神戸5人殺傷事件から1ヶ月。竹島叶実容疑者の部屋はまるで・・・

竹島叶実の部屋 神戸5人殺傷事件

自宅2階の竹島容疑者の部屋をみた捜査関係者の話。

捜査員
竹島叶実の部屋は まるで「デイトレーダー」の部屋だった。
 
アイドルの熱狂的なファンという雰囲気ではない

※デイトレーダー…株で短期取引を繰り返す個人投資家

室内には複数のモニターが付いたデスクトップ型パソコンや稼働していないパソコンがありました。

コンピューターのプログラミングや株取引の専門書のほか、ナチス・ドイツの独裁者ヒトラーの生涯を綴った本、宗教に関する本も押収されています。

近くの神社付近で取り押さえられ、「神社に行けばアイドルに会えるとお告げがあった」と話したとされる竹島容疑者だが、祖父への殺人容疑で逮捕されてからは お告げについては何も話していません。

捜査関係者
押収物を見る限り、事件につながるような特別な思想はうかがえない。
 
雑談では経済やスポーツ、音楽など幅広い趣味や知識をのぞかせている

事件前に竹島容疑者と連絡を取った中学時代の同級生がいましたが、その時はゲームやアニメなどの話題に終始し、特に異変は感じなかったといいます。

押収されたパソコンやスマートフォンの解析を進められていますが、現時点では 事件を示唆するような記録は見つかっていません。

捜査本部は残っているデータだけではなく、削除されたインターネットの履歴などについても調べる方針です。
 
 
スポンサーリンク


 



竹島叶実の部屋 神戸5人殺傷事件