オカメインコがなつきすぎ!ベタ慣れオカメインコを養成する基本の話

オカメインコのヒナの飼育容器と保温

オカメインコがなつきすぎ!ベタ慣れオカメインコを養成する基本の話

オカメインコ なつきすぎ

オカメインコは気が小さくて臆病な性格をしていますが、一度人との信頼関係が築けると「なつきすぎ!」と思うくらいベタベタになつく鳥です。

その信頼関係を築くためには 段階を踏むことと時間をかけることが必要。

繊細な鳥であるがゆえに 飼い主さんは焦らずに じっくり時間をかけていく覚悟が必要です。

そもそもオカメインコはたいへん賢いので 「人」が自分の仲間であるという認識を持てば 他の「人」ともフレンドリーな関係を保てる個体が多いです。

例えば 手っ取り早くなつく手のりにするためには 雛のうちから人の手で挿し餌をして育て上げる方法が確実ですが、これは飼い主さんが自ら挿し餌をして育てなくてはいけないということではありません。

ペットショップ店員でも ブリーダーでも 育てたのが誰であっても「人の手」で丁寧に育てられている個体は、その後に飼い主が変わっても 挿し餌を卒業した中雛以上の育ちあがった子でも ベタ慣れオカメインコになる確率が高いです。

この記事では なつくオカメインコにするための注意点を3つ紹介します。

なつく・なつかないの違いは個体差だけでなく、飼い主さんがオカメインコに接する「態度」や「気の長さ」にも大いに関係する!というお話です。

オカメインコは雛から育てればほぼ確実になつく(と自分の経験から感じる)

オカメインコ なつきすぎ

なつきすぎオカメインコの作り方の一番確実な方法は「雛から育て上げる」ことです。

鳥類は初めて見たものを親鳥と覚えると言われています。いわゆる「刷り込み」ですね。

雛の時から世話をすることで 親鳥と同じような距離感で接してくれるようになります。

羽毛が生えそろわない小さな雛の場合は3~4時間ごとに給餌する必要がありますが、その時に繰り返し人の手に接することで べた慣れになる確率が上がります。

お迎えして間もないころの雛鳥は 初対面ではほとんどの個体が手を警戒してしまうことが多いのですが、挿し餌のときに触れ合うことで 自然に警戒心を解いていくことができます。

一度挿し餌を受け入れた雛には 警戒心を取り除くと同時に、手を「好きなもの」「ご飯をくれるもの」と思わせることがほぼできます。

オカメインコ なつきすぎ

余談ですが。

うちで生まれたヒナたちは 生後2~3週目くらいで親元から離して挿し餌を始めますが、ちびっ子のくせに ものすごく威嚇をします。

体を小刻みに左右に揺らしてシャーッ…と強烈に怒られるんですが、それでも挿し餌はちゃんと食べるんですよね、ガツガツと(笑)

で、1回挿し餌をすると もう威嚇することはなくて お腹がいっぱいになって満足すると「こいつは自分の世話をする下僕だ」と理解するらしく、それまで目に浮かべていた警戒の光が消えて、べたべたになついてきます。

つまりべた慣れオカメにするのは超簡単なんです。

ただ、それをキープするのが難しくて、それには鳥のこころに敏感になって、その気持ちを裏切らない心遣いが常に必要です。

たとえば 一度べた慣れの手のりになっても 成鳥になってからあまり遊んであげないと、なついてはいるけど手には乗らない状態になる事も少なくありません。

いわゆる「手乗り崩れ」です。

かわいがるのが雛の頃だけで、だんだんかまわなくなってくると、当然 手のり崩れになる確率は高まります。

毎日顔を見たり声をかけたり世話をしていても、「手に乗る」行為から離れていると 元々べた慣れだった子でも 再び人の手を怖がるようになります。

荒鳥のような警戒心の強い状態になるというわけではなくて、人の肩や頭の上などには乗ってくれるけれど 手は怖い…というケースが多いです。

オカメインコを成鳥から飼育する場合の注意点

オカメインコ なつきすぎ

オカメインコはもともと臆病で神経質な性格をしています。

そのため、成鳥から手乗りにすることは絶対に不可能ではないですが、時間がかかることは覚悟してください。

数年かかることも珍しくないですし、どうしても、どうがんばっても手乗りにできない子もいます。

でも、その時はそれを割り切って考えてください。

無理強いをすると、関係は確実に悪化するだけです。

飼い主がオカメインコに歩み寄る方法としては ご飯や掃除などの世話をするだけでなく、歌や口笛を聴かせたり、日常的に語りかけることも効果的です。

初めから手に乗ってもらおうとしてしまうと ますます警戒心を強めます。

まずは仲間意識と信頼関係の構築から始めるのがいいです。

成鳥の場合は、性格の個体差が大きく関わってくるため 無理に触ろうとせず、根気よく接する必要があります。

また家族の一人にしか懐かないという場合もあるので、家族間で飼っていたりする場合は 無理に全員に慣れさせようとしない方がいいです。

そのオカメインコの性格を見抜き、鳥の気持ちを第一に考えて接していれば、心が通じ合う時間は大幅に短縮できるかもしれません。

スポンサーリンク


べた慣れオカメインコ養成のはじめの一歩は 手を怖いものと思わせないこと

オカメインコ なつきすぎ

放鳥すると 鳥がなかなかケージに戻ってくれない・戻りたがらなくて逃げる…などの経験がある方は意外と多いのではないでしょうか。

鳥が飼い主の言う通りにならない時に追いかけてしまったり、無理に掴んでしまうと 信頼関係にひびが入る原因にもなります。

人間の事情が最優先なのはごもっともな話なのですが、「鳥と人との信頼関係にひびを入れる行為をしている」といった自覚なしに 鳥を怖がらせたり 不信感を与えている飼い主はかなり多いです。

鳥に対しても 犬や猫と同じように 最低限のルールを守らせるためには「しつけ」が必要だということです。

しつけといっても「頭でわからせる」のではなくて、条件反射を利用するしつけなら鳥にストレスをかけなくてすみます。

例えば ケージの中にお気に入りのおもちゃを入れて誘導する。ケージに戻ったら特別なおやつを出してあげる。ご飯の音でケージに入れるように誘導する…などの工夫をするのがおすすめです。

また、ケージの蓋を取ったりすることで入ってくれる場合もあるので、かなり面倒ですが ケージをその都度解体して戻ってもらうという方法もあります。

はじめから465オカメの鳥かごを利用すれば、ケージの上部や前扉が大きく開く構造ですので、鳥が自分からケージに戻りやすいです。

オカメインコ なつきすぎ

 

オカメインコは臆病で神経質だからこそ なつき度合いの個体差が大きいです。

そのため、その子に合った接し方を飼い主が模索しながら工夫していくことが大切です。

その基本が「手は怖くないもの」「好きなもの」「安心するもの」と覚えてもらうこと。

これがオカメインコをべた慣れにさせる戦略の中で いちばん大切で 最初に取り組むべきポイントとなります。

スポンサーリンク