オカメインコの性別!オスメスの見分け方 ルチノーは鑑定がおすすめ

ルチノー オカメインコ

オカメインコの性別!オスメスの見分け方 ルチノーは鑑定がおすすめ

オカメインコ 性別

この画像の子は顔つきは優しいので女の子っぽい雰囲気を醸し出していたのですが、とても美しい子だったので 私は「男の子かなあ…」と勝手にあたりをつけていて「ぴーた」という男の子の名前を付けたのですが・・・

実は女の子オカメでした(汗)ちなみに改名せずに、今も名前はそのまま「ぴーた」と呼んでいます。

結論からいいますが、オカメインコは幼鳥時には目視での性別の判定がとても難しいです。

飼い主さんは成鳥になるまで待って仕草や特性で性別を特定するか、そこまで待てない人はDNA鑑定をしてみないと、幼鳥の性別ははっきりしたことはわかりません。

オカメインコの両親の遺伝子情報を把握しているブリーダーなら、生まれてすぐの丸裸の雛でも雌雄が判別できることはあります。

オスかメスか…でしかないので、2分の1の確率で偶然に当たりもするしはずれもしますけれども、早く知りたくてDNA鑑定に出す人も最近は多いみたいですね。

私もぴーたに関しては間違えていましたが(笑)特にルチノーの幼鳥・若鳥の性別はとてもわかりづらいです。

ただルチノーは遺伝の法則的にいうと 女の子が多数派で、男の子は少数派となっています。

オカメインコのルチノー・パール・シナモンにはオスは生まれづらい【遺伝の法則】

オカメインコ 性別

オカメインコは性別判定が難しい鳥種ですから ペットショップでは「性別不明」と表示されています。

特にルチノーのオスは 前述のとおり 幼鳥の段階ではDNA鑑定をしない限りわかりません。

メスは両親の遺伝子(スプリット:遺伝子を1つしか持たない)を把握していれば 遺伝の法則によって生まれたとたんに「女の子だ!」とわかるケースが多いですが、オスははっきりとはわかりません。

持っている遺伝子の掛け合わせによっては、両親が同一でもオスもメスも両方生まれてくるため、すぐには性別がわからないケースもあります。

逆に、ついさっき孵化したばかりの生まれて間もない丸裸の雛でも、その場で性別がわかる場合もあります。

ただしルチノーのような劣性遺伝の場合は話が別です。

前出の「オカメ男子だと思っていたが実はオカメ女子だった」ぴーたのケースでは、両親ともにルチノーであるため、生まれてきた雛の性別の断定はできませんでした。

だから顔つきだけを見て、男の子か女の子かを予想していたんですよね…間違ってたけど^^;

ルチノー同士のペアから生まれたルチノーは、性別を見た目で断定することは不可能です。

まあ、2つにひとつの確率なので適当に言ってても当たるかもしれないですが、遺伝の法則的にはそれを断定することはできない…ということです。

ルチノーだけでなく、パールやシナモンも男の子が少数派です。

これらは性染色体劣性遺伝であるため、両親ともにそれらの遺伝子を持ち合わせていない限り、男の子が生まれてくることはありません。

▼こんな小さな雛でも性別が確定できる場合があります。この子はメスです。▼
オカメインコ 性別

スポンサーリンク


オカメインコの性別だけでなく 病気まで遺伝子(DNA)検査で調べられる

オカメインコ 性別

一般のペットショップからお迎えした子の場合は 両親鳥の遺伝子がわかりませんから、成鳥になるまでは性別不明です。

成鳥になればしぐさや行動や一部の羽毛の色柄、産卵などで、雌雄判別ができます。

歌やおしゃべりに関しては、オカメ女子でもまれに片言をしゃべる仔もいるため、それだけで確実にわかるとは言い切れないこともあります。

とにかくうちの子が大人になるまで結果を待っていられない!早く知りたい!…という飼い主さんは 小鳥の病院にDNA鑑定を依頼すれば性別を調べられます。

鳥の場合は、羽毛か血液の検査で鑑定します。

近くにそういう鳥の病院がない場合は、こんぱまるで 郵送で調べる遺伝子検査キットを扱っています。

ちなみに、DNA検査で調べられる項目は性別鑑定だけではありません。

PBFDやクラミジア、BFD、マイコプラズマ、アスペルギルスなどの遺伝子分析ができます。

遺伝子分析についてくわしくは佐々木核酸科学研究所HPをご覧下さい。

オカメインコ 性別

この3羽は、生まれてすぐの丸裸の雛の状態でも 遺伝の法則によって性別が断定できました。

全員が女の子オカメです。

右側にいる純白のオカメインコも 黄色くないですが「ルチノー」です。

「ホワイトフェイス」という品種の、オレンジほっぺではないルチノーは、このように全身が真っ白になります。

スポンサーリンク