本サイトには広告が含まれます
PR

【海洋散骨の手続き】初めての方のよくある質問にお答えします

海洋散骨の手続き

【海洋散骨の手続き】初めての方のよくある質問にお答えします

海洋散骨

海洋散骨という言葉が最近よく聞かれるようになりました。伝統的な墓地埋葬の代わりに、経済的負担を減らしつつ環境問題にも配慮した、新たな供養方法として注目されています。しかし、海洋散骨を自分で行うには許可や法律の確認、環境への配慮など、気をつけるべきポイントがたくさんあります。

この記事では、海洋散骨の手続きや法律、必要書類、そして実施する場所の決定方法について詳しく解説します。また、準備から当日の流れ、そして散骨後の供養方法まで、一連のプロセスをわかりやすく説明しています。

散骨を考えるにあたり、どのような注意点があるのか、適切な業者の選び方や費用についての情報から、より安心して実施できるようサポートします。故人の望みを尊重し、家族にとって最善の方法を選ぶためのガイドとして是非ご活用ください。本記事を通じて、海洋散骨の理解を深め、安心してそのプロセスに進んでいただければ幸いです。

海洋散骨に違法性はないが自分で適切に行うのは難しい
【海洋散骨前】手続きと事前準備
【海洋散骨当日】セレモニーの流れ
【海洋散骨後】供養方法

【海洋散骨前】事前準備と手続き

大切な人のために最善の選択をするのはとても重要なこと。海洋散骨は、環境問題や墓地不足を解消しつつ、故人の望みを尊重できる選択肢です。ここでは、海洋散骨を検討する際の手続きや準備について詳しく解説します。

海洋散骨の必要書類

海洋散骨を行うためには、いくつかの重要な書類が必要です。

まず、故人の火葬許可証と埋火葬証明書を取得しておくことが基本です。また、遺族の身分証明書(住民票や運転免許証など)も必要となる場合があります。さらに、海洋散骨業者が要求する申請書や同意書などの書類も用意しておくことが求められます。

業者によっては細かな違いがありますので、事前に確認しておくと安心です。必要書類を揃えることで、スムーズに手続きを進めることができます。

散骨場所の決定

みんなの海洋散骨

引用元:みんなの海洋散骨
散骨場所の選定は重要なステップの一つです。海洋散骨は日本各地で可能ですが、場所によっては特別な許可が必要になることがあります。故人が好んだ海域や思い出の場所を選ぶ場合は、その海域の利用に関する法規制を確認しておくことが大事です。

また、海洋散骨業者が推奨するスポットも参考にするとよいでしょう。環境に配慮し、他人に迷惑をかけない場所を選ぶことが肝要です。適切な場所を選ぶことで、故人の遺志を尊重した散骨ができるでしょう。

海洋散骨前日までの流れ

予約から散骨前日までの流れ
  • STEP1
    予約
    信頼できる海洋散骨業者を選び、散骨の日を予約します。
  • STEP2
    打ち合わせ
    業者と詳細な打ち合わせを行い、必要書類や手続きについて確認します。
  • STEP3
    書類の準備
    必要な書類を全て揃えます。火葬許可証や埋火葬証明書、身分証明書など。
  • STEP4
    支払い
    料金の支払いを行います。費用は業者によって異なるため、事前に確認しておきましょう。
  • STEP5
    確認
    前日に再度業者と連絡を取り、最終確認を行います。場所や集合時間の確認も忘れずに。

【海洋散骨当日】セレモニーの流れ

海洋散骨当日は、故人への最後の別れを偲ぶ日です。スムーズに進行するために、当日の流れを把握しておきましょう。ここでは、乗船散骨と代行散骨それぞれのセレモニーの流れを説明します。

乗船散骨の当日の流れ

乗船散骨の流れ
  • STEP1
    集合
    指定された場所と時間に集合します。遺族みんなが揃っていることを確認しましょう。
  • STEP2
    乗船
    業者による説明を受けた後、船に乗り込みます。安全確認をしっかりと行います。
  • STEP3
    移動
    散骨場所まで船で移動します。途中で故人や思い出について語り合う時間です。
  • STEP4
    セレモニー
    散骨ポイントにに到着後、セレモニーを行います。故人へのお祈りやお別れの言葉を捧げます。
  • STEP5
    散骨
    遺灰を慎重に海に撒きます。黙祷と号鐘があります。
  • STEP6
    帰港
    帰港して解散です。観光オプションのある業者もあります。

代行散骨の当日の流れ

代行散骨の流れ
  • STEP1
    業者からの連絡・確認
    業者から散骨予定日の連絡や確認が入ります。遺族は乗船しませんが、出航場所まで最後のお見送りができる業者もあります。
  • STEP2
    セレモニー
    業者が代理でセレモニーを行います。通常、写真やビデオでその様子を記録したり、オンライン視聴できる業者もあります。
  • STEP3
    散骨
    業者が代理で遺灰を海に撒きます。
  • STEP4
    報告書受領
    セレモニー終了後、散骨証明書や写真・ビデオなどが届きます。
  • STEP5
    後日確認
    必要に応じて、業者と再度連絡を取り、疑問点や不安を解消します。

 

【海洋散骨後】供養方法

伝統的な墓地埋葬と違い、海洋散骨には特有の供養方法があります。この記事では、四十九日や年忌法要、追悼式・故人を偲ぶ会、メモリアルスペースの作り方、遺骨アクセサリー、そしてメモリアルクルーズのような、具体的な供養方法をご提案します。

四十九日や年忌法要(省略してもOK)

海洋散骨は宗教不問、無宗教の人でも行える葬送方法です。よって海洋散骨後の四十九日や年忌法要(仏教式の供養法)などは特に必要なく、遺族の意向により省略しても問題ありません。ただし、故人を偲ぶ家族や友人が多い場合、法要を行うことで故人への思いを共有する良い機会になります。

海洋散骨を選ぶ背景には、従来のお墓参りが困難な事情もありますので、自宅や親しい場所で法要を行うのも一つの方法です。簡略化された法要でも、故人を偲ぶ心は十分に伝わります。

追悼式・故人を偲ぶ会

海洋散骨後には、追悼式や故人を偲ぶ会を行う方も多いです。特に散骨に立ち会えなかった方々にとって、このような機会は大切な時間となります。

家族や友人が集まり、故人との思い出を語り合う場を設けることで、悲しみを共有し、その後の生活を支える力に変えることができます。追悼式はフォーマルなものでなくても、温かい雰囲気で行えば問題ありません。

メモリアルスペースを作る

手元供養の仏壇

手元供養の仏壇 手元供養の仏壇

自宅に故人のためのメモリアルスペースを作ることも素晴らしい供養方法です。写真や遺品、お花などを飾り、故人を感じることができる場所を設けましょう。

特に海洋散骨を選んだ場合、節目ごとにどこに行けばよいか迷うことがあるかと思います。そんなときに家の中にメモリアルスペースがあると心の拠り所になり、安らぎが得られます。

遺骨アクセサリーの利用

手元供養の遺骨アクセサリー

遺骨アクセサリーを利用することで、故人を常に身近に感じることができます。ペンダントやリングに故人の遺骨を少量封じ込めることで、いつでも手元に故人の存在を感じられます。

特に海洋散骨後は物理的な場所がなくなるため、このようなアクセサリーが心の支えとなります。スタイリッシュなデザインも多いので、日常で違和感なく身に着けられます。

ソウルジュエリー「オープンハート」 シルバー925 誕生石タイプ

インナーポケット機能が付いており、最愛の方やペットの形見や遺灰を収納できる遺骨ペンダント。トップ、チェーン共にシルバー925製。ハートにかかったリングにきらめく誕生石とジルコニアが光ります。ハートを支えるリングには、立て爪で7粒の石があしらわれていて、この7粒(真ん中が誕生石)がハートの上でキラキラ輝きます。
 
愛犬をいつも身近に感じることができます。デザインも素敵なので、満足です。
ペンダントヘッドは写真で見て想像するよりも大きくてきれいでした。漏斗がついているので遺骨を入れやすくてよかったです。

ソウルジュエリー「ピルラ」【生活防水・ステンレス】刻印OK

金属とは思えないやわらかなフォルムが魅力のピルラ。からだにやさしいステンレス製に「生活防水」をプラス。メッセージや名前の刻印が入ります。チェーンもステンレス製で、2つのチェーン、3つの長さから選べます。
 
長く愛用したいので、変色が少ないステンレス製がいいと思いました。シンプルで素敵なデザインですが、ペンダントヘッドは想像していたより大きくて存在感がありました。母の納骨に合わせて購入しました。これからは母と一緒にいられると思うと心強くて安心できます。
愛犬を亡くして遺骨ペンダントを探していたところで出会いました。デザインがすてきで刻印もしてもらえるのがうれしいです。思っていた以上にかわいいペンダントで満足です。これから愛犬とずっと一緒にいられます。

ソウルジュエリー「リング ハート」 シルバー925

ぷっくりとしたハート型のインナーポケットに、同じハート形のキュービックジルコニアが輝きます。スネークデザイン(らせん状で閉じていない指輪)なので、広げたり狭めたりして使いやすいサイズにできます。
 
ネジのゆるみを防止する固着剤に気配りを感じます。思っていた以上にキラキラしたかわいいリングです。愛犬の遺骨をいれていつもつけています。遺骨アクセサリーはネックレスやペンダントはたくさんありますが指輪タイプはほとんど見かけなかったのでうれしいです。自分で遺骨を納められるのも安心感があります。
キュービックジルコニアのキラキラが本当にすてきです。これから愛猫と一緒にどこにで行けると思うとワクワクします。

ソウルジュエリー「ツイスト」シルバー925 誕生石タイプ

シンプルでゆるやかなカーブがさまざまな表情を生み出す「ツイスト」は貴金属の輝きが引き立ちます。シンプルで飽きのこないデザイン。トップ、チェーン共にシルバー925製です。
 
中身を入れていなくても重みがあり、気に入ってます。これをつけると愛犬と一緒にいられるようでホッとします。
実家の愛犬が亡くなり、がっかりしていた母に頼まれて購入しました。とても満足しているようです。誕生石が入れられるのがすてきですね。

ソウルジュエリー「プチウフ」シルバー925 誕生石タイプ

プチウフとは小さなたまご(ウふ)の意。トップ、チェーン共にシルバー925製です。このペンダントには文字入れはできません。見本画像の宝石はダイヤモンドですが、好みの誕生石をオーダーできます。
 
愛犬がなくなり、悲しさと寂しさでペットロスから抜け出せないでいました。そんなとき遺骨ペンダントのことを知り、いつも一緒にいられればあの子を感じていられるのでは?と思い購入しました。小さくて丸いフォルムがあの子のイメージで、気に入っています。誕生石が選べるのもいいです。
ペンダントトップの大きさがちょうどいい感じです。いつも身につけられて、自分で遺骨を納めるので「間違いなくそこにいてくれる」安心感があります。

ソウルジュエリー「リングクリップ」シルバー925 刻印タイプ

ゴールドの丸みを持たせたネジの個性的なデザイン。リング クリップは重なり合う部分を留めるように配されたネジがアクセントです。ネジをあえて指輪の前面に置き、金色の鍍金をかけておしゃれにまとめました。ネジが内側にあるタイプではありませんので不安を感じられる方にも安心なゆるみ止めを付属品にお付けしました。
 
遺骨アクセサリーの指輪タイプはほとんど見かけることがなかったですが、ソウルジュエリーに登場したのですぐに注文しました。シンプルで飽きのこないこのデザインが好きです。

ソウルジュエリー「ルーナ」【生活防水・ステンレス】刻印OK

夜空の三日月と3つの星があなたを見守ります。からだにやさしいステンレス製に「生活防水」をプラスした。メッセージや名前の刻印が入ります。チェーンもステンレス製で、2つのチェーン、3つの長さから選べます。
 
わが子を1歳で亡くし、歯だけでも持っていたいと思って火葬場で分骨の手続きをました。遺骨ペンダントにそのまま入らないので、粉にして入れました。イニシャルや名前・生年月日の刻印が気に入っています。
愛猫が亡くなって手元供養のためにこちらを購入。刻印が丁寧に刻まれていて、とてもきれいです。いつも肌身離さずつけています。

メモリアルクルーズ(年忌法要クルーズ)

沖縄のメモリアルクルーズ

年忌法要や記念日の際にメモリアルクルーズを行うのも、一つの方法です。海洋散骨を行った場所を訪れることで、故人への思いを新たにすることができます。

特に、家族や親しい友人と一緒にクルーズを楽しむことで、自然と亡き故人を思い出し、心の中で供養する意味があります。また、海の美しい風景を見ながら、心を癒す時間を過ごすことができるでしょう。

 

海洋散骨に違法性はないが自分で適切に行うのは難しい

海洋散骨は故人の遺志を尊重し、美しい自然の中での最期の送り方として選ばれることが多いですが、自分で適切に行うことは容易ではありません。法律や環境への配慮など、さまざまな側面を考慮する必要があり、しっかりとした準備と手続きが求められます。ここでは、海洋散骨について詳しく述べていきます。

海洋散骨の許可

基本的に、海洋散骨を行うための許可は必要ありません。その理由は、適切な方法で散骨すれば埋葬に該当せず、遺骨遺棄罪に触れないためです。

ただし、自治体によって散骨が認められている海域や場所が異なることがあります。ある自治体では特定の海域での散骨を認めている一方、別の自治体では特定の禁止海域があることがあります。そのため、散骨を行う前に、散骨を希望する海域がどの自治体の管轄であるかを確認しておくことが大切です。

散骨の際には必要な手続きや申請書類が自治体ごとに異なる上に、今後ガイドラインを設ける自治体が増えることもあります。事前申請が必要なケースができたり、一部の内容を変更する場合もありますので、事前に各自治体に問い合わせておくのが賢明です。

いずれにしても、海洋散骨ははるか沖合まで船を出して行うものなので、個人が自分で適切に立ち回るのはむずかしいです。海洋散骨専門業者の助けを借りることで、スムーズに進めることが推奨されます。

海洋散骨の法律とガイドライン

海洋散骨は、日本においては「遺骨遺棄罪」に触れないよう注意しなければなりません。法律上、遺骨を遺棄することは禁じられており、適切な手続きと方法が求められます。環境庁が提供するガイドラインに遺骨の適切な処理方法や散骨場所の選定、船舶の使用条件などが明示されています。

また、散骨する際には遺骨を粉末状にすることが必須であり、これにより海洋環境への影響を最小限に抑えることができます。散骨を自分で行う際も、こうしたガイドラインを遵守することが求められます。

 

環境への配慮…意外と知らない有毒な六価クロム

海洋散骨において環境配慮はとても重要な課題です。遺骨の中には微量ながらも「六価クロム」と呼ばれる有害物質が含まれることがあります。六価クロムは環境中で毒性を示すため、適切な処理が欠かせません。専門業者による遺骨の粉末化プロセスでは、六価クロムの浄化や分解が行われることが多いです。

六価クロムが検出されても無害化処理すれば大丈夫

海洋散骨の法律
粉骨工程で、遺骨に含まれる六価クロムを無害化している

引用元:みんなの海洋散骨
散骨業者に粉骨を依頼する場合、遺骨から六価クロムが検出されれば、それを無害化する処理を行っています。しかしそのことがHP等に詳細に記載されているところは少ないので、気になる方は業者に問い合わせてみましょう。

海洋散骨は故人の遺志を尊重しつつ、法律や環境保護を考慮した行動が求められます。問題に遭遇しないためにも、専門家の助けを借りることが望ましいです。

手元供養している遺骨の六価クロムは危険なの?

遺骨アクセサリー

遺骨に六価クロムが含まれている場合でも常温で気化することはありません。そのため、自宅に普通に安置する場合には特に問題は生じません。

六価クロムは固体の状態で安定しており、ペンダントに納めて持ち歩いたり身につけていたりしても、そこから危険な物質が浸出することはないので安心です。

そもそも遺骨アクセサリーには粉骨しか封入できません。自分の手で粉骨する方もいますが、安全にアクセサリーを利用するためには、粉骨作業のみ依頼できる粉骨業者で無害なパウダーにすることをおすすめします。

海洋散骨の手続きによくある質問

海洋散骨の手続きにはどのようなステップがありますか?

海洋散骨の手続きにはどのようなステップがありますか?
まず、故人や家族の意向を確認し、散骨の方法について話し合います。次に、信頼できる散骨業者を選び、その業者と契約を結びます。具体的な散骨の日程や場所を決定した後、必要な書類を用意します。最後に、実際の散骨日には業者と共に海に出て、故人の遺骨を散骨します。

海洋散骨に必要な書類は何ですか?

海洋散骨に必要な書類は何ですか?
故人の死亡届や火葬許可証、火葬場で発行される「遺骨証明書」が必要です。また、散骨業者が提出することが一般的な「散骨承認書」や「海洋散骨に関する誓約書」もあります。

これらの書類は、海洋散骨を合法的に行うために重要な役割を果たします。

海洋散骨の費用はどのくらいかかりますか?

海洋散骨の費用はどのくらいかかりますか?
海洋散骨の費用は業者やサービスの内容により異なりますが、一般的には3万円から50万円程度になります。費用には散骨船のチャーターや書類制作費用、手続きの代行費用、粉骨料金が含まれることが多いです。

海洋散骨の場所はどのように決めますか?

海洋散骨の場所はどのように決めますか?
海洋散骨の場所選びは、通常、散骨業者のアドバイスに従います。故人の希望や家族の意向も考慮し、適切な場所を選びます。

日本国内では、遺骨を散骨する際に環境に配慮した特定多数の場所が指定されています。海洋散骨の場所選びは法規制にも関わるため、良くチェックすることが大切です。

海洋散骨に関する法律や規制はありますか?

海洋散骨に関する法律や規制はありますか?
日本において海洋散骨は法律で明確に禁止されている行為ではありませんが、いくつかの注意点があります。遺骨を粉状にするといった、他人に迷惑をかけないような処置が求められます。また、日本の海岸法や漁業法に抵触しないようにするためにも、業者と事前に十分な打ち合わせと確認を行うことが必要です。

海洋散骨をする際に役所への手続きが必要ですか?

海洋散骨をする際に役所への手続きが必要ですか?
海洋散骨自体に対して役所への事前手続きや許可は必要ありませんが、故人の死亡届や火葬許可証などの基本書類は必要です。また、散骨業者によっては、海洋散骨に関する一連の手続きを代行してくれる場合もあります。そのため、実施前には業者と相談し、必要な書類の確認を行ってください。

散骨業者の選び方は?

散骨業者の選び方は?
信頼性が高く、経験豊富な散骨業者を選ぶことがポイントです。インターネットでの口コミや評判も参考にしつつ、複数業者から見積もりを取り比較検討しましょう。また、実際に業者と会い、どのようなサービスが含まれるか、費用の詳細、手続きの流れについてしっかりと説明を受けることが重要です。

海洋散骨の際に注意すべきことは何ですか?

海洋散骨の際に注意すべきことは何ですか?
まず、散骨場所の選定において法規制を確認すること。また、遺骨が風で舞い戻らないように風向きや天気に気をつけることが大切です。さらに、散骨に同行する人数や服装にも配慮し、関係者全員が安全で快適に過ごせるように準備を整えることが求められます。

散骨にはどんな服装がいいですか?

散骨にはどんな服装がいいですか?
海洋散骨の際の服装には特に決まりはありませんが、海に出るためカジュアルで動きやすい服装、すべりにくい靴底のシューズがおすすめです。また、天候に備えて防寒具、帽子、サングラス、レインコートなどを持参すると良いでしょう。あまり派手な色やデザインの服装は避け、故人を送るセレモニーとして適切な落ち着いた服装を心がけることが良いです。

【海洋散骨の手続き】まとめ

この記事を通じて、海洋散骨を考える上での重要な手続きと法律、さらには環境への配慮について理解を深めていただけたでしょうか。海洋散骨は故人の願いを尊重しつつ、環境問題や墓地の不足といった社会問題にも対応できる現代的な選択肢と言えます。しかし、実際に行う際には細かな手続きや法規制の理解が不可欠です。

海洋散骨には特定の許可が必要で、手続きもいくつかの段階を踏むことが求められます。また、六価クロムなどの環境への配慮も考慮する必要があります。葬儀の準備段階からセレモニー、さらには供養方法に至るまで、各ステップを丁寧に確認し正確に進めることが大切です。

経済的な負担や家族の心情にも配慮しつつ、信頼できる散骨業者を選ぶことが成功の鍵となります。口コミや評判を参考にしながら、事前にしっかりとリサーチすることで、より安心して海洋散骨を行うことができるでしょう。

海洋散骨に関する情報や手続きについて不明点があれば、専門家に相談することも一考です。家族みんなが満足し、故人を偲ぶ気持ちを大切にするために、適切な情報をもとに準備を進めてください。

海洋散骨は、環境への配慮や経済的負担の軽減、場所にとらわれない自由さなど、多くのメリットがあります。環境に優しい選択肢として、土地を使用せずに自然に還る形で故人を送ることができます。また、費用面でも伝統的な墓地よりも負担が少なく、シンプルな儀式を通じて個人的で意味のあるセレモニーが可能です。さらに、継続的な管理が不要なため、遠方に住む遺族にも優しい選択です。特に海を愛した故人にとって、希望に沿った最適な方法として魅力的です。

海洋散骨業者3社の比較
当サイトでは日本海洋散骨協会に加入し粉骨工程で六価クロムの無害化処理までしっかり行っているおすすめ業者だけを紹介しています。
最新情報を必ずご確認ください
みんなの海洋散骨
シーセレモニー
ブルーオーシャンセレモニー
散骨場所
全国海域
国内44箇所
ハワイ・グアム
全国海域
ハワイ
個別散骨
242,000円~
メモリアルDVD付属
121,000円~
297,000円~
代行散骨
44,000円~
個別の代行委託散骨
55,000円~
55,000円~
合同乗船
132,000円~
165,000円~
165,000円~
ペット散骨
要問合せ
故人と同時散骨で
+16,500円~
乗船・代行あり
55,000円~
粉骨料金
プラン料金込
+33,000円
※代行散骨では
1柱分無料
+33,000円
土日祝日の
追加料金
なし
+33,000円~
船舶により異なる
+55,000円
小型船舶
定員10名以下
中型船舶以上
定員11名以上
別途お見積り
船上での飲食
(オプション)
要問合せ
船上会食の
プランあり
船上会食の
プランあり
メモリアルクルーズ
要問合せ
サイト内
紹介ページ
みんなの海洋散骨
シーセレモニー
ブルーオーシャンセレモニー
引用元
みんなの海洋散骨
費用相場
※火葬までの費用は除く
初期費用
維持費
後継者
宗教関係
法要
お墓
120~200万円
高い
高い
必要
高い
永代供養
3~100万円
低い
低い
不要
納骨堂
10~100万円
低い
不要
低い
手元供養
500円~60万円
低い
なし
必要
低い
海洋散骨
3~40万円
低い
なし
不要
問わない
自由
樹木葬
5~80万円
低い
なし
不要
低い
ゼロ葬
0円
なし
なし
不要
低い
なし
海洋散骨のやり方