宇都宮宝石店放火殺人事件

篠沢一男 宇都宮宝石店放火殺人事件

2000年(平成20年)6月11日午後11時前、宇都宮市江野町・オリオン通りアーケード街の中にある宝石店から爆発音とともに火の手が上がった。

鉄筋三階建て店舗の一階部分が全焼し、店内から店長(49歳)ら6人の女性社員の遺体が見つかった。

>>事件現場(大島てる)

栃木県警はこれを殺人放火事件と見て捜査本部を設置し、初動捜査で有力な聞き込みを得た。

爆発音の直後、現場から袋のようなものを持って、西側の東武宇都宮駅の走り去る中年男が目撃されていたのだ。

捜査本部は定石捜査を進めると同時に、犯行手口から見て犯人は店の事情に詳しいものと判断し、関係者や顧客を洗っていった。

その結果、小山市に住む篠沢一男(49歳)が捜査線上に浮上した。

5月下旬頃、篠沢一男は宝石店店長にこう言ってきた。

篠沢一男
数千万円分の宝石を買いたい。自宅に持ってきてくれれば現金で支払う。

さらに事件当日午後7時半頃、店長が男性客と商談しているのを見た目撃者が現れた。

その客は口ひげをつけていて人相が篠沢一男に酷似していることもわかった。

捜査本部は篠沢一男を重要参考人として指名手配した。

 
篠沢一男の身辺調査でわかったことは、篠沢は10年ほど前までうどん屋をやっていたが うまくいかずに廃業。

そして一時期、料理屋に勤めていたが、最近は産業廃棄物処理業者を名乗っていたという。

篠沢一男は派手な性格でブランド品を好み、外車を乗り回し、パチンコ狂で1日に30万円つぎ込んだと友人らに自慢していた。

ところが実際は羽振りがよかったわけではなく、これだけ派手なことをやっていたのだから借金の山を抱えていた。
 
 
2000年6月12日正午頃、捜索中の捜査員がデパートの駐車場で篠沢一男をみつけ、本部に任意同行して事情聴取をした。

所持していたバッグには多数の宝石、貴金属、腕時計などが入っており、証拠品を押さえられた篠沢一男は犯行を認めた。
 
 
スポンサーリンク



 
 

2000年10月10日、強盗殺人と現住建造物等放火の罪で起訴された篠沢一男の初公判が宇都宮地裁で開かれた。

検察の冒頭陳述
篠沢一男は6月11日午後6時半頃、ガソリン缶を入れたバッグを携え、客を装って宝石店を訪れた。
 
店長に会い、現金で1億5000万円持参していると言い、欲しい宝飾品の種類と数を切り出した。
 
店長は注文品をそろえるため、時間をくれと頼んだ。

篠沢一男は閉店後、再訪して商談に入り、宝石類293点、約1億4000万円相当を選んだ。
 
そのあと、清算するから店員全員に立ち会って欲しいと言って、店員らをカウンター前の椅子に座らせた。
 
篠沢一男は全員が集まったのを確認すると、やおら刃物を突きつけて脅し、店長に粘着テープで五人の店員を縛らせ、自分で店長を縛った。
 
6人を店の奥の休憩室に押し込み、宝石類をバッグに入れると、店内にガソリンをまいて、使い捨てライターで火をつけ逃走した。

犯行の動機は「派手な生活から消費者金融などに借金を重ね、銀行強盗や殺人を犯してでも、金が欲しいと考えていた」

篠沢一男は最初、自宅の妻に宝石を選ばせたいと持ちかけて店長一人を連れ出して、山の中で殺して宝石を奪おうと考えていたが、出張販売の場合、複数店員の同行が規則だと言われ、今回の計画に切り替えたという。
 


 
2002年3月19日、宇都宮地裁は「凶悪・悪質で他に類をみない」として求刑通り死刑判決を下している。

2003年4月23日、東京高裁は「犯罪史上まれにみる凶悪な事件」として控訴を棄却。

2007年2月20日、最高裁判所は上告を棄却して 篠沢一男の死刑が確定した。

2010年7月28日死刑執行。59歳没
 
 
スポンサーリンク


[via]   戦後ニッポン犯罪史   日本凶悪犯罪大全   戦後事件史データファイル   現代殺人事件史   昭和・平成 日本の凶悪犯罪100   殺しの手帖   日本殺人巡礼      



夕張保険金殺人事件