豊田真由子の現在!文藝春秋で「議員活動を続ける」と明言!

豊田真由子

via:文春オンライン

豊田真由子
今後につきましては、ご関係者としっかりご相談しながら、今回のことを猛省の上、国のため地元のため、引き続き、必死で働き続けることで、償っていきたいと思っております。

豊田真由子衆議院議員が今後も議員活動を続けていくことを明言しました。

明日発売の「文藝春秋」2017年10月号に豊田真由子氏のインタビューが掲載されるという。

今年6月に驚きの暴言が明らかになって以来、「体調を崩して入院生活」という名目で姿を現さなかった豊田真由子議員が、文藝春秋のインタビューを8月下旬に受けていたといいます。

インタビューで豊田氏は、まず暴言を浴びせた元秘書のAさんへの謝罪を口にし、こう語り出した。

豊田真由子
このたびは元秘書のAさんには、大変なご迷惑をおかけいたしました。
心より深くお詫び申し上げます。
関係者の皆さまにも多大なご迷惑をおかけし、地元の皆さま、国民の皆さまのご信頼を深く傷つけることとなり、誠に申し訳ありません。
 
本来であれば、皆さまの前できちんとお詫びとご説明を申し上げるべきところ、まだ入院加療が続いておりまして、このような形を取らせていただくことをお許しください。

そして今回、取材を受けた理由については、こう述べた。

豊田真由子
まず何よりも、事件について、きちんとお詫びとご説明をしたい。
そして報道されている内容について、事実と異なることが非常に多く含まれているからです。
 
私のしたことは決して許されることではありません。
ただ、これまでご説明できなかった、本当のことを知っていただきたいのです。

6時間に渡るインタビューを受けられるくらいなら、10分やそこらの記者会見くらい可能なのでは!?と思うんですが^^;

豊田真由子議員を訴えた元秘書の男性は「週刊宝石」や地方新聞の記者をしていた経験があり、今年4月から豊田真由子事務所に入り、2ヶ月あまりで豊田議員の暴言と暴力に耐えかねて退職しています。

「文藝春秋」インタビューの中で豊田真由子議員は「事実と異なること」について語っているそうです。

なぜ豊田氏はあのような暴言を秘書に浴びせてしまったのか・・・といまさら言われても…理由はどうあれ、秘書の娘さんのことまで持ち出して脅迫まがいの暴言を吐いたことや元秘書に暴力を振るったことは、人としてどうなの?と誰もが感じると思うんですが、豊田真由子議員は任期いっぱいまで議員を辞職しない構えのようです。

個人的には 明日発売の「文藝春秋」2017年10月号が非常に楽しみですけれど(爆)

今までの自分に対するマスコミ報道を全てチェックしていなければ「報道されている内容について、事実と異なることが非常に多く含まれている」とは言えないのではないかなと。

「事実と異なること」「本当のこと」の内容次第では、元秘書との対立が深まる可能性もあると思いますが…。

引用:文春オンライン
 
 
 
スポンサーリンク


[via]朝日新聞 読売新聞 毎日新聞 産経新聞 週刊新潮 週刊文春   戦後ニッポン犯罪史   日本凶悪犯罪大全   戦後事件史データファイル   現代殺人事件史   昭和・平成 日本の凶悪犯罪100   殺しの手帖   日本殺人巡礼