インコが食べてはいけないものがこんなに!猛毒や消化しないものの話

インコが食べてはいけないものがこんなに!猛毒や消化しないものの話

インコが食べてはいけないもの

犬にあげてはいけない10の食品が 鳥にあげてはいけないものがいくつか重なっているなあ。

…と思いながら、興味深く読んだものがこちら。

【犬にあげてはいけない10の食品】
インコが食べてはいけないもの 1. アボカド
人間にとっては栄養豊富な健康食。「森のバター」と異名を取るほど。でも犬にとっては毒物。たったひと口でも、下痢やおう吐、腹痛などを起こします。

インコが食べてはいけないもの 2. ブドウとレーズン
急性腎不全を起こす原因。見落としがちだけど、そのクッキーにレーズンが入っていませんか?

インコが食べてはいけないもの 3. コーヒー・紅茶・その他のカフェイン
カフェインの入った飲み物を与えるのはNG 興奮を与える刺激物であるカフェインは、犬の中枢神経系や心臓に影響をおよぼす可能性大。中毒状態になると、嘔吐、酷い場合は死に至る可能性もあります。

インコが食べてはいけないもの 4. マカダミアナッツ
筋肉に痛みを伴ったり、あるいは腫れてしまって、自力で動くことが困難になります。足取りがおぼつかなくなるほか、嘔吐や精神的な落ち込みなどを引き起こす可能性も。

インコが食べてはいけないもの 5. ミルクと乳製品
ごく少量のチーズやヨーグルトならば問題はないですが、牛乳やアイスクリームは下痢を引き起こす可能性があります。これは、およそ50%の犬は乳糖(牛乳の甘味成分)に過敏であることが理由です。人間でも同じ理由で牛乳を飲めない体質の方がいますが、犬の場合はその確率が格段に高いのです。

インコが食べてはいけないもの 6. ニンニク・玉ねぎ
愛犬家の方には常識かも。ニンニクと玉ねぎに含まれる「ジスルフィド」「スルフォキシド」これらの物質はワンコの赤血球を破壊し、結果的に重い貧血を引き起こします。しかもその症状が現れるのは摂取した3~4日後。「動くのを嫌がる」「軽い運動しかしていないにもかかわらず疲れているようにみえる」という表われ方をします。欲しがるからといって うっかりハンバーグなどを与えるとヤバいです。ほとんどに玉ねぎが入ってますからね

インコが食べてはいけないもの 7. 生肉や魚
これらには、食中毒を引き起こす原因となるバクテリアが含まれています。特にサーモンなど特定の魚には、寄生虫が含まれている場合もあります。
摂取してから2週間で命を落とすといった危険性もあるため、与えないよう注意。

インコが食べてはいけないもの 8. アルコール
アルコールも、犬には有毒。嘔吐・下痢・中枢神経系の落ち込み・コンディションの悪化などが起こります。ひどい場合は震え、あるいはこん睡状態に陥り、死に至ることもあります。

インコが食べてはいけないもの 9. キシリトール
飴やガムなどに含まれるキシリトールは、低血糖・発作・肝不全などを引き起こす恐れがあります。場合によっては死に至る可能性も。ごく少量でも症状を引き起こすため、注意が必要です。

インコが食べてはいけないもの 10. チョコレート
より苦みのあるダークチョコになればなるほど含まれる「テオブロミン」という成分が犬にとって猛毒。その致死量は犬の大きさによって異なります。

けっこうたくさんありますね。命にかかわることが多いので「知らなかった!」…では済まされないものもあります。

気をつけなくてはいけませんねえ…なんて殊勝なことを言いつつ、、、実は私は昔、ゴールデンレトリーバーを飼ってたことがありましてね。インコが食べてはいけないもの

若き日の無知な私が 愛犬を散歩させた後に喉が渇いたので 犬の隣で缶ビールを開けて グビグビ飲んでたことがありまして。

それを見ていたわんこがビールに関心を持ったので、チョロッとあげちゃったら意外とおいしそうにペロペロしていたな(遠い目で懺悔)

35キロのデカい犬にしてみたら ペロペロ舐める程度なんてチビた量だから何ともなかったのかもしれないけど・・・ホントやばいですよね(いまさら猛省)




「人間の味付き」の食べ物をインコが食べてはいけない!

インコが食べてはいけないもの

さて、ここからが本題です。

鳥にあげてはいけないものは、基本的に「人が食べる味付きの食べ物はすべてダメ!」と思ってください。

味がついている食べ物は塩分・糖分・脂肪分・食品添加物が多く含まれ、その多くが病気の原因になります。

塩分が多いと水をたくさん飲むようになって下痢したり、食塩中毒を起こすことがあります。

たとえばオカメインコは体重が100グラムくらいですが、食塩を0.4グラムが致死量です。

食パンに換算するとわずか35グラムほどで死に至ります。

焼き芋や加熱したイモ・炊いたご飯・麺・パンをインコが食べてはいけない!

インコが食べてはいけないもの

味がついていなくても、炊いたごはん・麺・パンなどもダメです。

これらをあげると鳥は喜んで食べますし、焼き芋とか蒸かしたサツマイモなどをおやつにしている人も結構いると思いますが、これらはすべてNGです。

炭水化物だけでなく、ジャガイモやサツマイモなどのイモ類でも加熱によりアルファ化するので、鳥に与えるのは良くないのです。

でんぷんは加熱されるとアルファ化して、鳥にとっては消化できない食べ物になります。

アルファ化した食物はインコの体内で未消化な状態で停滞するわけですが、それが体内での真菌増殖の原因となって、そのう炎を起こしやすくなります。

セキセイインコのふん詰まりから食べてはいけないものを知った体験談
セキセイインコが餌を食べずふん詰まりで具合が悪そうだ…小鳥の病院を受診して飼い主が思ってもみなかった原因を知らされた体験談を紹介します。

あ、真菌といえば、鳥のえさでも保存状態が悪いものは 言うまでもないことですが NGです。

特にペレットやボレー粉は意外とカビが生えやすいので、注意が必要です。

逆にカビが生えにくいものも、違う意味でヤバいですけれども。

ただちに目に見えた健康被害がなくても、上記で紹介してきたものを 「悪」と知らずに与え続けると じわじわと愛鳥の健康を蝕んでいくことを覚えておきましょう。




アボカドをインコが食べてはいけない!猛毒なので中毒を起こして落鳥する…

インコが食べてはいけないもの

アボカドは「森のバター」とも呼ばれ、人が食べる分には栄養価が高い果実ですが 鳥にとっては猛毒な成分が含まれています。

これはイヌにもネコにも毒だそうで・・・人間はおいしくいただいていますけどね。

アボカドに含まれるペルシンという物質は、循環器障害や呼吸器障害を引き起こします。

インコを含む鳥類には猛毒で、少量でも口にすると中毒を起こして死に至ります。

鳥に有害な成分はアボカドの皮・果実・種子と全ての部分に含まれています。

アボカドの調理に使用した器具や皿はしっかり洗浄し、換気や生ゴミの処理に至るまで徹底するようにしましょう。

そんな猛毒でも・・・アボカドはインコが好む味をしているらしいです。

だからもし飼い主さんからもらったりしたら、その子は躊躇なく食べてしまいますよ。

アボカドを鳥に食べさせようと考える人は少ないですが、食事中の放鳥や、鳥がキッチンへ出入りすることで事故が起こる可能性はあります。

アボカドは鳥にとって本当に猛毒らしく、アボカドでてんぷらを揚げていた時に発生した空気(ガス)を吸った鳥が死亡した事例もあります。

このくらいのことでも「アカン」なんて…アボカドがどれほど鳥にとっての猛毒かが伺い知れますね。怖い怖い!

キッチンとリビングが隣接していることはごく普通のことで、リビングにケージを置いておくことは決して珍しくないですが、ケージはなるべくキッチンから離れたところに置く方がいいと言えますよね…こういう話を聞いてしまうと。

チョコレートをインコが食べてはいけない!中毒を起こし手遅れになると落鳥する…

インコが食べてはいけないもの

鳥の味覚がどうなっているのか はっきりしたことはわかっていませんが、鳥たちは甘いものを好むことはわかっています。

なのでもしもチョコレートもあげたとしたら 鳥たちは喜んで食べてしまうでしょうね。

鳥がチョコレートを食べたら循環器や中枢神経に中毒が起こります。

具体的な症状としては高血圧や不整脈、痙攣や昏睡、嘔吐や下痢などもあり、手遅れになると死亡します。




セロリはインコが食べてはいけない?あげない方がいいかもしれない?

インコが食べてはいけないもの

某小鳥の飼育本には、セロリは鳥に与えていい野菜と紹介されていたのを読んだことがあります。

しかし私はセロリはやめておいたほうがいいと思いますね。

セロリの場合は毒性があるわけではなくて、かたいすじが危険なんです。

そのうに繊維が詰まってしまう危険性があるからです。

そう考えると、小松菜などの鳥に与えても良いとされている葉もの野菜も同様で、大きく育って筋ばったものは与えるときは注意した方がいいですね。

愛鳥に与える野菜は できれば無農薬の家庭菜園(プランター菜園)で育てたもので、すぐったスプラウトや成長途上の若くてやわらかい部分をあげられれば最高です。

うちで鳥たちにあげているのは オーソドックスな小松菜、チンゲン菜、レタスが多いです。

パセリはインコが食べてはいけない?グレーゾーンな「光毒性」の野菜

インコが食べてはいけないもの

パセリはインコにあげてもいい野菜として紹介されている本が結構ありますが、実はグレーゾーンです。

パセリには光毒性物質が含まれるので、食べた直後の日光浴はNGとされる場合があるのです。

鳥種によってはパセリを食べた後に光に当たると体内で毒性が生じるという特徴があり(だから光毒性)

具体的な鳥種までは調べがつかなかったので インコ・オウムにも光毒性が生じるのかは定かではありませんが、パセリのこういう特性を知ってしまうと もうあげられないですよね。

大量に与えなければ問題はないのかもしれないし、日光に当たらなければ問題はないのかもしれないけれど…光毒性のことは頭の片隅に留めておいた方がいいでしょう。

ネギ類をインコが食べてはいけない!硫化アリルで中毒症状

インコが食べてはいけないもの

犬や猫にとって有害と知られているネギ類は、インコにも有害な野菜と考えられています。

玉ねぎなどを切っていると涙が出るのは「硫化アリル」が原因ですが、この物質は中毒症状を引き起こしますので与えてはいけません。




生の大豆をインコが食べてはいけない!加熱すれば毒素なし

インコが食べてはいけないもの

生の豆類にはレクチンというタンパク質が含まれており、そのまま食べると中毒を引き起こします。

モロヘイヤをインコが食べてはいけない!野菜の王様を鳥が食べると中毒症状

インコが食べてはいけないもの

モロヘイヤに含まれる「ストロファンチジン」という有害な成分が中毒症状を引き起こすため、インコに与えてはいけません。

バラ科のくだものの種子をインコが食べてはいけない!果実はおいしいけど種は猛毒

インコが食べてはいけないもの

くだものの種子はインコにとって有毒であるため、与えてはいけません。

特にリンゴやサクランボといったバラ科のくだものの種子には、シアン化合物(青酸化合物)という猛毒が含まれています。

万が一インコが摂取すると中毒症状を引き起こしますので、リンゴなどを与える際にはあらかじめ種子を取り除いておくなど注意が必要です。




インコが食べてはいけない!食べたら中毒を起こす観葉植物は多い

インコが食べてはいけないもの

放鳥時に気を付けないといけないのが 室内に置いている観葉植物です。

観葉植物のみならず、ガーデニングが好きな方は 冬季に寒さに弱い植物を室内に取り込むこともあるでしょう。

気が付いたら鳥が植物の葉っぱをかじっていた、むしゃむしゃ食べてた・・・なんてことも起こり得ます。

植物の中には鳥が食べると中毒症状が出るものもありますから要注意です。

特に注意が必要なのは、サトイモ科の観葉植物「アロイド」です。

インコが食べてはいけないもの

こちらの記事↓に画像を掲載していますが

サトイモ科には スパティ、ポトス、クワズイモ、ディフェンバキアなどはメジャーな観葉植物が多いので、注意してください。

食べてもすぐに死ぬことはないようですが、口の中や舌が損傷するそうです。

インコが食べてはいけないもの

クリスマスシーズンになるとポインセチアやシクラメンが出回りますが、これらも危険です(ポインセチアはセキセイインコでの実験報告があります)




金属中毒は「今そこにある危機」…インコの口から入る亜鉛中毒がヤバい!

インコが食べてはいけないもの

インコを長生きさせたかったら余計なものを食べさせない【鉄則】

インコが食べてはいけないもの

食べるなキケン!なものはいろいろありますね。

人も鳥も犬も食性が違いますから、人の食べ物をペットにあげないのがベストです。

犬・猫はもちろん、手乗り鳥も人に寄り添って生活しているから 人の食べるものをあげると、けっこういろいろ食べてしまうものなんですよね。

少しあげてみたら・・・喜んで食べてるなあ♪となんて思うと 次もまたあげたくなるという心理はわからないでもないです。

でも、やはりそれは彼らの体にとって百害あって一利なし…なのが現実です。

だからはじめから「人の食べ物をペットに与えない」鉄則を肝に銘じるのがいいと思います。

どんなものであれ与えるのであれば、事前にしっかりリサーチしてから与えることです。

そしてそれはあくまで自己責任。ネット上の情報は間違いやデマも多いですから。

某Q&Aサイトに「■■■をインコにあげてもいいですか?」みたいな質問が溢れていますが、あの回答だって匿名であって責任の所在がないものですよね。

正しい回答ならいいですが、いい加減だったり、間違った回答もよく見かけます。

だから最初から余計なものは与えないことです。心配するくらいならなおさらです。

おやつなどを与えたいなら きちんと「鳥専用」のものをあげるのがいいです。

人の食べ物とか・・・喜んで食べるからといって 動物に余計なものをあげれば、すぐに健康被害が現れないにしても、どのペットも健康で長生きしづらくなることは共通しています。

しかも、インコ・オウムの食性は「粗食」が基本です。

インコの健康も病気も寿命も、すべて飼い主さんの裁量にかかっていることをお忘れなく。

愛鳥を長生きさせられる飼い主を目指しましょう♪