本サイトには広告が含まれます
PR

遺品整理でやばいもの発見!火縄銃が納屋から出てきたら…

遺品整理でやばいもの発見!火縄銃が納屋から出てきたら…

遺品整理 やばい

20代男性 母の実家の潰れかけた納屋を壊すため、祖父母の遺品整理をしていた時に、江戸時代に作られたと思われる火縄銃が出てきました。持ち主は亡くなった祖父です。

この火縄銃はいくさ用というよりは献上品など贈答用に使われたようです。至る所に美しい金の装飾が施され、握る部分など木でできている部分も綺麗に磨き上げられていました。

出てきたときはだいぶ埃を被っていましたが、磨くと新品のようにきれいになりました。

銃刀法違反になるといけないのでまずは警察署に行き、そのあと質屋に持ち込んで鑑定してもらいました。

遺品整理 やばい

火縄銃を質屋で鑑定してもらった時に、こう言われました。

これは一大火縄銃産地のひとつの堺で作られたものですね。作者は不明の無銘品ですが、ご先祖が近畿地方の大名家の役職を務めていた武家なので、お殿様から下賜されたものでしょうね。

江戸時代には大老も輩出した有名な大名家でしたから、このような経緯であれば、80万円から150万円ほどの価値が付くそうですが、このエピソードはあくまでも推測だけで、確たる証拠はありません。

ただ、部品の欠落もなく綺麗に保たれているので、火縄銃そのものの価値だけでも20万円ほどになるとの査定結果でした。

遺品整理 やばい

警察ではこの火縄銃は今でも撃てるのかどうか確認してもらったところ、

銃器としての能力はもうないですね。

…と言われたので、次に市の教育委員会に行って、銃砲刀剣類の登録をしてもらいました。

これでひとまず普通に所持しても売買しても問題ない状態になりました。

その後、この火縄銃を売りに出そうか?と一度は考えたのですが、査定で「20万円ほどの値打ちしかない」と言われていたため、

代々伝わってきたものなのに…そんな額にしかならないのなら家に置いておこう。

…と思い直し、現在 この火縄銃は、実家の母屋の来客用玄関に飾っています。

銃刀法違反!?拳銃や日本刀が出てきたらどうする?

遺品整理 やばい

遺品整理でやばいものを発見しただけでは 銃刀法違反になるわけではありません。

銃刀法違反になるものがあることを知っているのに届け出を怠ったまま手元に保管して、長い期間をずるずると過ごしている

…などは銃刀法違反に当たる可能性があります。

銃刀法違反に相当するもの…その名の通り、銃や刀などですが、これらは法律によって所持することが禁じられていますから、そのまま所持していたらヤバいシロモノです。

これらを見つけたものの、一緒にあるべき登録証が見当たらない場合には 速やかにお住まいの地域管轄の警察署に届け出をします。

遺品整理 やばい

警察に届けて「今後は所持しない」ことを明確にすれば、その遺品は警察が引き取ります。

逆に今後も所持したい場合は警察に登録手続きをすれば ほとんどの場合は保管することができます。

登録審査委員が審査して登録が可能であれば登録証が発行されます。ちなみに登録には手数料(6300円分の収入証紙)が必要です。

登録証が見つかれば、名義変更することでそれを正式に所有することもできます。

この手続きは誰かに代行してもらうことはできず、相続人本人がやるしかありません。

銃や刀剣の所持・買取には「銃砲刀剣類登録証」が必要

遺品整理 やばい

「発見届」は「発見した本人」かその家族が提出するのが原則。それ以外の人が行うと処罰の対象になるので注意!

「銃砲刀剣類登録証」取得の流れ
  • STEP1
    警察署に発見届を提出
    所轄の警察署の生活安全課に発見届を提出する。印鑑、身分証明証、登録証のない銃砲刀剣類を持参する。
  • STEP2
    発見届出済証の交付
    発見届出済証を交付してもらう
  • STEP3
    登録審査会へ持参
    指定日時・指定場所に登録予定の刀剣と「発見届出済証」証明証発行費用(6,300円)を持っていく。
  • STEP4
    登録証の受け取り
    登録証は即時発行。これで登録が完了

骨董品買取はバイセルがおすすめ!買取実績2700万点超のエキスパートにお任せ

遺品整理 やばい

ご自身のコレクションだけでなく、遺品整理で譲り受けた骨董品の中にも高額買取の対象になるものが多く含まれている可能性があります。

遺品整理 やばい

バイセルでは掛け軸・陶磁器・絵画・茶道具・中国美術・刀剣 その他様々な骨董品が査定対象です。査定金額にご納得いただけない場合はキャンセルも可能です。

ダメージがあるものでも高価買取になる可能性がありますので、処分されてしまう前に、バイセルの無料査定をお試しください。

遺品整理 やばい

目利き力のない買取業者は買取価格をはじめから低めに設定していることが多く、買取価格は鑑定士のレベルに左右されることが普通です。

また骨董品はレプリカもかなり存在しますから、骨董品における最も重要な査定ポイントは「その作品が本物かどうか」

本物かレプリカかを判別するためには深い専門知識が必要となりますので、骨董品を専門的に扱う買取業者に査定依頼をすることをおすすめします。

少しでも高く売りたい私たちは、そのジャンルの買取経験が豊富な買取業者を選ぶことが重要。そこでイチオシの骨董品買取業者がバイセル遺品整理 やばいです。

バイセルで買取できない骨董品
剥製や象牙
登録証がない銃刀類(警察署に申請して事前入手すればOK)
著しく状態が悪い場合(多少のダメージなら査定をおすすめします)

高額買取になりやすい骨董品とは?

遺品整理 やばい

高額になりやすい骨董品
保存状態が良い
付属品が揃っている…鑑定書、案内書、共箱(ともばこ)など
現存数が少ない
老舗ブランドの初期作品
100年以上前に作られたアンティーク品
非売品・または一部の人にしか手に渡らなかったもの

高額買取になりやすい骨董品の例

酒井田柿右衛門の焼物
今泉今右衛門の焼物

藤原雄の焼物
島岡達三の焼物

井上萬二の焼物
金城次郎の焼物三代徳田八十吉の焼物

山下清の色紙
ヒロ・ヤマガタの絵画

クリスチャン・ラッセンの版画
久保田一竹の着物

マルク・シャガールの版画
ベルナール・ビュフェの絵画

マイセンのティーセット
ヘレンドの洋食器

バカラのグラス
クリストフルの洋食器

ラリックのガラス製品
リヤドロのフィギュリン

高村光雲の置物
ペルシャ絨毯
ボンボニエールの銀製品

谷文晁の掛軸
酒井抱一の掛軸

円山応挙の掛軸
英一蝶の掛軸
富岡鉄斎の掛軸

骨董買取なら【バイセル】

【全国対応】お宅にある骨董品の価値が良く分からず、処分に困ったことはありませんか?バイセルならその骨董品の価値を見出だせるかもしれません。作家不明や状態が良くない骨董品でも、経験豊富な査定士が拝見します。掛け軸、陶器、茶道具、絵画など、様々な骨董品の査定を承ります。
 
骨董品 刀剣・ 香木・懐中時計・ペルシャ絨毯・甲冑・オルゴール・花瓶・西洋美術・ 掛け軸・茶道具・絵画・中国美術・人形・日本画・洋画・ 現代アート・版画・ブロンズ・ ビスクドール・陶磁器・ 陶芸品・銀製品・漆器・壺・碁石・珊瑚・ 勲章・書道具

【日晃堂】骨董品の高価買取

趣味で骨董品を収集している方、遺品整理や生前整理で骨董品を受け継いだ骨董品の値段を調べたい方におすすめです。その骨董品、すごいお宝かもしれません。出張費、査定料、手数料全て無料です。

骨董品買取【福ちゃん】

掛軸・茶道具・象牙・中国骨董・珊瑚・翡翠 その他 骨董品に精通した査定士がしっかりと査定いたします。 出張買取・宅配買取・店頭持込買取(東京・神奈川・大阪)に対応しています。

日本人形・西洋人形の高価買取:COYASH(コヤッシュ)

処分にお困りの人形ありませんか?日本人形・西洋人形高価買取します。
人形の処分に困っている  廃棄の仕方がわからない  オークションサイトに出品しても売れない  日本人形をまとめて処分したい  雛人形の買取は他社で断られた

【買取対象エリア】東京、埼玉、神奈川、千葉、仙台、名古屋、札幌