名古屋闇サイト殺人事件 (磯谷利恵さん拉致殺害事件)

闇サイト殺人事件 磯谷利恵

闇サイト殺人事件~名古屋女性拉致殺害事件

 


 
2007年8月24日午後11時10分、愛知県名古屋市千種区で男3人は帰宅途中のOL・磯谷利恵(いそがいりえ・当時31)さんに道を尋ねるふりをして近づいた後、口をふさいで後部座席に引きずり込み、手錠をかけて拉致した。

3人とは、川岸健治(当時40歳) 神田司(かんだつかさ・36歳) 堀慶末(ほりよしとも・32歳)である。

川岸健治は「山下」堀慶末は「田中」という偽名を名乗り、神田司を含めた3人は「闇の職業安定所」を通じて知り合い、合流した。

実は3人ともワルとしては小者…小悪党のくせに、お互いにはったりの「ワル自慢」をしながら、犯行がエスカレートしたのだった。

実行犯3人のうち主犯とされ死刑が確定・執行された神田司元死刑囚は元ヤクザであることを匂わせ、オレオレ詐欺グループのリーダーだったとか殺した2人が群馬に眠っていると2人の前でハッタリをかます(神田司が2人殺害しているというのは嘘)

それに触発されたほかの2人・・・川岸健治無期懲役囚と堀慶末無期懲役囚(別件で上告中)は「俺も拉致ならあります」とか、いわゆるワル自慢を展開し、「顔を見られたら殺すんですよね」

※この3人の中でいちばんやばかったのは神田司ではなく 実は堀慶末。堀は1998年に強殺事件を起こしていた。

結局、磯谷利恵さんを殺害してから「ヤバイ」事に気づいた川岸健治無期懲役囚の自首により事件はすぐに発覚したのだが、闇サイトで出会った者たち3人が、金欲しさに行きずりの女性を拉致し殺害したという、同情の余地はゼロの凶悪事件がこの「闇サイト殺人事件」である。
 

  
 

名古屋闇サイト殺人事件 磯谷利恵

via:【闇サイト殺人事件~磯谷利恵さん殺害現場】事件現場(大島てる)

 
闇サイト殺人事件 磯谷利恵
磯谷利恵さんが拉致された場所 via:abema times

闇サイト殺人事件 磯谷利恵

磯谷利恵さんが殺害された場所 via:abema times

 

川岸健治たちはひと気のない駐車場へ車を移動させて、包丁をつきつけて磯谷利恵さんを脅した。

そして磯谷利恵さんから現金6万2千円とキャッシュカードを奪い、暗証番号をききだすと、神田司と堀慶末は車外で磯谷利恵さんを殺す相談を始めた。

その間に川岸健治は磯谷利恵さんに性的暴行を加えようとするが抵抗され、騒ぎになるのを恐れた神田司と堀慶末は川岸健治を止めつつ、その場で磯谷利恵さんを殺害することに決め、磯谷利恵さんの頭をハンマーで殴りつけた。

血だらけで倒れた磯谷利恵さんの首を3人でロープで絞め、顔に粘着テープを巻いてレジ袋を頭にかぶせた。

その後、神田司と堀慶末は磯谷利恵さんが死亡するまで、頭をハンマーで40回以上も殴りつけたという。

2960「にくむわ」磯谷利恵さんが最期に残したメッセージ

3人は磯谷利恵さんの遺体を岐阜県瑞浪市内の山中に捨て、ATMで金を引き出そうとしたが、聞き出した暗証番号が嘘だったため金を下ろせなかった。

虚偽の暗証番号は「2960」(にくむわ)…磯谷利恵さんの最期のダイイングメッセージである。

磯谷利恵さんの銀行口座から金を引き出せなかった3人は「明日も別の女を襲おう」と約束して その場は解散した。
 
 
スポンサーリンク



 

川岸健治の自首で闇サイト殺人事件発覚

 
川岸健治は多額の借金を抱え、夜逃げしたあと、妻子と別れて車上生活をしていた。

金がなくなると川岸健治は携帯電話の闇サイト「闇の職業安定所」で仲間を募り、盗みなどを繰り返し、2007年8月上旬、川岸健治は新たな仲間を募集した。

「愛知県の人で何か組みませんか」・・・そして川岸健治は神田司や堀慶末と知り合った。

そして8月24日午後3時頃、神田司が「若い女性を拉致して金を奪い、殺そう」と提案し、3人で強盗計画を練り上げた。
 
午後7時頃から車で名古屋市内を走り、5人の女性を尾行していたが 拉致に失敗していた。

午後11時頃に帰宅途中の磯谷利恵さんを見かけ、犯行に及んだのだった。

2007年8月25日午後1時半、自分かやったことが怖くなり、死刑になるのを恐れた川岸健治が警察に自首した。

その後、通話記録や川岸の供述などから、神田司と堀慶末も逮捕された。
 
 

闇サイト殺人事件の公判

神田司は死刑確定・執行済み

神田司
人を殺すことに全く抵抗感がない。
神田司から磯谷利恵さんの交際相手への手紙
車酔いしてたら、背中とかに汗かくんだよ。芝居の上手い彼女(笑)
嘘吐き姉ちゃん。嘘なら俺の方が上手だぜ。
神田司から磯谷利恵さんの交際相手への手紙
(磯谷さんが包丁で脅されて震えていた場面は)がったがた。
マグニチュード10?
 
公判の一審では、神田司と堀慶末に死刑判決、犯行直後に自首した川岸には無期懲役の判決が下った。

川岸は自首したとみなされて量刑が軽くされたのだった。

神田司は即日控訴したが、4月13日に取り下げて死刑が確定し、名古屋拘置所に収監されていたが、2015年 6月25日に死刑が執行された。

44歳没。
 
 
 

川岸健治に無期懲役確定


 
堀慶末と川岸健治は一審判決を不服として控訴した。

名古屋高裁が本人と検察双方の控訴を棄却し、川岸健治の無期懲役刑が確定した。
 
 

堀慶末に無期懲役確定。しかし現在も別件で上告中

堀慶末 闇サイト殺人事件

堀慶末 via:http://okigogo.ti-da.net/

 
2011年4月12日、名古屋高裁では掘慶末の死刑判決を破棄し、前科がなく更正の余地があるとの判断から 無期懲役を言い渡した。

検察は上告したが最高裁が棄却し、堀慶末の無期懲役が確定した。

しかし2012年7月、掘慶末は1998年に起きた「碧南市夫婦強盗殺人事件」に関わっていることが判明し、再逮捕・起訴された。

現場に残されていた唾液のDNAが、掘のDNAと同一の可能性が浮上し、この事件で一審・死刑判決が下っている。

堀慶末は一審判決を不服として控訴するも棄却され、現在は上告中である。
 
 

堀慶末 年譜…「闇サイト殺人事件」被告の裁判はまだ終わっていない!

1975年4月堀慶末、5人兄弟の末っ子として誕生
中学時代中2で不登校
兄の外壁工事を手伝う
1991高校に進学するも、すぐに中退
再び外壁工事に従事
1997頃外壁工事業で独立
19986月28日
~29日
愛知県碧南市の馬氷一男さん方に男3人組が訪問。翌29日、馬氷さんと妻の里美さんが行方不明になる
7月4日愛知県高浜市の路上に放置された馬氷さんの乗用車トランクから、馬氷さん夫婦の遺体が発見される
20066月兄との確執や腰痛の悪化で仕事をしなくなる
7月20日名古屋市守山区の民家を男2人組が訪問。69歳の一人暮らしの女性の首を絞めた後、貴金属、金庫を奪う。
20073月同居女性から440万円の借金を背負い、同居を解消
8月24日
~25日
インターネットの闇サイトで知り合った堀慶末容疑者ら3人が、名古屋市千種区の路上で磯谷利恵さん(当時31歳)を拉致。
現金などを奪って翌25日未明に殺害、遺体を岐阜県内の山林に遺棄
8月26日堀慶末容疑者ら3人を死体遺棄容疑で逮捕
9月14日3人を強盗殺人容疑で再逮捕
20093月18日名古屋地裁が堀慶末被告に死刑判決。
堀被告は控訴
20114月12日名古屋高裁が一審判決を破棄し、堀慶末被告に無期懲役判決。
検察側が上告
20127月11日最高裁が上告を棄却。
「闇サイト殺人事件」で無期懲役が確定
8月3日馬氷さん夫婦を殺害したとして、強盗殺人容疑で堀慶末容疑者と共犯者の2人を逮捕
8月24日名古屋地検が堀慶末容疑者ら3人を強盗殺人などの罪で起訴
20131月16日名古屋市守山区の民家を襲ったとし、強盗殺人未遂容疑で堀慶末容疑者と共犯者の1人を逮捕
2月6日名古屋地検が堀慶末容疑者を強盗殺人未遂、共犯者を強盗致傷罪などの罪で起訴
201512月15日名古屋地裁が堀慶末被告に死刑判決
被告側は控訴
201611月18日名古屋高裁が堀慶末に死刑判決
被告側が上告
via:http://www2.odn.ne.jp/rie_isogai/page039.html  
  
スポンサーリンク



 
 

332,806名の署名が集まった!司法の判例を覆すための磯谷富美子さんの戦い

「こんな犯罪をした人たちは死刑になって当然」

磯谷富美子さんは事件後に犯人3人の極刑を求める活動を始めていた。

娘を失った怒りと憎しみ、司法への憤りが 磯谷富美子さんの原動力となった。

磯谷利恵 闇サイト殺人事件

via:http://www2.odn.ne.jp/rie_isogai/index.html

 
賛同者の署名は全国から集まり、最終的には約5年間で33万人を超えている。

磯谷富美子さん自身も強い処罰感情を法廷で訴え続けてきました。

磯谷利恵 闇サイト殺人事件

via:http://www2.odn.ne.jp/rie_isogai/index.html

2009年の一審判決では2人が死刑、1人が無期懲役となったが、控訴審で高裁は死刑の1人を無期懲役に減刑している。

その理由について、被害者が1人であることを踏まえ「死刑選択がやむを得ないといえるほど悪質だとは断じがたい」としている。

いや、悪質でしょ、これ以上ないくらい…こんな減刑ありえないとほとんどの人が考えたと思う。

 平成21年3月18日の第一審判決(近藤宏子裁判長)で、神田被告と堀被告に死刑、川岸被告に無期懲役が下され、その後、神田被告が控訴を取り下げ、神田被告の死刑が確定。(平成27年6月25日死刑執行)

平成23年4月12日の第二審判決(下山保男裁判長)では、堀、川岸両被告に無期懲役の判決が下され、検察は堀被告だけを上告し、川岸被告の無期懲役が確定。

平成24年7月11日付で最高裁第2小法廷(千葉勝美裁判長)は検察側の上告を棄却し、堀被告の無期懲役が確定。 

「被害者が1人で、死刑がやむを得ないほど他の量刑要素が悪質といえないとした二審の判断に誤りはない」としたのです。

これまでの被害者一人の量刑相場で裁かれてしまいました。

被害者の数に関係なく、犯罪内容で裁いて欲しいと願った活動でしたが、すべて否定され何も変える事ができませんでした。

この事件を最後まで見届けて下さった皆様、酷い結果しか残せませんでしたが有難うございました。

加害者の更生より、真面目に生きている人を守る司法であって欲しい。

その為にも、被害者の数や過去の判例にとらわれることなく、行った犯罪内容に見合う刑罰が科せられる司法に変わることを心から願います。 

平成24年7月26日
被害者側代表 磯谷 富美子

現在、磯谷利恵さんの母・磯谷富美子さんは「犯罪被害者遺族が置かれた現状を考える講演会」を開き、活動を続けています。

磯谷利恵 闇サイト殺人事件

長女利恵さん=当時(31)=は闇サイトを通じて知り合った男3人に拉致され、金銭目的で殺された。

3人のうち、1人は死刑が執行され、2人は無期懲役が確定した。

講演で磯谷さんは、司法への不信感を強調。無期懲役の判決理由で、被害者が1人で死刑を選択するほど悪質ではないとされたことに対し、「見知らぬ人と出会ってすぐ、金目的のために残虐な殺害ができる男がなぜ犯罪傾向が進んでいないと言えるのか。被害者の人数より犯行内容で判断するべきだ」と憤った。

被害者支援について、事件直後の混乱の中、親族だけで葬式を挙げることの大変さや、支援者をマスコミの人を通じて紹介してもらい、それも事件から時間が経過していたことを挙げ「行政が早くから関わってほしい」と話した。

加害者は弁護士や刑務所での生活などが公費で保障されているが、被害者は裁判費用や署名などの活動費、転居費などすべて自費のうえ、損害賠償金すら支払われていないことを明かし、「あまりにも不公平」と訴えた。

 
 
スポンサーリンク