当サイトにはアフィリエイト広告が含まれます
PR

ステンレスインコケージは金属中毒予防と楽々掃除がメリット

鳥かごの網をカジカジ噛んだり
舐めたりするインコには、

安全性の高い
ステンレス製のケージが
おすすめです。

ステンレスインコケージは金属中毒予防と楽々掃除がメリット

ステンレスは鉄にクロムや
ニッケルを混ぜて作った合金で
メッキ加工や塗装がされていません。

表面は強力な被膜で覆われており、
鳥がかじっても
金属物質を摂取する可能性が
少ないので、とても安全です。

被膜は傷がついても
自然に修復する特性があるため、

傷ついたところから
サビが発生するのを防ぐ
特性を持ちます。

ステンレスケージは安全性の高さで銀色メッキケージより優れる

インコケージステンレス

一般的なケージ(銀色メッキケージ)は
防サビ用にメッキ加工や
塗装がされた鉄製で、

傷がついたところからサビやすいことや
経年劣化によってメッキが剥がれることが
大きなデメリットです。

インコは物をかじる習性があるため、
劣化したケージをかじったときに
剥がれた亜鉛メッキを飲み込んでしまうと、
亜鉛中毒症(金属中毒)の恐れがあります。

インコが金属中毒で両足麻痺!命が助かっても重い後遺症が残ることも

ステンレスケージは掃除がしやすいことも大きなメリット

インコケージステンレス

ステンレス製ケージは
フンなどの汚れがこびりつきにくく、
簡単に拭き取れるのがメリットです。

ステンレスは水洗いなどで起こる
サビの心配も少ないため、

濡れると錆びてくる鉄製の
銀色メッキケージより掃除も楽です。

鉄製ケージは汚れのこびりつきや
サビが起こりやすいので、

どんなに気を付けて取り扱っていても 
短期間での経年劣化は避けられません。

これは鉄製ゆえの宿命ですから
金属中毒の予防のためには
頻繁にケージを交換する必要があります。

ステンレスケージのお手入れの方法と取扱いの注意点!雑に扱えば当然劣化が早い

インコケージステンレス

ステンレスは丈夫で
汚れに強いのが特徴ですが、

雑に扱えば
そのぶん劣化が早まります。

ケージを長持ちさせるだけでなく、
ケージの劣化防止は
インコの健康維持にもつながるので、
手入れは正しく行いましょう。

柔らかい布で汚れを拭くか水洗いし、
水洗いをしたあとに水気を拭き取ります。

ステンレスは錆に強いですが、
絶対にサビが出ないわけではないので、
水気を残さないようにする
ことが
肝心です。

汚れがひどく落ちにくい場合は、
台所用中性洗剤と柔らかいスポンジを使用し、
水洗いをしたあとよく水気を拭き取ります。

酸性・アルカリ性洗剤、
金属たわしや硬いスポンジは
ケージを傷つけて
劣化の原因となるので
避けてください。

またステンレス自体は熱に強いので
熱湯消毒が可能ですが、

網以外の付属品は
プラスチックや樹脂製か多いので、
水かぬるま湯で洗います。




インコケージステンレス製:楽天の売れ筋ランキング~ふるさと納税にも適用

インコケージステンレス

HOEI 35手のりステンレス【日本製】

インコケージステンレス

370x415x545mm

サザナミインコのために購入しました。10年以上過ごすケージなので、値段が高くてもステンレス製が安心ですし、インコも書いてきそうです。ケージの網は縦ですが、天井まで楽々登っています。

以前使っていたケージもHOEIでしたが網が白とそうで、インコが網を頻繁にかじるためメッキが剥がれてくるかもしれないと心配になり、安全性第一でステンレス製を選びました。少し重くなりましたが、問題ありません。前のケージより高さがあるので、うちの子も気に入っているようです。フンきり網が引き出しと一緒に出てくるのは掃除がしやすくてとてもいいです。

コザクラインコですが吐き戻しが多くて、金網のコーティングがはがれてしまうので、安全性の高いステンレス製を選びました。HOEIは初めての購入でしたが掃除しやすい構造で、高さがあるのでうちの子が快適に過ごしています。

ステンレスは重いですが、安心安全です。フンきりがトレーと一緒に出てきて掃除が楽ですし、トレーを出してもインコが脱走しないシャッターがついていて、よく考えられているなと思います。

HOEI465オカメステンレス【日本製】

W465×D465×H580mm

メッキケージを10年使ったらサビが出て、オカメインコがアレルギー反応が出て大変な目に遭いました。ステンレスなら見た目もきれいで、簡単にサビが浮いてこないから安心です。

オカメインコの健康を考えてケージにステンレスを選びました。465ステンレスは銀メッキケージより少し上に餌や水をセットする形です。ケージの重さはそれほど変わりないし、銀メッキケージにはついていた支柱パーツがなかったので、組み立てが楽でした。

さすがに国産品!何の不可もなし。大切な鳥のことを考えたらメッキモノよりステンレスです。

ステンレスはさっと拭くだけで汚れが落ちるので掃除が楽。健康被害を考えてステンレスにしたけど、長持ちしそうでうれしい。

前面の一部分が縦アミで、最初はオカメインコがとまどっていましたが、慣れたら問題なさそうです。オカメがかじっても錆びないから安心できます。465オカメよりもステンレスの方が組み立てが楽でした。

465オカメが部分的にメッキが剥げてしまい、そこを狙ってオカメインコが舐めるため、奮発してステレンスケージを買いました。時々緑色のフンをしていたことも気になっていたのですが、今はまったくそれがなくなりました。金属中毒に関係していたのかはわかりませんが、飼い主は気分的にも安心できるようになって良かったです。

うちの子はフルーツなどの甘いものを食べると鳥かごをなめる癖があったので、銀メッキケージではその部分が錆びてきてしまい、怖くなってステンレスケージに替えました。水と餌入れの場所が少し変わっていたので最初は怖がっていましたが、お腹がすいてきたら普通に餌を食べていました。

このステンレスケージは465オカメ(銀メッキケージ)の素材がステンレスになっただけではないです。前面扉が変更されているので、使いやすくていい。メンテナンスや耐久性、鳥の健康を考えたら、多少高価でもステンレスがおすすめです。

465オカメインコケージで 普段使いはステンレス、病院用にメッキケージを購入しましたが、ステンレスが良かった。つやが違うし、オカメは嘴を使って移動するから、それを見るたびにステンレスがいい!と思いました。

SANKO イージーホーム ステンレス37バード【中国製】

:幅380×奥行き430×高さ520mm

前のケージが1年経たないうちに錆びたので、セキセイインコ用にステレンスケージに買い替えました。組み立てが簡単で、餌入れが止まりやすくて、浅いので餌を食べやすいみたいです。

某社の商品の半額なので、ステンレスケージでこの値段なら、ある程度のことは納得して使っています。組み立てるとどこかが緩んでいたり、餌入れがきつくて出しにくいとかはあります。

金網にバリが残っているとのコメントをいくつか見ていたので心配していましたが、うちに届いたものは大丈夫でした。ただ2か所、擦っても取れない錆びのような黒ずみがありましたが、問題ない程度でした。

HOEI465 オウムステンレス【日本製】

幅46.5×奥行き46.5×高さ66cm

HOEI 465 オカメ ステンレス プレミアム【日本製】

幅48.3cm×奥行き49.5cm×高さ56cm

HOEI ステンレスキャリープレミアム…中型インコ用キャリー【日本製】

355 × 257 × 435mm

HOEI 21手のりステンレス【日本製】

幅290×奥行き365×高さ390mm
インコ本のおすすめ 
インコのための最高のお世話

とても奥深く、人を魅了してやまないインコの世界。本書は、インコとはどんな生きものなのか、インコの気持ちを理解し、いっしょに幸せに暮らしてもらうための1冊です。
 
「インコはどんなときに飛びたくなるの?」「何をつぶやいているの?」「どうして高いところからおりてくれないの?」インコの行動には理由があります。インコの気持ちに寄り添い、行動を理解し、幸せに暮らしてもらえるよう最新の情報を踏まえ、最高のお世話を紹介しました。
 

鳥のお医者さんのためになるつぶやき集

インコ、オウム、文鳥など、愛鳥のことがもっとよくわかる!鳥の飼い主さんなら知っておきたい、お世話のコツや鳥の心・体・病気のことを、鳥医療のパイオニア・横浜小鳥の病院院長の海老沢先生が詳しく解説します。
 
Twitterで発信される著者ならではの鳥の飼育・医学情報を1冊にまとめました。Twitterの文字制限にはおさまらない書き下ろし原稿がぎっしり。
 
鳥さんの健康記録ノート

オカメインコとともに

オカメインコと暮らし続ける著者による、オカメインコを知り、ともに生きるための指南書。これから暮らす人からベテラン飼い主さんまで。
 
私はオカメインコと暮らし始めて12年になりますが、オカメインコの魅力や鳥同士、人との関係性や心理についても丁寧に書かれている上、老いや病気についても触れており、自分の飼育についての新たな気づきや振り返りをする事が出来て良かったです。ページ数は多いですがイラストや写真も多く、何度も繰り返し読みたくなる本です。

長生きする鳥の育てかた: 愛鳥と末永く幸せに暮らす方法、教えます

愛鳥に元気で長生きしてもらうために。飼いはじめたときから知っておきたい、体・心のケアと「バード・ライフ・プランニング」のススメ。
 
愛鳥を短命にする要素を一つずつ取り除いていくことで、長生きが見えてきます。また、健康診断や緊急時の対応など、鳥の医療をどう活用するかも、長寿をめざす鳥にとっては大切な要素になります。これらのケアについて、またリスクやそれにどう対応すればよいのかを詳しくまとめました。

 

インコのひみつ

周りから浮かないように空気を読んで振舞ったり、相手を束縛するほど激しい恋に落ちたり、チヤホヤされたくて仮病を使ったり…。飼い鳥として最も身近なインコには、実は驚くほどの「脳力」があり、まるで人間と見紛うような複雑な心理を持っています。知っておきたい健康管理術から気持ちを読み取る方法、インコの本当の幸せまでを科学の目線で解き明かします。
 
「自由にさせてもかまわない部分は、あまり干渉せず、好きにふるまわせる。インコがもつ心と意思を大切にする。ケージから外に出られる放鳥時間はあっても、かなりの時間を安全なかわりに不自由でもあるケージですごしてもらわなくてはいけないインコだからこそ、その心や意思をちゃんと尊重するべきだと、思っています」これこそ、人間とインコが同じ場所で同じ時期を生きる共生の思想なのです。
 

必ず知っておきたいインコのきもち 増補改訂版 幸せな関係を築く58のポイント

インコの素晴らしさは、飼ってみないとわからないでしょう。そして、インコほど「愛にあふれている」素敵な生き物はいないと私は思っています。この本は飼い方よりもインコの気持ちを中心に書かれています。インコではない私たちが、インコの気持ちを正確に書くことはできませんが、愛鳥家の皆様からいただいた素敵な写真から、インコの表情や感情を感じ取りながらお読みいただけたら、とても楽しいのではないかと思います。
 
※ 本書は 2019年2月発行の「必ず知っておきたい インコのきもち 幸せな関係を築く50のポイント」を元に内容を確認し加筆・修正をしたほか、項目の追加および再編集をし、書名・装丁を変更しています。
 


ペットの室内の悩みに最適な空気清浄機 

インコ飼育のヒント
オレンジログ