当サイトにはアフィリエイト広告が含まれます
PR

オカメインコケージはステンレスがおすすめ!金属中毒を予防しよう

オカメインコは尾羽が長く、全体長は30センチ前後、翼開帳は40センチ以上あります。

インコはくちばしの力が強くてかじるのが大好きですが、もちろんオカメインコも然り。

オカメインコケージはステンレスがおすすめ!金属中毒を予防しよう

オカメインコケージステンレス

オカメインコの特徴や性質はもちろん、
さらに安全性とコストパフォーマンスも考慮して、
オカメインコにやさしいケージを選んでみませんか。

オカメインコケージはHOEI(ホーエイ)がコスパ最高!

オカメインコケージステンレスオカメインコケージステンレス

国産・老舗メーカーのホーエイの鳥かごは
シンプルかつスタンダードなケージが揃っています。

オカメ465は前面扉が上部も大きく開くので、
鳥の出入りも中の掃除もやりやすいです。

ホーエイは鳥かごメーカー老舗だけのことはあって
材質も造りも最上。

他のメーカーの追随を許さない!
…と言っても過言ではありません。

HOEIは鳥かご底の引き出し部分や
フンきり網などの交換パーツ、
止まり木・餌入れ・飛び散り防止カバー等の
各種付属品が別売で入手できるので、

ケージを長く愛用できてコスパも申し分ありません。

オカメインコケージはステンレス製がおすすめ

オカメインコケージステンレス

オカメインコケージは数々あれど
もっとも優秀な鳥かごは
間違いなく HOEI465オカメステンレスです。

ホーエイ465オカメステンレスがイチオシな理由は
名前の通りオカメインコ仕様に作られていることと
素材がステンレスであることです。

465オカメステンレスとは別の商品で
465オカメ…というケージがありますが

465オカメ は金網に銀メッキが施された
ごく一般的なレベルの鳥かごです。

465オカメステンレスはその名の通りステンレス製で
高価な鳥かごですが

安全性・耐久性・手入れのしやすさの3拍子が揃った、
465オカメよりもはるかに優秀な鳥かごなのでおすすめできます。

ステンレスケージは値段が高いのがネックですが、亜鉛メッキケージより錆びにくいので長持ちしますから、コストパフォーマンスは悪くありません。
ステンレスは掃除が楽なこともポイントが高いです。
もっとも重視すべき安全性の高さはステンレスがいちばんです。
ステンレスインコケージは金属中毒予防と楽々掃除がメリット
ステンレス製ケージのメリット・ステンレスの鳥かごの正しいお手入れの方法。人気商品と口コミを紹介。

【金属中毒】ステンレスケージを選ぶべきインコの健康上の安全性について

オカメインコケージステンレス

インコケージの材質は2種類あって、
その違いは金網の素材です。

亜鉛メッキが施されているか、
ステンレスを使っているか。

ステンレスケージ最大の優れている点は
オカメインコの健康や安全性の問題です。

 

オカメインコケージステンレス
インコ・オウムはかじることが好きで
くちばしを使って金網をよじ登って移動します。

つまり365日ケージの金属部分を口にしているわけです。

銀色メッキケージの金網は
亜鉛メッキ後に三価クロムを塗装しています。

これらは劣化してくると剥がれ落ちますし、
当然インコの口に入るわけです。

銀メッキケージが古くなってくると
メッキの剥落物をインコが飲み込むことで、
金属中毒症(亜鉛中毒)を起こすことがあります。

 

オカメインコケージステンレス

ホーエイは自社ホームページで
「三価クロムは動物にも環境にもやさしい」とする一方で

さらに安全性を求められるお客様はステンレス製ケージへ

…と謳っています。

安全性の受け止め方は飼い主さん次第ですが、
亜鉛剥落物の摂食が気になるのであれば、
はじめからステンレスケージを使うことをおすすめします。

ステンレス製だからといって半永久的に使えるわけではないですが

金属剥落物の誤食を予防する安全性を第一に考えるなら
ステンレスを選ぶのがベストな選択です。




インコが金属中毒で両足麻痺!命が助かっても重い後遺症が残ることも

オカメインコは他の小型インコよりも
亜鉛中毒症(金属中毒)の発症が多くみられます。

亜鉛中毒症に陥ると急に元気がなくなり、
緑色のフンをしたり、痙攣をおこします。

中毒症は鳥の診療に長けた獣医師がいる病院で
早めに適切な治療を施せれば命が助かりますが、
治療が遅れたり放置すれば助かりません。

亜鉛中毒は金属成分が体内に蓄積していくことで、
鳥の体にじわじわと中毒症状が現われます。

目に見えるものではないので
有毒物質が体内に蓄積しているなんて
体調不良が起こるまで誰も気づきません。

気が付いた時には重篤になっていたり
ある日突然別れの日がくる恐ろしさがあります。

大切な家族の安全には
万全の注意を払ってあげたいものです。

予算が許すのであればオカメインコの鳥かごは
ステンレスケージを選ぶことをおすすめします。

オカメインコケージおすすめランキング!HOEI465シリーズ3選
33羽のオカメインコと暮らすオカメインコ愛好家が解説!オカメインコにおすすめのケージランキング!HOEI465シリーズからベスト3と選び方のポイント
インコ本のおすすめ 
インコのための最高のお世話

とても奥深く、人を魅了してやまないインコの世界。本書は、インコとはどんな生きものなのか、インコの気持ちを理解し、いっしょに幸せに暮らしてもらうための1冊です。
 
「インコはどんなときに飛びたくなるの?」「何をつぶやいているの?」「どうして高いところからおりてくれないの?」インコの行動には理由があります。インコの気持ちに寄り添い、行動を理解し、幸せに暮らしてもらえるよう最新の情報を踏まえ、最高のお世話を紹介しました。
 

鳥のお医者さんのためになるつぶやき集

インコ、オウム、文鳥など、愛鳥のことがもっとよくわかる!鳥の飼い主さんなら知っておきたい、お世話のコツや鳥の心・体・病気のことを、鳥医療のパイオニア・横浜小鳥の病院院長の海老沢先生が詳しく解説します。
 
Twitterで発信される著者ならではの鳥の飼育・医学情報を1冊にまとめました。Twitterの文字制限にはおさまらない書き下ろし原稿がぎっしり。
 
鳥さんの健康記録ノート

オカメインコとともに

オカメインコと暮らし続ける著者による、オカメインコを知り、ともに生きるための指南書。これから暮らす人からベテラン飼い主さんまで。
 
私はオカメインコと暮らし始めて12年になりますが、オカメインコの魅力や鳥同士、人との関係性や心理についても丁寧に書かれている上、老いや病気についても触れており、自分の飼育についての新たな気づきや振り返りをする事が出来て良かったです。ページ数は多いですがイラストや写真も多く、何度も繰り返し読みたくなる本です。

長生きする鳥の育てかた: 愛鳥と末永く幸せに暮らす方法、教えます

愛鳥に元気で長生きしてもらうために。飼いはじめたときから知っておきたい、体・心のケアと「バード・ライフ・プランニング」のススメ。
 
愛鳥を短命にする要素を一つずつ取り除いていくことで、長生きが見えてきます。また、健康診断や緊急時の対応など、鳥の医療をどう活用するかも、長寿をめざす鳥にとっては大切な要素になります。これらのケアについて、またリスクやそれにどう対応すればよいのかを詳しくまとめました。

 

インコのひみつ

周りから浮かないように空気を読んで振舞ったり、相手を束縛するほど激しい恋に落ちたり、チヤホヤされたくて仮病を使ったり…。飼い鳥として最も身近なインコには、実は驚くほどの「脳力」があり、まるで人間と見紛うような複雑な心理を持っています。知っておきたい健康管理術から気持ちを読み取る方法、インコの本当の幸せまでを科学の目線で解き明かします。
 
「自由にさせてもかまわない部分は、あまり干渉せず、好きにふるまわせる。インコがもつ心と意思を大切にする。ケージから外に出られる放鳥時間はあっても、かなりの時間を安全なかわりに不自由でもあるケージですごしてもらわなくてはいけないインコだからこそ、その心や意思をちゃんと尊重するべきだと、思っています」これこそ、人間とインコが同じ場所で同じ時期を生きる共生の思想なのです。
 

必ず知っておきたいインコのきもち 増補改訂版 幸せな関係を築く58のポイント

インコの素晴らしさは、飼ってみないとわからないでしょう。そして、インコほど「愛にあふれている」素敵な生き物はいないと私は思っています。この本は飼い方よりもインコの気持ちを中心に書かれています。インコではない私たちが、インコの気持ちを正確に書くことはできませんが、愛鳥家の皆様からいただいた素敵な写真から、インコの表情や感情を感じ取りながらお読みいただけたら、とても楽しいのではないかと思います。
 
※ 本書は 2019年2月発行の「必ず知っておきたい インコのきもち 幸せな関係を築く50のポイント」を元に内容を確認し加筆・修正をしたほか、項目の追加および再編集をし、書名・装丁を変更しています。
 


ペットの室内の悩みに最適な空気清浄機 

インコ飼育のヒント
オレンジログ