横浜市金沢区で父親刺殺事件!18歳男子高校生を逮捕

横浜市金沢区父親刺殺事件

1月20日、横浜市金沢区の集合住宅で「夫が自分を包丁で刺した」と この男性の妻から消防に通報がありました。

消防が駆けつけたところ、44歳の会社員の男性が胸などから血を流して倒れていて、病院に運ばれましたが まもなく死亡が確認されました。
 

via:事件現場(大島てる)

 
警察が家族から事情を聞いたところ、長男で18歳の高校2年の男子生徒が「僕がやりました。台所の包丁で刺しました」と話したことなどから逮捕しました。

逮捕容疑は、1月20日午後7時40分ごろ、自宅マンションのリビングで、会社員の父親の胸などを刃渡り約20センチの包丁で刺し、殺害したとしています。

少年は父母と中学生の妹、小学生の弟の5人暮らし。

少年は居間にいた両親のけんかを止めに入りましたが、父親の力が強くて止められず、台所にあった包丁を持ち出したということです。

少年
父と母がけんかをしていた。
父を殺さないと家族が暴力を振るわれると思った。
刺したが殺そうとは思っていなかった。

警察は事件のいきさつなどを調べています。
 
 
 
スポンサーリンク