新世代クマ対策とは!?6月以降に新世代クマが続々デビュー!?

新世代クマ

新世代クマとは?

新世代クマとは、最近出没する人を恐れない熊のことです。

山に入るときは鈴を鳴らしながら…とよくいいますが、新世代クマは鈴の音を恐れません。

それどころか、人を恐れないので、この4月以降にも 15もの人がクマに襲われる被害に遭っています。

新世代くまは鈴の音だけでなく、車のクラクションにも動じません。

逆にクラクションを鳴らすと、向かってきて、車に体当たりするものもいます。

この熊の動画ではクマに対してクラクションを鳴らしたら車に体当たりをかまされて、車のボンネットがへこんでしまったそうです。
 


 
 

新世代クマは人間を見ても逃げ出しませんし、本気で走ったら時速40キロなので、遭遇したら逃げ切れません。

人を追い回すは、舌なめずりをするは・・・完全に人を獲物だと思っているんです。
 
 スポンサーリンク


新世代クマに限らず、万一クマに遭遇したらどうする?

 


 
 
5分間以上もヒグマに追い回された経験を持つ長岡さんは、逃げながら熊の姿を見失うたびに、身の危険の恐怖が極限まで達したと言っていました。

熊に追いかけられながらも助かることができたのは、もっていたハンマーでガンガン石を打ちつけて、大きな音をさせたら、クマが離れていったから。

山に入り、クマの足跡を見つけたとき。

それがやけに深くめり込んでいる足跡だったら、そこはクマの縄張りなので、速やかに離れるべきです。

もしクマに遭遇してしまったら、木や岩の裏に入って隠れる場合、相手にこちらの姿の一部を見せることがポイントだそうです。

樹や岩などの障害物を挟みながら、ゆっくりと逃げるべきだと アドバイスされていました。
 

新世代クマがなぜ増えたのか?


 

人がクマに餌を与える

新世代クマが増えた理由はいくつかありますが、そのひとつは 人がクマに餌を与えたからです。

地元の人はそんなことはしませんから、おそらく観光に来ている人たちでしょう。

サファリパーク的感覚で、遭遇した野生のクマに餌をあげる人がいるらしいのです。

そういうことがあると、クマが人を恐れなくなるばかりか、クマの中では恐ろしい方程式が成立します。

人間=食べ物・・・クマが人を食べ物だと認識してしまうのです。

クマに餌を与える人は、レジャー感覚でそういうことをしているのかもしれませんが、これは後々とんでもない結果につながります。

絶対に食べ物を与えてはいけません。

里山の荒廃

新世代クマが増えたもう一つの理由は、里山の荒廃です。

里山が荒廃することでメスが下まで降りてきて定着し、クマの生息域になってしまっていること。

そのせいで、市街地までクマが繰り出してしまうのです。

クマの生息域が狭まったせいで、人とクマとの境界線が崩れかけてきているのです。

おととし豊作だったから、今年は新世代クマが増加する!

特に今年は新世代クマがやばい!と言われている理由は、おととしが豊作だったからです。

エサが豊富だったので、小熊もたくさん生まれました。

小熊は1年半くらいは親と行動を共にするのですが、その小熊たちが親離れを始めるのが この6月あたり。

巣離れした若いオス熊たちは新しいテリトリーを探して、さらに行動範囲を広げてきます。

ということは、6月以降に続々と新世代クマがデビュー!?

クマの生息域が広がるばかりでなく、クマの頭数も増えていますので、山の近くに住んでいる方は、特に注意が必要です!

 
 スポンサーリンク