東京 深大寺で死後2~50年の頭蓋骨発見!死体遺棄容疑視野に捜査

深大寺 頭蓋骨発見

東京 深大寺で死後2~50年の頭蓋骨発見!

 


 
東京都調布市深大寺元町5丁目の深大寺で9月末、頭蓋骨の一部が見つかっていたことがわかりました。
 

 
9月28日午前11時50分ごろ、60代の男性職員が深沙(じんじゃ)堂の北側で草むしりをしていたところ、参道から40センチほど入った草むらの土の上に置かれた頭頂部のない頭蓋骨を発見しました。

警察官が確認したところ、頭頂部と下あごのない頭蓋骨が草むらの土の上に置かれていました。

司法解剖の結果、性別不明の30歳代以上の頭蓋骨だと判明しています。

頭頂部は鋭利な道具で円形にきれいに切り取られており、埋められたり火葬されたりした形跡はなく、皮膚などは付いていませんでした。

殴られた痕なども見つかっていません。

死後2~50年が経過しているということです。

頭蓋骨だけで、体のほかの部分の骨は見つかっていません。

また、頭蓋骨の一部は草むらで見つかっていますが、そこは一般の人が普段立ち入らない場所だということです。

警視庁はDNA鑑定を行い、身元の特定を進めるとともに、事件と事故の両面で調べています。
 
 
スポンサーリンク


 



深大寺 頭蓋骨発見