家族の経済的負担を減らす【安い海洋散骨】の方法ベスト3選

記事内に広告が含まれています

海洋散骨を安く行いたいけれど、どうすればいいのかわからない…そんな悩みを抱えていませんか?大切な人への最後の供養だからこそ、心を込めて行いたいけれど、同時に費用面での不安も大きいものです。

海洋散骨を安く、かつ適切に行う方法がいくつか存在します。この記事では、海洋散骨の費用を抑えつつ、故人への敬意を払いながら心に残る供養を行うための具体的な方法をご紹介します。

この記事を読めば、海洋散骨にかかる費用の内訳や、安全で適切な散骨方法について理解を深めることができるでしょう。法令遵守と安全確保を最優先に考えながら、どのように費用を抑えられるか、その具体的な方法が見えてくるはずです。

大切な人への最後の供養を、心を込めつつも賢く行うためのヒントが満載です。ぜひ最後までお読みいただき、ご家族にとって最適な海洋散骨の方法を見つけてください。

【安い海洋散骨】の方法 ベスト3選

安い海洋散骨

代行散骨とは、遺族が乗船せずに、散骨を業者に委託するプランです。

  • 合同代行散骨(シェア散骨)の利用
    • 複数柱の遺骨をまとめて散骨するため最も安価
    • 料金は2万円台から
    • 遺族の直接参加が不要で交通費・宿泊費も節約可能
  • 個別代行散骨の選択
    • 一柱ずつ丁寧に散骨してもらえる
    • 合同散骨よりは高いが、通常の散骨より安価(5万円前後)
    • 遺族が参加しないため、移動や宿泊にかかる費用を削減
  • 乗船散骨プラン…必要最低限のオプション選択
    • 高価な花束やリースの代わりにシンプルな花を用意
    • プロのカメラマン不要で家族での撮影
    • 献花や献酒の用意など、できることは自分たちで行う

海洋散骨はそもそも安い葬送の方法

供養のコスト比較

引用元
みんなの海洋散骨
費用相場
※火葬までの費用は除く
初期費用
維持費
後継者
宗教関係
法要
お墓
120~200万円
高い
高い
必要
高い
永代供養
3~100万円
低い
低い
不要
納骨堂
10~100万円
低い
不要
低い
手元供養
500円~60万円
低い
なし
必要
低い
海洋散骨
3~40万円
低い
なし
不要
問わない
自由
樹木葬
5~80万円
低い
なし
不要
低い
ゼロ葬
0円
なし
なし
不要
低い
なし

海洋散骨は、故人の遺骨を海に還す現代的な供養方法です。この方法は、自然に還りたいという故人の希望や、継続的な管理が不要な点から、近年注目を集めています。

海洋散骨が選ばれる理由

  • 自然回帰:遺骨が海水に溶け、自然の一部となる
  • 管理不要:墓守不要。お墓のような継続的な管理や費用も不要
  • 費用対効果:従来の墓地購入や管理に比べてかなり安価
  • 場所の自由:故人ゆかりの海や美しい景観の海を選択可能
  • 家族の絆:家族で海に出かけ、故人を偲ぶ機会となる
  • 環境への配慮:土地利用の少ない環境にやさしい供養方法

海洋散骨は、故人の希望を尊重しつつ、遺族の負担を軽減する現代的な選択肢として注目されています。家族葬や自然葬を希望する方々にとって、魅力的な選択肢となっているのです。

散骨ガイドラインに定められた条件を満たせば、海洋散骨は違法ではありません。

格安で海洋散骨を行う際の注意点…法律・安全・信頼

海洋散骨

海洋散骨を安価に行いたいと考える方は多いですが、コストを抑えすぎると様々なリスクが生じる可能性があります。ここでは、安価な海洋散骨を検討する際に押さえるべき重要な注意点を解説します。

法的規制の遵守

節度を持って行われる海洋散骨は合法となっていますが、いくつかの規制があります。

  • 散骨場所:陸地から1海里(約1.852km)以上離れた海域で行う
  • 環境への配慮:粉末状にした遺骨を撒く
  • 船舶の安全基準:使用する船舶が安全基準を満たしているか確認
  • 必要な許可:一部の自治体では散骨に特別な許可が必要な場合がある

安価な散骨サービスを選ぶ際も、これらの法的規制を遵守しているか必ず確認しましょう。違法な散骨は罰則の対象となる可能性があります。

安全確保のための対策

海上での作業には常に危険が伴います。安全確保は最優先事項です。

  • 気象条件の確認:荒天時は延期を検討
  • 適切な装備:救命胴衣など、必要な安全装備の準備(義務)
  • 経験豊富な乗員:海域に詳しいクルーの確保
  • 参加者の体調管理:高齢者や子どもの参加には特に注意
  • 保険加入:万が一の事故に備えた保険の確認
コストを抑えるあまり、安全面を軽視することは避けましょう。安全確保のための費用は必要不可欠です。

信頼できる業者の選定

安価であることだけでなく、散骨業者の信頼性も重要な選定基準です。

  • 実績と評判:長年の実績がある業者を選ぶ
  • 透明性:料金体系や追加費用が明確に提示されているか
  • カスタマーサポート:問い合わせへの対応が丁寧で迅速か
  • ルールの遵守:厚生労働省の散骨に関するガイドライン
  • 口コミや評判:他の利用者の体験談を参考にする
最も安い業者を選ぶのではなく、コストパフォーマンスの良い信頼できる業者を選ぶことが重要です。法令遵守、安全確保、信頼性の3点を特に重視し、故人への敬意を払いつつ、遺族の心に残る海洋散骨を実現することが大切です。
散骨費用が相場よりもはるかに安すぎる業者は、間違いなく「重要な部分」を省いています。悪徳業者も少なくない業界ですから、長年の実績がある業者を選ぶことをおすすめします。

海洋散骨業者の乗船プランを格安にする方法

安い海洋散骨

海洋散骨は従来の埋葬方法に比べて経済的ですが、さらに費用を抑える方法があります。ここでは、海洋散骨を安く済ませるためのポイントを詳しく解説します。

散骨プランと業者選びのポイント

  • 複数の業者を比較:料金プランや口コミを確認し、最適な業者を選ぶ
  • 合同散骨サービスの利用:複数の遺族で費用を分担できる
  • キャンペーンの確認:季節や時期によって特別価格が設定されていることがある
  • 明朗な料金体系:追加料金が発生しにくい業者を選ぶ

最適な時期と場所の選び方

  • オフシーズンの活用:観光シーズンを避けることで船のチャーター料が安くなる可能性がある
  • 平日の利用:週末や祝日を避けることで料金が抑えられることもある
  • 近場の港の選択:遠方の港までの移動費用を節約できる
  • 参加人数の調整:必要最小限の人数で行うことでコストを抑える
  • 天候の良い日を選択:海が穏やかな日を選ぶことで安全性を確保しつつ、延期リスクを減らせる

船の種類とサイズで費用が変わる

船の選択は海洋散骨の費用に大きな影響を与えます。

  • 小型船舶の利用:大型船に比べて料金が安い
  • 定員の多い船の選択:参加人数が多い場合、一人当たりの費用を抑えられる
  • 漁船の活用:観光船よりも比較的安価な場合がある
  • 乗合船の利用:他の遺族と共同で船をチャーターすることで費用を分担

必要最低限のオプション選択

多くの散骨業者は様々なオプションサービスを提供していますが、必要不可欠なものだけを選ぶことで費用を抑えられます。

  • プランの選択:追加サービスを極力控える
  • 供花の簡素化:高価な花束やリースではなくシンプルな花を用意
  • 記念品の省略:写真や動画での記録で代用
  • 自前での準備:献花や献酒の用意など、できることは自分たちで行う
  • 宿泊を伴わない日帰りプランの選択:遠方の場合でも、可能な限り日帰りで行う

海洋散骨の準備を自分でやる

安い海洋散骨

自分たちでできる準備を行うことで、業者への依頼事項を減らし、費用を抑えることができます。

  • 供養グッズの手作り:水溶性の献花、灯籠、紙船、おくり鳩、メモリアルボックス
  • 参加者の手配:業者に依頼せず、直接連絡を取る
  • 当日の撮影:プロのカメラマンを雇わず、家族で撮影
  • 交通手段の手配:業者による送迎ではなく、自前で移動手段を確保

安全面や法的な観点から、業者に依頼すべき部分がたくさんあります。たとえば、粉骨や船の運航、散骨場所の選定などは、専門知識を持つ業者に任せることが望ましいでしょう。しかしそれら以外なら、業者に相談すれば、自分たちの手で準備を進めることは可能です。

費用を抑えつつも、故人への敬意を払い、まごころを込めた供養を行うためには、家族で話し合い、何を自分たちで行い、何を業者に依頼するか・・・節約にはバランスを取ることが大切です。

海洋散骨を自分でやる【セルフ散骨】

安い海洋散骨

セルフ散骨は、業者に依頼せず自分たちで海洋散骨を行う方法です。コスト削減の観点から魅力的に見えますが、意外と安くない上に、様々な準備と注意が必要です。

海の散骨を自分でやることのメリット・デメリット

メリット
  • コスト削減:業者への手数料が不要
  • 自由度の高さ:時間や場所、儀式の内容を自由に決められる
  • プライバシーの確保:家族や親しい人だけで行える
  • 故人との絆:準備から実施まで、故人を偲ぶ時間が多く取れる
デメリット
  • 法的リスク:悪気なく、規制に違反する可能性がある
  • 安全面の不安:専門知識がないと危険を伴う
  • 準備の負担:様々な手配や準備が必要
  • 天候対応:悪天候時の判断や対応が難しい
  • 精神的負担:遺族で全てを行うストレスは大きい

海の散骨を自分でやるのにかかる費用

  • 船のチャーター料:最も大きな費用となる可能性がある(ケースバイケース)
  • 粉骨費用:業者に依頼するのが安全面でおすすめ(遺骨に六価クロムが含まれている場合があるため) 遺骨の六価クロムとは?
  • 散骨用の道具:専用の袋や容器など
  • 交通費:港までの移動費用
  • 宿泊費:遠方の場合
  • 記念品代:写真や動画の記録媒体など

セルフ散骨を検討する際は、これらの点を十分に考慮し、自分たちで行えるかどうか慎重に判断することが大切です。法令遵守と安全確保を最優先に考え、必要に応じて専門家や経験者のアドバイスを求めることをおすすめします。

海洋散骨の費用比較:業者依頼 vs 自分で散骨~どちらが経済的?

こっそり散骨はダメ、絶対!全部自分で散骨すれば0円…はありえない

安い海洋散骨

海岸などで遺灰を撒く「こっそり散骨」は禁止されています(画像はイメージです)

セルフ散骨は一見最も安価に思えますが、実際にはいくつかの費用が発生します。

また、海の散骨は陸地から1海里(1852m)以上離れた洋上で行う必要があります。これは散骨ガイドラインで定められた規制です。この距離を確保するためには、船を利用する必要があります。

自身で船を所有しているにせよ、チャーターするにせよ、相応のコストはかかります。船のチャーター料、燃料費、必要な道具代、交通費などを考慮すると、完全に「0円」で行うことはありえません。

注意点

  • 法的規制の遵守:散骨場所や方法に関する法律を必ず確認
  • 安全確保:海上での作業には危険が伴うため、十分な準備が必要
  • 天候判断:荒天時の判断は専門知識が必要
  • 道具の準備:散骨に必要な道具を自前で用意

いちばん安い海洋散骨プラン【代行散骨】は2種類ある

安い海洋散骨

画像はイメージです

遺族が乗船しないので「代行散骨」がいちばん安く海の散骨を行う方法です。しかし、代行散骨サービスを利用する場合、選択するプランによって費用が大きく変動します。

というのも「代行散骨」には、「合同代行散骨」と「個別代行散骨」の2種類のやり方があるからです。

合同代行散骨と個別代行散骨の違い

委託されたご遺骨を1か所に合同で散骨する「合同委託散骨」の場合と、個別に場所を変えて散骨する「個別委託散骨」の場合とを比べますと、「合同委託散骨」のほうが比較的お安くなる傾向にあります。

散骨を業者へ委託した場合、複数のご遺骨をまとめて施行する業者が多く見うけられます。みんなの海洋散骨では、故人様のご遺骨をお一人様ずつ、丁寧に真心こめて、散骨させていただいております。
引用元:みんなの海洋散骨

代行散骨の料金は2万円台からありますが、これらは合同代行散骨(シェア散骨)です。複数柱の遺骨をまとめて散骨するのですから、安いのは当然です。

5万円前後の代行散骨プランであれば「個別代行散骨」であることが多いですが、これは業者により異なります。金額だけでは合同か個別かの判断はつきません。必ずHPで確認してください。

代行散骨プランはamazonでも買える

安い海洋散骨

安さを重視するなら、合同代行散骨はおすすめできます。

amazonで購入できる「おこつ供養舎」の代行散骨プランは、散骨場所を選べます(東京湾・相模湾・大阪湾・沖縄)

【みんなの海洋散骨の口コミ】散骨代行プランの体験談

海洋散骨

画像はイメージです

ここでは、みんなの海洋散骨で個別の代行散骨を行った口コミを紹介します。

東京湾で母の代行散骨を行った体験談

東京湾の海洋散骨

母が亡くなってから遺骨をどうするかについて、私はずっと悩んでいました。母は自然が大好きで、特に海が大好きだったため、海洋散骨を検討することにしました。

しかし、私自身が船に弱いため、直接参加することは難しいと感じていました。姉と妹は嫁いで遠く離れて暮らしているため、スケジュールを合わせるのも大変です。そんな時に見つけたのが 安い海洋散骨みんなの海洋散骨の代行委託散骨プランでした。

このプランを知った時、正直言うと…他人に母の遺骨を預けることに対して不安や躊躇がありました。しかしネットで調べ、直接問い合わせをしてみると、とても丁寧で信頼できる印象を受けました。特に、散骨前に詳しい説明や手順が提供され、私の不安を一つ一つ取り除いてくれました。

散骨の準備には、まず遺骨をパウダー化(粉骨)する必要があることを知りました。母の遺骨を預けて散骨用に処理して丁寧に包装してもらい、散骨を待つだけの状態にしてもらいました。

みんなの海洋散骨

散骨当日はスタッフが出航して、私たちの代わりに母の遺骨を海へ散骨してくれました。献花や献酒、号鐘や黙祷といった儀式も行われ、母の最後の旅立ちが厳かに執り行われたことが分かりました。散骨の様子を撮影した写真を受け取り、それを見ることで私自身も母の旅立ちを見届けたような気持ちになったのです。さんざん迷ったけどお願いしてよかった!と思いました。

散骨証明書には、散骨海域の詳細な記録や散骨風景の写真が添付されていました。これを手にした瞬間の胸に湧き上がる感情は言葉に尽くせません。母が海に還ったことを実感し、寂しさよりも心がすっきりとしました。大切な母を自分の手で送り出すことができなかったけれど、プロの手でしっかりと送り出してもらえたことに深い感謝と安堵を覚えました。

写真を見た姉と妹も母の最後の旅立ちを実感し、共に涙を流しました。母が自然の中で永遠に安らかに眠ることができると信じて、私たち姉妹は少しずつ前を向いて歩き出すことができました。

安い海洋散骨

散骨を終えた今、母が好きだった海を訪れることが以前よりも増えました。海を見つめるたびに、母がここで穏やかに眠っていると思うと、不思議と心が温かくなります。母が私たちを見守ってくれていると感じることで、日常の中に安らぎと励ましを見つけることができるようになりました。

散骨代行プランを利用して、母の遺骨を東京湾に散骨した経験は、私にとってとても意味深いものでした。母が生前に愛した海に還ることで、彼女もきっと喜んでくれていると信じています。

思い切って海洋散骨を選んで本当に良かったです。海を見るたびに母との思い出が蘇り、爽やかな気持ちになるのです。

奈良から和歌山へ~南紀白浜の散骨代行が結ぶ新たな絆

安い海洋散骨

奈良で生まれ育った私の母が他界して、はや半年が過ぎました。母は生前、「自然に還りたい」と漏らしていたことを思い出し、散骨を考え始めました。しかし、奈良県には海がないため、どうすればいいのかと思っていました。

インターネットで調べるうちに、和歌山県の南紀白浜で散骨代行をしているみんなの海洋散骨を見つけました。最初は単に近場だという理由で検討し始めましたが、問い合わせてみると、その対応の温かさに心を打たれました。故人への敬意と遺族への配慮が感じられ、迷わずこの業者に依頼することにしました。

南紀白浜を選んだのは、母が若い頃によく家族で訪れていた思い出の地だったからです。私は仕事の都合で当日の立ち会いはできませんでしたが、後日、丁寧な報告と写真が送られてきました。

今日、その写真を見て涙が止まりませんでした。紺碧の海に母の遺灰が溶けていく様子が美しく写っていました。奈良の山々に囲まれて暮らしてきた母が、最後は大海原に抱かれる姿に、不思議な安堵感を覚えました。

父の遺灰も一緒に散骨したので、今頃は両親で世界中の海を旅しているのだろうと想像すると、心が温かくなります。母の旅立ちを通じて、自然との繋がりを深く考えさせられました。

富山湾に還る父の思いがけず早かった代行散骨体験談

安い海洋散骨

富山県で生まれ育った父に富山湾での散骨を考え始めました。しかし、私自身は仕事の都合で富山を離れて暮らしており、直接散骨を行うことが難しい状況でした。そこで、インターネットで調べて見つけた富山県の散骨代行業者に問い合わせてみました。

富山の海での散骨ということで依頼者の数も少ないだろうし、正直なところ、年内の散骨は無理だろうと諦めかけていたのです。ところが、予想に反してみんなの海洋散骨からの返答は前向きなもので、年内の散骨の日程が決まって本当に助かりました。

散骨終了後に送られてきた写真には、静かな富山湾の風景が写っていました。立山連峰を背景に父の遺灰が海に還る様子に、胸が熱くなりました。海の散骨にしてよかったです。

 

【安い海洋散骨】まとめ

安い海洋散骨

散骨費用が安い業者に依頼する際は、コスト削減の背後にあるリスクを理解することが重要です。

安価な業者は重要なサービスや配慮を省いている場合が多く、散骨後に追加費用を請求されたり、故人の尊厳が守られないことも考えられます。特に家族が立ち会えない場所で行われる悪質行為には十分な注意が必要です。※具体的には、代行散骨料金が2万円を切る業者は避けた方がいいと思います(個人的主観です)

合同委託散骨が個別委託散骨よりも安い理由や、それぞれの利点と欠点を理解しておくことが、適切な選択をするための鍵となります。一柱ずつ丁寧に散骨をしたい場合は、費用はやや高くなるものの個別委託散骨が最適です。家族にとって最も重要なのは、故人の望みを尊重し、経済的負担や人間関係の負担を軽減する選択です。

大切な方への最後の供養方法を選ぶのは、心労の多い作業だと思います。費用面での不安も大きいことでしょう。しかし、この記事を読むことで、海洋散骨を比較的安価に、かつ心を込めて行う方法について理解を深めていただけたのではないでしょうか。

故人への想いを大切にしながら、ご家族にとって最適な選択ができますように。費用面だけでなく、法令遵守や安全面にも十分注意を払い、心に残る海洋散骨を実現してください。ご不明な点があれば、信頼できる海洋散骨業者に相談することをおすすめします。きっと、皆様の心に寄り添ったアドバイスをいただけるはずです。

タイトルとURLをコピーしました