オカメインコはオウムだけどインコあるあるな8つの習性まとめ

オカメインコ

オカメインコを「インコ」だと思っている人が多いですが、インコじゃないんですよ。オウムの最小種です。

オカメインコはオウムだけどインコあるあるな8つの習性まとめ

インコあるある

動物にはその種独特の性質や好きな行動、定番パターンなどがありますが、鳥類もまたしかり。

インコやオウムにはこんな習性もある…を知った上で飼わないと、飼い始めてから「こんなはずではなかったのに!」となります。

インコは群れたい!パートナーと一緒にいたい!飼い主に発情することも

インコあるある

多くのインコは群れで暮らしていて、オカメインコもそうです。

それぞれが恋人を作ってカップルになり、その複数のカップルがまとまってひとつの群れを作るパターンが多いので、一羽でいると不安になり、飼い主さんに向かって大声で呼び鳴きすることはめずらしくありません。

飼い主、どこ行ったのー!?

…と大鳴きしてアピールしてくることもよくあります。

1羽飼いの場合の多くは、インコの恋人は飼い主です。

犬は人に恋をしませんが、鳥は人に恋しますので、その子が成鳥になったときに過発情の問題がよくでてきます。

発情を抑制するためには、放鳥時は手に乗せたり肩に乗せたりする程度にして、頭部以外の鳥の体を直接撫でたり触ったりはほどほどにしておきましょう。

インコ・オウムは規則的な生活を送るもの!ひとの生活に合わせすぎては健康を害する

インコあるある

インコは朝起きる⇒食事⇒遊ぶ⇒のんびりする⇒遊ぶ⇒食事⇒就寝・・・のように、毎日規則的な生活をすることを基本的に好みます。

毎日が同じパターンの繰り返しでも、それに飽きることはありませんから、鳥の一定の生活パターンを維持できるように、鳥が人に合わせて生活が不規則になることはできるだけ避けるようにしたほうがいいです。

バイオリズムをできるだけ崩さないように気をつけたほうが、鳥も健康を維持できます。

呼び鳴き!インコ・オウムは大声で叫びアピールする(しつけ・トレーニングで矯正可能)

インコあるある

インコ・オウムは 時々びっくりするくらいの大声で呼び鳴きし、その存在をアピールしてくることがあります。

そして残念ながら、それが飼い主がインコ・オウムを手放す理由のひとつになってしまっています。

どうしてもインコの声で困るときには、防音ケージを利用するのもひとつの方法ではあるのですが、

インコの保温アクリルケースのおすすめはアクリル工房のバードケージ
『インコ飼いなら一家にひとつ必要』と思えるほど優れたアイテムであるアクリルバードケージの選び方と注意点を紹介します。
ここに入れておけば静かだし、部屋も汚れなくてラッキー♪

…とばかりに アクリルケージケースを常時利用していると、飼い主にとってそれが便利で重宝であるとしても、鳥が病みます。

オカメインコの脂粉で同居の鳥やオカメ自身が病む話

また、インコが呼び鳴きするにも理由があります。意味もなく叫んでいるわけではありません。

それを突き止めてしつけやトレーニングで少なくしていく方法をおすすめします。

インコの呼び鳴きと鳴き声問題
「インコの呼び鳴きと鳴き声問題」の記事一覧です。

インコ・オウムは脱走犯!ケージ扉を開けるのはお手のものだからロスト対策必須!

インコあるある

インコ・オウムの中には ケージの入り口を開けるくらいのことはお手のもので、意外と簡単に脱走方法を覚えてしまう種類もいます。

それは逃げようとしているばかりではなくて、ただ単に「外に出て遊びたいだけ」のこともあります。

インコ・オウムはそもそも好奇心が旺盛な生き物なので、ナスカンなどで入口をロックしておくことは重要です。

ナスカンは、できれば金属中毒の可能性が低いステンレス製をおすすめします。

インコ・オウムはデストロイヤー!かじるの大好き破壊神はこわせるおもちゃが大好き

インコあるある

インコは特にかじるタイプのおもちゃが大好きです。

そのためにおもちゃの消耗度が激しく、度々買い替えということが普通にあるため、飼い主さんは「できるだけ壊れないもの」「長持ちするもの」を選ぶ人もいますが…

そもそも鳥のおもちゃ、特にインコ・オウムの場合は、鳥が大型になればなるほど「つついてあそぶ」よりも「壊す」ことが目的の子が多いです。

フィンチとは違ってインコ・オウムはデストロイヤーであることを飼い主さんは心に留めておいてください。

基本は「かじってこわしたい!」 だから、

そもそもバードトイは壊して遊ぶものであり、こわれるのが当然。鳥が楽しめたら、結果オーライ!

…と考えてほしいです。

私はうちの子のものを通販サイトで選ぶときは、あちこちのサイトで商品レビューを隅々まで調べているのですが、最近の飼い主さんはこの部分 をよくわかっている人が多くて感心します。

あっという間にぼろぼろにされてしまいました。でも、とても楽しめたから良かったです♪うちの子のお気に入りなので、またリピします。

…という口コミを見ると

あ~、この人、よくわかってるなあ。このおもちゃを買ってもらった鳥さんは飼い主さんから愛されてて幸せだなあ。

…としみじみ感じます。

いくら体が健康でも、こころを病んでいたら 鳥だって生きるのがつらくなると思いますよ。

カジカジ破壊することはストレス解消になるとともに、良いエネルギーの発散にもなりますから、メンタルを病んで毛引きや自咬に走ることもなくなります。

とはいえ、インコ・オウムのみんながみんな破壊神ではありません。

チミチミ噛むだけで破壊まではしない子もたくさんいます。

飼っているインコ・オウムの個性を見極めて、その子の欲求に合うおもちゃを選んであげましょう。

鳥が噛んでも害がないもので、カミカミを楽しめて、ケージ内に置いておく場合は (オカメインコの場合は特に)スペースを取らないおもちゃが理想的です。

ただ、100均で鳥用おもちゃでないテキトーなものを選んできて 鳥に与えることだけはやめてください。それは愛鳥の寿命を縮める行為になり得ます。

インコのおもちゃを100均で買うな!鳥を長生きさせるおもちゃ選びのコツ
インコのおもちゃに100均商品を使ってはいけない理由とは?水を飲んだインコが金属中毒!?実はおもちゃだけでなく水入れにも注意が必要な話

うちの場合は、オカメインコのおもちゃは かじり木コーンとバードカバブをよく使っています。

あっという間にボロボロになりますが、楽しそうに噛んだり格闘している姿を見ていると、こちらまでちょっと幸せな気分になります。

インコ・オウムは『高い場所にいる方が偉い!』認識を持っている?→そうとは言えない

インコあるある

インコは高い場所が大好き。

これは「被捕食者」の立場である小鳥たちの悲しい性でもありますが、そもそも鳥は人の目線よりも高いところが落ち着くということはあります。

そして、どうも高い場所にいる方がえらいと思い込んでいる節があるように人の目からは見えるものですが、実際はそうではないらしいです。

鳥には基本的に「ボス」がいない

野鳥で高所優位性に関する調査が行われたことがあるのですが、入れ代わり立ち代わり移動する鳥には「高いところにいるものが優位である」認識はないとの報告があります。

鳥の世界では力の強弱はありますが、いわゆる「ボス」はいません。

犬は飼い主を群れのボスと見なしますが、鳥たちは自分と飼い主は「同等の立場」と見なしています。

鳥は上から下に降りるのが苦手

鳥は下から上に飛び立つのは得意ですが、上から下に降りてくるのはちょっと苦手です。

うちには足を悪くして止まり木に止まれないオカメインコが1羽いて、その子専用に大きなケージを用意して高い位置にかじり木コーンを1ダース並べた「いかだ」みたいなコーナーを作っています。

その子はいかだコーナーがお気に入りでいつもそこにいますが、足は悪くても翼を使って飛べるので 上に上がるのは楽々なんですよ。

でもそこから降りてくるのはひと苦労。くちばしとうまく利かない足指を使って網を伝いながらじわりじわりと降りてくる…つまりすわーっと飛んで降りることをしないんですよね。

そういう様子を見ていても、インコが上から下に降りるのが苦手なことは一目瞭然です。

放鳥時に「下りたらケージに戻されるかも。それはヤダ!」と考えて降りてこない子もたくさんいますけど、基本的に鳥は降りることが苦手。

それがなかなか下に降りてこない理由のひとつです。

室内で放鳥していると、鳥はよくカーテンレールなどの高い位置に止まりたがりますが、インコが飼い主を見下ろしていたとしても、それは別に自分の優位を示しているわけではないです。

見下ろされると「なんか偉そうだな」と思うかもしれませんが、優位性には関係なさそうです。

インコ・オウムは棚や机の上から物を落とすことを楽しんでいる!?

インコあるある

高いところに物を置くと、放鳥時にそこに近づいて行って 次々と上から落としていくことがあります。

これはうちの連中もよくやってますよ。自分で落としておいて「バタン!」なんて音が出ると、ビビッて逃走します。

見てると笑えるのですが

ビビるのわかってるんだから、落とすなよ!

…と思わず突っ込みたくなる! …ていうか、飼い主がちゃんと物を片付けとけばいいのか(汗)

インコ・オウムはどうでもいい言葉ばかり覚える!?

インコあるある

我が家のオカメインコが大所帯になってきたころ、「オカメ戦隊を作るぞ!」と意味不明なことを言い出した家族が、オカメ男子たちに突撃ラッパと「とちゅげきっ!(=突撃!)」の号令をおもしろがって教えていたことがあります。

その思惑通りに オカメ男子たちは突撃ラッパのメロディと号令をセットで覚えました。

これは飼い主が説明しないと、第三者には何を言ってるんだかわからない世界ですが。私はそれを見て

突撃ラッパって…昭和初期かよっ!

…とツッコミを入れたくなりましたが、ラッパのメロディと突撃号令をちゃんとセットで覚えたのを見たときには、ちょっと楽しくなりましたw

誰かがラッパのメロディを歌うと、それに合わせて他の誰かがすかさず甲高い良く通る声で「とちゅげきっ!!」と合の手を入れるのです。

オカメ戦隊のチームプレーもばっちり合っていて「なんだかなあ…」と思いつつも見ていて楽しいけれど、トトロとかメジャーな曲じゃないと第三者が聞いてもわからないし、こんなの教える家はないですよね(はっきり言って変だ・汗)

はじめは意味不明な単なる飼い主の自己満だったのですが、どうやらこれがうちのオカメ男子たちのツボにはまったらしく。

このフレーズが代々引き継がれて、うちのオカメ男子たちの多くが、今でも突撃ラッパを鳴らし、突撃の号令をかけてます。

とてもクリアに「突撃!」と言える子もいれば「ジジジジ…」みたいな子もいて、おしゃべりのレベルも色々だったり その子のクセや個性が出たりの十鳥十色がいとおかし。

我が家のオカメ戦隊は戦闘能力はゼロですが、毎日突撃ラッパと突撃号令をかけられることで、私はオカメインコたちから気合いを入れてもらっています(笑)

インコやオウムはおしゃべりができるから、彼らを飼育する醍醐味は鳥との言葉のコミュニケーションだ!

…という人もいます。

しかし人間側が積極的に「覚えてほしい!」と思う言葉を、インコ・オウムは意外と覚えてくれなかったりするものなんですよ。

逆に、どうでもいい人の言葉や掛け声、例えば「よいしょ!」とか「もしもしぃ」・・・などは、意図しないところで勝手に覚えられてしまうことがよくあります。

これはこれで めっちゃかわいいですけどね。

そういえば、うちには携帯の着信音を覚えた子がいますが、すごく似てるんですよ、これが。

オカメインコは言葉を覚えるのはあまり得意ではないんですよね。

人の言葉より口笛とか、機械音の方が覚えやすいようです。

禁句をしゃべる(下ネタ系w)インコに困った(>_<)というネットのQ&Aを見たことがありますけど、

飼い主がそれを使わなければ 鳥だって覚えないんじゃね?

…と思うんですけどね(笑)




オカメインコにも反抗期がある!飼い主は逆ギレせずに愛鳥の成長を喜んでほしい

インコあるある

成長段階によって鳥たちにも反抗期があります。

鳥のサイズによって若干の違いがあるものの、オカメインコの1回目の反抗期はおおむね1歳から1歳半くらいです(オカメインコは早熟だと8カ月で産卵する子もいるので、1歳前のケースもあります)

その名の通り反抗が多くなり、言うことをきかなくなったり、問題行動を起こして攻撃的になったりとかします。

反抗期は鳥にも当たり前にあることで、オカメインコとの暮らしは人間の子育てとまったく同じだと思って間違いありません(つまり、思うようにはいかないということです)

インコの気持ちを逆なでせず、逆らわず、しつこくしないことが反抗期をやり過ごすコツです。

さっきまで機嫌が悪かったのに「カキカキして」と気まぐれにやってきたりもしますから、飼い主のことを嫌いになって反抗しているわけではないです。

そういう時期だと割り切って、

反抗期か。うちの子も大人になったなあ。

…とその成長を喜んでください。

インコの反抗期の接し方は?噛む・威嚇・鳥のイヤイヤ期の乗り切り方
インコにも反抗期があります。共に順調なこころの成長の証は2回。インコの心の葛藤の付き合い方・接し方について紹介。

まあ反抗されるのはおもしろくないですが(爆)順調な成長の証のひとつなので、これは喜ぶべきことなのです。

インコあるある

おしゃべりや歌を教えることにしても なかなか思う通りにはいかないものです。

そんなときでも「なんでできないの?」ではなくて「そういうものだ」と割り切ることが大切です。

しゃべったり覚えたりするのが苦手だったり嫌いな子もいますから。

基本的に人であれ鳥であれ、相手への無理強いはダメです。鳥と飼い主がいっしょに楽しむことが大切です。

飼い主が楽しそうにしていると鳥も楽しくなって すいすいと言葉や歌を覚えたりするものですから、もし歌や言葉を教えたいのであれば、まずはそこから見直してみてください。

唯一無二のうちの子は、きっと一期一会の出会いです。だけど縁があって今生で出会ったのだと思います。

インコ・オウムたちの心も体も健康に楽しく過ごしていけるように、飼い主がその習性や個性をしっかりと見抜いて 理解してあげましょう。