セキセイインコの疥癬初期の足踏みを獣医も疥癬症とは思わなかった話【レモンの闘病記③】

これはセキセイインコの飼い主さんの寄稿です

こちらの記事の続きです

メガバクテリア症がセキセイインコのセカンドオピニオンで発覚した話【レモンの闘病記②】
誤診した病院からさじを投げられて転院した先でセキセイインコのメガバクテリアが判明!すぐに投薬治療を開始するも足踏みバタバタは一向に解消せず…

当時 私はSNSにレモンの様子を度々投稿していて、今回の病気についても誰かの参考になればと思い、事の経緯を細かくアップしていました。

そして今回も足をバタつかせているレモンの動画を撮影して「投薬しても治らない」と投稿したところ、セキセイインコを飼っている方からコメントをいただいたのです。

疥癬の症状に似ていますね。

セキセイインコの疥癬初期の足踏みを獣医も疥癬症とは思わなかった話

セキセイインコの疥癬初期

前の動物病院に通院していた時に、私も一度疑った「疥癬症」でしたが、レモンの足や嘴に疥癬症独特のカサつきなどが見られないことから、前の病院の獣医師にはきっぱりと疥癬症を否定され、私もそれで納得していました。

再度レモンの足や嘴をじっくりと観察してみましたが、やはりこれといった症状は見当たりません。

しかし、SNSのコメントをきっかけに、

セキセイインコの疥癬初期

やはりメガバクテリア症の他に疥癬症も患っているのではないだろうか?

…と、再度疑うようになったのです。

メガバクテリアの投薬をしても足踏みバタバタが治らない

セキセイインコの疥癬初期

メガバクテリア症と診断されてから1週間後、私たちは再検査のため動物病院を訪れました。

この1週間の投薬は順調でしたが、レモンの足のバタつきはやはり治らずじまいでした。

最初にこの異変に気付いてから、この時点でもう1ヶ月が経過していました。

セキセイインコの疥癬初期

今日は先生に疥癬のことも聞いてみよう。

SNSで「疥癬の症状に似ている」コメントをいただいてからというもの、私の中で疥癬症への疑いはより一層強くなっていました。

しかし、毎日レモンを観察しても、肝心な疥癬症の症状は相変わらずどこにも見当たりません。

セキセイインコの疥癬初期

このまま原因が分からず、一生足踏みバタバタが治らなかったらどうしよう…。

そんな不安を抱えながら、診察室へと入りました。

セキセイインコの疥癬の可能性を獣医からはきっぱり否定されたが腑に落ちなくて

セキセイインコの疥癬初期

その日もレモンの糞検査の結果報告から診察が始まりました。

1週間前にはハッキリと映っていたメガバクテリアはきれいに消滅していることが分かりホッとしたものの、獣医からはこのように釘を刺されました。

メガバクテリアの治療薬がちゃんと効いていますね。このまま投薬を続けていきましょう。メガバクテリア症の治療は、最低45日間の投薬が必要です。途中でメガバクテリアが消滅したからといって、飼い主さんの自己判断で投薬をストップしてはいけません。

メガバクテリ症が順調に回復していることに安堵を感じる一方で、やはり疑問に思うのはこのことです。

先生、レモンの足踏みが全く治らないんです。メガバクテリアが足踏みの原因ではないのかもしれません。
うーん…本当ですね。
これはもしかしたら、疥癬症ではないでしょうか?

私の言葉に、獣医師はレモンの脚や嘴、羽の付け根に至るまで時間をかけてじっくりと観察してくれたものの、きっぱりと

疥癬症ではないですね。
そうですか…
疥癬になっていたら、必ず目に見えて症状が出てきます。1ヶ月経っても疥癬症の症状が全く出ていないので、違います。

やはり今回も前の病院の獣医師と同じ見解でした。




セキセイインコの疥癬症の可能性を打ち消すため検査を受けてみることにした

セキセイインコの疥癬初期

立て続けに、私は獣医にこんな質問をしました。

セキセイインコの足踏みは 人間でいうところのチック症状の様な、神経系の病気ではないのですか?

実は私自身、大人になるまでチック症状に悩まされていました。

少しのことでも気にしてしまう性格のため、不安なことがあると首を小刻みに振ったり、肩を上げ下げをする症状があり、幼い頃からずいぶん両親に心配をかけてきました。

そんな経験から、レモンの足のバタつきを「チック症状では?」と疑ったこともあり、実は色々とネットで検索をしていたのです。

しかし、インコのチック症状はネット上ではほとんど情報がなく、あったとしてもレモンのように足踏みをするよりは、痙攣に近い症状が出ている感じでした。

そのため 素人ながらもチック症状ではないという確信がありましたが、それよりもやはり「疥癬に違いない」という強い思いがあったことから、この日は少ししつこく獣医師に食い下がりました。

セキセイインコの疥癬初期

相変わらずレモンは1日中 足をバタバタさせているんです。これはかゆいから動かしているのではないでしょうか?
うーん、でも見た限りでは疥癬症ではないでしょうね。
私には痒いから動かしているようにしか思えないんです。
可能性はかなり低いと思いますが、疥癬症であるという可能性を消すために検査をするのもアリですが…
ぜひ検査をお願いします。
わかりました。疥癬症という1つの可能性を消すために、皮膚検査をしてみましょうか。

獣医師は、皮膚検査に対してあまり乗り気ではない様子でしたが「あくまでも可能性を消すため」ということで検査をしてくれることになりました。




やっぱり!セキセイインコの足踏みバタバタは疥癬症の初期症状だった

セキセイインコの疥癬初期

そして待合室で待つこと5分、再度診察室に呼ばれました。

あの…ごくわずかですが、疥癬がいました。
えー!やっぱりー!!

私と獣医師は、お互いの顔を見合わせて、思わず笑ってしまいました。

セキセイインコにはあるあるな「疥癬症」とわかるまでひと月もかかるなんて…

セキセイインコの疥癬初期

いやぁ、すごいですね。ビックリです。これ、分かりますか?見落としてしまいそうなくらいごく僅かですがいます。これが疥癬です。

獣医師は皮膚検査の結果を映像で見せてくれました。

そこには言われなければ分からない程度でしたが、確実に疥癬(トリヒゼンダニ)が映っていたのです。

飼い主さんがおっしゃる通り、レモンはかゆくて足をバタバタしているのだと思います。

最初にレモンの足踏みの異変に気付いてからすでに約1ヶ月。

セキセイインコあるあるな「疥癬症」を特定するのにこんなにも時間を要するなんて予想外でした。

長い長い道のり。1か月越しの悩みの暗いトンネルの先に ようやく明るい光が見えた瞬間でした。

併発しているメガバクテリア症の治療が優先!経過を見てから疥癬症の治療が始まることに

セキセイインコの疥癬初期

その後のレモンへの治療方針は、とりあえずあと2週間メガバクテリア症の投薬治療を続けて、さらなる検査結果に異常がなければ、同時進行で疥癬症の治療を行うことになりました。

気分的には今すぐにでも疥癬症の治療をお願いしたいところでしたが、今の状態で同時に投薬を開始すると、胃に負担がかかってしまうとのこと。

そのため、まずはメガバクテリア症の治療を最優先することになりました。

セキセイインコの疥癬初期

診察の最後に、私はもうひとつ獣医に質問をしました。

夜中もずっとレモンは足踏みをして足をバタバタさせているのですが、きちんと眠れているのでしょうか?セキセイインコは寝不足で体調を崩したりしないのでしょうか?

これはずっと私が疑問に思っていることでした。

昼夜問わず足を動かし続けているレモンはこんな状態で果たして眠れているのか…。

少なくともあと2週間はこの状態が続くであろうということに、一抹の不安があったのです。

鳥は寝ている時も常に周りを警戒している生き物です。なので寝不足などは心配いらないですよ。

獣医師は私の素朴な質問にも丁寧に答えてくれました。

まだまだ知らないことが多いセキセイインコの世界。

レモンのためにも、もっとセキセイインコのことを勉強しようと思った1日でした。

インコペレットを食べない鳥がお試し切り替えでハリソンを完食した話【レモンの闘病記④】

子どもの頃に実家にいたオカメインコとの出会いからすでに40年超。未だ彼らへの愛と興味が尽きず「オカメインコ愛好家」の立ち位置から情報発信するyamaki がこのブログの中の人です。
 
ここには鳥ブログあるあるな「うちの子自慢」や「かわいいでしょ♪アピール」はありません。鳥の飼育本を丸写ししただけの机上の空論解説や、繁殖した雛の販売目的の宣伝PRもありません。鳥と飼い主のQOL向上(健康に楽しく)が目的のコンパニオンバードブログです。
 
フィンチとインコでは飼育に異なる点がありますが 小型~中型インコには共通項が多いことから、オカメインコだけに限らず中型までのインコ・オウム飼育に役立つ内容を更新していきます。