海洋散骨ブルーオーシャンセレモニーは「また会いに行ける」が評判

海洋散骨
記事内に広告が含まれています
もくじ

ブルーオーシャンセレモニーは、海洋散骨を専門とする葬儀サービスです。故人を自然に還すためのプランを提供し、東京湾や横浜を中心に全国でサービスを展開しています。環境に優しい葬送方法として注目される海洋散骨は、遺骨を粉末状にして海に撒くことで自然の一部となることを目指します。

海洋散骨を検討している方の多くは、お墓の後継者問題や維持管理の負担に悩んでいます。また、自然に還りたいという故人の希望を叶える方法としても関心が高まっています。しかし、具体的な手続きや信頼できる業者選びに不安を感じている方も多いでしょう。このまま適切な対応を先延ばしにすると、遺骨の扱いに関する問題が長期化し、精神的な負担が増える恐れがあります。

この記事では、ブルーオーシャンセレモニーの具体的なサービス内容や利用手順を詳しく紹介します。たとえば、チャーター散骨や合同散骨、代行散骨などの多様なプランがあり、それぞれの特徴やメリットを解説します。また、初回相談から散骨当日までの流れ、アフターサービスについても詳しく説明します。これにより、読者が安心してサービスを選び、故人を自然に還すための最適な方法を見つけられるようサポートします。

ブルーオーシャンセレモニーとは?

ブルーオーシャンセレモニー

画像はイメージです

ブルーオーシャンセレモニーは、海洋散骨を専門とする葬儀サービスです。東京湾や横浜を中心に全国でサービスを提供し、故人を海に送り出すことで自然に還ることをサポートしています。

サービスの概要

ブルーオーシャンセレモニーは、環境に配慮した海洋散骨を行っています。このサービスでは、遺骨を粉末状にして海に散布することで、自然に還る形をとります。また、個別散骨や合同散骨など、多様なプランを提供しています。

サービスの特徴

  • 多様なプラン: チャーター散骨、合同散骨、代理委託散骨などが選べます。
  • 全国対応: 東京湾をはじめ、沖縄やハワイなど全国各地に対応しています。
  • 自社所有の船: 高品質なサービスを提供するための専用船舶を所有しています。

ブルーオーシャンセレモニーでは、故人との特別な時間を大切にし、心温まるセレモニーを提供します。たとえば、メモリアルクルーズでは、散骨後も故人に会いに行くことができます。

海洋散骨のメリット

ブルーオーシャンセレモニー

画像はイメージです

海洋散骨は、環境に配慮した自然葬の一種であり、様々なメリットがあります。

自然への還元

海洋散骨は自然に還る方法として注目されています。故人を海に送り出すことで、自然の一部となることができます。

  • 環境への配慮: 遺骨を粉末状にして海に散布することで、環境への影響を最小限に抑えます。
  • 自然の一部に: 故人を自然に還すことで、海と一体となり、永遠に海に眠ることができます。

お墓の管理負担の軽減

お墓の管理や後継者の問題がなくなり、家族の負担を軽減することができます。

  • 後継者問題の解消: お墓の維持管理の必要がないため、家族に負担をかけません。
  • 経済的負担の軽減: お墓を建てる費用や維持費がかからないため、経済的な負担が軽減されます。

終活としての生前予約

海洋散骨を生前予約をすることで、将来の不安を解消し、家族に負担をかけない選択が可能です。

  • 将来の不安解消: 生前に予約することで、将来の不安を解消できます。
  • 家族の負担軽減: 家族に負担をかけずに、自分の希望通りの散骨を行えます。

 

ブルーオーシャンセレモニーのプラン

海

ブルーオーシャンセレモニーでは、故人の希望や家族の状況に応じて選べる多様なプランを提供しています。

チャーター散骨プラン

家族や友人とともにプライベートな時間を過ごせるチャーター散骨プラン。専用船を貸し切り、故人との最後のひとときを大切にできます。

  • プライベート空間: 専用船を貸し切ることで、他の人に気兼ねなく故人を偲ぶことができます。
  • ゆっくりとした時間: 家族や友人とゆっくりと時間を過ごしながら散骨を行います。

合同散骨プラン

他の家族と合同で行う散骨プラン。コストを抑えながらも手厚いサービスが受けられます。

  • コストパフォーマンス: 複数の家族で一緒に散骨を行うことで、費用を抑えられます。
  • 手厚いサービス: 専門スタッフがしっかりとサポートし、丁寧に散骨を行います。

代行散骨プラン

遠方に住んでいる方や時間が取れない方のための代理委託散骨。信頼できるスタッフが故人を丁寧に送り出します。

  • 遠方対応: 遠方に住んでいる家族に代わって散骨を行います。
  • プロフェッショナルな対応: 専門のスタッフが責任を持って散骨を行います。

ブルーオーシャンセレモニーの利用者の声と体験談

パソコンを見る夫婦

ブルーオーシャンセレモニーを利用した方々の声や、これまでの実績を紹介します。

利用者の口コミ

実際に利用した方々の声を紹介します。多くの利用者から高い評価を得ていることが分かります。

  • 満足度の高いサービス: 利用者からは、「スタッフの対応が親切で安心できた」「メモリアルクルーズで故人に会いに行けるのが良い」といった声が多く寄せられています。
  • 心温まるセレモニー: 「故人を丁寧に送り出してもらえて感謝している」という声も多くあります。

今回、父の散骨でお世話になりました。数年前、母の散骨でもお世話になっており、今回もお願いしました。打ち合わせもリモートが可能でしたので、遠方の自分にとっては非常に助かりました。当日は天候もよく、家族と親戚数名と笑顔でおくり出すことができ、とてもよい散骨式となりました。打ち合わせ、当日担当いただいたスタッフの方々、船長さん、もとても親切なご対応、感謝しています。

自分の場合、母、父共に散骨を希望していたこともあり実現出来ましたが、近年お墓を維持することのご負担に悩まれる方も多いと伺います。各ご家族、考え方色々かと思いますが、自分としてはとても良かったと思っていますので、気になっている方はご相談だけでもしてみてはいかがでしょうか。お墓はなくても、海はどこへでも繋がっていますので、海を見る機会があれば心の中で手を合わせる。そんな風に過ごせています。

散骨だけでなく、いろんな所を見せてくれたりしていただいて他にはないとても楽しい思い出と体験になりました!船内もとても綺麗で楽しかったです!

東京湾での海洋散骨クルーズは、静かで心に響く体験でした。羽田空港の飛行機が飛び交う中、故人を見送る特別な瞬間があります。また、近くで舞うカモメが、自然との共存を感じさせ、穏やかな気持ちで故人を送ることが出来る貴重な体験です。スタッフの皆さまの丁寧な対応も感謝致します。

上記引用元:Googleのブルーオーシャンセレモニーの口コミ

【ブルーオーシャンセレモニーの体験談】父との最期の船旅~羽田沖の東京湾で代行散骨

海を見る女性

画像はイメージです

代行散骨 父の海洋散骨を行うことになったのは、彼自身の強い希望でした。長い闘病生活の中でも、元気な頃の父は釣りが大好きで、船舶免許を取るほど海を愛していました。その父が「お墓には入らず、海洋散骨にしてほしい」と言い残していたのです。葬儀屋の方が紹介してくれたブルーオーシャンのパンフレットを見て、私たちはこの業者に決めました。

散骨当日は母と二人で参加しました。12月の快晴の日、風も穏やかで暖かい天気に恵まれました。東京都勝どきから出航し、羽田空港沖の東京湾で代行散骨を行いました。他にも6組ほどの家族が参加し、停泊した船に順番に乗りこむと、各テーブルには故人の写真やお花が飾られていました。業者の方からお悔やみの言葉をいただき、散骨の流れを説明してもらいました。代行散骨なので説明後に船を降り、出航する船に手を振って見送りました。

代行散骨プランは5~6万円程度と、他のプランよりもリーズナブルだったため選びました。母と二人だけの参加で貸切は仰々しいと感じたことも理由の一つです。お花も業者に予約できましたが、父が好きだった色を選びたかったので、業者の了解をとって自分たちで用意しました。

実は、故人の好きだった伊豆方面での散骨を希望していましたが、予約が先になるため、勝どきからのプランに変更しました。それでも当日は本当に天候が良く、他の家族も穏やかな表情で見送り、素晴らしい思い出になりました。

後日、業者から散骨した位置(緯度・経度)をメールで教えてもらい、一周忌には羽田空港からその場所を眺めに行きました。父が海を好きだったこと、そして「海がお墓なら、いつでも会いに来られる」という思いから海洋散骨を希望しましたが、この選択は大正解でした。広い空を眺めながら、形式にとらわれないその日の流れも、私と母の心を穏やかにしてくれました。

【ブルーオーシャンセレモニーの体験談】すがすがしい思い出になった博多湾のチャーター散骨

海洋散骨

画像はイメージです

チャーター散骨  祖父の海洋散骨を行いました。大腸がんを患い、何度も入退院を繰り返していた祖父は、病により気弱になっていました。そんな時、海洋散骨についてテレビで見たようで、「自分もそうしてほしい」と言い始めました。祖母は最初こそ反対しましたが、祖父の強い意志を尊重し、最終的に同意しました。そして数か月後、私たちは福岡県西福岡マリーナから出港し、博多湾で散骨を行いました。

当日は私を含めて親戚10人が参加しました。天候にも恵まれ、冬の寒さを除けばとても穏やかな日でした。ブルーオーシャンセレモニーのスタッフさんは言葉遣いも丁寧で、明るすぎず暗すぎない絶妙な対応をしてくれました。祖母と私は祖父が海洋散骨を希望した理由や思い出を話しながら、その時間を過ごしました。

貸切のクルーザーに乗り込み、20分ほどで散骨ポイントに到着しました。事前にパウダー化された遺骨を持ってきたスタッフから、小分けされた遺骨を一人ひとりに渡され、穏やかなBGMの中、祖父の遺骨を海に撒きました。波の音にかき消されて声がけはよく聞こえませんでしたが、皆が祖父に向かって心の中で語りかけているのが伝わってきました。

その後、花びらと水、お酒を海に撒き、全員で黙とうを捧げました。祖父を大海原に還す瞬間は、心が温まると同時に、祖父への思いが溢れ、胸が熱くなりました。散骨が終わり、陸に戻った時、祖母は「やってよかった。本人の最後の願いだから」と穏やかな笑顔で話していました。最初は前向きではなかった祖母も、散骨を通して心が晴れたようでした。

祖父の海洋散骨は私たちにとって強烈なインパクトとともに、すがすがしい気分にさせてくれるものでした。大自然に還るという最後の選択はとても自然であると感じます。祖父の最期の願いを叶えることができ、私たち家族にとっても心温まる思い出となりました。

【ブルーオーシャンセレモニーの体験談】合同乗船散骨で銚子の海に届けた親友の最後の願い

ブルーオーシャンセレモニー

画像はイメージです

代行散骨 私は親友の海洋葬を行いました。彼女は身寄りがなく、父親は音信不通、母親はすでに他界。彼女の遺言で海洋散骨を頼まれていたため、私が喪主となりました。

彼女から託されたエンディングノートには、葬式の後、故郷の海にお骨を散骨してほしいと書かれていました。彼女は「お墓に母親がいるとは思えない」と言い、銚子に近い場所に帰りたいという希望を託していました。

その希望を叶えるため、私は海洋散骨を決意しました。当日は6月にしてはよく晴れた日で、風が心地よく感じられました。合同乗船散骨プランを選んだため、他にも3組の家族が乗船していました。私は亡くなった親友の共通の友人2人と一緒にクルーザーに乗り込み、銚子港を出発しました。

「故人様がきっと空の上から見守ってらっしゃいますよ」というスタッフの言葉に、緊張が少しほぐれました。散骨する場所に到着すると、順番に散骨を始めました。私たちのグループも一人ずつ、お骨の入った袋を海に投げ、お花とお酒を捧げました。お骨は白く広がりながら波の中に消えていき、その様子を見ていると、涙が止まりませんでした。

「ああ…これで完全にお別れなんだな」と思ったものの、「これで彼女がゆっくり海で眠れるのだ」と考えた瞬間、彼女の死を受け入れることができた自分の心の変化に気づき、少しホッとしたのを覚えています。

海洋散骨は家族や身内だけが行うものだと思われがちですが、私たちのような友人グループでも問題なく執り行うことができました。晴れた日の海はとても美しく、落ち込んでいた心を優しく癒してくれました。心が晴れやかになり、前向きな気持ちを持てたことで、海洋散骨は故人だけでなく、残された人々のためにもあるのかもしれないと感じました。

故人の願いを叶えるだけでなく、自分の気持ちに区切りをつけることができた点が、とても良かったと思っています。

ブルーオーシャンセレモニーを利用する手順

海

ブルーオーシャンセレモニーを利用する際の手順を説明します。初回相談から散骨当日、アフターサービスまでの流れを紹介します。

初回相談

まずは、電話やメールでの初回相談から始めます。希望する散骨のスタイルやエリア、予算などを相談します。

  • 相談方法: 電話やメールで簡単に相談が可能です。
  • ヒアリング: 希望する散骨のスタイルやエリア、予算をヒアリングします。

プランの選定

相談内容に基づいて、最適なプランを提案します。チャーター散骨、合同散骨、代理委託散骨の中から選びます。

  • チャーター散骨: プライベートな船で行う散骨。家族や親しい友人だけでゆっくりと故人を偲ぶことができます。
  • 合同散骨: 複数の家族と合同で行う散骨。費用を抑えながらも、手厚いサービスが受けられます。
  • 代理委託散骨: 遠方に住んでいる方や時間が取れない方に最適なプラン。専門スタッフが丁寧に散骨を行います。

予約と準備

プランが決定したら、正式な予約を行います。日程調整や必要な書類の準備など、事前準備を進めます。

  • 正式予約: プランが決まったら、予約を確定します。
  • 日程調整: 散骨の日程を調整し、参加者全員の予定を確認します。
  • 書類の準備: 散骨に必要な書類を準備します。たとえば、故人の遺骨証明書や身分証明書などが必要です。

散骨当日

当日は、指定の場所に集合し、船に乗って海洋散骨を行います。故人を偲ぶ時間を大切にし、必要に応じて写真撮影やメモリアルクルーズを実施します。

  • 集合場所: 指定された場所に集合し、船に乗り込みます。
  • 散骨セレモニー: 船上で故人を偲ぶセレモニーを行い、遺骨を海に撒きます。
  • 写真撮影: 希望に応じて、散骨の様子を写真に収めます。

アフターサービス

散骨後も、メモリアルクルーズやお参りツアーなど、アフターサービスを提供します。故人との思い出を大切にするためのサポートが続きます。

  • メモリアルクルーズ: 散骨を行った海域に再訪し、故人を偲ぶクルーズを提供します。
  • お参りツアー: 散骨を行った場所を巡るツアーを企画し、故人との思い出を大切にします。

メモリアルクルーズに乗船してきました。以前散骨でもお世話になりましたが、スタッフの方々の温かいお心遣いに大変感謝しております。マニュアル通りの、形だけのお仕事ではなく、参加者の気持ちに寄り添った温かいガイドをされている会社です。メモリアルクルーズは毎回盛況でだそうで、今回もほぼ満席でした。皆さん複数人での参加でしたので、1人で参加した自分には若干賑やかしかったかな?もう少し静かな雰囲気で故人を偲べる雰囲気を想像していたので。
引用元:Googleのブルーオーシャンセレモニーの口コミ

このように、ブルーオーシャンセレモニーでは、故人との特別な時間を大切にし、自然に還る海洋散骨をサポートしています。サービスの多様なプランや丁寧な対応により、多くの利用者から高い評価を得ています。公的機関のガイドラインに基づいた安全な手続きを行い、安心して利用できるのも大きな魅力です。終活の一環としての生前予約や、故人との思い出を大切にするアフターサービスも充実しており、家族にとって負担の少ない選択肢となります。

よくある質問

女性

ブルーオーシャンセレモニーの散骨の所要時間はどれくらいですか?

ブルーオーシャンセレモニーの散骨の所要時間は、一般的には約1時間から2時間程度です。具体的な時間は、セレモニーの内容や天候、海の状態などによって異なる場合がありますが、基本的にはスムーズに進行されます。

ブルーオーシャンセレモニーの際の服装はどのようなものが適していますか?

ブルーオーシャンセレモニーの際の服装は、フォーマルすぎないシンプルで落ち着いた服装が適しています。桟橋など公共の場所を使うので、喪服は避けた方がいいです。散骨は海上で行われるため、動きやすく、天候に合わせた防寒対策や日焼け対策も考慮してください。また、船に乗ることが多いので、滑りにくい靴を選ぶことも重要です。

ブルーオーシャンセレモニーに家族や友人を同伴できますか?

はい、ブルーオーシャンセレモニーには家族や友人を同伴することが可能です。ただし、船の定員やセレモニーの規模によって人数に制限がある場合がありますので、事前に確認しておくことをおすすめします。多くの業者は、親しい人々が一緒に故人を偲ぶことができるように配慮しています。

ブルーオーシャンセレモニーの散骨エリアはどこがありますか?

ブルーオーシャンセレモニーの散骨エリアは、日本各地の美しい海域が選ばれています。主な散骨エリアには、東京湾、相模湾、湘南海岸、伊豆諸島周辺、瀬戸内海、九州沿岸などがあります。また、ハワイなど海外の美しい海域も選択肢に含まれます。それぞれのエリアは、故人や遺族の希望、アクセスのしやすさ、海の穏やかさなどに基づいて選ばれます。事前に業者と相談して、希望に沿った最適なエリアを決定することができます。

ブルーオーシャンセレモニーの後、供養や祭壇はどうすればいいですか?

ブルーオーシャンセレモニーの後も、故人を偲ぶための供養や祭壇を設けることができます。自宅に祭壇を設けることも一つの方法ですが、専用のメモリアルスペースや仏壇を用意する方もいます。また、年忌法要や命日などに合わせて、海へ向けてお祈りを捧げることも良い供養の一つです。供養の方法は家庭の事情や宗教的な背景に応じて選ぶことが大切です。


お墓の管理や後継者問題、遺骨の扱いに悩んでいる方にとって、海洋散骨は理想的な解決策です。自然に還ることで故人の希望を叶え、家族の精神的・経済的な負担を軽減することができます。

ブルーオーシャンセレモニーの利用手順やサービス内容を理解し、最適な選択をすることで、故人を尊重しながら、家族にとっても満足のいく送り方が実現します。詳しくは、ブルーオーシャンセレモニー公式サイトをご覧ください。

Story(ストーリー)で海洋散骨後の供養や故人を偲ぶ会

ブルーオーシャンセレモニー

海洋散骨後の供養や偲ぶ会など、供養に関する様々なニーズに応えるために、ブルーオーシャンセレモニーの同グループにStory(ストーリー)というサービスがあります。ここではそのサービス内容について詳しく紹介します。

Story(ストーリー)とは

Story(ストーリー)は、お別れ会や偲ぶ会、社葬の相談から当日進行までトータルサポートするサービスです。全国で利用でき、海洋散骨後の会食や精進落とし、四十九日や年忌法要など、様々な行事にも対応しています。

コロナ禍では、直葬に近い葬儀しかできなかった方がたくさんいたことが記憶に新しいです。そういった人たちが、アフターコロナの昨今では「故人を偲ぶ会」を主催するケースが増えており、Story(ストーリー)はそのようなニーズに応えています。

  • お別れ会・偲ぶ会のサポート
    個人や企業が主催するお別れ会や偲ぶ会をトータルでサポートします。会場選びから進行、演出まで全てをプロが担当します。
  • 社葬のサポート
    企業が行う社葬の企画・運営をサポートします。従業員や関係者が故人を偲ぶ場を提供します。
  • 会食・精進落としの手配
    海洋散骨後の会食や精進落としの手配を行います。親族や友人と共に故人を偲ぶ時間を提供します。
  • 法要・年忌法要のサポート
    四十九日や一周忌、三回忌などの法要をサポートします。宗教的な儀式だけでなく、無宗教の方にも対応します。

サービスの特徴

  • トータルサポート
    Story(ストーリー)は、相談から当日進行まで全てのプロセスをサポートします。経験豊富なスタッフが、個々のニーズに合わせたプランを提案し、安心して任せることができます。
  • 全国対応
    Story(ストーリー)のサービスは全国で利用可能です。地域に関係なく、どこでも高品質なサービスを提供します。
  • 多様なニーズに対応
    海洋散骨後の会食や精進落とし、年忌法要など、多様なニーズに対応します。
  • 無宗教の方への対応
    無宗教の方でも利用できるStory(ストーリー)のサービスは、宗教的な決まりに縛られず、自由に故人を偲ぶことができます。年忌法要を行わない場合でも、親族や友人を集めて偲ぶ会を催すことができます。

タイトルとURLをコピーしました