横浜市南区の29歳と19歳の夫婦を逮捕!6カ月長女を死なせた疑い

横浜市南区6ヶ月女児遺棄致死事件

2018/1/11 横浜市南区の29歳と19歳の夫婦を逮捕!6カ月長女を死なせた疑い

生後6カ月の長女を放置して死亡させたとして、神奈川県警南署は1月11日、保護責任者遺棄致死の疑いで、横浜市南区の自称派遣社員の男(29歳・自称派遣社員)と妻(19歳・自称派遣社員)を逮捕しました。

逮捕容疑は2017年5月18日ごろから 長女に十分な食事や水分を与えずに衰弱させ、5月30日ごろに死亡させた疑い。

2人とも「間違いない」と容疑を認めています。

2人は日中、長女を居室に残したまま、パチンコやアルバイトで外出を繰り返していました。

外出時には長女をプラスチック製のケース(縦35センチ、横47センチ、深さ24センチ)に寝かせていたということです。

署によると、5月31日未明、帰宅した夫婦が、床にうつぶせになった状態で意識不明の長女を見つけ119番し、搬送先の病院で死亡が確認されました。

目立った外傷はなかったのですが、病院が警察に通報しました。

死因は不詳ですが、脱水症と熱中症とみられています。

長女は死亡する半月前まで、県外に住む少女の実家に預けられていたといい、その後 男と少女が引き取り、育児を放棄したとみられています。

2018/1/12 横浜市が何度も家庭訪問するも両親に会えず

横浜市は1月12日に記者会見し、両親へのこれまでの対応を説明しました。

それによると、母親が10代だったため、生活状況や子どもの状態を把握しようと、市の担当者が出産直後から子どもが死亡する直前までの6か月間にわたって、10回以上自宅と親族の家を訪問したり電話をしたりしていました。

しかし、母親と子どもに面会できたのは2017年3月の1度きりで、この時に問題は見られなかったということです。

横浜市こども家庭課の秋野奈緒子課長は「親に接触するために精いっぱいの努力はしていたが、児童相談所に連絡するなどの対応があったかもしれない」と述べ、これまでの対応に問題がなかったか、検証を行う考えを示しました。
 
 
スポンサーリンク


 




横浜市南区6ヶ月女児遺棄致死事件