【四大死刑冤罪事件】島田事件…赤堀政夫・元確定死刑囚

島田事件

島田事件・概要

1954年3月13日、静岡県島田市近郊の牧之原の山中で、幼稚園に通う佐野久子ちゃん(当時6歳)の惨殺死体が発見された。

久子ちゃんは3月10日に行方不明になっていた。

司法解剖の結果、遺体には性的暴行の形跡があり、死因は被害者の胸部を凶器不明のもので打撃して殺害したと鑑定された。

この事件は別件逮捕されていた赤堀政夫さん(1929年・当時25歳)が自白を強要されて起訴され、1960年に最高裁で死刑が確定したが、再審により1989年に静岡地裁で無罪が確定した冤罪事件のひとつである。
 
 

執拗な拷問を加える静岡県警の「紅林式捜査」

警察は犯人検挙に全力を尽くすと発表したが、当時の警察はGHQの支配下から解放された直後で捜査能力がなく、人材不足も深刻だった。

そういった時代背景があったために、当時は別件逮捕した容疑者に執拗な拷問を加えて自白させる手法が横行していたのである。

とりわけ、静岡県警・国警刑事部強力犯係による強引な捜査は後々まで問題になるほどひどいものだった。

1940年代後半から静岡県内の小さな町で一家殺害(幸浦事件・二俣事件)や母子殺害(小島事件)が発生したが、この3事件はいずれも裁判所が「自白は強要されたもの」と認定して逆転無罪を言い渡している。

特に二俣事件では当時の巡査が「土蔵で被疑者を拷問した」と告発し、裁判でも証言した。

これらの捜査で中心的役割を果たしていたのが、当時の国警強力犯係長・紅林麻雄警部補だった。

冤罪3事件のいずれも紅林が捜査していたのである。

紅林自身は1963年に定年退職し、その後すぐに亡くなっているが「精神に異常をきたして死んだ」との噂もある。

静岡県内で発生した一家強盗殺人・・・袴田事件や丸正事件なども全て「紅林式捜査」…「まず逮捕して拷問する捜査」によって行われているが、島田事件も同様だったのだ。
 
 
スポンサーリンク



 
 

連日連夜の暴行と自白剤の注射の果てに死刑判決

島田事件で目撃されていた犯人の男は赤堀さんとは全く異なっていた。

事件の直前まで久子ちゃんと遊んでいた少女は「知らないお兄さん」に誘われて一緒に行くことを拒んだが、久子ちゃんはついて行った…と証言している。

この「知らないお兄さん」は少女のほかにも村の住人が何人か目撃していた。

目撃証言
髪は横分け、身長は160センチくらい。
25~28際くらいで痩せ型、面長、色白。
ネズミ色の背広に黒ズボンに革靴。
身ぎれいな勤め人風で、村の人間ではない。

当時、この目撃証言を元に、300人ほどが別件逮捕され、拷問にかけられ 締め上げられたという。

拷問に耐えかねて何人かが犯行を認めたが、いずれもアリバイがあり 検挙できなかった。

犯人逮捕の決め手がないままに事件から2ヶ月以上が経過し、手詰まりになった警察は、岐阜県鵜沼町で放浪していた赤堀政夫さんを 強引に別件の窃盗容疑で逮捕したのである。

赤堀さんは幼い頃に患った脳膜炎の後遺症でうまく話せず、終戦直後ということも会って定職にも就いておらず、久子ちゃんが行方不明になった1954年3月10日前後は 東京から神奈川を放浪し、鉄くずなどを拾っていたという。

放浪するしかなかった赤堀さんが、目撃証言のような「勤め人風」のこぎれいな恰好などをしていたはずがない。

さらに赤堀さんは島田市生まれなので、村には知り合いが何人もいた…つまり目撃証言にはまったく合致しなかったのである。

にもかかわらず、警察は強引に赤堀さんを犯人に仕立て上げ、メディアにも報道させた。

カメラのフラッシュに追い回されながら島田署に連行された赤堀さんは 一般的な取調室ではなく 署長室で連日取調べを受けたという。

赤堀さん
拷問で私が悲鳴を上げても聞こえないように、担当者以外は誰もこられない署長官舎に連れて行かれました。
そこで連日連夜の暴行です。
ひどいものでした。

赤堀さんは「胸部を握り拳サイズの石で被害者を打撃した後、首を絞めて殺害した」という虚偽の供述をさせられて 供述調書が作成された。

取り調べ当初は否認していたものの、連日の拷問で体力が続かずに、無理やり手を取られて自白調書にサインを強制された。

公判ではこの調書が重視され、さらに医師による自白剤(イソミタール)を使った精神鑑定まで行われた。

鑑定した医師たちの「被告人は軽度の精神薄弱者で感情的に不安定、過敏で衝動的な面もある」とする鑑定書も有罪の決め手とされた。

その結果、1958年(昭和33年)5月23日、静岡地裁は赤堀政夫被告に死刑判決を言い渡した。

1960年2月17日、東京高裁は控訴を棄却し、死刑判決を支持。

1960年12月5日、最高裁は上告を棄却し、赤堀政夫被告の死刑判決が確定した。
 
 
スポンサーリンク



 
 

再審無罪判決

赤堀政夫死刑囚のピンチを救ったのは、たくさんの支援者と弁護団だった。

まず、赤堀死刑囚が被害者を殴ったとする「凶器の石」を巡っての議論が起こった。

被害者の胸の傷は生前についたものなのか 死後にできたものなのか。

そもそも石で傷はできるのか。

再審までに13人もの法医学関係者からの鑑定・意見書が提出された。

1986年5月30日、静岡地裁は赤堀死刑囚の第4次再審請求を棄却。

しかし抗告審の東京高裁は 島田事件の再審開始を決定し、審理を静岡地裁に差し戻し、1989年(平成元年)1月31日、赤堀政夫さんは釈放された。

そして1989年7月31日、再審で静岡地裁が無罪判決を確定した。

静岡地裁
自白調書は信用性に乏しく、自白調書以外に犯行と被告を直接結びつけるに足る証拠はない。

1989年8月10日、検察側は控訴を断念し、これにより赤堀さんは35年間(逮捕から34年8ヶ月)もの獄中生活から生還したのである。
  


  

再審は判決前から無罪の可能性が高いと見られていた。

1983年の免田事件の再審無罪判決から、1984年の財田川事件松山事件、死刑判決ではなかったが1985年の徳島ラジオ商殺し事件、1986年の梅田事件など、無罪の風が吹いていた時代だったからである。

赤堀さん
(2003年の手記)私はやってもいない「罪」で死刑囚に落とし込められました。
今でも悔しくて悔しくて、警察、検察、裁判官を一時も忘れることができません。
死刑囚時代の私はでっちあげの無念さと、遅々として進まない裁判に幾度となく絶望しました。

(赤堀さんは)読み書きはできず(いつも俺が読んでやったものだが) なんとか仮名はこなせるようになってからも、読むものといえば漫画ばかりで、やることは朝から晩まで希望申告による請願作業の袋貼りである。

よくまあ働く人間で、請願作業をしている死刑囚の中では、その業績はいつもトップクラス。

それで得た工賃を(朝な夕なに働いても、せいぜい月1万5千円くらいにしかならないが) 無駄遣いをせずに、せっせと貯めている。

そして、どこかで地震があったと聞けば「被災地に見舞金を送ってください」 事故で悲惨なめにあった人がいると聞けば「援助金を送ってください」 精神病で生活に困っている人がいると知ればお金を送ってくださいと、袋貼りで稼いだなけなしの金を、自分は差し入れ弁当も食わずに馬飯・小便汁に甘んじて、せっせと送っている。

社会的弱者が殺人犯に仕立て上げられたこの事件では、赤堀政夫さんに約1億2000万円の刑事補償金が支払われた。
  
 
スポンサーリンク


 




島田事件