オカメインコはインコじゃない!けど「インコあるある」な8つの習性

オカメインコはインコじゃない!けど「インコあるある」な8つの習性

オカメインコはインコじゃない

オカメインコはインコじゃないんですよ。オウムです!

オウムの最小種なんです。

動物にはその種独特の性質や好きな行動、定番パターンなどがありますが、鳥類もまたしかり。

インコやオウムにはこんな習性もある…を知った上で飼わないと、飼い始めてから

あちゃ~(汗) こんなはずではなかったのに…(泣)

・・・ということが少なくありません。

インコフリークには常識中の常識であっても インコをよく知らない人にはギョッとしてしまう習性や癖があります。

今回は「オカメインコはインコじゃないけど!」インコの習性あるあるを8パターン挙げてみます。




①インコはカップルで一緒にいるのが好き!1羽飼いでは飼い主に恋することも

オカメインコはインコじゃない

インコは群れで暮らしていますが、それぞれが恋人を作ってカップルになり、その複数のカップルがまとまってひとつの群れを作るパターンが多いです。

なので一羽でいると不安になり、飼い主さんに向かって大声で呼び鳴きすることはめずらしくありません。

飼い主、どこ行ったのー!?

・・・と大鳴きしてアピールしてくることもよくあります。

1羽飼いの場合の多くは、インコの恋人は飼い主です。

犬は人に恋をしませんが、鳥は人に恋します。

1羽飼いでは常に独りぼっち状態ですので これはある意味致し方ないのですが・・・

鳥との関係で あまりにもべったりすぎる蜜月状態をキープし続けると、その子が成鳥になったときに過発情の問題がでてきます。

飼い主さんの「かわいすぎる!」という感情はすごくよくわかるのですが、後々のためにも放鳥時は手に乗せたり肩に乗せたりする程度で、鳥の体を直接撫でたり触ったりはほどほどにしておきましょう。

②インコ・オウムは本来 規則的な生活を送る生きもの

オカメインコはインコじゃない

インコは朝起きる⇒食事⇒遊ぶ⇒のんびりする⇒遊ぶ⇒食事⇒就寝・・・のように、毎日規則的な生活をすることを基本的に好みます。

毎日が同じパターンの繰り返しでも、それに飽きることはありません。

なので、鳥の一定の生活パターンを維持できるように、鳥が人に合わせて生活が不規則になることはできるだけ避けるようにしたほうがいいですね。

バイオリズムをできるだけ崩さないように気をつけたほうが、鳥も健康を維持できます。




③インコ・オウムは大声で叫び アピールしてくることがよくある

オカメインコはインコじゃない

インコ・オウムは 時々びっくりするくらいの大声でアピールしてくることがあります。

残念ながら、それが飼い主がインコ・オウムを手放す理由のひとつになってしまっています。

どうしてもインコの声で困るときには、防音ケージを利用するのもひとつの手ですが、

https://orangehoppe.com/akurirukeji-tori-hon-okameinko-boonkeji-okameinkonoshifuntaisaku/

ただし、いくら飼い主にとって防音ケージが

ここに入れておけば静かだし、部屋も汚れなくてラッキー♪

・・・などと便利で重宝であるとしても、これを常時利用しているのはよくありません。

言うまでもないですが、鳥は生き物ですから換気は不可欠です。

空気の入れ替えができない場所に入れっぱなしにしていたら 鳥は気管系をやられて 病気になってしまう可能性もありますよ。

季節にもよりますが できるだけ鳥がいる環境にフレッシュな空気を入れ替えて、通気の良い場所にケージを置いてあげないといけません。

密閉空間に閉じ込めっぱなしでは あまりにも鳥がかわいそうです。

アクリルケージは大変便利ですが、そこに鳥を入れっぱなしにすることはやめたほうがいいと思います。

一時的な防音・防塵や、体調を崩したときの看護ケースとしての使い方が アクリルケージの使い方の理想形です。

④インコ・オウムは脱走犯。ケージの扉を開けるのは大得意だしお手のもの!

オカメインコはインコじゃない

インコ・オウムの中には ケージの入り口を開けるくらいのことは、簡単に覚えてしまう種類もいます。

それは逃げようとしているばかりではなくて、ただ単に「外に出て遊びたいだけ」のこともありますが…。

インコは好奇心が旺盛なので、ナスカンなどで入口をロックしておかないと 脱走している鳥を見つけた飼い主が「うわぁぁぁ~!」と驚くこともあるでしょう。

ナスカンを使う時はステンレス製のものをおすすめします。

ちなみにうちのケージ組のオカメインコたちには扉を開けて脱走した子はいませんが、扉をもちあげては落とし…がおもしろくなってしまって「ガシャーン!」の騒音を繰り返す子はいましたから、プラスチック製の目玉クリップや洗濯ばさみでロックしています。




⑤インコ・オウムはかじるの大好き!破壊できるおもちゃも大好き!

オカメインコはインコじゃない

インコは特にかじるタイプのおもちゃが大好きです。

そのためにおもちゃの消耗度が激しく、度々買い替えということが普通にあります。

フィンチ(文鳥のようなくちばしタイプの鳥)とは違い、インコ・オウムはデストロイヤーであることを飼い主さんは心に留めておいてください。

鳥が噛んでも害がないもので、カミカミを楽しめて、ケージ内に置いておく場合は (オカメインコの場合は特に)スペースを取らないおもちゃが理想的です。

おもちゃもいつもケージ内に置いて与えっぱなしだと飽きるので、放鳥したときや時間を決めてのお楽しみにするのもいいですよ。

うちはかじりーずシリーズを愛用しています。あっという間にボロボロで原形をとどめていませんが(汗)

⑥インコ・オウムは『高い場所にいる方が偉い!』認識を持っている!?

オカメインコはインコじゃない

インコは高い場所が大好き。

これは「被捕食者」の立場である小鳥たちの悲しい性でもありますが、そもそも鳥は人の目線よりも高いところが落ち着くんですね。

そして、どうも高い場所にいる方がえらいと思い込んでいる節があります←鳥に聞いてみないとわからないけど、そんな感じがします、個人的に。




⑦インコ・オウムは棚や机の上から物を落とすことを楽しんでいる!?

オカメインコはインコじゃない

高いところに物を置くと、放鳥時にそこに近づいて行って 次々と上から落としていくことがあります。

どういう意味があるのかはわかりませんが、これはうちの連中もよくやってますよ。

自分で落としておいて「バタン!」なんて音が出ると、ビビッて逃走します。

ビビるのわかってるんだから、落とすなよ!

・・・ていうか、飼い主が置かなきゃいいのか^^;

⑧インコ・オウムはどうでもいい言葉ばかり覚える!?

これは↑↑↑うちのオカメ男子が突撃ラッパ+号令の「突撃っ!」「かわいーよ」を連発しているところです

飼い主以外には通じないですが。

「かわいーよ」の連発が始まった時点で、

どうやら私は日常的に鳥たちに「かわいいよ」と言っていたらしい。

…ということに気づきました。

自分では全然意識しないで口にしているので、うちの子が覚えるまで あまりそこに気づかなかった…というか、全然意識してませんでした。

突撃ラッパと「とちゅげきっ!(=突撃!)」の号令は、うちの旦那が口笛でおもしろがって教えていたものです。

その思惑通りに オカメ男子たちはラッパのメロディを覚えたんですけど、これは第三者には飼い主が説明しないと、何を言ってるんだかわかんないですよね~。

単なる飼い主の自己満ですw

うちのオカメ戦隊は戦闘能力はゼロですが、気合を入れるための突撃ラッパと突撃号令だけは掛けられます(笑)

インコやオウムはおしゃべりができるから、彼らを飼育する醍醐味は鳥との言葉のコミュニケーションだ!

…という人もいます。

しかし人間側が積極的に「覚えてほしい!」と思う言葉を、インコ・オウムは意外と覚えてくれなかったりするものなんですよ。

逆に、どうでもいい人の言葉や掛け声、例えば「よいしょ!」とか「もしもし」・・・などは、意図しないところで勝手に覚えられてしまうことがよくあります。

これはこれで めっちゃかわいいですけどね。

そういえば、うちには携帯の着信音を覚えた子がいたな。

すごく似てるんですよ、これが。人の言葉より機械音の方が覚えやすいのかもしれませんね。

禁句をしゃべる(下ネタ系w)インコに困った(>_<)というネットのQ&Aを見たことがありますけど・・・

飼い主がそれを使わなければ 鳥だって覚えないんじゃね?

…と思うんですけどね(笑)

オカメインコはインコじゃない

成長段階によっては鳥たちにも反抗期もありますし、言うことを聞かなかったり 逆ギレしたりとかは普通にあることです。

小鳥との暮らしは人間の子育てとまったく同じだと思って間違いありません。

おしゃべりや歌を教えることにしても なかなか思う通りにはいかないものです。

そんなときでも「なんでできないの?」ではなくて「そういうものだ」と割り切ることが大切ですよ。

オカメインコにおしゃべりや口笛を真似して歌うのを覚えさせるコツ
オカメインコがおしゃべりしない・歌わないことがその鳥の個性であることもあります。とはいっても、オカメインコが自ら喜んでおしゃべりしたり歌うように飼い主の方が意識的に鳥を誘導していくことは可能です。

基本的に人であれ鳥であれ、相手への無理強いはダメです。

歌もおしゃべりも、鳥と飼い主がいっしょに楽しむことが一番大切です。

飼い主が楽しそうにしていると、鳥も楽しくなって すいすいと言葉や歌を覚えたりするものですから。