渡辺清死刑囚の連続4人殺人事件

渡辺清 連続4人殺人事件

渡辺清死刑囚は中学校卒業後、飯場や簡易宿泊所に住み、日雇い労働者としてその日暮らしをしながら 娼婦相手の女遊びにふけるようになり、1967年から1973年にかけて4件の強盗殺人事件を犯したとされている。

第一の事件~1967年4月 飯田事件

1967年4月24日、渡辺清(当時19歳)は名古屋市内で旅館に同宿した飯田たか(当時36歳)の首にタオルを巻きつけて絞殺し、現金約35,000円を強奪した。

第二の事件~1967年8月 図子事件

1967年8月5日、渡辺清は大阪市内で、声をかけてきた男娼・図子邦夫(当時26歳)から金品を強奪しようと考え、神社の境内で刃渡り約10センチの果物ナイフで刺殺し、現金約200円を強奪。
 
この事件の後、渡辺清は大阪市内で起こした窃盗で逮捕されたが、渡辺は当時19歳の少年だったため、1968年11月まで中等少年院に収容されていた。
 

第三の事件~1972年4月 西村事件

1972年4月10日、渡辺清は大阪市内で、ホテルに同宿した西村師子(当時39歳)の首にパンティストッキングを巻きつけて絞殺し、現金約2000円を強奪。

第四の事件~1973年3月 中本事件

1973年3月20日、渡辺清は大阪市内で、ホテルに同宿した中本澄代(当時40歳)の首にパンティストッキングを巻きつけて絞殺し、現金2万2000円等を強奪。
 
 
スポンサーリンク



 

公判

1975年8月、大阪地裁での一審は「不倶戴天の殺人鬼以外の何者でもないといえるかもしれない」「極刑をもって処するのが相当な事案」としながらも、「計画的な犯行ではなく、第1、第2の事件は19歳の少年であり、改悛の情はきわめて顕著」として、渡辺清に無期懲役を言い渡した。

ところが死刑を求刑した検察側が量刑不当を理由に控訴。

1978年5月、大阪高裁は「計画的であり、被害者遺族の被害感情も強く、事案の全貌を直視することを避けない限り極刑以外の刑は見出しえない」として、渡辺清に死刑を宣告した。

そして今度は弁護側が上告。

渡辺清は捜査段階から二審まで、4件とも自分が犯したものだと供述していたにもかかわらず、最高裁からは 「第2、第3の2つの事件は自分の犯行ではない」と否認に転じた。

その理由を渡辺清はこう言っている。

渡辺清
「きちんと自白して改悛の情を示せば、死刑にはならない、無期だよ。裁判の途中で自供を取り消したり変更したりすれば、裁判官の心証を悪くすることになって改悛の情を疑われるから、絶対に最初の自白を押し通すように」と捜査員から釘を刺されていた。

実際、一審では無期懲役だったから「捜査官は親切に教えてくれたんだなあ」と思った。

ところが二審では、第二の事件の被害者の母親が「死刑にしてほしい」と法廷で訴えるだけでなく、渡辺清の家族に対して電話をかけたり、怒りや悲しみをつづった手紙を送っていたことまでが明かされ、自分もこの事実をはじめて知った。

それを知って、殺してもいない人の遺族から手紙や電話で責められて、いやな思いや苦しみを味わった身内の者はたまったものではないと腹が立った。

それで、殺していない罪まで背負い込むつもりはないと思った。

しかも死刑判決だなんて!

二審判決から10年たった1988年6月、最高裁は上告を棄却し、渡辺清の死刑判決は確定した。

二審判決から上告棄却まで10年かかった理由とは?

死刑上告事件の最高裁での審理期間は、事件や時代によって長短がある。

1980年代のそれは平均4年2ヶ月だったが、渡辺清の連続4人殺人事件の審理には約10年という、異常に長い時間がかかった。

その理由は、裁判官全員一致による上告棄却という結論にするため、それに反対する裁判官の定年退官を待っていたからだという。

死刑事件の破棄差し戻しとなると事は重大で、裁判官の合議がなかなかまとまらない。

調査報告書を読んだ5人の裁判官のうち、一人が第二の事件について無罪の心証を固めたことから意見が割れていた。

最高裁段階での死刑事件についての合議割れはあってはならないことである。

そのため無罪の心証を固めた一人の裁判官が在職中には、死刑判決を言い渡すことは不可能だった。

1987年1月にその裁判官が定年退官したため、1988年6月、裁判官全員一致の意見で上告を棄却することがようやく決まった。

これが異例の長期審理になった理由だった。
 
 
2017年8月現在、渡辺清死刑囚は69歳で 大阪拘置所に収監中である。

殺人事件4件中の2件の無実を訴えているため、おそらく現在も再審請求を続けていると思われる。
 
 
スポンサーリンク


[via]   戦後ニッポン犯罪史   日本凶悪犯罪大全   戦後事件史データファイル   現代殺人事件史   昭和・平成 日本の凶悪犯罪100   殺しの手帖   日本殺人巡礼      



渡辺清 連続4人殺人事件