新橋ストーカー殺人事件 (秋葉原耳かき嬢殺人事件)

新橋ストーカー殺人事件 秋葉原耳かき嬢殺人事件

画像はイメージです

 

2009年8月3日午前9時頃、東京都港区新橋江尻美保さん(当時21歳)宅で「刃物を持った男がいる。男と女がけんかして、怪我をしている!」という110番通報があった。

警察が江尻さん宅に駆けつけると、江尻美保さんが2階の廊下で、祖母の鈴木芳江さん(78歳)が1階の居間で 血まみれになって倒れていた。

2人は首など数ヶ所を刃物で刺されており、鈴木芳江さんは間もなく死亡した。

江尻美保さんは意識不明の重体だったが、9月7日の朝、意識が戻らぬまま、亡くなっている。
 
 
警察は現場にいた林貢二(41歳)が犯行を認めたため、現行犯逮捕した。

現場からは犯行に使われた刃物が2本と、林貢二が持参したバックの中から血のついた鉄製のハンマーが発見された。
 
 
スポンサーリンク



 
 
新橋ストーカー殺人事件 耳かき嬢殺人

via:事件現場(大島てる)

 
江尻美保さんは秋葉原の耳かきサービス店で耳かき嬢(耳かき小町)として働いていた。

この店は浴衣姿の女の子が膝枕をして耳掃除をしてくれることで男性客から人気を集め、土日は予約でいっぱいになるほど繁盛していた。

2009年2月頃、店を訪れた林貢二は江尻美保さんを気に入って常連客となった。

そしてほぼ毎週店を訪れては江尻美歩さんを指名し、その店で月に30~40万円以上を使っていた。

4月頃「これだけ店に来ているんだから、付き合ってよ」と林貢二は江尻美歩さんに交際を求めたが、江尻さんは交際を拒否。

店側も林貢二の出入りを禁止した。

それ以降、林貢二は江尻美保さんの仕事帰りを待ち伏せしたり、自宅近くで付きまとうなどのストーカー行為を繰り返すようになった。
 
 
2009年7月19日午後11時頃、林貢二が跡をつけていることに気づいた江尻美保さんは「常連客に付きまとわれている」と110番通報したが、警察が駆けつけたときには、すでに林の姿はなかった。

警察が江尻美保さんに事情を聞こうとしたところ、江尻さんは「今日は遅いので帰ります」と帰宅した。

その後の調査で警察は林貢二の身元を割り当てたが、それ以降は江尻美保さんから相談がなかったため、林貢二に警告することはなかった。

しかし、その2週間後に事件は起きた。
 
 
林貢二は事件当日の8月3日午前9時、無施錠の玄関から江尻さん宅に侵入すると、1階にいた鈴木芳江さんを殺害。

その後、2階の寝室にいた江尻美保さんを殺害した。

取調べで林貢二はこう供述した。

林貢二
交際を断られ腹が立ったので、殺そうと思ってきた。
 
わざわざ千葉から通い、こんなに尽くしているのに冷たくされた。
 
愛情が憎しみに変わった。
 
 
2010年11月1日、東京地裁は林貢二に「身勝手で短絡的な動機に基づく犯行だが、極刑に値するほど悪質なものとは言えない」として、無期懲役を言い渡した。

この事件は裁判員裁判としては、はじめて死刑が求刑された裁判だった。

林貢二は2人殺害したが、祖母の殺害に計画性は認められなかったことや、林被告の反省態度も一部認定され、極刑は回避された。

被害者遺族はこの判決に反発し、地検に裁判の続行を依頼したが、被告側も検察側も控訴しない意思を表明したため、ここで林貢二の一審判決(無期懲役)が確定した。
 
 
スポンサーリンク