竹島叶実(たけしまかなみ)は引きこもりニートだった!?【神戸5人殺傷事件】

竹島叶実 竹島かなみ 引きこもり ニート

神戸5人殺害事件で亡くなった南部達夫さん(83歳)が 孫の竹島叶実(かなみ)容疑者(26歳)について知人に相談していたことがわかりました。

竹島叶実の祖父
孫が家に引きこもって困っている

近所づきあいがなかった竹島叶実容疑者のことを知る住民はかなり少ないので、竹島叶実が家に引き込まった生活をしていたことすら周囲は全く知りませんでした。

数年前、南部達夫さんの知人達はよく南部さん宅を訪問していて、その際に南部さんから相談されていたそうです。

竹島叶実の祖父
孫が家に引きこもって困っている。

どうやったら外に出てくれると思う?

相談はされたものの 当時、南部さん宅を出入りしていた知人や仕事関係者でさえ、

知人ら
竹島叶実容疑者を一度も見たことがない。気配も感じなかった

竹島叶実容疑者は地元の中学⇒工業高専⇒私立の専門学校を経て就職していましたが、定職にはつかず、近年は無職で、家に引きこもっていたといいます。

いわゆる「ヒキニート」(引きこもりニート)だったのかもしれません。
 
 
スポンサーリンク



 
 

70代和菓子店主
南部さんは20年近く前からうちの店に買いに来てくれていたが、孫の話をしたことはない。事件で初めて存在を知った

竹島叶実の祖父は おそらく親しい一部の知人にしか孫のことを話していなかったのでしょう。

とはいえ、竹島叶実容疑者の存在すら知らなかった近所の人たちは、事件当日も含めて、南部さん宅は夜通し電気がついていることもあったのを知っていました。

竹島叶実容疑者は引きこもりでゲームやパソコンなどに張り付いた昼夜逆転の暮らしをしていた可能性が考えられますね。

捜査本部は竹島叶実容疑者の所持品を押収・分析しつつ、家庭内のトラブルの有無について調べています。
 
 

竹島叶実(たけしまかなみ)と神戸5人殺傷事件の新事実

[via]朝日新聞 読売新聞 毎日新聞 産経新聞 週刊新潮 週刊文春   戦後ニッポン犯罪史   日本凶悪犯罪大全   戦後事件史データファイル   現代殺人事件史   昭和・平成 日本の凶悪犯罪100   殺しの手帖   日本殺人巡礼