奈良市 トイレで倒れた妻を医師の夫が4日間も放置し死亡させる

奈良 死体遺棄

2017.9.12 倒れた妻を4日間放置。夫婦ともに医師なのに…!?


 
自宅のトイレで倒れて動けなくなった妻を4日間に渡り放置したとして、医師の男が逮捕されました。

男は「妻の手を握るなど状態の確認はしていた」などと供述しています。

夫婦はともに医師であり、高齢ですが 一般人よりもはるかに病気やけがなどの際の判断力は優れていたはずです。

それがなぜ?
 


 
奈良 保護責任者遺棄
via:現場(大島てる)

 

9月11日午後6時前、奈良市中登美ケ丘のマンションの一室で遺体が見つかりました。

亡くなったのは72歳で医師の三浦淳子さんです。

トイレで、壁と便器の間に挟まるように仰向けに倒れていたということです。

警察に通報したのは3つ年上で医師の夫・三浦尚(みうらたかし)容疑者。

驚いたことに、3日ほど前から妻がトイレで倒れていることに気付いていたというのです。

三浦尚容疑者は「妻の手を握るなど、状態の確認はしていた」と警察で供述しています。

だったらなぜ、助けないのか?

それに対し三浦尚容疑者は「重くて動かせず、様子を見ているしかなかった」

三浦夫妻は市内の病院で働いていた医師。

三浦淳子さんが院長を務める病院で、近所の人も2~3週間前には普段通りの淳子さんを見掛けていました。

しかし、淳子さんは先月中旬にめまいなどの症状を訴えて入院し 今月8日ごろ、自宅で療養中にトイレで倒れ、動けなくなったとみられています。

三浦容疑者が通報を決意したのは9月11日で、朝の時点では淳子さんは息をしていましたが、しばらくしてからそれがないのに気付き、娘に電話でこう相談したそうです。

三浦尚
お母さんが亡くなった。
(警察などに)言わなあかん!

三浦尚容疑者によれば、淳子さんは「当初は生きていたし、手を握ると握り返した」と。

三浦淳子さんの遺体に外傷や首を絞められたりした痕はないということです。

三浦尚容疑者は「遺棄したつもりはない」と容疑を否認していて、その一方でこう供述しています。

三浦尚
迷惑を掛けるから黙っていた。遺棄をしたと思われても仕方がない。
 
 
スポンサーリンク


 



奈良 死体遺棄