宅間守(吉岡守)の生い立ちと最期【大阪池田小学校児童殺傷事件】

 
宅間守 大阪池田小学校児童殺傷事件

2001年6月8日 大阪池田小学校児童殺傷事件

 


 
2001年6月8日午前10時すぎ、宅間守は大阪府池田市の大阪教育大付属池田小学校の東門の前に車を乗り付けた。

宅間守は刃渡り約15センチの出刃包丁を2本持って、1階の教室に窓から侵入。

2時間目の授業が終わった直後の教室を 宅間守は刃物を振り回しながら次々と子供たちを襲い、15分ほどで8人の命を奪い、児童13人と教諭2人に重軽傷を負わせた。

逃げる児童を追いまわし、4つの教室と廊下が修羅場となった。

宅間守は2人の決死の教諭により その場で取り押さえられ、免許証から池田市内に住む無職の宅間守(当時37歳)と判明した。

逮捕直後の宅間守は「もうしんどい」「捕まって死刑にしてほしいと思った」などともらしていたが、取調べが進むうちに犯行動機を淡々と語るようになった。

宅間守
エリートの子供を狙えば、事件が大きくなると思った。

絶望的な苦しみを できるだけ多くの家族に味わわせてやりたかった

 
 
スポンサーリンク



 
 

宅間守(たくままもる)の生い立ち

1963年11月、宅間守は兵庫県伊丹市で生まれた。

両親と兄の4人家族だった。

機械工の父親は守の誕生を喜び、自宅を増築して2階に子供部屋を作った。

宅間守 大阪池田小学校児童殺傷事件
宅間守の父親
守を妊娠したとき、女房は何か予感があったのか「お父さん、この子を産みとうない。あかんねん」と堕胎を考えたんだが、わしが懇願して産んでもらった。

これは何か予感があったのではなくて、もう子供がほしくなかったということかもしれない。

宅間守の母親には家事や育児が苦手で、ネグレクト傾向があったのだ。

この母親は後年心を病み、精神病院に入院していたが、2015年に他界している。

父親は家族に暴力を振るっており、守が自衛隊を除隊になってからはさらに関係が険悪になっていった。

1999年3月に宅間守の7歳年上の兄は心を病んで、43歳の時に自殺している。 

宅間守の父
守を勘当して13~14年になる。

それ以来、守が家に来たことは一度もない。

わしは長男が自殺した原因は守にあると思っている。

それでわしの気持ちは憎しみから憎悪に変わって守に「死んでくれ!」と心の中で叫んでいた

宅間守の親族には3人の自殺者がいたという。

宅間守の生まれた家庭も、内情はいろいろな意味で病んでいて、それがモンスターを生み出すひとつの要因になっていたのだと思う。

宅間守の父親は事件当時68歳、マスコミからは「この親にしてこの子あり」と散々バッシングされた。

父親の顔は守と瓜二つというくらい似ていた。

宅間守の母親は父親より2歳年上で、このときには老人ホームに入っていた。
 

兄と守は何不自由なく育ったが、守少年は小学生時代には裏でいろいろと問題を起こしていた。

小1の担任
裏に回っては、友達をいじめて泣かせていました。
小2の担任
友達をいじめるのは少なくなったが、まだ「よくなった」まで入ってない
小3の担任
いやがらやせ弱いものいじめがあった。

乱暴者の宅間守少年は「ゴン太」と呼ばれて、子供たちの間で怖がられていた。

宅間守は小学生の頃は周囲にこんな風に吹聴していたという。

宅間守
お母さんは薩摩の名門出身のエリートだ

そんな守もエリートになりたかったのか、小学6年生のときに大阪教育大付属池田中学校の受験を希望したが、池田小で受けた模擬試験の成績が悪く、母親からも拒絶されて断念している。

宅間守の反省文(17歳時)
合格する自信はなかったけど、いちかばちか受かったらもうけもんだと思ってた。

願書の中身を見たら内申欄があって、先生に書いてもらったら落ちるのは目に見えてるから、自分で書いて偽造しようと思った。

でも校長の印も必要だし、あきらめて願書を家に持って帰った。

お母さんに受験が保護者同伴だと伝えると「そんなもん通るはずがない。受けるだけ無駄や」と言われて、僕はあきらめた。

この時 宅間守は母親から「お前なんか産まれてこなければよかった」と罵詈雑言を浴びせられた…と書かれたノートが宅間守のマンションから押収されている。

宅間守は中学時代にもすでに家庭内暴力が起こしており、父親とは特に反りが合わなかった。

中学時代には友達のいじめだけでなく、動物虐待をするまで狂気がエスカレートしていた。

宅間守の父
浴槽に3匹の子猫が浮かんでいたから守を問い詰めたら、「忘れてもうた」と平然と言ってのけていた

中学時代のノートに宅間守は 【灘高校生・灘・灘・灘・灘】【防衛省経理局経理課 宅間守】と走り書きをした。

当時の宅間守は強烈な上昇志向を持っていたようだが、それを打ち砕いたはじめの一歩が 池田中への進学断念だったようだ。
 
 
スポンサーリンク



 
 


 
 
その後 宅間守は地元の中学を卒業し、工業高校に進学した。

宅間守の反省文(17歳時)
合格したときはうれしかった。そして野球部に入ることを決めた。

入学して1週間くらいたってから、野球部に入ったが、入部して気づいたことは練習のきついこと。

僕はもうついていけなくなってやめた

宅間守は高2のときに教師を暴行して退学している。

そして市立高校の定時制に入るが、ちょうどその頃、初めて自分から精神病院を受診している。

その後、宅間守は小学生時代からあこがれていた航空自衛隊に入隊する。

宅間守の父
あの頃が守の絶頂期だったよ。

法事のときも守は制服で帰ってきた

ところが宅間守は家出少女を隊の寮に連れ込んだことがばれて、1年半で除隊になる。

当時の宅間守は「イライラする」と自分から精神病院に入院し、以降何度か入退院を繰り返している。

宅間守の17歳頃の日記にはこう書かれている。

宅間守
腹が立って、抑えられないときがある
宅間守
人より大きな希望を描くが、努力はしない

宅間守は精神障害で措置入院になった経歴もあるが、障害を装っていた疑いもぬぐいきれないのだ。

宅間守の父親
守が異常行動を取るようになったのは 自衛隊を辞めた19歳頃から。

兄ちゃんがアウディを買ったら「サラリーマンが外車に乗るな」と車をボコボコにした。

いつもキリを持っていて車を傷つけていた。

何をしでかすかわからないから、精神病院に相談したんだ

精神病院に通院・入院する宅間守の症状はいつも大体同じで、過去の出来事や不愉快な思いが頭から離れず「ああすればよかった」をいつも繰り返し考えてしまったり、人の視線や物音が気になる、他人の所作が非常に不愉快に感じるなどが原因で「自分は非常につらい思いをしている」というものだ。

診察した医師は統合失調症、またはその疑い…と診断し、薬物治療を行ったりしていた。

ただ、宅間守は傷害や強姦などの犯罪は繰り返したが、酒と違法薬物には手を出さなかったという。

宅間守の父
守が舌で頬を尖らせているのは、精神病院から飛び降りたときの(1985年) 骨折の後遺症があるからだ
 
その後も相変わらず宅間守は職を転々とした。

その後、不動産会社に勤めた宅間守は 1984年末、自社管理のマンションの家賃の取立てに行った女性の部屋に侵入し、強姦事件を起こして告訴され、懲役3年の実刑判決が下った。

1990年には、金がないのに風俗嬢に手を出し、ヤクザに追い込みをかけられ、伊丹空港滑走路に逃げ込んで航空法違反で検挙されている。

1993年から 宅間守は非常勤で伊丹市の職員として働いていた。

非常勤とはいえ、一応は地方公務員である。

1993年7月に伊丹市営バスの運転手になったあと 1998年4月伊丹市立小学校の技能員になった。

1999年3月に配属先の小学校で教員のお茶に薬物(精神安定剤)を混入して飲ませる事件を起こして傷害容疑で逮捕されている。

この薬物混入事件は起訴猶予処分とされ、約40日間、宅間守は措置入院をさせられた。

伊丹市の職員時代の宅間守も相変わらず職場や近隣住民、妻としょっちゅうもめてトラブルを起こしていた。

12年間で転居が15回以上、結婚は4回にのぼる。

最終的には元妻に対する暴力事件を起こして傷害で逮捕され 伊丹市職員を懲戒処分にされている。
 
 
スポンサーリンク


宅間守の4回の結婚

宅間守のはじめての結婚は1990年6月。

宅間守が26歳のときである。

相手は18歳年上で大阪大学微生物研究所の女性技官だったが、3ヶ月で離婚。

その直後には19歳年上の 小学校時代に担任だった女性教諭と結婚し、この生活は4年続いた。

その後1995年11月に 44歳年上の女性と養子縁組しつつ、1997年3月から2歳年上の女性と1年3ヶ月の結婚生活。

そして1998年10月からは3歳年下の女性と5ヶ月間の結婚生活。

離婚するパターンはいつも一緒・・・結婚までについた嘘八百がばれ、宅間守が異常なほどの暴力亭主に変貌するからだ。

結婚後のあまりの変わりぶりに驚いた妻たちが逃げるように離婚を求めることが共通していた。

何度も結婚・離婚を繰り返す宅間守は、元妻たちからの慰謝料を当てにして暮らしていたようだった。

宅間守のストーカー行為に耐え切れず、元妻や元養母たちは数百万から1000万円も宅間に払って「別れてもらって」いた。

池田小事件の後も4番目の妻が起こした「離婚無効訴訟」は取り下げられることなく続いていたという。
 

ヒモ男・宅間守の行き詰まり

 
そんな生活を送りつつも、池田小事件を起こしたころの宅間守は明らかにすべてにおいて行き詰っていた。

当時はあてにできる収入源も金づるもなく生活に困っていたのだ。

就職しても仕事先で頻繁に暴行事件を起こしては すぐに退職。

経済的にも精神的もに行き詰まり、元妻の殺害や自殺を考えたが、うまくいかないと思い直した。

そして宅間守は 犯行直前の5月下旬にも自分から1日精神病院に入院していた。

宅間守は勘当されて音信も途絶えていた父親に 電話で「悪かったなあ。迷惑かけたな」と謝罪したが相手にされなかった。

宅間守の父
わしはその言葉を信用しなかった。

金をせびるために演技している。

守がよこした母親への贈答品も「取り込むつもりだ」と疑った

破れかぶれになった宅間守は、以前からねたましく思っていた池田小の児童たちをターゲットに選んだ。

宅間守
大量殺人を起こせば 離婚した妻や 不仲の父親を後悔させることができる
 
 
スポンサーリンク


宅間守の精神障害判定にゆれた裁判

宅間守 

via:https://matome.naver.jp/

 
池田小事件で現行犯逮捕された宅間守の供述は、つじつまの合わないものも多く、犯行直前に大量の精神安定剤を飲んでいたとも言っていた。

精神安定剤を大量摂取すると急に興奮して暴れだすこともあるというが、実際は安定剤を大量摂取して事件に及んだというのは嘘だった。

宅間守
阪急池田駅前で100人くらいをめった切りにした。

最近ずっと眠れなかった。

池田小学校には行ってない。

逮捕当初の宅間守は このように精神障害者を装った言動を続けていた。

しかし起訴前と公判中に2度行われた精神鑑定の結果、2度とも「情性欠陥者で妄想性などのパーソナリティ障害は認められるが、統合失調症ではなく、責任能力を減免するような精神障害はない」とされた。

つまり責任能力を認めることにGOサインが出たのだ。

>>【関連動画】宅間守の精神鑑定
 

 

これを受けて地検は刑事責任能力は問えるとして、2001年9月14日に大阪地裁に起訴した。

宅間守の父
守は捕まってすぐに申し訳ないようなことを言ってたはずで、あれがヤツの本心だったと思う。

周りが反省しろとかなんだかんだ言うと、あいつは意地になって逆のことを言うんや。

そういうところはわしと一緒。

2003年5月の検察側の論告求刑は当然死刑。

検察側
宅間守は強姦、傷害の前科三犯、強姦、傷害等の前歴7回を持ち、強姦事件で懲役3年の判決を受け、服役し、矯正教育を受けたにもかかわらず今回の凶悪事件を起こし、矯正の可能性はない。

本件被害の惨状と多くの家族の悲痛な思いを見るとき、いわゆる死刑廃止論が いかに被害者や遺族の立場、心情を無視した空疎なものであるかということを実感せざるを得ない

検事はここまで踏み込んで死刑を求刑した。

最終弁論のとき、宅間守はこう述べた。

宅間守
死ぬことはビビッていません。

今までさんざん不愉快な思いをさせられて生きてきました。

しようもない貧乏たれの人生やったら、今回のパターンの方がよかったかもしれません。

いずれにしても、死ぬことにビビッていません

宅間守の公判中の態度は非常に悪く、子供を亡くした親御さんのすすり泣く声が途絶えることなく、傍聴席からは「早く死ね」「一人で死ね」などの怒号が飛び交っていたという。
 
 
これで結審し、後は判決公判を待つだけとなったとき、国として遺族に総額約4億円の補償をすることと文部科学大臣が謝罪したことを 宅間守は知って、こんなことを思いついた。

宅間守
被害弁償ができたのだから、これで自分と遺族は対等になった。

今後は言いたいことを言わせてもらおう

そして判決当日に遺族を糾弾する発言をしたいと弁護団に訴えでた。

弁護団は宅間守に実名を挙げないことや内容に十分注意することを約束させて裁判所にかけあったが、認められなかった。

それを聞いた宅間守はこう考えたという。

宅間守
許可しないなら、不規則発言をして実名を挙げてやる。

退廷命令を受けるだろうが、そうなれば死刑判決のときに自分がどんな顔をするのかを楽しみにしているはずの遺族がその場面を見られなくなるから、一石二鳥だ

 
 
スポンサーリンク



 

宅間守被告に科すべき刑は死刑以外にありえない

宅間守 大阪池田小学校児童殺傷事件

そして2003年8月28日。

宅間守
死刑になるんやろ。最後に言わしてくれ
裁判長
(宅間守を無視して)それでは判決を言い渡します
宅間守
(大声を張り上げて)三枚ほどや。すぐ終わる。最後に言わしてくれ。

わし、おとなしくしていたやろ。どうせ死刑になるんやさかい

ここで裁判長が退廷命令をだし、拘置所職員が宅間守を法廷から連れ出した。

三枚のメモの内容は、遺族への非難や「もっと殺したかった」などと書いてあったが、こういうくだりもあったそうだ。

「遺族の発言の中にはひたすら悲しみを訴える方があったが、その発言には遺族の人格が伝わった」

大阪地方裁判所は宅間守に対して死刑判決を下した。

「主文、被告人を死刑に処する」…主文は一番最後に読み上げられるのが普通であるが、大阪池田小事件では一番最初に死刑を宣告された。

宅間守は開廷時に騒いだために退廷命令を受け、その場にはいなかったのだが、主文を冒頭に持ってくるのは異例なことである。

裁判長
わが国犯罪史上例を見ない、空前の、そして願わくは絶後の、凶悪重大事犯である。

殺害された子供たちはみな、平穏で愛情に満ち溢れた家庭に育ち、将来の夢をあれこれと思い描き、自ら希望して池田小学校に入学を果たし、始まったばかりの人生を謳歌しようとしたその矢先に、理不尽極まりない暴力によって、一瞬のうちに短すぎる人生を絶たれてしまったのである。

その無念さに思いをいたすとき、深い哀惜の念を禁じえない。

わが国の法が最も重い死刑を定めている以上、被告に科すべき刑は死刑以外にありえない

9月10日、控訴期限ぎりぎりになって、弁護団が大阪高裁に控訴をしたが、宅間守が控訴を取り下げ、2003年9月26日、死刑が確定した。

宅間守の父
守はよく死刑囚の手記を読んでいた。

死刑になりたいんや、と守の口から3度聞いている。理由はわからん

5度目の結婚で宅間守から吉岡守へ。そして死刑執行

 

 
前述のとおり、宅間守は事件までに4回の結婚・離婚を繰り返してきている。

そして確定後に、5回目の結婚を獄中でしている。

相手は7歳くらい年下。

この女性は宅間守が公判中から弁護人を通じて差し入れを行い、「精神的な支えになりたい」と結婚を申し出たという。

確定直後に女性が弁護士経由で婚姻届を宅間守に送り、2003年12月、宅間が必要事項を書き入れて返送し、届けが受理された。

そして姓を変え、宅間守は吉岡守になった。

それ以来、彼の妻は親族として面会が許され、月に1~2回、守と大阪拘置所で面会をしていた。

2004年9月10日、野沢太三法務大臣は大阪高検検事長に「宅間守に対する死刑執行の件は、裁判言渡しのとおり執行せよ」と処刑命令を下した。

これだけ執行が早いのも異例のことであるが、宅間守自身や被害者遺族が早期処刑を望んでいることを理由に挙げている。

大阪高検は、この命令を受け取った日から5日以内に執行しなければならない。

そして2004年9月14日死刑執行。

宅間守の死亡時刻から逆算すると、宅間は朝食を食べたか食べないかくらいの時間、おそらく午前7時半頃に独房から連れ出されている。

最後の希望として、宅間守はタバコを吸い、ジュースを飲み、「妻に ありがとうと僕が言っていたと伝えてください」という言葉を残して執行された。

宅間守は獄中でキリスト教の説教を聞いていたというが、最期を教戒師が見送ったかどうかは不明である。

宅間守の父
執行された日の朝8時過ぎに拘置所から「今朝、執行しました」と電話があった。

「ご遺体は奥さんが引き取るということなので、お父さんもご了承ください」と、これでひとつ区切りがついた

大阪拘置所の職員が大阪市内の吉岡守の妻の自宅を訪ねてきたのは、当日の午後9時40分くらいだった。

拘置所職員
今朝、終始取り乱すことなく、きれいに逝きましたよ
吉岡守の妻
何でこんなに早いんですか!刑確定からまだ一年ですよ
拘置所職員
本省が慎重に検討を重ねた上での結果です

宅間守は献体しないことを決めていた。

宅間守
なぜ死んでまで、社会のプラスになることをしなければならないのか。

私なりのイヤキチ(=徹底した嫌がらせ)人生を最期まで貫く

 


 

宅間守の通夜・葬儀は、妻とその知人たちが心当たりの寺などを当たったが、費用の点と、マスコミが押しかけてきては大変ということでなかなか決まらず、結局大阪市内のキリスト教関係施設で行っている。

宅間守の父親は、守の遺骨がどうなったのかを知らなかった。

宅間守の父
遺骨はどうなったか知らん。まったくわからない。

あいつの遺骨はどぶに捨てられても仕方がない。

うちの墓に入れることもまったく考えたことはない。

あいつにはひどい目に遭った。小さいころからどうして歪んだのかわからん。

ただ、上告しないで「早くしろ」といって死刑になったんだから、そこのところだけは褒めてやりたい

宅間守の遺骨は獄中結婚した5人目の妻によって、太平洋を望む高台の墓地に埋葬されたという。
 
 
スポンサーリンク


画像引用:naverまとめ




宅間守