本サイトには広告が含まれます
PR

海洋散骨を自分でやる【知らないと怖い】メリット・デメリットガイド

海洋散骨を自分でやる【知らないと怖い】メリット・デメリットガイド

家族の遺骨を海に散骨することに興味がある皆様に向けて、「海洋散骨を自分でやるには」をテーマにしたガイドをお届けします。ここでいうところの「自分でやる」「個人でやる」とは、散骨専門業者のプランをそのまま利用するのではなく、リサーチから各種手続き・船のチャーターに至るまで自身がすべてを手掛ける「手作りプランの海洋散骨」を指します。

海洋散骨ガイドラインに反した「こっそり」散骨を助長するものではなく、その意図も一切ありません。「正しい」自分でやる海洋散骨のハウツーを紹介します。

海洋散骨は適切な手順を踏めば自分でも行うことができ、従来のお墓を利用する場合に比べて費用を抑えることができる点が大きなメリットです。しかし、法的な手続きや環境への配慮など、いくつかの注意点もあります。

本記事では、自分で散骨を行う際の具体的なステップから実際の散骨方法まで詳しくご説明します。また、海洋散骨を自分でやるメリットとデメリットについても触れ、環境への影響についても解説します。読み進めることで必要な情報をしっかりと得て、後悔のない形で大切な方を送り出すお手伝いができればと思います。

海洋散骨を自分でやるには
海洋散骨を自分でやるメリット
海洋散骨を自分でやるデメリット
海洋散骨の環境問題とその影響
海洋散骨の手続きと法的規制
【海洋散骨を自分でやる】よくある質問
安全な海洋散骨には散骨業者を依頼するのがおすすめ

海洋散骨を自分でやるには

海洋散骨は伝統的な墓地への埋葬とは異なる方法で、遺骨を自然へ帰すという選択肢の一つです。しかし、基本的な手続きや注意点をしっかりと理解した上で行うことが重要です。今回は、海洋散骨を自分で行う際の具体的なステップや注意点について詳しく解説します。

海洋散骨は合法~自分でもできる

日本では海洋散骨は法律上認められている行為です。ただし、環境保護の観点からも適切な方法で行う必要があります。具体的には、「できるだけ沖合で散骨する」「遺骨を粉末状にする」「遺骨以外の物は混ぜない」などの注意点があります。これらを守ることで、散骨が環境汚染を引き起こすリスクを最小限に抑えられます。また、各自治体によりガイドラインが異なるため、事前に確認しておくことが大切です。

海洋散骨を個人でするための基本的なステップ

海洋散骨を個人で行う際には以下のステップをしっかりと踏むことでトラブルを避け、故人を適切に送り出すことができます。

海洋散骨を自分でやる流れ
  • STEP1
    粉骨
    遺骨を細かく粉末状にします。
  • STEP2
    散骨場所の選定
    環境省や自治体のガイドラインに従い、適切な場所を選びます。沖合まで出るので、船の準備が必要です。
  • STEP3
    散骨の準備
    事前に必要なものをリストアップし、用意しておきます。風向きや潮の流れなども調べておきます。
  • STEP4
    散骨
    天候や海の状況を確認して散骨を行います。
  • STEP5
    副葬品を捧げる
    献酒・献花・献水
  • STEP6
    黙祷
    祷りを捧げます。
  • STEP7
    関係者に報告
    海洋散骨を行った場所及び日時を家族や関係者に報告

海洋散骨を自分でやるメリット

海洋散骨を自分で行う場合、費用を抑えることが可能です。業者に依頼すると高額な費用がかかることもありますが、自分で実施することでその費用を節約できます。また、家族だけで故人を送り出すことができるため、プライバシーの確保や、故人の意向を最大限に尊重することができます。散骨にはいくつかの注意点があるものの、正しい方法を守れば比較的トラブルも少なく済むでしょう。

「全部自分で散骨すれば0円」はありえないが低コストですむ

海洋散骨の場合、海岸線付近や浜辺で散骨するのは ガイドライン違反です。海散骨は完全に「全部自分で散骨すれば0円」というわけにはいきません。

しかし、必須となる粉骨の費用(2~3万円程度)を除けば、プロフェッショナルなサービス料はかからないため、格段に安く済みます。環境汚染や法的な問題を避けるために、ルールを守り正しく行うことが重要です。

プライバシーの完全確保

自分で海洋散骨を行う最大のメリットとして、プライバシーが完全に確保される点が挙げられます。家族だけで故人を送り出すことができるため、他人の目を気にすることなく、心を込めた時間を過ごせます。

個別の意向を反映できる柔軟性

海洋散骨を自分で行うことで、故人や遺族の意向に合わせた柔軟な対応が可能です。特定の場所や時間にこだわりがある場合、業者に依頼するよりも自由に散骨場所やスケジュールを調整できます。

海洋散骨を自分でやるデメリット

海洋散骨

海洋散骨は経済的負担を軽減し、故人の望みを叶える選択肢として注目を浴びています。しかし、一見簡単そうに思える海洋散骨には、さまざまなデメリットも存在します。特に自分で行う場合、その手続きや環境への影響、さらには心理的な負担など、予め知っておくべきポイントが多くあります。

法的手続きや環境への配慮

海洋散骨を行うには、自治体によっては適切な法的手続きと環境への配慮が必要です。また、環境汚染の問題も無視できません。ガイドラインに違反すると、最悪の場合刑法に触れる可能性があり、後々トラブルが発生することも少なくありません。自分で散骨を行う際は、これらの点に十分注意が必要です。

近隣住民への社会的配慮

散骨を行う際には、周辺の住民への社会的な配慮も必要です。こっそり散骨を行うことは、結果的に近隣住民に不快感を与える可能性があります。

特に日本では、海洋散骨の理解がまだ十分ではなく、「散骨は気持ち悪い」と感じる方も少なくありません。このため、散骨を行う場所の選定や事前の周知が重要です。

心理的負担やストレス

故人の遺骨を自分で散骨する行為は、心理的な負担やストレスが大きいことがあります。海洋散骨を「全部自分で」行うことで、散骨後に後悔する方も少なくありません。散骨の決断や実施自体が感情的に重い作業であるだけでなく、散骨後に「本当にこれでよかったのか」と悩むこともあります。心の負担を軽減するためにも、事前に家族や友人と相談し、複数人で実施することを検討するのがよいでしょう。

散骨を自分でやるのは意外に難しい

海洋散骨を自分で行うことは、思いのほか難易度が高いものです。いくつかの具体的な理由について説明します。

沖合の海上で行わなければならない

海洋散骨は、陸から遠く離れた沖合の海上で行うことが原則となっています。これは、散骨が地域住民や観光客の目に触れず、違法行為に問われないための措置です。しかしながら、沖合まで自力で行く手段としては、船を借りたり運転するスキルが必要となります。そのため、「散骨は無料」とは言い難く、一定の出費が避けられません。また、海が荒れることも多いため、天候のリスクも無視できない要素です。

素人粉骨を散骨すると刑法に触れる場合も

遺骨を海に散骨する際、遺骨を骨粉にする「粉骨」の過程にも注意が必要です。素人が自分で粉骨を行うと、遺骨の状態が不適切であったり、法律に違反するケースもあります。特に、日本では遺骨は粉末状にしないと刑法違反となる可能性があるため、適切な方法で粉骨を行わなければなりません。ただし、粉骨サービスの料金がかかるため、これも散骨の費用に含めて考える必要があります。

海洋散骨は故人の望みを叶える一つの方法ですが、関連するデメリットを理解し、適切な準備と計画を練ることが大切です。

 

海洋散骨の環境問題とその影響

海洋散骨は経済的な負担が少なく、墓地の管理が不要なため、近年は多くの方が選択するようになりました。しかし、海洋散骨にも環境問題がつきまといます。ここでは、海洋散骨が環境に与える影響や汚染問題について詳しく解説し、海洋散骨を自分でやる場合の適切な散骨の方法についても触れていきます。

海洋散骨が環境に与える影響と汚染問題

海洋散骨は、故人の遺灰を海に散布する方法ですが、これが環境に悪影響を及ぼすことがあります。特に、遺骨の粉末が海洋生態系や水質に悪影響を与える可能性があります。例えば、散骨の方法や場所が不適切だと、魚類やその他の海洋生物に悪影響を与えることも考えられます。また、無許可での海洋散骨は法律に抵触する場合もあり、これが環境汚染の大きな原因となることもあります。海洋散骨を検討する際は、環境への配慮を忘れず適切に行うことが重要です。

六価クロムを含む遺骨の環境への影響

遺骨には自然の元素が含まれているため、本来ならば大きな環境問題を引き起こすことは少ないですが、例外も存在します。火葬の際に発生する六価クロムを含む遺骨は有害であり、環境に対して深刻な影響を及ぼす可能性があります。

六価クロムは常温気化はありませんが水中での拡散が速く、生物に対する毒性も高い元素です。そのため、遺骨がこのような有害物質を含む場合には、特別な処理が必要です。このような環境汚染のリスクを避けるためには、業者で事前に遺骨の成分を検査し適切な処理(無害化処理)を行うことが重要です。

六価クロムは、遺骨に必ずしも含まれるわけではありません。その理由は、火葬プロセスや設備の状態によって六価クロムの移行が異なるためです。遺骨の検査によっては、六価クロムが検出されるケースもありますが、全く検出されないケースも報告されています。

六価クロムの無害化処理

六価クロムを含む遺骨の無害化処理は専門的な作業で、適切な知識と技術が必要です。主な方法としては、還元剤を使用して六価クロムを三価クロムに変換する方法があります。三価クロムは六価クロムに比べて毒性が低く、環境への影響も少ないため、安全に処理することができます。専門業者に依頼する際には、適切な許可と手続きを確認することが大切です。六価クロムの無害化処理を行うことで、環境への負担を軽減し、安全かつ適切な海洋散骨が実現できるでしょう。

 

海洋散骨の手続きと法的規制

海洋散骨では手続きや法的規制をしっかりと理解することが重要です。適切な手続きを踏まずに行う散骨は違法となる可能性があり、家族にとって思わぬトラブルを招くこともあります。ここでは、法的に注意すべきポイントについて詳しく解説します。

海洋散骨場所の選定と環境への配慮

海洋散骨を行う際には、基本的には環境保護法に基づき、一定の条件を満たす必要があります。また、散骨を行う海域の詳細な情報と、環境に負荷をかけない方法が求められます。

海のこっそり散骨が違法になるケース

散骨ガイドラインに反した方法で海へこっそり散骨することは違法です。日本では、厚生労働省、環境省、一部の地方自治体、散骨業界団体で、海洋散骨を行うにあたって明確なガイドラインが定められています。散骨後に環境被害や他者への悪影響などが発見されれば、法的措置が取られる可能性もあります。

不適切な海洋散骨を後悔するケースも多々ありますので、ガイドラインを遵守した散骨を行いましょう。

不適切な粉骨で死体遺棄罪に問われる可能性も

海洋散骨を行うためには、遺骨を適切な方法で粉骨する必要があります。この粉骨処理が不適切であると、衛生面や環境面で大きな問題を引き起こす可能性があります。

海洋散骨のための粉骨は遺骨を2mm以下の均一なパウダー状にすることが必須です。専門業者に依頼すれば問題はありませんが、自分で粉骨をするのはかなり大変な作業です。粉骨処理が不適切であった場合、最悪のケースでは遺族は死体遺棄罪に問われるリスクがあります。

粉骨作業だけでも数万円の費用が掛かりますが、ここはきっちりと専門業者に依頼し、適切な方法で海洋散骨を行うことが重要です。

【海洋散骨を自分でやる】よくある質問

ここでは、自分で海洋散骨を行う際の必要な情報をまとめました。散骨の手続きや費用、法的な制約について詳しく解説しています。

海洋散骨を個人で行うには何が必要ですか?

海洋散骨を個人で行うには何が必要ですか?
海洋散骨を個人で行うためには、遺骨を粉状にする「粉骨」が必要です。粉骨は自分で行うことも可能ですが、専門の業者に依頼することをお勧めします。また、海洋散骨を行うためには船が必要です。専用の散骨船を手配するか、所有するボートを利用します。さらに、散骨前には関連する法規を守る必要があります。

海洋散骨を行う場所はどこが良いですか?

海洋散骨を行う場所はどこが良いですか?
地域の法律や規制を確認した上で選ぶことが重要です。日本国内では一定の距離を海岸から離れた場所で行うことが求められます。海洋散骨の場所には故人が思い出を持つ場所が選ばれることが多いですが、場所選びには法的な制約や環境への配慮が必要なので、予めしっかりと確認しましょう。

散骨する遺骨の準備方法は?

散骨する遺骨の準備方法は?
遺骨を散骨するためには、まず「粉骨」を行う必要があります。粉骨は遺骨を細かい粉状にする作業で、専用の機器を使って行うので、専門の業者に依頼する方法が一般的です。粉骨を依頼する場合、料金は業者によって異なります。墓じまい後の遺骨の粉骨には洗浄・乾燥の工程が加わるため、屋内で保管されていた遺骨よりも費用が多くかかります。

散骨のための船の手配方法は?

散骨のための船の手配方法は?
海洋散骨に適した船を手配する方法はいくつかありますが、専用の散骨船を提供する業者に依頼するのが最も確実です。これらの業者は、海洋散骨に必要な許可や手続きも代行してくれるため、初めて散骨を行う方にとって安心です。また、自身や知人が所有するボートを利用することも可能ですが、その場合は法的規制のリサーチと共に必要な手続きもすべて自分の手で行うことか前提です。船の手配は、気象条件や当日のスケジュールも考慮して行いましょう。

海洋散骨に法的な制限やガイドラインはありますか?

海洋散骨に法的な制限やガイドラインはありますか?
海洋散骨には、各地方自治体や国の定めた法的な制限やガイドラインが存在します。一般的には、人の立ち入らない一定の距離を海岸から離れた海域で行うことが求められます。また、環境汚染を防ぐために遺骨は必ず粉末状にし、他のゴミや異物を含まないように注意する必要があります。一部の地域では事前に許可を取得する必要があるため、散骨を計画する際には事前に関連する法規を確認しておくことが重要です。

費用はどれくらいかかりますか?

費用はどれくらいかかりますか?
海洋散骨にかかる費用は、手配する船や粉骨の依頼方法によって異なります。一般的には、専門業者に依頼する場合、費用は数万円から数十万円が相場とされています。ここには粉骨の費用や船のレンタル料、法的な手続き費用が含まれます。一方で、自分で全て手配する場合は費用を抑えることが可能ですが、手続きが多くなるため、その分の労力も考慮する必要があります。

海洋散骨には、貸切乗船散骨・代行散骨・合同乗船散骨などのプランがあります。一家族が乗船するプランの場合は10~40万円程度かかりますが、乗船しないで散骨を委託する「代行散骨」であれば2万円台からのプラン(粉骨料金込み)もあります。

代行散骨では最後の散骨の場面には立ち会えませんが、コスト的には「自分で」海洋散骨を行うよりもリーズナブルに散骨セレモニーを行うことができます。コストを抑えることが第一目的の方は代行散骨を検討してみるのもひとつの方法です。

 

散骨に必要な時間はどれくらいですか?

散骨に必要な時間はどれくらいですか?
散骨に必要な時間は、現地に到着してから散骨を完了するまでの大体の目安として、約1~2時間です。これには船での移動時間、散骨の準備、実際の散骨作業を含めます。ただし、天候や海の状況によっては、予定よりも時間がかかることがあります。

環境への影響はどうすれば最小限にできますか?

環境への影響はどうすれば最小限にできますか?
遺骨は必ず粉骨して粒子状にし、他の異物を混ぜないようにします。また、散骨する海域は法律で定められた距離や場所を厳守し、可能な限り自然に負荷をかけない方法を選びましょう。船を利用する際には、燃料の使用やゴミの管理にも配慮します。これにより、安全かつ環境に優しい散骨が可能です。

安全な海洋散骨には業者を依頼するのがおすすめ

散骨は近年、多くの方々に選ばれるようになりましたが、その中でも海へ散骨する「海洋散骨」が注目されています。その理由は、所有者がいない海の散骨の方が、陸地(山)の散骨よりも難易度が低いことや、自然環境への配慮や家族の負担軽減、さらには故人の望みをかなえるという点にあります。ここでは、海洋散骨を業者に依頼するメリットについて詳しく解説します。

業者の専門的なサポート完備(法律・環境配慮・手続き代行)

海洋散骨の手続き

海洋散骨を行うには、法律や環境に関する知識が必要です。しかし、詳しい手続きや許可が必要な場合、自分で全て対応するのは大変です。専門業者に依頼すれば、法律的な問題(海洋散骨が違法になるケースを避ける方法)や環境への配慮(散骨による環境汚染を防ぐ方法)に対応してくれます。業者がすべての手続きを代行し、安心して散骨を進めることができるのです。安心して依頼できる点は、散骨の後悔を防ぐ大きなメリットです。

適切な装備と技術で安全な海洋散骨

自分で散骨しようとすると、どうしても適切な装備や技術の不足が問題となります。また、海洋散骨には天候や海の状況が大きく影響します。業者は高い技術力と適切な装備を持っており、予期せぬトラブルを防ぎながら安全に散骨を行ってくれます。船を利用して散骨する場合でも、船の手配や運行に熟練したプロが関わるため、安心して大切な人の遺骨を海へ送ることができます。散骨場所の選定も業者なら安心です。

海洋散骨と粉骨を同時に依頼できる

海洋散骨を行う前に、遺骨を粉末状にする粉骨が必要です。自分で粉骨することも可能ですが、専門の技術と設備がなければ難しい面があります。散骨業者に依頼すれば、粉骨も同時に行ってくれるため、手間を省きつつ適切な状態で散骨することができます。粉骨の料金も明確で、事前に費用の見通しを立てることができます。こうしたトータルサービスの提供は、特に高齢者や忙しい家族にとって大きな利便性をもたらします。

様々なプランと遺族の希望通りの散骨セレモニーの実現

業者は多様なプランを提供しており、家族の希望や故人の意志に応じた散骨セレモニーを実現することができます。例えば、大人数でしっかりとしたセレモニーを行いたい場合や、予算に応じたシンプルな散骨など、希望に沿った対応が可能です。セレモニーの内容も、花を散らす演出や船上の生演奏、メッセージを海に送りたいなど細かな要望に応えてくれるため、忘れられない一生の思い出となる儀式を執り行うことができます。

遺族の精神的サポート

海洋散骨の過程で業者がきめ細やかなサポートを提供することにより、遺族が感じる精神的な負担を軽減することができます。手続きや準備を一手に引き受けてもらえるだけでなく、海洋散骨後の心のケアも考慮されています。遺族が安心して故人を送り出すことができる環境を整えるために、業者は心を込めたサービスを提供します。故人との最後の別れを、穏やかな気持ちで迎えるためのサポートは非常に重要な要素と言えるでしょう。

【海洋散骨を自分で】まとめ

海洋散骨は故人の遺志を尊重し、自然に還る方法として多くの人々に選ばれている新しい葬送の形です。しかし、自分で行う場合には、自治体によっては複雑な散骨許可手続きや粉骨方法、環境への配慮など、いくつかの重要な要素を細かく確認する必要があります。

また、散骨を行う場所も法律で定められているため、海に散骨するには事前の確認が欠かせません。日本では、散骨できる海域も指定されており、これを守らないとトラブルに発展することもあります。

自分ですべてを行うことでコストを抑えることができますが、海洋散骨には環境汚染のリスクも伴います。特に、六価クロムを含む遺骨が環境に与える影響については、無害化処理が求められます。心理的な負担も考慮すると、専門業者に依頼することで、法的な手続きや環境配慮をサポートしてもらえる点は大きなメリットと言えるでしょう。

同時に、散骨後に後悔しないためにも、自分や家族にとって最適な形をよく考えることが大切です。海洋散骨デメリットやトラブルを避け、安心して故人を送り出すための準備をしっかりと行ってください。

海洋散骨は、環境への配慮や経済的負担の軽減、場所にとらわれない自由さなど、多くのメリットがあります。環境に優しい選択肢として、土地を使用せずに自然に還る形で故人を送ることができます。また、費用面でも伝統的な墓地よりも負担が少なく、シンプルな儀式を通じて個人的で意味のあるセレモニーが可能です。さらに、継続的な管理が不要なため、遠方に住む遺族にも優しい選択です。特に海を愛した故人にとって、希望に沿った最適な方法として魅力的です。

海洋散骨業者3社の比較
当サイトでは日本海洋散骨協会に加入し粉骨工程で六価クロムの無害化処理までしっかり行っているおすすめ業者だけを紹介しています。
最新情報を必ずご確認ください
みんなの海洋散骨
シーセレモニー
ブルーオーシャンセレモニー
散骨場所
全国海域
国内44箇所
ハワイ・グアム
全国海域
ハワイ
個別散骨
242,000円~
メモリアルDVD付属
121,000円~
297,000円~
代行散骨
44,000円~
個別の代行委託散骨
55,000円~
55,000円~
合同乗船
132,000円~
165,000円~
165,000円~
ペット散骨
要問合せ
故人と同時散骨で
+16,500円~
乗船・代行あり
55,000円~
粉骨料金
プラン料金込
+33,000円
※代行散骨では
1柱分無料
+33,000円
土日祝日の
追加料金
なし
+33,000円~
船舶により異なる
+55,000円
小型船舶
定員10名以下
中型船舶以上
定員11名以上
別途お見積り
船上での飲食
(オプション)
要問合せ
船上会食の
プランあり
船上会食の
プランあり
メモリアルクルーズ
要問合せ
サイト内
紹介ページ
みんなの海洋散骨
シーセレモニー
ブルーオーシャンセレモニー
引用元
みんなの海洋散骨
費用相場
※火葬までの費用は除く
初期費用
維持費
後継者
宗教関係
法要
お墓
120~200万円
高い
高い
必要
高い
永代供養
3~100万円
低い
低い
不要
納骨堂
10~100万円
低い
不要
低い
手元供養
500円~60万円
低い
なし
必要
低い
海洋散骨
3~40万円
低い
なし
不要
問わない
自由
樹木葬
5~80万円
低い
なし
不要
低い
ゼロ葬
0円
なし
なし
不要
低い
なし
海洋散骨のやり方