うららか相談室でオンラインペットロスカウンセリングを受けた体験談

ペットロスカウンセリングを受けた30代男性の寄稿です

私は秋田犬をのオスを飼っていました。名前はまる、10歳の時に亡くなりました。

亡くなった当時は病気で衰弱していた状態で まるはほとんど動くこともできずにベッドの上で一日を過ごすことが多かったのですが、亡くなった日は調子が良かったのか普通に動いており、私に甘えてきてくれました。

しかしその夜、まるは突然吐血して亡くなってしまいました。

うららか相談室でオンラインペットロスカウンセリングを受けた体験談

ペットロスカウンセリング

こうなる心の準備を自分では整えていたつもりだったのです。

しかし自分の想像をはるかに上回るショックを受けた私は、愛犬の喪失感から これまでの人生で体験したことのない心身の不調を感じるようになりました。

抑うつ状態!精神科で抗うつ剤を処方されたがメンタルが元に戻らなくて…

ペットロスカウンセリング

それからは倦怠感を常に感じるようになり、何もする気力すら沸かなくなっている状態でした。

食欲もなくなり、どんどん体が衰弱しながら気持ちが落ちていくのが 自分でも自覚できるほどにひどい状態でした。

そこでまず最初に精神科を受診したところ、抑うつ状態ということで 抗うつ剤等を処方していただきました。

抗うつ剤は処方されたとおりにきちんと服用していましたが、抑うつ状態が劇的に改善されることはなく、愛犬を失った心のすきまはなかなか埋まりませんでした。

倦怠感はそのままに時間だけが過ぎていく感じでした。

抗うつ剤だけではペットロスの空虚さを埋めることができないと感じた私は

これは薬以外の「精神的なサポート」を探したほうがいいのではないか?

…と思えてきました。

【うららか相談室】オンラインカウンセリングサービスでペットロスを克服

ペットロスカウンセリング

そこで心理カウンセリングに通うことを思いついたのですが、このコロナ禍では人込みの中に出かけることも気が進まず「どうしたものか…」と思っているときにネット検索していて カウンセリングがオンラインでもできることを見つけ、うららか相談室に辿りつきました。

ペットロスカウンセリング

うららか相談室には臨床心理士をはじめとした色々な得意分野を持つカウンセラーが在籍していたので、あちこちのページを見て回りながら 自分の悩みに寄り添ってくれそうなカウンセラーを探しました。

オンラインカウンセリングでは 最初はチャットでの相談をしており、慣れてきた頃合いから電話やビデオ通話を使った面談をしていただくようになりました。

最初のチャットでは、愛犬の死についてのつらさを思い起こすことや文章で話をするのも結構きつくて、だいぶカウンセラーには迷惑をかけてしまいました。

それでもカウンセラーは優しく対応してくださり

少しずつでいいので、自分の気持ちを吐き出していきましょう。

…と言って、立ち直りに向けて背中を押してくれました。

ペットロスから立ち直るには「逃げる」とか「忘れる」のではなく、それを受け入れていくことがもっとも重要なんです。

…とのアドバイスを受けて、私は少しずつ愛犬が亡くなった当時の気持ちを中心に カウンセラーの誘導で昔を振り返り、後悔やモヤモヤ感を吐き出していくように努めました。




ペットロスから立ち直るまで5カ月…カウンセリングを利用したことは正解だった

ペットロスカウンセリング

カウンセラーの指導の下 ペットロスから逃げずに正面から向かい合うことで 私は徐々に気持ちが落ち着いてきて、今まで通りの生活を送れるまでにメンタルを回復することが出来ました。

それに伴って精神科で処方されていた抗うつ剤も必要なくなっていきました。

私がペットロスから立ち直るまでには大体5カ月くらいかかりました。

自分的には長い5カ月間でしたが、精神科で処方された抗うつ剤だけに頼っていたら、おそらくペットロス克服まで1年はかかったと思います。

うららか相談室のオンラインカウンセリングを利用したことでメンタルの回復が格段に早まったことは間違いありません。

ペットロスから4か月目くらいまでは、友人からの誘いはもちろん 自分からも外出しようという気持ちがわかず、何とか仕事にだけは通っていたという状況でした。

しかし5か月目に入って「気持ちがだいぶ落ち着いてきたな」とふと感じたことがきっかけで 自然と自分から友人を遊びに誘う元気が出てきました。

私からの誘いを受けた友人の驚いた様子を見たときに 自分でも「これはペットロスを乗り越えられたのではないかな」との実感が現実的なものとしてわいてきました。

週刊誌などで芸能人のペットやペットロスの話などを読んでいるときには、ペットロスがこんなにきついものだなんて考えたこともありませんでした。

しかし自分がそれを経験した現在は「ペットロスは重い心の病だ」…と強く認識するようになりました。

ペットを大切に飼っていて「自分は大丈夫だろう」と思っている皆さんもお気を付けください。

 

オンラインも対面もカウンセリング効果はまったく同じです

子どもの頃に実家にいたオカメインコとの出会いからすでに40年超。未だ彼らへの愛と興味が尽きず「オカメインコ愛好家」の立ち位置から情報発信するyamaki がこのブログの中の人です。
 
ここには鳥ブログあるあるな「うちの子自慢」や「かわいいでしょ♪アピール」はありません。鳥の飼育本を丸写ししただけの机上の空論解説や、繁殖した雛の販売目的の宣伝PRもありません。鳥と飼い主のQOL向上(健康に楽しく)が目的のコンパニオンバードブログです。
 
フィンチとインコでは飼育に異なる点がありますが 小型~中型インコには共通項が多いことから、オカメインコだけに限らず中型までのインコ・オウム飼育に役立つ内容を更新していきます。