竹島叶実(たけしまかなみ)の生い立ち【神戸5人殺傷事件】

竹島叶実 生い立ち 竹島かなみ

神戸市で祖父母を含む5人を殺傷した神戸5人殺傷事件の容疑者・竹島叶実のざっくりとした生い立ちについて書いていきます。

ただし、彼の出生や幼少期の生い立ちを 当方ではまだ把握しておりません。

その辺りの詳細が分かり次第 追記していきます。

竹島叶実容疑者は祖父母宅で、祖父、祖母、母、竹島叶実容疑者の4人暮らしをしていました。

事件前後に竹島叶実容疑者の父親が出てきません。

母方の祖父母宅(南部家)に同居していて「竹島」姓ですから、竹島叶実容疑者は父親とは死別しているのではないかと 個人的には思いました(確認は取れていません。あくまでも推測です)

直近で竹島叶実容疑者を見かけた近隣住民
竹島叶実容疑者が南部さんの家に住むようになったのは、まだ小学生の頃で、お母さんに連れられて来ています。

高校卒業後、電子系の専門学校を出て一度は就職したようですが、職場と折り合いが合わずに辞め、今は何もしていなかったようです。

最近は時々フラッとどこかへ出掛けるところは見ましたが 「引きこもりになってしまったんじゃないか」と噂しているところでした。

竹島叶実容疑者が自分の人生を「しっくりこない」「思うようにならない」と思い始めたのは、どうやら高専を中退したころから始まっているようです。

竹島叶実容疑者を知る友人・知人らによると、竹島容疑者は地元の中学校に進んだ頃は、かなり優秀な生徒だったといいます。

勉強ができて、陸上部に所属し、運動もできる優等生だと、中学時代の同級生らは口をそろえて言っています。

陸上部顧問
練習を休むこともなく真面目。

中学時代に問題行動を起こしたなんて聞いた覚えもない。

短距離の選手で、県大会に出場するほどの記録ではなかったが「とにかく一生懸命」で、走り方のフォームを指導すると、熱心に取り組んでいたのを覚えている。

部活の後輩
勉強もできて、ゲームの話をよくした
陸上部顧問
いい学校に進学できて安心し、卒業後は連絡を取り合うこともなかった。

指導した者として何かできることがあったのではないかと思う。

そんな優等生は、5年制の神戸市立工業高等専門学校の電子工学科へ進学しました。

ところが進学後に周囲との歯車がかみ合わなかったのか、その辺の具体的な理由はわかりませんが、竹島叶実容疑者は高専を中退してしまいます。

電子工学科に少なくとも4年までは在籍していて その後に中退したとみられていますが、同級生に聞いてもはっきりしないようです。

高専の同級生
同じクラスだったのは覚えているが印象がない
高専の同級生
成績は悪くなかったと思う。クラスでいじめなどの問題もなかった
高専の同級生
いつまで学校にいたのか覚えがない。

友人がおらず孤立していたようだった

 
 
スポンサーリンク


その後一時就職したものの、やはりそれもしっくりいかなかったのか、専門学校に再入学し コンピュータープログラミングを学ぶ方面に進みます。

専門学校の同級生
年齢は離れていたけど、みんな特別視してはいなかった。

でも話していた場面は記憶にない

専門学校では情報処理などの検定試験で優良賞を受けるほど優秀な成績を修めていましたが、就職活動ではそれを希望していた仕事につなげることはできなかったようです。

竹島叶実
しっくりこなかった。思っていたのと違った

定職につかず、職を転々として、事件を起こした当時は無職となっていました。

約7年前、竹島叶実容疑者は商品の段ボール詰め作業のアルバイトに就いています。

アルバイト先の関係者によると、竹島容疑者は何度教えられてもなかなか仕事ができず、それを注意したらすぐにバイトを辞めてしまったといいます。

「動きが悪いから、もう帰って」

アルバイト関係者がそんなふうに竹島叶実容疑者を叱責したところ、翌日にはバイトに来なくなり、以降、二度とアルバイト先に姿を見せなかったそうです。

近年の竹島叶実容疑者はほとんど外出することがありませんでした。

昨今に竹島叶実容疑者がアルバイト等をしていたかどうかは定かではありませんが、もしかしたら彼はヒキニートまたは完全な引きこもりだったのではないかと推測します。

※竹島叶実容疑者は事件の約半年前から定職についていませんでした。

それでも一部の住民は、竹島叶実容疑者がたまにパチンコ店に出入りする姿を見かけていました。

ですがほとんどの近隣住民が、南部さん宅の灯りが一晩中ついたままになっていることは知っていても、亡くなった南部達夫さんの孫である竹島叶実の存在を知らなかったのです。

竹島叶実容疑者を心配していた祖父は一部の知人に孫の引きこもりを相談していました。

ところが竹島叶実容疑者の母親・友子さんは、警察の調べに対してこう証言しています。

竹島知子さん
家族仲は良く、部屋に閉じこもることもなかった

竹島叶実容疑者は事件の約半年前から定職についていませんでしたし、彼の生活はおそらく昼夜逆転だったと思われる近所の人の証言もあるので、個人的には竹島叶実容疑者の母親の供述はおかしいのではないかなと感じます。

そういう生活を子供が送っていたら普通の親なら息子に意見しますし、そうなると険悪なムードになることが多いと思うんですけどね。

祖父の南部達夫さんだって一部の知人に息子の引きこもりをどうしたものか…と相談していたので、母親の証言は読んでいてなんとなく腑に落ちない気がします。

取り調べで竹島叶実容疑者は学業や仕事がうまくいかず、半年前に仕事を辞めたことなどの悩みを漏らしています。
 
 
スポンサーリンク


 



竹島叶実 生い立ち 竹島かなみ