【横田めぐみ拉致事件】トランプ氏が横田めぐみさん拉致を非難

 
横田めぐみ 拉致 北朝鮮

1977/11/15 横田めぐみさん拉致事件


 
1977年11月15日、新潟県新潟市で、中学のバドミントン部の練習を終え、家路に向かっていた女子中学生・横田めぐみさん(当時13歳)が忽然と姿を消した。

警察は誘拐事件として捜査に当たったが、目撃者も遺留品もまったくなく、神隠しのようにめぐみさんは行方不明になった。

横田めぐみさんの名前が「拉致」という言葉と共に日本中を駆け巡ったのは、それから20年もの歳月が流れた1997年。

北朝鮮による拉致被害者の家族によって「北朝鮮による拉致被害者家族連絡会」が結成され、父・横田滋さんと母・横田早紀江さんが娘・めぐみさんの名前を公にして政府へ救出を求めた。
  
横田めぐみ拉致事件 北朝鮮

via:ANN

  
もちろん、北朝鮮による拉致疑惑はずっと以前から囁かれていたが、北朝鮮や朝鮮総連がそれを強く否定していた。

しかし、1985年に北朝鮮の工作員として日本人の拉致にかかわっていた辛光洙(シン・ガンス)が韓国で逮捕されたことや、1987年に大韓航空機爆破事件で逮捕された金賢姫(キム・ヒョンヒ)が「1978年に拉致された田口八重子さんから日本に関する教育を受けた」と証言したことで、ようやくこの問題をマスコミや政府が現実のものとして受け止め、動き始めていた。

そして2002年9月17日、当時の内閣総理大臣・小泉潤一郎氏が北朝鮮を訪問したとき、初の日朝首脳会談金正日(キム・ジョンイル)総書記が「拉致」の存在を認め謝罪した。

その後に蓮池薫さんら拉致被害者5人の帰国が実現し、拉致問題の解決へ向けて動き出した・・・かのように見えたが、そこで新たな「謎」が浮上した。

下校途中の横田めぐみさんを拉致し、工作船で40時間かけて平壌に連れてきたということは認めたものの、そこからのめぐみさんの消息については、まるで隠蔽するかのような不可解な対応を北朝鮮が示したのだ。

北朝鮮は当初、横田めぐみさんは1986年に韓国から拉致されてきた金英男(キム・ヨンナム)と結婚し、1987年に娘のキム・ウンギョンを出産したが、めぐみさんは1993年3月に自殺していると説明した(この日付は、後に1994年4月に訂正されている)

しかしこれはおかしいということになった。

帰国した拉致被害者の一人の地村富貴恵さんが「1994年6月にめぐみさんが隣に引っ越してきた」と証言したからだ。

さらに、めぐみさんの遺体を土葬したあと、1997年に火葬したというのだが、そこで語られた火葬場は、複数の脱北者が1999年にできたものだと証言している。

北朝鮮側は横田めぐみさんの死を偽装しているのではないか!?という疑惑に拍車をかけたのが、めぐみさんの遺骨である。

2004年11月に日朝実務者協議を通じて日本側に引き渡された、横田めぐみさん本人だという遺骨からは、別人の、しかも2人分のDNAが検出されている。

北朝鮮がなぜここまでして嘘をつくのか?

これは真偽のほどは定かではないが・・・2011年に韓国自由先進党議員の朴宣映(パク・ソンヨン)が脱北者経由で得た証言によると、めぐみさんは現在も生存しているが「知ってはいけないことを知りすぎている」ために、ほかの拉致被害者のように帰国させることができず、偽の遺骨で死を偽装した・・・という話もある。

何がどうなっているのか、真実はわからないが、他人の遺骨を渡すくらいなのだから、横田めぐみさんを巡っては 確かに何か隠さなければならない秘密が存在するのかもしれない。
 
 
スポンサーリンク



 
 

2017/9/19 トランプ大統領が横田めぐみさん拉致を非難

9月19日にトランプ・米大統領が初めて国連総会の一般討論演説を行い、核実験やミサイル発射の挑発を続ける北朝鮮を「ならず者国家」と強く批判した。

そしてそれとあわせて拉致被害者の横田めぐみさんの例を挙げ、人権問題にも触れつつ、国際社会全体が直面する危機だと強調した。

トランプ氏は演説の中で、約1年半にわたって北朝鮮に拘束されて今年6月に帰国後に急死したアメリカ人学生の例と「日本の13歳の少女が自国の海岸から誘拐され、北朝鮮スパイに語学を教えることを強いられた」と拉致被害者の横田めぐみさんに触れていた。

北朝鮮国内の幹部粛清などとあわせ、こうした体制が世界の脅威であることもトランプ氏は強調している。
 
 

2017/9/19 トランプ氏の国連演説に横田早紀江さん「本当に驚いた」

 
拉致被害者、しかもピンポイントに横田めぐみさん拉致をトランプ氏が言及した異例さに、拉致被害者の家族らからは「大きな意味がある発信。被害者帰国という結果につながることを期待する」と発言を歓迎する声があがったという。

横田めぐみさんの母・早紀江さん
本当に驚いた!
 
国際社会で大きな危機のうねりが起きる中、トランプ大統領が拉致問題にも思いを寄せ、発言してくださったことは大きな意味がある。

早紀江さんらはブッシュ大統領を含め、アメリカの指導者にも長く拉致問題を訴えてきた。

横田早紀江さん
北朝鮮には人権の側面からも解決すべきことがたくさんある。
 
壊滅的な暴走が起こる前に、トランプ氏の発言が前向きな結果になることを祈っている。

2017/11/15 横田めぐみさん拉致から40年


 
横田めぐみさんは1977年(昭和52年)11月15日、中学1年生の時に新潟市の学校から帰る途中、北朝鮮に拉致されました。
 
横田めぐみ 北朝鮮拉致
via:ANN

 
2017年11月15日で40年になるのに合わせて母親の横田早紀江さん(81歳)が記者会見しました。

会見には、父親の横田滋(85歳)さんも同席しました。

早紀江さん
近くの国にいるのに、どうしてこんなに長い間、助けてあげられないのだろうという思いが大きくなっています。
『あすは助けられるかもしれない』と思って頑張ってきましたが姿さえ見えません。
 
政府は、まじめに知恵を練って頑張ってくださっていると信じていましたが、何十年たっても帰国が実現しないので、信じてよかったのかという思いが家族の中にもあります。
しっかりと本気になって被害者を助け出してほしい。
 
こんなに長くかかれば体も弱ってきますので、元気な間に、意識があるうちに、『お帰り』と言ってあげたい。
今、めぐみちゃんには、『とにかく病気をしないで元気でいてください。お父さんお母さんは弱ってきていますが最後まで頑張るから』と伝えたい。

2017/12/11 安倍首相が横田早紀江さんの直訴の手紙を2年間・・・

 


 

ツイッターについて有田氏本人に聞くと、こんな答えが帰ってきた。

有田氏
今から2年ほど前だったと思います。
早紀江さんは思いを綴った長文の手紙を安倍首相に送ったのです。
内容の詳細は知らないのですが、娘のめぐみさんの救出をお願いし、また自らの心情を記したようです。
しかし現在に至るまで、安倍首相からの返事や電話などはありません。
完全無視です。
拉致問題を最重要課題と言いながら、この態度には不信感以上のものがあります

さらに、拉致問題を取材している大手紙記者も、安倍首相と早紀江さんの関係をこう証言する。

記者
家族会の面会や集会などでも、安倍首相は早紀江さんと握手するだけで、突っ込んだ話をしようとはしません。
早紀江さんも“お願いする”立場ということで、本音を言えないのでしょう。
手紙のことについて、安倍首相に直接きくこともしていないようです

しかも、こうした冷淡な態度は、早紀江さん個人に対してだけではない。

安倍政権は第二次政権発足時に「拉致問題対策本部」のもと拉致関連の会議体を6つも発足させているが、それから5年あまり「日刊ゲンダイ」(12月4日付)が会議の開催状況を調べたところ、いずれの会議体もほとんど開かれることなく開店休業状態になっていたという。

ようするに、拉致問題を前面に出して国民の人気を獲得し、首相にまでのしあがり、いまもことあるごとに拉致問題の解決を強調している安倍首相だが、実際は北朝鮮への強硬姿勢じたいが目的であり、拉致問題の解決や被害者家族の思いなんてまったく本気で考えていなかったというだろう。

そしておそらく、早紀江さんは安倍首相のこうした態度をそばでみているうちに、その本質を見抜いてしまったのではないか。

実際、早紀江さんは前述した11月15日の「信じてよかったのか」以前から、少しずつその“本音”を語るようになっていた。

 
  
 
スポンサーリンク