オカメインコルチノーパールと色変わりのルチノーそっくりさん2種類

一般的に「オカメインコルチノー」というと オカメインコ界のアイドル的存在で、通称「白オカメ」と呼ばれている オカメインコの大人気品種です。

全身が白色がかったクリーム色。顔と冠羽は黄色。チークパッチがオレンジ色。くちばしと足がピンク色。爪が白。目がブドウ色(雛の時は赤目)

そんなオカメインコルチノーですが、見た目がよく似ている別品種のオカメインコがいることをご存じでしたか?

ルチノーだと思って育てていたんだけど、なんとなく違うような気がするな。

…という方、その直感は当たってるかもしれませんよ。

オカメインコルチノーパールと色変わりのルチノーそっくりさん2種類

オカメインコルチノーパール

オカメインコのルチノーには2品種あり、一般的に「ルチノー」と呼ばれるのは、ほっぺがオレンジ色の オカメインコ。

全身が真っ白なこちらのオカメインコもルチノーで その違いはチークパッチ 

顔の黄色と頬の斑がなくなった「ホワイトフェイス」がルチノーになると純白オカメインコになります。

オカメインコルチノーパール

 

オカメインコルチノーはメラニン色素が欠けていて 雛の時には赤目ですが、成鳥になるとブドウ色の目になります。

そのことから完全にメラニン色素を失ってはいない…と考えられています。




オカメインコルチノーに似ている色変わりのパールやパイド3種類

オカメインコルチノーパール

全身が黄色っぽい(薄い白~クリーム色)なるオカメインコは オカメインコルチノーを含めて4種類います。

ぱっと見は「ルチノー」に見えて「一般的なルチノー」ではないそっくりさんの色変わり種が ほかに3種いるということです。

オカメインコルチノーパール

向かって左が「ルチノー」 右は「ルチノーパール」

オカメインコルチノーには、背中に黄色のパール模様が入ったタイプがあり 「ルチノーパール」と呼ばれます。

ルチノーとパール、両方の遺伝子を併せ持つ品種です。

下の画像では 左がルチノーパール、右がシナモンパール。

同じ親から同時期に生まれて一緒に育っているきょうだい、2羽とも女の子です。

オカメインコルチノーパール

うちのルチノー、黄色みがすごく強いんだけど大丈夫?

・・・と心配する人が時々いて、本当に体調が悪いのかどうかは病院で調べないと 見た目だけでは判断ができませんが…。それ以前に、もしかしたらその子はルチノーにパール模様が入った「ルチノーパール」ということもあります。

パールというのはさざなみ模様とか斑点というか水玉のような模様で、ルチノーパールの場合、黄色い水玉が背中に乗っているという感じです。

オカメインコのオスの場合は成鳥になると男性ホルモンの影響でその模様(パール)が消えてしまうのですが(おじいちゃんになると模様が戻ることもあります)

女の子オカメの場合は大人になってもパールがきれいに残りますので、ルチノーパール女子はとても美しいです。

オカメインコクリアパイド

オカメインコルチノーパール

クリアパイドを簡単に表現したら「黒目のルチノー」です。

ルチノーは雛のときは赤目、成鳥になるとブドウ色の目をしていますが、初めから黒目で見た目がルチノーに近いなら、それはルチノーではなくてパイド(クリアパイド)です。

パイドのオカメインコを飼っている方は チークパッチがオレンジ色のパイドやシナモンパイドの 体の羽毛のグレーやシナモンの部分が色抜け100%になった姿を想像してみてください。

ルチノーそっくりに見えるようになるでしょう。ですがこれはルチノーとは別種です。

オカメインコ種類と色!パイド・パールパイド・シナモンパールパイド
「パイド」はまだらな模様のこと。グレーやシナモン色の部分がランダムに抜けてぶち模様になったり、パイド模様自体が全然入っていない個体も「パイド」と呼ぶ品種があります。

オカメインコルチノーパールパイド

オカメインコルチノーパール

さらにルチノーのそっくりさんのひとつに「ルチノーパールパイド」というのもあります。

文字通りルチノーとパールにパイドの遺伝子を併せ持つ品種で、ルチノーパールよりも全身の黄色が非常に強く、別名「バターカップ」「イエロー」「ゴールデン」「キンポウゲ」などと呼ばれます。

残念ながら、私はオカメインコルチノーパールパイドは 書籍上の画像でしかお目にかかったことがなくて、本物を見てみたい衝動に駆られます。

バターカップは非常に珍しい品種とされているようですので、そうそうお目にかかれるものではないのかもしれません。




オカメインコルチノーパールのオスは珍しいの?少ないの?

オカメインコルチノーパール

中学の理科で習う「メンデルの法則」を覚えていますか。

メンデルがエンドウマメの研究に基づいて見つけた法則から遺伝を定式化したものです。

雛は両親から1組ずつの遺伝子を受け継ぐわけですが、遺伝子は染色体に含まれてます。

2個の遺伝子が受精で結合したときに 双方の遺伝子が同じであるとは限らないわけで、優劣が生じます。

そしてオカメインコのルチノーとパールですが、これらは共に「性染色体劣性遺伝」で、両親ともパールとルチノーの遺伝子を持っていない限り、オスが生まれてくることはありません。

子どもがメスなら父鳥にパールやルチノーの遺伝子があれば母鳥になくてもOKですが、オスは両親からの2つがそろわない限り、ルチノーもパールも生まれてくることがないのです。

だから卵が割れてパカッと生まれたすぐの羽毛の色や、2週間くらい経過してある程度羽毛の色柄が分かるところまで来た段階で、DNA検査をしなくても「メスだ」と確定できるのです。

オカメインコルチノーパール

パールもルチノーも「染色体劣性遺伝」ですから、ルチノー・パール・オスの同時発現の確率はかなり低いことが分かるでしょう。

オカメインコ「ルチノー」だけを考えても、詳細なデータがあるわけではないので確率的な話でいえば、概ねオス:メス=1:3…くらいだと言われています。

ルチノーパールのオスを成鳥から探して育てるのならまだしも、雛から育てるのは難しいです。

両親鳥のスプリットを完璧に把握しているブリーダーが「ルチノーパール」の作出目的で交配したとしても、幼鳥期には見た目でオスメスの判断がつかないルチノーの場合 性別鑑定というハードルを越えなければ「オス」と確定できません。

オカメインコルチノーパール

この子はシナモンパール。成鳥のオスなのでパールが消えたりぼんやりとした感じになっています。

さらにオスの場合はパールの消失があります。

せっかく待望のオカメインコルチノーパールのオスに巡り会えたとしても、オスのパール模様は残念ながら成鳥になると消えてしまうので「バターカップ」に近い、単なる黄色みの強いルチノーパールに変わる可能性があります。

ルチノーパールの女の子であれば、成鳥になってもウロコのようなパール模様が美しいままに残ります。

ちなみに我が家のオカメインコ ルチノーパールは女の子で、父鳥はノーマルパール、母鳥はシナモンパールパイド。

両親とは似ても似つかぬ色柄で、親子とは思えないような感じもおもしろいところです。

オカメインコルチノーパール

まあ、親がノーマルでもルチノーの子どもが生まれたりもしますし、ペットショップからお迎えしたオカメインコだとどんなスプリットを持っているかは交配してみないとわからないことも多く、なかなか興味深いところです。

ちなみに、うちのルチノーパールのお父さん鳥は体格は小柄な方ですが、子育て上手なビッグダディです。

自分自身は「ノーマルパール」で、パールが全消失してしまっているので 見た目はまるで原種のような「ノーマルグレー」の超地味オヤジですが、意外とたくさんのスプリットを持っていて、その子供たちはルチノー・シナモン・パールが組み合わされた華やかな容姿の子たちばかりです。




オカメインコルチノーの黄色が濃いのは肝疾患の病気のサイン!?

オカメインコルチノーパール

雛や若鳥の頃から羽色が強い黄色の個体あれば、オカメインコルチノーパールかルチノーパールパイド(バターカップ)ということになりますが、成鳥のオカメインコルチノーが肝臓疾患にかかると羽色が濃い黄色になってきますので 注意が必要です。

うちの子ったら 黄色みが強くなってきて なんてきれいなんでしょう♪

…と喜んでいる場合ではないことも多々あります。

以前は羽色がもう少し白っぽかったのに、急に黄色味を帯びてきたな。

…と感じたら、羽毛障害は肝疾患の可能性があります。

羽毛の色の変化に気づいたなら、できるだけ早めに鳥専門医に相談することをおすすめします。




子どもの頃に実家にいたオカメインコとの出会いからすでに40年超。未だ彼らへの愛と興味が尽きず「オカメインコ愛好家」の立ち位置から情報発信するyamaki がこのブログの中の人で、これは鳥と飼い主のQOL向上(健康に楽しく)に役立つ情報や体験談を集めたコンパニオンバードブログです。
 
フィンチとインコでは飼育に異なる点がありますが 小型~中型インコには共通項が多いことから、オカメインコだけに限らず中型までのインコ・オウム飼育に役立つ内容を更新します。