465インコ:幅465 ・奥行き465 ・高さ565mm

鳥にとってはこの少しの差が大きいな意味を持ちます。

オカメインコは尾羽が長い鳥なので、二羽一緒にケージに入れた場合、上の止まり木のオカメの尾羽が下のオカメに当たることもあるため、より高さがある方が良いのです。

縦網と横網…網の形状が違う

網の形状が違います。

465インコは縦網(465インコ手のりは出入口部分のみ横網)

それに対して、465オカメはほぼ横網です。

これはオカメインコがよくケージに張り付くからでしょう。

懐きやすいオカメはいつも人の側に行きたいと思って、さかんに動き回ります。

網に貼り付いたまま横移動もするので、横網の方がオカメにとっては負担も少なく動きやすいです。

ただし、横網のケージは、バナナ型の水入れが使えなくなります。

バナナ水入れは縦網に取り付ける仕様なので横網のケージに変えたら、水入れも別のものに変える必要があります。

こちら を使っている人が多いです。

出入り口の形状や大きさが違う

出入口の形状がオカメインコの安全の確保に貢献する設計になっています。

出入り口の扉が手前に大きく開く仕様になっているのがオカメ465の特徴です。

465インコや465インコ手のりでは出入り口の扉が右側にガバッと大きく開きます。

通常時はこれはこれで問題ないですが、オカメパニック時にオカメインコをケージから出す時には、出入口は大きな方が楽です。

465パラキートの方が465インコよりオカメインコに向いています。

465オカメと465オウムにはステンレスケージがある(465インコにはない)

インコケージHOEI465
465オカメには465インコにはないステンレス製があります。

ケージのメッキは注意して手入れしていてもサビます。

ケージメーカーがどんなに安全性の高い銀色メッキを使っていても、経年劣化には抗えません。

一般的なケージは鉄でできていることがほとんどですから錆びます。

錆びたりはがれたメッキをオカメインコが舐めてしまうと金属中毒のリスクを高めます。

金属中毒を防ぐいちばん有効な方法は数年でケージを取り替えることです。

数年…というのは、ケージの手入れを誤ったり雑にしていると、たった3年で、このように なってきます。

誤った手入れとは、たとえば…ケージを水洗い後に自然乾燥させたり乾いた布で丁寧に水気を拭きとらないなどです。

465インコにはステンレスケージはありません。

465オカメと465オウムにはステンレスケージがあります。