死神にとりつかれた町!?【東京都内の心霊スポット】

1970年代の話だが、東京都内の10軒の民家が並ぶ一区画で、1年ほどの間に住民が次々に亡くなっていく異常事態が起こったことがある。

病死、自殺、交通事故と 死因は様々だったが、お隣、向かい合わせの家から死者が出ているのである。

別に死神に憑りつかれたというわけではないが、同じ場所で関連性のない人死が連続すると、人はそれを「呪い」とか「祟り」などと呼んだりすることがある。

そんな場所が東京都北区にある。

ここは心霊スポットとしてかなり有名なので、ご存知の方も多いかもしれない。

1973~74年頃、神谷公園につながる50メートルほどのとある路地の区画で亡くなったのは7人。

1973年3月にAさん(82歳)

4月にBさん(91歳)…Aさんの左隣

7月にCさん(32歳)…Aさんの一軒おいて右隣。交通事故

10月にDさん(30歳)…Cさんの右隣。登山で転落死。

1974年1月にEさん(76歳)…Aさんのお向かい。

1月にFさん(70歳)…Eさんの右隣。⇒この段階で「年明けとともに路地をまたいだのか!?」と騒然となる。

5月にGさん(22歳)…Fさんの左隣。交通事故。

わずか50メートルほどのブロック内で、1年ほどの間に7人もの住人が亡くなったのだ。

7人というのは某住宅地1ブロックの話で、この周辺では不審な自殺や事故死も連続していて、亡くなった人数は30人超えなのではないかとも言われている。

医師一家の度重なる自殺。プールに落ちて幼児が水死。

前述の2番目に亡くなったBさんの息子が経営する工場でも、若者が3人、自殺や事故で亡くなっている。

神谷公園は空襲による死者を仮埋葬していた土地だったため「宅地にするときにきちんと慰霊を行わなかった祟りなのでは!?」などの声が町内会からも出たという。

そして1975年、公園内に戦災慰霊碑が建立され、現在もこの慰霊碑には花や供え物が絶えることがない。

当時の死亡記事を新聞で調べてみても、幼児のプール転落死しか記事が載っていないらしい。

一方で「週刊読売」1975年7月26日号にこの件が掲載されているという情報がある。

だから「死神…云々」という話は別として、連続死は実際にあったのかもしれないけれども、たまたま一地域で不幸が重なったことが、昔起こった不幸な記憶(空襲)を呼び起こした・・・それがこの地を心霊スポットとして有名にしまったのかもしれない。
 
 
スポンサーリンク


[via]朝日新聞 読売新聞 毎日新聞 産経新聞 週刊新潮 週刊文春   戦後ニッポン犯罪史   日本凶悪犯罪大全   戦後事件史データファイル   現代殺人事件史   昭和・平成 日本の凶悪犯罪100   殺しの手帖   日本殺人巡礼