帝銀事件の犯人が平沢貞通元死刑囚でないなら日本の黒い霧の正体は!?

 
帝銀事件 平沢貞通

帝銀事件は矛盾だらけ

通説では、昭和23年に起きた「帝銀事件」の犯人は画家の平沢貞通で、使われた毒薬は青酸カリということになっている。

これをそのまま信じている人もかなりいるはず。

ところが事件を知るにつれ、帝銀事件で使われた毒薬が「青酸カリ」ではありえないことがわかる。

ではこの通説の矛盾と平沢貞通に対する冤罪は、現在はどう解釈されているのか?

帝銀事件は未解決事件で真相は未だ藪の中なので真犯人説は諸説あるが、以降、その中のいくつかを挙げてみる。
 
 
スポンサーリンク



 
 

1948年 帝銀事件発覚

1948年(昭和23年) まだ戦争の爪痕が残る東京は上下水道が未整備で衛生状態が非常に悪かった。

だから様々な伝染病が蔓延しているという背景があった。

その年の1月26日 帝国銀行(現・三井住友銀行)の行員たちが閉店の作業をしていた午後3時過ぎ。

椎名町支店(東京都豊島区の)に一人の男が入ってきた。

「東京都消防班」の腕章をかけた、年の頃は44~45歳である。

この近所で集団赤痢が発生して、感染者の一人がこの銀行に来たことが分かった。

これからGHQが消毒するのだが、その前にこの予防薬を飲むように

そう言って、神妙な面持ちで男の話をきく行員たちに、男は2種類の薬品を手渡す。

この薬は歯に触れるとホーロー質を痛めてしまうから、今から私がやって見せるように舌を出して飲むこと。

薬は2種類あり、第一薬を飲んだ後 1分経ってから第二薬を飲む

そう説明すると、男はその薬を行員たちの前で飲んで見せた。

これを見た行員たちは疑いようもなく、男に言われたように 次々に湯のみを口に運ぶ。

そして1分後、2番目の薬も全員が飲み込んだ。

すると・・・異変が起きた。

胸焼けどころではない、すさまじい苦しみに全員が襲われたのだ。

こうして10名がその場で絶命し、残りの6名も苦しみながら虫の息だった。

その凄惨な現場を尻目に 男は支店長に渡した名刺と 自分が薬を飲んで見せた湯飲みを回収し、出納係の机から現金16万円と小切手を取り、悠然と銀行を去っていった。

すぐに絶命しなかった女性行員が這いつくばって外に助けを求めたことで事件が発覚し、大騒ぎになった。

虫の息だった6名はすぐに病院に担ぎ込まれたが2名は助からなかった。

この戦後最大にして最悪の大量毒殺事件が「帝銀事件」である。
 
 
スポンサーリンク



 
 

犯人が示したパーフェクトな毒殺法

犯人が行員たちに示した投薬法は、良く考え抜かれた方法であるといえる。

■第一薬を飲むときに舌を出させる⇒薬を完全に嚥下させることができる

■自分が投薬を実演してみせる⇒相手に疑いを抱かせない

■16人が相手でも、一人で手間をかけずに実行できる

■その場に1分間とどめさせる⇒被投薬者をその場に拘束できる

第一薬を飲んだ後に1分間待たせていることからも、この毒薬が「青酸カリ」ではないことがわかる。

青酸カリであれば即効性だ。

飲んだその場でバタバタと行員が倒れていくはずで、そうなるとまだ飲んでいない行員に気づかれてしまうので、全員に確実に薬を飲ませることができなくなる。

複数人全員に一度に確実に薬を飲ませるためには「遅効性」の毒薬でなければならない。

この犯人は落ち着いた態度で投薬方法を行員たちに指南しており、薬の配分も手慣れたものだったという。

ということは犯人像は 大量毒殺の方法を知り尽くして実行した経験がある者である可能性が高い。

果たして一介の画家ふぜいに そんなことができただろうか?

この事件で犯人が使用した器具類や毒薬は一般人が簡単に入手できるものではなかったから、医学知識のない画家にそんな凶行ができたはずがない。

なぜ薬の飲み方を実演して見せた犯人は死ななかった?

犯人は第1薬、第2薬の2種類の薬を用意して、駒込型ピペットというスポイトを用いて、薬を行員たちの湯飲みに入れている。

そして自分が行員たちの前で薬の飲み方を実演して見せている。

なのになぜこの犯人は死ななかったのか?

薬に細工をしておいて、自分は害のない上澄み液を飲んだかもしれない。

あるいは先に解毒薬らしきものを飲んでいたかもしれない。

真相はわからないが、いずれにしてもそこまで手の込んだことができるのだから、薬品や器具の扱いに手慣れた犯人像しか浮かばない。

駒込型ピペット自体が実験器具なので、警察が兵器研究機関を疑ったのもうなずける。
 
 
スポンサーリンク



 
 

松本清張氏の推理

作家の松本清張は小説帝銀事件の中で、真犯人は細菌研究に関わった旧陸軍関係者(731部隊)の生き残りだとしている。

そしてその背後にGHQ(連合国軍総司令官総司令部)の存在があったのではないかと推理した。

松本清張がそのように推理したのは、旧陸軍関係への捜査を中止せよとGHQからの命令が下ったことによる。

これは731部隊が事件に関与していたから捜査中止命令が下ったのだと考えていたからだ。

731部隊とは細菌兵器実験を行っていたとされる旧陸軍研究機関である。

彼らは「防疫」という大義のもとに満州で人体実験を行っていたといわれていて、その研究資料と引き換えに、戦犯の追訴を免れたという黒い噂もささやかれていた。

この731部隊の研究資料をGHQが持っていたのではないか・・・というのも松本清張の推理である。

冷戦時代に向かいつつあった時代背景があるだけに信憑性も高いが、はっきりした確証はない。

もし帝銀事件の犯人が731部隊関係者だったなら、いずれ米軍にも影響が及ぶことは必至で、それを避けるために、旧陸軍関係者を捜査対象から外させたのではないか、という推測もできる。

裁判の中で 帝銀事件に使用された毒物が「青酸カリ」とされていたこと自体、おかしい。

即効性がないのだから あれは青酸カリではない。

遅効性の「青酸ニトリール」ではなかったのか!?

ただ、よくよく考えれば、GHQの関与があったなら、犯人がわざわざ「GHQの指示でやってきた」なんて言うのか!?という疑問も残る。

それもちょっとおかしな話だ。

 

マスコミは「組織的犯行」と報道していた!

事件から2日後の朝日新聞東京版には、「帝国銀行前に2人組の男が乗った自動車が停まって待っていた、そこに犯人が乗り込んで走り去っていった」・・・という目撃証言が掲載されていた。

この証言から組織的犯行が疑われていたはずなのに、時がたつにつれていつの間にかそれが「単独犯」にすり替えられてしまっているのが奇妙だ。

なんだか作為の匂いがプンプンする…。
 
 
スポンサーリンク



 
 

帝銀事件の捜査経緯

捜査を始めた警察がはじめに着目したのは、以前に起こった2件の類似事件だった。

ほんの1週間前に三菱銀行中井支店で。

さらに1964年10月には安田銀行荏原(えばら)支店で、同じ風貌の男が同じ手口で行員たちに薬を飲ませようとした事件が起こっていた。

幸いにもそれらは未遂で終わっていたけれど。

■安田銀行荏原支店

1947年(昭和22年)10月14日、閉店直後の安田銀行荏原支店に、「厚生技官 医学博士 松井蔚 厚生省予防局」という名刺を出した男性が訪ねてきて、「赤痢感染した患者が、午前中に預金に訪れていることが判明したので、銀行内の行員と金を消毒しなければならない」と言った。

支店長は相手を待たせて、交番へ巡査を呼びにやって赤痢発生について聞くと、当の巡査は「まったく寝耳に水の話だが署で確認する」と言って出て行く。

巡査が戻る間に、帝銀事件とまったく同じような手口で薬を飲ませるも、死者は出ず。

名刺自体は本物だった。警察は犯人が松井と以前面会し、その際に名刺を受け取っていたと断定した。後にこの名刺が「帝銀事件」の捜査の有力な手掛りとなった。(「捜査と裁判」を参照)

■三菱銀行中井支店

1948年(昭和23年)1月19日、閉店直後の三菱銀行中井支店に、「厚生省技官 医学博士 山口二郎 東京都防疫課」という名刺を出した男性が、前年に安田銀行荏原支店を訪れた男性と似たようなことを発言。

行員に薬を飲ませ、行内の金を消毒させようとするも、不審に思った支店長は、すでに現金はないと答えると、男性は行員たちがまとめている小為替を見つけ、消毒液と称して透明の液体を振り掛けただけで出て行く。

“山口技官”は実在せず、名刺は偽物であることが判明。

via:wikipedia

これだけの大量殺人を躊躇なく冷静にやってのけたことから、高度な医学的知識を持った者の犯行ではないかとの推測がなされていた。

その点から、当初は具体経験のある医師の線で捜査が進められたのである。

当時は歯科医も疑われた。

なぜならこの頃は歯の治療にヒ素が使われていたためだ。

警視庁捜査一係長の残した捜査手記

捜査当局は「犯人は軍関係にいる」と目して捜査を開始し、軍関係者から入手した情報を捜査手記に残している。

その中に、陸軍九研・伴繁雄氏の証言がメモされている。

※ただし、伴氏はこのメモに書かれた証言内容を否定している。

●もし私がやるとすれば、青酸ニトリールでやる。

●青酸ニトリールは、青酸と有機物の合成に 九研が特殊の者を加えて作った。

青酸ニトリールは遅効性で、胃に入って3分から7,8分経つと生産が分離して 人を殺す。

南京病院で捕虜を使って人体実験を行った。はじめは嫌だったが、慣れるとひとつの趣味になった。

●その際、捕虜がうたぐるので、偽装して自分が先に飲むことがあった。

●九研は、石井部隊(731部隊)と直接の関係は持っていない。

via:戦後ニッポン犯罪史

こういったかなり有力な証言がとれていたにもかかわらず、なぜか日本画家が犯人とされた。

そして使われた毒薬が青酸カリということにされてしまった。

少なくとも青酸カリであることは絶対にないはずなのに。

毒薬=青酸カリと認定してしまった背景にはわからないが、ここまで致命的な間違いをした鑑定なんてあり得るはずがないので でっち上げたとしか考えようがない。

この鑑定を行ったのは、古畑種基教授の東大法医学教室だった。
 
 
スポンサーリンク



 
 

犯人像とはかけ離れた男の逮捕

事件から7か月後の昭和23年8月21日、警察が推測していた犯人像とはまるでかけ離れた男が、帝銀事件の容疑者として逮捕された。

北海道・小樽のテンペラ画家、平沢貞通(ひらさわさだみち・当時56歳)である。

平沢貞通が容疑者とされた理由は、三菱銀行を訪れた男が差し出した一枚の名刺がきっかけだった。

その名刺には「厚生技官 医学博士 松井蔚 厚生省予防局」と書かれていたが、これは仙台に赴任している実在の人物であり、名刺も本人のものに間違いなかったのだ。

そこで松井本人から、名刺を受取っている人物に絞って捜査をしていく中で、平沢貞通の名前が浮上した。

平沢貞通が容疑者とされたのは、過去に銀行を相手取った詐欺事件を働いた前科があることと、出所不明の大金を所持していたことが大きかった。

当時の警察の取り調べは拷問が当たり前に行われていて、平沢貞通も暴行されて自白を強要されていた。

平沢貞通は裁判では一転して無罪を主張をしたが、地裁、高裁、最高裁の三審ともに有罪と認定。

最高裁で死刑が確定1955年に死刑が確定し、死刑執行されぬまま平沢貞通は1987年に獄死している(享年95歳)
 


 

冤罪を主張する声が噴出!真犯人は別にいるのでは?

平沢貞通の死刑確定後に、各方面から平沢の冤罪を主張する声が出始めた。

旧日本軍で細菌戦を想定して人体実験を行っていた「731部隊」の医師が関与していたのではないか?

または米軍が犯行に関与していたのではないか?

これらの根拠となったのは、ある新聞記者が警視庁幹部から「米軍が困るので手を引いてくれ」と頼まれた、という話を明かしたことだった。

この新聞記者は 帝銀事件の犯人は 731部隊にいた医師が関与しているという線で取材をしていた。

当時、読売新聞の記者が、陸軍9研(登戸研究所)でアセトシアノヒドリン(青酸ニトリル)という薬を開発していた事実を突き止める。

即座に威力を発揮する即効性の青酸カリに対して、アセトシアノヒドリンは飲んで1分から2分ほどで効果が現れる遅効性であり、遺体解剖しても青酸化合物までしか分析できないことが判明したが、突如、警察の捜査が731部隊から大きく離れた時点で、報道も取材の方向を転換せざるをえない状況になり、731部隊に関する取材を停止した。

後年、GHQの機密文書が公開され、1985年(昭和60年)、読売新聞で以下の事実が報道された。

■犯人の手口が軍秘密科学研究所が作成した毒薬の扱いに関する指導書に一致
■犯行時に使用した器具が同研究所で使用されていたものと一致
■1948年(昭和23年)3月、GHQが731部隊捜査報道を差し止めた。

ただし、アセトシアノヒドリンであっても事件の経緯からすると謎が残る(少なくとも5分は経過していると思われる)
via:wikipedia

また、平沢貞通の晩年に彼を支援していた森川哲郎氏(作家)は、平沢貞通が持っていた出所不明の大金は、副業で得たものだと告白されていたという。

副業というのは春画を描くことで、春画の代金があの大金だったと。

それを裏付ける春画が複数見つかっていることから、この信憑性は高いと考えられる。

平沢貞通氏の死後も養子と支援者が平沢の名誉回復の為の再審請求を続け、2015年(平成27年)11月24日に第20次再審請求を東京高裁に申し立てている。
 

 
スポンサーリンク





横浜中国人留学生 青木ヶ原樹海