インコの毛引き防止・やめさせるフォージング成功例!ボタンインコ編

これはボタンインコの飼い主さんの寄稿です

インコの毛引き防止・やめさせるフォージング成功例!ボタンインコ編

インコの毛引き防止

私はブルーボタンインコ(メス・2歳)を飼っています。名前はむーちゃん。

ラブバードが大好きで、ボタンインコを飼育したいとずっと思っていました。

そして2年前に我が家に迎えられる準備が整ったところで ボタンインコをお迎えしました。

「雛からお迎えして大切にお世話しよう!」意気揚々とペットショップに向かったのですが・・・

たくさんの鳥がいるショップ内の片隅に 隔離されて1羽でひっそりとたたずんでいるボタンインコが目に留まってしまいました。

インコの毛引き防止

「噛み癖と少し毛引きあり」と書かれて 値引きされていたボタンインコ。

その子は雛ではありませんでしたが お顔のかわいさも合間って運命の出会い的な感情を抱いた私は その場で即決でその子をお迎えすることにしました。

ショップから警告されていたむーちゃんの「噛み癖」は、お互いの信頼関係ができあがっていくにつれて 店員の忠告ほどはひどい状態にはなりませんでした。

なついてくれたからなのか? それとも時間が解決したのか? 理由はわかりませんが、噛み癖は自然となくなっていきました。

しかしもう一つ残された問題の「毛引き」はなかなか解決することができず、私は頭を抱えていました。




毛引き症のストレス原因になった「フローリングワイパー事件」

インコの毛引き防止

ある日 我が家で「ワイパー事件」と呼んでいる出来事が起こりました。

私がむーちゃんのケージの近くを掃除していたときに、私が持っていたフローリングワイパーを見てびっくりしてしまい、大きなストレスを与えてしまいました。

そしてそのときを境に胸の羽毛の毛引きがひどくなっていきました。

「これはいけない!」と思い、それ以降は鳥のストレスになりうる刺激や嫌うものを見せないように気をつけていましたが、一度始まった毛引き行動は簡単にはおさまりませんでした。

毛引きがおさまった…と思ったところでまたひどい毛引きが再発する・・・これを繰り返したことで毛引き行為がクセになってしまい、胸のあたりの羽毛の薄さが慢性化していました。

インコの毛引き防止

今思うと 毛引き行為を目撃した私が神経質になりすぎていたことも災いしたのだと思います。

むーちゃんが羽毛を抜くたびに 私は

あー!ダメ!抜かないで!

…と大きな声で反応してしまっていたのです。

羽毛を抜くと飼い主が過剰反応することを 鳥が「注目されて嬉しい」「声を掛けてもらって楽しい」「飼い主が喜んでいる」と勘違いした可能性もあります。

むーちゃんの場合は主に首元からお腹の下あたりまでが毛引きの範囲でしたが、幸い いちばん懸念していた皮膚の外傷(自咬症)までには至りませんでした。




毛引き症の原因を探るために小鳥の病院を受診してみた

インコの毛引き防止

愛鳥の毛引きを深刻に捉えてしまった私は不安に襲われ、毛引きの対処法をネット検索で探しまくりました。

すると 実際の効果や安全性などは定かではありませんが、たくさんの選択肢や対策があることが分かりました。

■毛引きスプレーを使う
■エリザベスカラーをつける
■クリッカートレーニングを行う
■フォージングトイで気をそらせる

また、毛引きはストレスだけではなく、病気が原因に挙げられることもわかりました。

調べれば調べるほど不安を感じた私は ネットの情報に頼り切ることをやめて 鳥類専門の動物病院を探して受診することを決めました。

ムーちゃんの毛引きはストレスだけではなく、何か病的な原因があるかもしれないと思ったからです。

インコの毛引き防止

そして小鳥の病院で受けた検査の結果は

病的な要素はないので、毛引きはストレスからきているのではないかと思われます。

・・・とのことでした。

一度毛引きをすると癖になってしまうことが多いです。子どもの爪かみや指しゃぶりのようになってしまっている可能性も考えられます。

そして獣医からのアドバイスは2つ。

■ストレスを極力さけること。
■飼い鳥は野生下とは違って退屈な時間が多いので 作業の時間を作ること。

この作業とはフォージング(フォレイジング)を指しています。




フォージング作戦成功!ボタンインコの毛引き行為が格段に少なくなった

インコの毛引き防止

その後 私はできるだけ鳥のストレスを軽減するために 放鳥の際にある程度まで自由にさせることにしました。

さらに

家族として共存するには フローリングワイパーなど 鳥が驚いたり怖がったりしたものでも 生活の中で使わないわけにもいかない!

・・・と考えました。

そして怖がる可能性が考えられるものは急に見せるのではなくて、段階的に少しずつ見せながら 自然に慣れていってもらうようにしました。

もちろん本当に苦手とわかっている物は隠してストレスを減らし、極力負担をかけないように心がけました。

獣医師のアドバイスを受けて、フォージングも日常に取り入れることにしました。

大好きなおやつをわざと取りにくいように紐に吊るしてみたり。

引き出し状のケースに入れて隠しておいて、後から探させてみたり。

誤飲がないように観察できる場合は、紙や布におやつを入れて キャンディーのように両端をグルグルと捻って包んだものを渡してみたりもしました。

「簡単に餌やおやつが食べられる状態」ではなく「ひと工夫して食べてもらう」ように仕向けたのです。

もちろんそれは 本来の「餌を食べる気力」を失ってしまわないように 注意しながら行いました。

するとむーちゃんはフォージング(フォレイジング)に楽しみを覚えてくれたようです。

あの手この手を使って餌探しやおやつゲットにチャレンジするようになりました。

餌探しに必死に挑んだり夢中になったりしている鳥の意識が 毛引きから餌やおやつへ向いてきたのが、飼い主の目からも明らかにわかりました。

インコの毛引き防止

このフォージング作戦が功を奏して、愛鳥が今までのように毛引きをすることが格段に減りました。

毛引きに悩んでいた当時は対処法をたくさん調べたり 鳥を飼っている友人に相談したりと右往左往した私ですが、鳥にも個体差があるので すべてがうまくいくわけではない…と思っていました。

だからフォージングに対しても半信半疑な部分もあったのです。

しかし実際にやってみたらフォージングがうちの子の毛引き症対策に一番合っている方法だとわかりました。

人と同じで鳥も十人十色(十鳥十色)無理のない範囲で色々な方法を試してみるのが良いです。

私もまだまだわからないことだらけですが、縁があった大切な家族と向き合い、お互いの負担の少ない形を見つけていけたらと思っています。